今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

おまけにこんなのも

2012年09月30日 10時33分47秒 | 音楽一般

 ツタヤのスーパーベスト999円シリーズではこんなのもありました。いやまぁ大人になってからアナーキーのCDを買うとは。写真はかなりぶれてますがそこが雰囲気があっていいかも(?)。勢いで買ってしまったのですが、アナーキーはスタジオ録音だと物足らんですな。

 で、このシリーズですが本当にいろんなのが出ています。ベストっても1曲しか知りまへんでっていう代表が伝書鳩。かろうじて「君は風」と「セプテンバー・バレンタイン」の2曲知ってるのが佐々木幸男さん、ほとんど知らんってのが頭脳警察ウエストロード・ブルース・バンドSTALINPYGなど。洋楽ではジンギスカンのベストもあるんですが、この人たちもそれこそ「ジンギスカン」と「めざせモスクワ」しか知りません。その後の歴史を考えるとモスクワ五輪の話って空しい気もします。

 不思議なのは桑名晴子さんですが、「スーパーベスト」とはいえ曲目を見たら実際はAB'Sと一緒にやった「ムーンライトアイランド」が丸ごと入ってて、それにプラス2曲入ってるだけ。このアルバムを買うよりは曲目が多いこっちの方が安いという…。

 その他気になったのはスージークアトロ。流行ったのは中学生の頃だったのでちゃんと見たことも聞いたこともなかったのですが、もしかしてかっこよかったのかもしれんと。買ってみようかなぁ。

 それにしても一応タイトル一覧となっているページでも全タイトルはわからないんですね。なんと不親切な。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

当方青組につき

2012年09月29日 22時19分45秒 | ギターと楽器のこと

 ギターのギグバッグを新調しました。元々リッターのを使ってて、それを買ったのはClub Amii Bandを始めたときだから忘れもしない2001年の9月。丈夫だしクッションも厚いしポケットも多いし信頼度が高いので約10年に渡って愛用してたのですが、問題は重いことと、底のクッションがちょっと薄くなってきたこと、ベルトの付け根がちょっと心配になってきたこと。で、ギターがもう1本あるので何年か前にGATORのも買って、体力の問題から2年ほど前からはリハにはGATORのを持参してました。が、先日ベルトの付け根が裂けてるのを発見。リッターに比べると耐久性に欠けるってことですね。

 で、今回お茶の水まで物色しに行って買ったのがこれ。MARUEというところのですが、軽くてクッションが厚いのが決め手。リッターのはケースだけで3kg以上あったのですがこれは1.2kgくらいですごく軽く感じます。ギグバッグを選ぶにあたってはこだわりがあって、ギターを入れてない状態でも折り曲げられないくらいのものでないと安心できません。GATORも当初は期待してたのですが、あちらはネット通販で買ったので実際は思ってたより薄かったと。今回のはギター無しで普通に正立しますので結構しっかりしてるイメージです。

 が、何しろリッターが頑丈だったので今回は何年持つかなぁと。10年はもたんでしょうという気はします。ギターと小物を入れるとそれなりの重量になるのですが、ベルトそのもの、ベルトの付け根部分、細かい縫製の部分など、そんなに頑丈ではない感じがしています。

 それにしても、今日は楽器店数軒を回ったのですが、このケースについて「BCリッチのイーグルなんですが(と、ちょっと見栄)、これに入りますか?」と聞いたところ、どこも店員が絶句。ひどいところは「え~っ…、イーグルって長いんでしたっけ?」とか言うですよ。聞いたこちらも悪いと言えばそうなのですが、6弦側のホーンもストラトプラスアルファくらいの出っ張りなので、大体想像つきそうな気がするのですが若い店員さんだとイーグルの現物見たことない人もいるのかも。安価版は結構売ってますけどね。

 あとはやたらと「レスポールは入ります」と強調してた店員さんもいるのですが、あれはなで肩だしそもそもホーンがないのでどんなケースでも入るのでは? なんかそういうこと言われると信用できないんですよね。

 で、色はというと今回買った店にあったのが赤か青かだったので迷わず青を選びました。当方青組ですので。赤組、青組、黄組がちゃんとわかる人はどれくらいいるでしょう。なにしろ私はReSPECTでも西慎嗣役なので青以外を選ぶわけにはいかんとです。今の若い人は知りはれへんやろなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白い三つ首塔

