今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

ギターは形でわかるのですが

2016年03月31日 23時10分14秒 | ギターと楽器のこと

 昨日スーツを着てギターを担いで歩いている人を見ました。ギターはケースの形で大体中身が推察されます。フォークギターとかクラシックギターは厚みがあって、エレキギターは薄いと。また、エレキギターでもフェンダー系のギターのハードケースは四角くて、ギブソン系のギターケースはギターの形にくびれてます。

 ただし、エレキギターもハードケースでなく、いわゆるギグバッグという軽くて柔らかいタイプのケースは中身がわかりにくいのですが、たまに「いかにもフライングV」とか「いかにもエクスプローラー」というのを見かけます。まぁ男性がぴっちりしたズボンを履いている時にチンコがどっちに寄っているのかすぐわかるような感じです。(なのか?)

 果たして昨日見た人の持ってたのは多分クラシックギターなのですが、持ってるのはクラシックギターでも弾いてるのはクラシックとは限らず、ボサノバかもしれないしフラメンコかもしれないし、たまにロックをやる人もいます。

 で、前に聞いた話。ブラスロックをやってるサックス奏者がバンドのメンバー探してて、トランペットのケースを持ってる若者に声を掛けたら「いや、吹奏楽しか興味無いので」と言われたとか。さらに「ブラスロックやると楽器がそういう音になって吹奏楽やりにくいし」とも言われたのだとか。

 サックスとかトランペットの場合は、ロックであろうとジャズであろうとクラシックであろうと同じ楽器を使うわけですが、ロックっぽい音の出し方してると楽器自体がそういう鳴りになってしまうというわけです。これが本当かどうかはわかりませんが、そういわれればそんな気もします。多分「楽器が…」というよりは、吹く人の奏法の問題のような気もしますが、鳴りが変わると言われればそうかもしれないし。ピアノとかドラムとかもそんな感じはするし、多分関係ないのはシンセサイザーとかくらいかも。

 ギターの場合は、かしまし娘とか横山ホットブラザーズが弾いてたギターはお笑いの音がするというのがあるかもしれませんね。欲しいなぁ、そういうの。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせながらワイルド7をば

2016年03月30日 22時28分57秒 | 映画

 ワイルド7が実写映画化されたときに「おお、これは見ねば!」と思ったのですが、なんだかんだで機会を逸し、ようやく見ました。って、CSで放送されたのを録画したのですが。

 ワイルド7については劇画のファンなのですが、見たのはドラマ版が先でした。なので初めて原作を読んだときは、「あら、ブラックスパイダーは?」「真理アンヌはどうした?」「モヒカンはどこいった?」とか思ったものです。

 私の認識では原作の最初の7人は、飛葉、ヘボピー、チャーシュウ、両国、世界、八百、親分。ですが、今回の映画は結構キャラが変わってるんですね。ドラマは最初飛葉の兄貴が出てきたりしますが、原作では兄はいるもののワイルドとはかけ離れたキャラでしたし。

 さて、映画の評価ですが「まぁなんとか映画にした」という感じです。それぞれのキャラが立ってないし、飛葉もそうなので、あの7人がどれだけ凄いかってのが伝わってきません。おまけに深キョンに無理矢理ユキの名前付けて出演させても、まったく必然性なしと。

 映画にするならまずはワイルドの7人がどうやって集まったかというあたりもやって、普通に警察が解決できない問題をとんでもない手口で片付ける事件をやって…というのがよろしいかと。今回のように警察の幹部自体が悪役ってのは何本かシリーズ作って5作目くらいでやるべきかと。(それでも無理ありますけど)

 とにかく飛葉ちゃんが原作の最終回で「悪党に生きる資格はねぇ!」と叫んだあの感覚がなければ、ただの悪党がいきがって暴れて犯人を殺すっていう風にしか見えんのですね。

 この映画の世間一般の評価はどうだったのでしょうか。原作抜きにしてこの映画だけで見ようとしてもなんか消化不良だし、原作のファンが見ると違和感あるだろうし。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「あまちゃん」のココがすごい!~もう一度じぇじぇじぇSP~