2012年09月28日 23時51分56秒 | ドラマレビュー

 フジテレビTWOで「白い巨塔」を放送中なのですが、家族がすっかりはまっています。ま、これで「甘いお方だ…」とか「ワシにわかるように言え!」というネタが通じるようになるのでいいかも。私はというと、今日のファミリー劇場での「三つ首塔」の一挙放送を録画中。深夜12時半からは「仮面劇場」なんですが、あっちはどうしようかなぁ。あんまり好きじゃないのですが。

 なんにしても、テレビはドラマを見るためのものではないかという思いを強くしております。テレビで録画した映画を見てもあんまり感動がないので。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎亜美 スーパーベスト 999円

2012年09月27日 20時03分42秒 | 尾崎亜美
 昨日はスペクトラムのベストを話題にしましたが、同じ棚に亜美さんのベストがあるのを発見しました。不覚にも私はこれを知りませんでしたが発売は2010年だったんですね。2年も経ってから気づくとは…。情報チェックの漏れは私も悪いのですが、ツタヤも宣伝が下手すぎませんか?(と、すぐ人のせいにする)

 そんなこんなですが、当然ゲットしたので内容を解説しましょう。このベストもスペクトラムと同様999円で12曲入りです。多分どのベストもそういう構成なのでしょう。今回の収録曲は以下の通り。

01 マイピュアレディ
02 春の予感~I've been mellow(Album「ストップモーション」)
03 FOR YOU(Album「リトルファンタジー」)
04 ストップモーション(アルバムヴァージョン)
05 冥想
06 あなたはショッキングシャイン
07 来夢来人
08 偶然(シングルヴァージョン)
09 心にメイクアップ
10 私は愛を唄わない
11 嵐を起こして
12 スローダンシング

 「なんやオリビアは入っとらんのか?」という声があるでしょうが、今回は初期の東芝EMI時代の曲で揃えてあるのでまずは統一性のある選曲といえます。「マイピュアレディ」のみアルバム未収録ですが、あとはアルバムでいうと1stの「Shady」から「冥想」、2ndの「マインドドロップス」から「偶然」、3rdの「ストップモーション」から「春の予感」「ストップモーション」「来夢来人」「嵐を起こして」、4thの「プリズミイ」から「あなたはショッキングシャイン」「私は愛を唄わない」、5thの「リトルファンタジー」から「FOR YOU」「心にメイクアップ」「スローダンシング」というのが選ばれてます。

 が、今回「偶然」のイントロを聞いて「おっ」と。なんとシングルヴァージョンでした。初期のアルバムが紙ジャケで復刻されたときにボーナストラックで収録されたものの、それまでは未CD化だったヴァージョンがこんなところで聞けるとは。編曲はアルバムと同じく松任谷さんなのですが、当時の亜美さんのバックバンドが演奏してたという噂があります。(あくまでもファンの間の噂なので確証はないのですが) 違いはというと演奏がかなり違うのと歌詞が一部変わってます。

 私は初めてちゃんと聞いたアルバムが「リトルファンタジー」だったので、今回久しぶりに「心にメイクアップ」を聞いて「萌えっ」としてしまいました(?)。「初恋の通り雨」がないのが残念といえばそうですが、「来夢来人」とか「私は愛を唄わない」とか普段ベストではあんまり入ってこないのがあるので、これはこれで面白いかと。ま、私なら曲順を変えますが。(と、あくまでもオタクらしいこだわりが…)

 何がどうかと言って今回はジャケットが見たことない写真だったのでそこはポイント高いです。出展がわかりませんがヘアースタイルからすると「ストップモーション」の頃でしょうか? ちなみに歌詞カードには写真がないので画像はこれだけです。第二弾でポニキャニ時代のを作ってくれるともっと宣伝してあげるのですが、まずはツタヤさん偉いと言っておきましょう。999円という値段を考えるとこれはお買い得です。

 ただし、ジャケットの手書き文字風のアーティスト名が「Ami Ozaki」になってるのが非常に残念。亜美さんをローマ字表記にした場合は「Amii」であって「i」が一つ足らないんですね。それこそ企画した人の愛がちょっと足らないようです。

 とにかく興味ある人はお近くのツタヤで探してみて下さい。どーですか、お客さん。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スペクトラム スーパーベスト 999円

2012年09月26日 22時17分40秒 | スペクトラム

 一部では話題になっており先日のトマパラでもMCのネタにした「スペクトラム スーパーベスト」というCDを入手しました。普段CDはamazonでしかチェックしないので気づかなかったのですが、これはツタヤの「ザ・ベスト・バリュー999 スーパーベスト」というシリーズで、2009年に第一弾が発売されて以来結構なタイトルが揃っています。

 今回のスペクトラムのベストは今月発売されたばかりなのですが、なんかツタヤのサイトがすごく調べにくく、CD情報としてはこれなのですが収録曲も出てません。売る気あるんか?という気がしないではないですが、私はたまたまトイレを借りに入った店舗で発見し購入しました。今日もうちの近所の店に普通に置いてあったので、今月発売になったことを考えると今すぐ行けば置いてある店は多いのではないでしょうか?

 ということで中身が気になる方への詳細情報です。まず収録曲は以下の通り。

01 アクトショー(Act-Show) <LIVE>
02 SUNRISE
03 夜明け(アルバ) <LIVE>
04 ロックン・ロール・サーカス
05 Paradise
06 モーション
07 Night Night Knight
08 ミーチャン Going to the Hoikuen
09 あがき
10 イン・ザ・スペース(In The Space)
11 F・L・Y
12 1920、アミューズ・カンパニー~スマイル・フォー・ミー~


 スペクトラムのベストアルバムとしては現在「スペクトラム伝説」(以下「伝説」)と「GOLDEN☆BEST」(以下「ゴールデン」)が入手可能ですが、この「アクトショー」は伝説に入っているのと同じです。元々はシングル「イン・ザ・スペース」のB面に収録されたスタジオライブなのですが、レコードではフェードアウトがちょっと遅くて「ああ、このあとトマトをやったんだなぁ」とわかるのですが、これはそこまではありません。

 「SUNRISE」はシングルヴァージョンで伝説と同じ。「夜明け」は武道館ライブヴァージョンですが、ファイナルのライブCDでは新田さんのMCで「ではですね、ブラウン管でお馴染みの吉田の流し目に注目しながら…」というのが入ってるのですが、今回はそこがカットされて「え~聞いていただきたいと思います。では、夜明け」というだけになってます。(なぜだ?) ともかく、これは伝説にもゴールデンにも入ってないので一応価値あり。

 「ロックン・ロール・サーカス」「Paradise」「モーション」はそのまま普通のスタジオヴァージョン。「Paradise」はゴールデンにも入ってますから人気曲なのでしょうか? 我々もレパートリーにしたことですし、これはもっと知れ渡って欲しい曲ですね。「モーション」はドラからじゃなくてアミューズカンパニーの終わりから繋がってるやつなので伝説ともゴールデンともちょこっと違います。

 「Night Night Knight」はアルバムヴァージョンというか、あの「やすらぎ」の最後と繋がってるやつなのでゴールデンと同じです。私は別にあれがなくてもいいんですが。シングルでは普通にギターから始まってましたし。

 ミーチャンはシングルヴァージョンなので伝説と同じ。あがきはそのまま。「イン・ザ・スペース」はシングルヴァージョンですが、ゴールデンはアルバムヴァージョンだったので伝説と同じですね。で、FLYとアミューズカンパニーもそのままと。

 選曲としては何か足りないと思ったらトマトがないんですね。あとは「パッシングドリームがない!」と怒る人もいるでしょうし、「侍ズがないベストは許さん!」という人もいるでしょう。

 ジャケットはご覧の通りで歌詞カードは普通に歌詞が書いてあるだけ。メンバーの写真は一切ありません。私からすると特に買わなくても全部音源は持ってたことになるのですが、まぁこういうのは「出たから買う!」というのが大事であって好評ならもっと豪華版を!ということにほのかに期待したり。まぁ999円で12曲入りというのは充実してると言えばそうですし、若い人に「スペクトラム知っとるけ?」とプレゼントするには手頃かもしれません。細かい文句いってるときりがないですしね。

 ということで、まずはお買い得という評価にしましょう。どーですか、お客さん。ちなみに、私はツタヤのポイントが貯まってたので実質タダでした。T-pointをこまめに貯めてる人にはいいかもしれませんね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ガリを退治せんと

2012年09月25日 19時19分38秒 | ギターと楽器のこと
 一年ほど前からギターのボリュームのガリが気になってました。大体全開で弾くのが普通なんですが、ここ最近静かめな曲のレパートリーも増えたし、仙台の時みたいな大会場だと音がでかいので曲の間にちょっと触っただけでも目立っちゃうし。