2016年03月29日 22時36分24秒 | TV番組レビュー

 「あまちゃん」がCSのファミリー劇場で放送されるにあたり、<「あまちゃん」のココがすごい!~もう一度じぇじぇじぇSP~>という番組がありました。あまちゃんファンの芸人が集まって、どこがどう面白いかというプレゼンをするのですが、番組MCはラーメンズの片桐仁と岩手ローカルアイドルの加村真美、プレゼンターは博多華丸、加藤千恵、物真似タレントのみかん、裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火などなど。

 どうせつまらないだろうと思ってたのですが、作りは予想以上のチープさ。番組のセットは一応ザ・ベストテンを模しているのですが、プレゼンの舞台は殺風景な普通のスタジオの真ん中。

 ですが、それぞれのプレゼンターの熱の入りようが面白くて最後まで見てしまいました。一応ベストテン形式になっているのですが、1位はあまちゃんにも出演した大物芸能人が登場とか。

 芸人さん達が「え~、誰だろう? 順当なのは渡辺えりさんですよね。」とか言ってたら、果たして登場したのはトシちゃん似の男の原俊作。これには大笑いでした。チープな番組で最後が大物ゲストだったりするとかえって安っぽくみえるのですが、これは見事にオチがつきました。なので、すぐ消すつもりで見たのですが保存版にしてしまったという…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寂しくなりますね

2016年03月28日 21時49分05秒 | ラジオ

 つのだ☆ひろさんのFMミュージックプラザが今日最終回でした。11年間の合計で490回の放送だったそうです。ただ、他の曜日は軒並み500回越えなのに、ハッピーマンデーはスペシャル番組で潰れることが多かった月曜は放送回数は少なかったようです。

 それにしても、つのださんの日は昭和歌謡とはいえやたらとトニー谷がかかるし、クレイジーキャッツは多いけどドリフはほとんどかからないとか、結構特徴がありました。私も昭和歌謡は好きですが、自分の知らなかったような曲を解説を交えていろいろ聞かせて貰ったのでつのださんには感謝しています。

 私は営業中の車中で聞いてたので、初めから終わりまで漏らさず聞いたことは滅多にないのですが、車に乗るたびに曲が変わってたり、エンジンかければなにがしか曲が流れてくるとかいうのがラジオの正しい楽しみ方のような気もします。

 つのださんの番組も終わったし、午後まりの近田先生の番組も終わったし、自分の知らなかった昭和歌謡を聞けるような番組はなくなりました。YouTubeであれこれ探して聞くのとはまた違うんだなぁ、ラジオは。なんにしても平日のラジオが寂しくなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「回天の門」 藤沢周平著

2016年03月27日 21時33分45秒 | ブックレビュー

 幕末の歴史を描く小説をいろいろ読んでて、メイン筋でなくても気になる人は何人かいます。いわゆる薩長でも土佐でも将軍でも新選組でも帝でも公家でも勝海舟でもないという人。

 どういう人たちがいるかというと、越後長岡藩の河井継之助だったり幕臣の山岡鉄舟だったり水戸天狗党だったり彰義隊だったり。

 で、そんな中で名前は知ってるけどどういう人かよくわからんという代表が清河八郎。新選組というか浪士隊の結成のあたりでいろんな小説にちらっと名前だけ出てくるのですが、庄内藩出身の人がなんで?という気はします。

 前からこの人のことをちゃんと知りたいと思ってたのですが、主人公として書かれた小説がありました。藤沢周平先生の「回天の門」ですが、結構な長編ですね。

 実はこれに先立つこと1ヶ月くらいに人物評伝のようなのを借りて読んだのですが、どちらも生い立ちとか思想の背景とか性格的なものはほとんど同じでした。伝えられる人柄ってのはどれも同じなのですね。

 とにかく頭が良くて腕が立つ人物だったのは確かなようですが、もし幕末を乗り切って維新まで生存してたとしたら、世の中が違った物になったかもしれないと思ったり。河井継之助が主役だった年末時代劇とかはあったようですが、清河八郎ものは無理でしょうね。逃避行が大木ですし。そうなるとせめて山岡鉄舟を期待してしまいますが、どーですかお客さん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKはいろいろあって大変だと