 で、年内のライブ予定が終了したこともあって修理に出すことにしました。本当はビックアップも取り替えたいところなんですが、その前にギグバッグ買わなきゃならんので。

 私のイーグルはスイッチいっぱいついてるけど、今はほとんどダミーなのでオリジナルの基盤を入手できればその改造もしたいですけどね。って、もちろん自分じゃできませんけど(笑)。

 なんにしても今のバンドやるには欠かせないギターなのでまだまだ頑張ってもらわねば。可愛がってやらねば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「不死蝶」を保存版に(ネタバレあり)

2012年09月24日 23時52分45秒 | ドラマレビュー

 ご存じ横溝正史アワー「金田一耕助シリーズ」の話です。「横溝正史アワー」とはいえ、実は金田一ものではなく由利博士のものを無理矢理作ってるドラマもある中で(真珠郎、あんたやで!って誰に言ってるのやら…)、これはちゃんと金田一先生事件です!というの。初回放送は昭和53年7月だそうですから34年ほど経ってるので今さらネタバレ云々というのもどうかと思うのですが、ここしばらく当ブログの検索ワード上位に来てるので一応そうしておきましょう。何しろ先週まで3週間連続でBSフジで放送されてましたので。

 全3回なのですが23年前に起きた殺人事件といい再び起こった事件といい発生するのは第一回だけ。2回以降は全部謎解きなのでちゃんと見てないと何がなんだかわからんです。実は私も最後まで見てたと言えば見えたのですが最終回を、ライブのMC考えながらパソコンやりながら見てたので、ちゃんと犯人がわかったかというとわかりません(笑)

 面白いか面白くないかといえば面白いし、女優さんはどうかというと竹下景子さんはこれまで見たどのドラマで見るよりよりも綺麗でした。さらに栗田ひろみさんまで出てるというとこれは結構見応えあります。が、私のブログに「不死蝶 植木等」というキーワードで辿り着く人が多いのは困ります。まったくもぉ。

 なんにしてもあとでちゃんと見ないとだめだと思ってDVDにダビングして保存版にしました。ついでといってはなんですが、「夜歩く」も一挙放送があったのでそちらも一緒にしました。さて、今週末は「三つ首塔」ですのでそれも予約と。よし、あとは「真珠郎」だけだな。って、何回録画失敗しとんねんという…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お祭りが終わりましたので

2012年09月23日 23時24分30秒 | スペクトラム

 2週間前の定禅寺SJF出場と昨日のトマパラのステージが終わりましたので、一気に虚脱感が。今月は週末は、リハ~定禅寺~リハ~トマパラということでしたが、2ヶ月ほど前に両方の候補曲が決まってからは寝てはロリータのコードを思い浮かべ、起きてはパラダイスのコーラスパートを口ずさむという毎日でしたのでそれも一段落と。年内のライブは終わりましたので、これからしばらくは頭も体も基礎体力を付ける活動をしたいと思う次第です。

 来られなかった人のためにも昨日の補足を多少しておきますと、今回の目玉はなんといってもトロンボーン三つどもえのバトル。リスペクター2号のモハ君がPボーンを入手したのがキッカケでしたが、1号のゆたさんもバルブトロンボーンを入手して一気に話が盛り上がりました。バルブトロンボーンというと、本家スペクトラムの新田さんがモーションのイントロでバルブトロンボーンにトランペットのマウスピースを突っ込んで物凄い音を出してたのですが、まずはそれをやろうと。また、新田さんというとMMPの頃からバルブトロンボーンを持つことも多く、スペクトラムのレコーディングやライブ、サザンのレコーディングでも演奏してたそうです。果たして1号のゆたさんはというと、正統のバルブトロンボーン奏法には挑まず、「なんとなくスペクタクル」間奏のバトルでもトランペットのマウスピースのままバリバリ吹いてました。わざわざそのためにバルブトロンボーン持ってくる人もあんまりいないでしょうね。次にやる機会があるのかどうか。

 今回の我々の初挑戦の曲は3曲というか4曲というか。「Night Night Knight」は楽器オフのセッションでは毎年やってたのですが、ちゃんとやったのは今回初めてですなわちあのイントロをキチンと揃えるように練習したのも初めてと。これまでどんだけいい加減にやっとんたんじゃという世界ですが…。スペクトラムでは直樹さんが歌ってますけど、今回はリスペクター8号の郁未さんがリードボーカルでした。

 今回のノータイトルを新曲に含めると4曲ということになりますが、あれは6号のてーさんが一人で弾いてるのでスタジオヴァージョンなのかライブの方かはよくわかりません(笑) 続いての「ロリータ」はスタジオヴァージョンを基本に演奏してみました。リードボーカルはゆたさんでした。これでファーストアルバムはほぼ制覇ということになりました。

 もう1曲の「Paradise」は元々奥慶一さんのソロアルバムに収録されてたのですが、その後アルバム「セカンドナビゲイション」でスペクトラムも演奏してますので、今回はそちらのヴァージョンでと。スペクトラムではボーカルは直樹さん、西さん、新田さんという並びなのですが、我々は8号の郁さん、4号のムラさん、7号のよしけんさんのボーカルでやってみました。私はコーラス担当で、大体ライブではコーラスは撃沈するのですがこれはまぁまぁうまくいったかなぁ。この「Paradise」は2枚組のゴールデンベストにも収録されてましたが、今月発売になったツタヤのセルCD「スーパーベスト」にも収録されてるようです。スペクトラムらしくないといえばそうかもしれないのですが、いい曲ですのでもっと日の目を見て欲しいです。みんなが覚えてくれればライブでもやりやすいし。

 ということで、いろんな人のおかげで定禅寺、トマパラと無事に終えることができました。いつも応援に来てくれる人、久しぶりにお会いする人、初めましての方もいて、段々輪が広がっていくようで嬉しい限りです。仙台は入社して最初に赴任した土地であり、これまでの人生で一番どうしようもなく情けない日々を送ってたのでそういう場所で演奏できるのは過去の自分屁タレぶりにケリをつけられるようで感慨深いし、トマパラはトマパラで実は第一回は仕事が入って参加できずトラを頼むことになって死ぬほど悔しい思いをしたというイベントなので普通に参加できることは幸せだと思うし。それが一気に9月にあったというのは私にとってはかなりいろいろ思うところがあるわけです。

 とはいえ、昨日の音源を聞いてみるといつもの通り「ギャー」っと走り出したくなるくらいなのですが、まぁそういう反省が向上への第一歩ですしね。って、いい加減進歩しろよ>自分 とにかく今後もがんばります…。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご来場御礼

2012年09月22日 23時48分29秒 | スペクトラム

 第7回目のトマパラが無事終了しました。今回も多数のご来場いただき感謝です。今回は初披露の曲が4曲(Notitle込みで)、ホーン隊の新兵器が2つ、先輩後輩ネタはリハが終了してもまだ決まらないなど、どうにも落ち着かない気分でしたがまずまず受けたようなのでとりあえず安心と。

 多分録音を聞くとまた「ギャー!」と言うでしょうが、今だけはとりあえず充実感に浸ってます。何よりも車で出かけたので家に帰らないと飲めないというのが問題だったわけです。新中野からは車で40分弱なので帰りは楽ちんでした。

 ということで本日のセットリストは以下の通りです。今回の対バンはやたらと上手いチャーのコピバンとか、いきなり脱ぎ出すギタリストとかが一緒で、いかに私がギタリストとして普通かというのを実感した次第です(?)。

1.Night Night Knight(Live Version)
2.In The Space
3.Motion
4.Notitle~Rolita
5.Paradise
6.なんとなくスペクタクル
7.Act-Show
8.夜明け(Album Version)
enc.Tomato Ippatsu

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さて、いよいよ

2012年09月21日 17時30分21秒 | スペクトラム
 いよいよ明日がトマパラです。ライブの前は仕事は早々に切り上げて「風~呂に入って垢落とし~ ピカピカパンツに履き替え」といきたいところですが、期末が近づき仕事もピーク。これからまた大仕事があるので、今日の帰宅は多分一時くらい。明日はグッタリしてるかメチャメチャハイになってるかどっちかですね。

 パンツは履き替える暇がなければノーパンで行くとか。ちなみに「今日は私ノーパソなの」という女子からのメールを見て期待して行ったら、相手はノートパソコンを持ってたという話はそこかしこにあると思います。スマホと素股を間違えた話はまだ聞いたことありません。セレブとセフレを間違えた話はもう古いですし。