2016年03月26日 22時27分38秒 | ラジオ

 NHKラジオ第一放送での平日午後の生ワイド「午後のまりやーじゅ」が最終回だったらしいです。が、そもそも25日(金)に金曜レギュラーの赤坂泰彦氏と近田春夫先生が出演してラストのスペシャルをやる予定だったのが、国会中継のおかげで番組そのものがなくなってしまったようです。

 「ようです」というのは、私も昨日ラジオを聞いたときに国会中継だったので、最終回はあらためてやると思ってました。が、ふと番組サイトを見てみたら、24日の段階でメインパーソナリティーの山田まりやさん、赤坂泰彦さん、近田春夫さんのそれぞれがブログでラストメッセージを書いてました。最終日の放送がなくなったと分かった段階でUPしたんですね。

 そもそも今の時期は高校野球があって大相撲があって番組が圧迫されるのですが、そこに国会中継も入ったということで、関係者はさぞ悔しかったことでしょう。

 私は、この番組はメインパーソナリティーの方のトークが馴染めなくて、ほとんど金曜しか聞いてなかったのですが、さすがにこの終わり方は可愛そうだと思う次第です。NHKは残酷ですね。「ゆうゆうワイド」を週1で存続することになったTBSラジオくらいの柔軟性があれば…ですが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じみへんの技を使えば

2016年03月25日 23時17分50秒 | 日記

 ショーンK氏の話を聞いて、中崎タツヤ氏の漫画「じみへん」を思い出しました。ある肉体労働系のお父さんが子供に問い詰められます。「みんなが父ちゃんのことを嘘つきだっていうの」と。以下、子供と父ちゃんの会話。

子供「父ちゃん、東大出たって本当?」
父「大学なんか行ってねぇ」
子供「じゃ、パイロットだってのは?」
父「飛行機乗ったことねぇ。」
子供「シアヌーク殿下と友達っていうのは?」
父「知るか!」
子供「じゃあやっぱり嘘つきだったんだ(泣)」

となって、子供が傷ついた姿を見て「やっぱりまずいか」と思ったオヤジは猛勉強を始め、工事現場では単語帳を、家に帰れば深夜まで問題集を、という奮闘ぶりで東大を受験することに。1年後の東大合格発表では「あったよ、父ちゃん!」と子供は大喜び。するとオヤジは
「よーし、あとはパイロットとシアヌークだな」
というのがオチ。

 で、ショーンK氏については「これからMBAとればいいじゃない」という声があったりするので、この漫画を思い出した次第。持ってないのに持ってるって言ってたのが問題なんだから、あとから取るのは反則ですよね。

 で、私のことを言うと京都産業大学卒業というのは本当です。落研の出身だったりしたらお笑いのエリートなんですけど、残念ながらそこは違います。今から大学入り直して落研入れば本物のバカなのでしょうけど、さすがにそれは遠慮します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

2016年03月24日 22時25分05秒 | ドラマレビュー

 今期の月9ドラマですが今週で終わりました。全話見ましたが、まぁ面白くないことはないけどストーリーとしては大したことないという印象。初回を見て有村架純が可愛すぎると思ったのですが、一番面白かったのが初回だったような気が…。

 視聴率が悪かったとかいうのは自分の評価に反映しないのですが、いろいろテーマが盛りだくさんで何を一番訴えたかったのかがわからんという感じでした。脚本が坂元裕二、有村架純と高畑充希が共演ということで期待し過ぎた私が悪いのでしょうか。う~む。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

3月になるとオヤジは

2016年03月23日 23時04分18秒 | 日記

 このタイトルの時は仕事が忙しくてゆっくりできないときです。さすがに3月も後半となると忙しくなってきました。夜10時半に帰ってきたとすると、12時に寝るので家にいるのは1時間半。その間に食事と風呂と…。ん~、まぁ仕事があるうちが花という気も…。

 ということで、今日はここまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気分はもう4月

2016年03月22日 23時17分35秒 | 日記

 何がどうかというと、NHK朝ドラの「とと姉ちゃん」が始まるのですね。で、「あさが来た」がいつまでかと思ったら、4月2日が最終回だとか。曜日の並びによっては3月中に新しいドラマが始まることもあるのですが、「とと姉ちゃん」は4月4日スタートだそうです。

 4月4日というと、我々キャンディーズファンにとっては昭和53年に後楽園球場でファイナルカーニバルが行われた日なので絶対忘れないと。まぁ月曜スタートだから忘れませんけどね。とはいえ、あまり期待が大きいのはよろしくないと。現代劇じゃないので「あまちゃん」ほど弾けた展開にはならんでしょうし。

 なんにしても早く4月にならないかなぁ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ仕込まないと!