 って、既にハイになってしまいました。明日の夜まで元気もつやろか…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々にざわざわと

2012年09月20日 19時39分20秒 | スペクトラム
 ライブの前というと以前は「こんなレベルで人前に立ってよいものでしょうか?」というのが不安だったのですが、今はもう開き直っちゃって「受ければいいでしょう。盛り上がればいいでしょう。」と思うようになってます。が、ライブを明後日に控えて久々に気分がざわざわと落ち着きません。

 原因はというと、新しく披露する曲が何曲かあることに間違いないのですが、どうにもつかみどころの曲ばかりで「どんなもんでしょう???」というのが不安だと。どんなもんかというのは聞いてもらわねばわからんのですが、それなりに練習は重ねて来たけどどうにも落ち着かんと。例えていうなら、番場蛮が初めてハイジャンプ魔球を投げたときくらいの感じでしょうか。(別に大回転魔球でもいいんですけど)

 って、今の若い人は知りはれへんやろなぁ…。ということで、今回は「みんなわかるかなぁ」という曲をいくつかやります。また、恒例の先輩後輩ネタはまだどこからも台本が来ないので決まってません。それが一番の不安の原因かも。うむむ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校生バンドのベース事情

2012年09月19日 22時24分42秒 | ギターと楽器のこと

 今年の定禅寺SJFでのこと。我々が出演するステージは直前まで「高校生チャレンジステージ」ということで、仙台の選りすぐりの高校生バンドが出演してました。「いまどきの高校生はどんなもんじゃろうね」と思って見てたら、ストレートなロックをやるバンド、aikoのコピーバンド、福耳をやってたアコースティックユニット、2曲ともオリジナルだったバンド、などいろいろでした。どのバンドも女の子が目立ったので、今はどこもそんな感じなのでしょうか。まぁ男子高校生なんて汚いし臭いし、女子がいた方が華があることは確かです。(私は高校生の頃から美しかったですが)

 そんな彼らが持ってるギターについては普通にレスポールが多かった気がしますが、ギブソンタイプのSGも目立ったような気がします。ロックやるにはあれはかっこいいですね。私も好きで一時持ってましたが、普通に持つとヘッドの重みでがズリズリと角度が変わってしまい、立ってやるには案外弾き低くて手放してしまいました。ストラップピンをちょっと6弦側に移動するとか、あるいはイーグルのように6弦側のホーンの裏側にピンを付けるとかはどうなんでしょうか? やってる人いるのかなぁ。

 で、今回の注目はベース。全員女子というバンドもあればベーシストだけ女子というのもありました。女子のギタリストは目立たなかったけど、女子のベーシストは普通にあちこちにという感じ。それも持ってるのがムスタングベースだったり、Tuneタイプのベース(本物かもしれんが)、Warwickタイプのもの(本物かも…)、リスペクター4号が持ってるようなヤマハの5弦ベースタイプなど様々。そんな中、リスペクター8号が「あのベースってなに?」と聞いてくるので見てみたらびっくり。あろうことかアレンビックでした。多分本物ではないと思うのですが、コピーモデルってもそんなに出回ってないような気がしますが。不思議だなぁと。

 そうやって個性的なベースが揃ってましたが、小柄な女子がムスタングベースを選択するってのはルックス的にありだなぁと思ったり。みんなおしゃれになったものです。とはいえ、普通にジャズベースとかプレシジョン持ってるバンドがなかったような気がするのもなんとなく寂しかったり。

 ちなみに「いまどきの高校生はどんなもんじゃろうね」というのは、映画「丑三つの村」の「村一番の男はどんな味じゃろうね」という池波志乃モードです。「丑三つの村」っても、レンタルDVDでは見かけたことないしああいう映画はDVD出てないんだろうなと思って調べてみたら、なんと昨年発売されてました。私は公開当時ちゃんと映画館で見たのですが、もう一回見たいかというと…。しかし今は出ていてもこれがずっと発売され続けるかというとそれも疑問。やっぱり買わねばならんかなぁ。結構安いし。う~む。

 と、高校生のベースの話から大きく脱線してしまいました。今の若い人は知りはれへんやろなぁ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「タレント本月間」と決めました

2012年09月18日 22時22分42秒 | ブックレビュー

 歴史小説しか読まないのも芸がないと思い、先月と今月はタレント本月間としております。先月は何年か前に買って読んだ「らも」を再読し、新しく買った話題の本の「サブカルスーパースター鬱伝」も読みました。で、今月はさらに強化しようと思い「なにわのアホぢから」(中島らも)、「ばかたれ」(奥居香)、「甲斐バンドストーリー ポップコーンをほおばって」(田家秀樹)、「今だから愛される本 あのねのね」などを読んでみようかと。

 これらは前に読んだことのある本ばかりなのですが、どれも味わい深い本ですので再読して新たな発見を得ようとか思ってるわけです。とはいえ、仙台遠征で散財し新しい本を買う資金がないという事情もあるようなないような。

 先月は子供の本棚をあさって「悼む人」を発見して読んだのですが、あれは楽しい本ではなかったですし、そういう意味でガラっと路線を変えたいと思った次第。あのねのねの本なんて昔は大ヒットしましたけど、今は古本屋でも見かけませんね。巻末には楽譜集もあって結構楽しめます。ちなみに、どれくらいヒットしたかというと私の持ってるのは250版でした。すごい…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちゃんと服を着せてあげたいと

2012年09月17日 22時25分56秒 | ドラマレビュー

 チャンネルNECOで再放送中の「スターウルフ」ですが、斉藤浩子さんのゲスト登場回が人気だと聞いて見てみました。すると人気の秘密がわかったというか、宇宙人役で出た彼女は結構美形な上に衣装がセクシーだったんですね。いわゆるタンクトップの片方がないワンショルダーというか、原始時代の女性が着てるようなイメージというか、現役時代のアニマル浜口というか(?)。

 彼女は「猿の軍団」で見て知ってたのですが、このスターウルフの頃は17~8歳になってた様子。私は当時見てたのかなぁ…。この当時中三でしたので、これくらいでムラっと来たことはなかったでしょうが(本当か?)、小学校の高学年くらいだったら一気にファンになってたことでしょう。

 なお、私は同じ年代の人では斉藤とも子さんとよく間違えるのですが彼女も結構好きでした。さすがに斉藤こず恵さんとは間違えません。彼女はあまり好きではなかったので。あとはまた年代が違いますが斉藤由貴さんも好きです。だからと言って、斉藤なら誰でもいいかといえば斉藤明夫投手には欲情したことがないので違います。(当たり前)

 と、いろいろ調べてたら斉藤こず恵さんがブルース歌手としても活動していると聞いて驚きました。それにしても、斉藤浩子さんにはちゃんとした服を着せてあげてスターウルフのレギュラーにすればよかったのにと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定禅寺SJFでの映像公開!

2012年09月16日 22時14分08秒 | スペクトラム

 我々ReSPECTが9月8日に出演した第22回定禅寺ストリートジャズフェスティバルでのライブ映像が公開されました。映像はうちの公式記録員(8号)が撮影したものをバンマス(7号)が編集してます。こちらのページからご覧になれますが、細かい解説をしようと思ったらバンマスがもういろいろ書いてますね。

 うちが出演するイベントでは、本家スペクトラムと同様に前衛5人という並びができるのはここのステージだけなので、そういう意味では今回の映像は気に入ってます。

 個人的なことをいうと今年はピックも落とさず、ペダルの踏み間違いも1回くらい。細かいミスは多数ですが、ソロの屁タレぶりはおいといて、バンドのアンサンブルのギターとしてはまずまずうまくいった方かなぁとか思ってます。(もちろんリハでできてないことは本番でもできないわけで、あくまでも現状の自分の技術レベルに照らし合わせて…ということではありますが)

 曲によってギターがよく聞こえたり、あんまり聞こえなかったりしますが、こちらでは手元でも足下でも大きく変えてはいませんのでPAでの問題でしょう。それでも多数のバンドが出演するイベントでありながら、マイク10数本立てるといううちのような大所帯の面倒をよく見てくれたと思います。その点PAオペレーターには感謝します。今年も気持ちよくやらせていただきました。

 ちなみに当日のセットリストは
1.モーション
2.メモリー
3.In The Space
4.侍ズ
5.アクトショー
6.トマト・イッパツ
7.サンライズ
でした。

 あらためて見ると昼間のステージなのに照明さんも活躍してますね。やってたときは全然気づきませんでした。しがないアマチュアバンドの数十分のステージですが、いろんな人のおかげで成り立っているというのをあらためて実感しました。みなさんありがとうございました。私は幸せ者です…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加