2016年03月21日 22時48分36秒 | スペクトラム

 スペクトラムのコピーバンド「ReSPECT」をやっております。昨日は4月のライブに向けての最終リハでした。ここ1年ほどなかなかメンバー全員集まれなかったので、8人揃ってスタジオで音を出すのは物凄く久しぶり。昨日は1曲目をやったときあまりの迫力でやってる方が嬉しくなりました。(狭いスタジオなので耳はきついけど)

 で、全員揃うといつもより音の感じが違うので、ギターソロを弾き始めたとき「あれ? あんまり歪んでない」と気づいたり。前回までは人数少なくてスカスカだったから、ある程度の音でも通ったのですが、今回はなんかペケペケの音に聞こえてしまいました。そういうのは手元にも影響するので、昨日はソロのミス多数。本番までにはちゃんと音作りも仕込まねばなりません。

 あと曲順は決まってるけど、ステージの構成とかMCの話題とかいろいろ仕込まねばならないので、これから2週間大変です。が、久しぶりに正規メンバー8人で都内でやるし、いつもより大きいステージで前衛5人並べるし、楽しみはいろいろあります。

 以下詳細ですが、行ってやろうという方はコメントか、この画面の右側にあるメッセージボタンでお知らせいただけると幸いです。我々の出番は13時半くらいの予定です。宜しくお願いします。

日 時 : 4月3日(日) 12時開演
会 場 : LIVE HOUSE BUDDY(西武池袋線江古田駅 南口すぐ)
http://www.buddy-tokyo.com/
料 金 : 1,000円(飲食代別)
出 演 :
 ハレンチ
 花梨党(かりん・と・う)
 ReSPECT
 コマキント★ブラス

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試し弾きの曲といえば

2016年03月20日 13時34分39秒 | ギターと楽器のこと

 金曜の「タモリ倶楽部」は、新大久保の楽器屋でお客さんが試し弾きをする曲は何が多いかというのを店員さんに聞いてました。面白かったです。ギターの方は1位が「リトルウイング」、2位が「ルーム335」、3位「レイラ」でした。今はもう「スモークオンザウォーター」じゃないんですね。

 上位3つでは「リトルウイング」はなんとなくわかりますが、あとの二つは意外。今の若い人は「ルーム335」なんて知ってるだろうかと。そもそも「フュージョン」というのも死語になってるような気もしますし。

 私もギターを弾きますが、楽器屋さんで試し弾きをした経験はそんなに多くないです。というのも、実際買う機会がそんなにないので。楽器屋に行って眺めるだけはよくやるのですが、一応おじさんだと金持ってそうに思われるのでしょう、「弾いてみたいのあればどうぞ」と声をかけられることが多いです。いろんなギターに触ってみたい気はあるのですが、ベルトのバックルとか服のボタンで傷をつけるのが怖いので、本当に買う時だけしか弾きません。

 試し弾きの経験としては、学生時代にストラトを買いに行った際、高中の「サダージ」の掛け合いのソロを部分をちょこっと弾いただけで店員に「おう、高中や!」と言われたので、みんな知ってる曲だと下手なのがすぐわかるのでビビりました。そもそも弦高とかテンションが自分の好みじゃないと弾きにくいので、普段弾ける曲もうまくできないし。(と、言い訳)

 その後は大体エフェクターを買いに行く時に音出させて貰うことが多く、そういう場合はお店のお試し用のギターを渡されて大体年季の入ってるのですからあまり気を使いません。んで、試すのは歪み系のエフェクターが多いので、弾くのはMSGの「Armed And Ready」とかヴァンヘイレンの「you really got me」のイントロだけ弾いてました。テレキャスとか渡されるとテンションきついしロングスケールだしチョ―キングきついので、下手なのが目立たずかつ歪みの具合を確認できチョ―キングもしないでいいと。

 ここ何年かだとアンプを買ったりギターも買ったりしましたが、クリーンな音でウンチャカするのはスペクトラムの「アクトショー」とか「なんとなくスペクタクル」とか。歪ませた音だとやはりスペクトラムの「夜明け」のイントロとか、甲斐バンドの「ランデブー」のイントロとか。ギターを真剣にチェックするときは特に曲じゃなくて15フレットくらいから上でちゃんとチョ―キングの音が伸びるか確認します。あとは須藤薫さんの「サムシング・サムバディ」の間奏を弾いたり。これはチョ―キング結構するし、1弦から6弦まで使う曲なのでばっちりです。おまけにアルバム曲なので知ってる人少ないし。とにかく自分のためでいいのです。

 ということで、楽器屋で「夜明け」のイントロが聞こえてきたら私だと思っていただいてよろしいかと。って、しばらく予定はないけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり清張入ってる?

2016年03月19日 21時04分08秒 | ドラマレビュー

 ドラマ「ナオミとカナコ」が終わりました。全話見ましたが、割と面白かったです。原作は読んでおりません。途中までは「こんな穴だらけの計画が…」と思ったのですが、もちろんそんなので完全犯罪ができるわけはなく、最後は逮捕状が出るまでにもなるのですが、ドラマ版のラストシーンは松本清張ドラマのような感じでした。

 今回は高畑淳子の中国人役が話題でしたが、私としては吉田羊がキリっとしてて綺麗で良かったですね。主演の二人はどっちも嫌いなのですが、しいて言えば広末涼子の方が好みかと。

 ドラマと原作はちょっと違うという話ですが、何しろ奥田作品のファンなので是非読んでみたいです。早く文庫が出ないものかと。ドラマのおかげで原作もまた売れてるならそれはそれで嬉しいですけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また間違いのネタが

2016年03月17日 23時28分43秒 | 日記

 報道ステーションとか出てたショーンなんとかいう人が経歴詐称で問題になってましたが、あの人の名前は今回初めて知りました。顔は知ってたのですが。

 で、こういう「顔は分かるけど名前はややこしいからちゃんと知らない」というのは、いろいろな間違いの元です。というのも、経歴詐称したのはディーンフジオカだと思ってる人も少なからずいるようですので。まぁこっちの人もどういう人かよくわからないのですが。さらにジョンカビラだと思ってる人もいるようですし、クリスペプラーだと思ってる人もいるでしょう。

 その昔、左とん平が賭博で問題になって活動自粛してるとき、ドラマ「どてらい男」になべおさみが出てたら、うちのオヤジは「なんや、バクチしたもんがテレビ出とるんか!」と怒ってました。これは完全に濡れ衣ですね。コメディ系の俳優で名前にひらがながあるというだけの共通点のような。

 また、田中康夫氏が長野県知事に立候補したとき、ニュース番組で町の人にインタビューしたら「えっ、おニャン子が知事ですか?」ということを言った人が何人かいたのですが、あれは秋元康氏と間違ったのでしょうね。共通点は、太ってて気持ち悪くて「康」の字がつくというだけですが。

 ということで、今回番組降りたショーンなんとかさん(いまだに覚えられん)は、私は別に復帰してきてもまったく構わないのですが、出てきたときに「野球賭博で自粛してた」とか「覚醒剤だっけ?」とか「ベッキーはどうした?」とか言われないことを祈ります。って、別に真剣には祈らないけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風神の門やってます

2016年03月16日 23時13分19秒 | ドラマレビュー

 時代劇専門チャンネルをしばらくチェックしてなかったら、赤影はやってるし風神の門もやってるしで、やはりちゃんと番組表見ておかないといけませんね。「風神の門」はご存じ司馬遼太郎先生の人気時代小説ですが、私はドラマ版が大好きでした。1980年の作品なので高校生だったのですが、その年代の男子が時代劇にはまるってのも珍しいですよね。

 これは「風神の門」に加えて「城塞」も原作にしてるのですが、今をときめく(?)真田幸村とか真田十勇士とか出てきて忍者戦も目が離せません。とはいえ、一番のお目当てが樋口可南子分する青姫だったのはナイショです。なかなか再放送無かったのですが、今回は全話録画して保存版にします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加