今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

次の月9に期待してしまいますが

2015年11月30日 23時43分45秒 | 日記

 月9とは当然フジテレビの月曜夜9時からのドラマですが、最近ではオノマチさんの主役のを見ようとしてすぐ挫折、「デート」が面白いと聞いて見てみたけど2回で脱落したり、全部見たのはいつの頃だったでしょうか。もしかしたら21世紀になってからは全然見てないかもしれません。

 で、次の月9に期待する理由はまず脚本家。あの「mother」「最高の離婚」「問題のあるレストラン」の坂元裕二氏が担当だそうです。おまけに高畑充希さんも出るのだとか。(主演は確か有村架純だったと思いますが)

 高畑充希さんというと、来年春からの朝ドラの主演でもうそちらの撮影も始まってるのに、随分精力的ですね。たしか歌の方の活動もしてたのではないでしょうか?

 ドラマはなんと言っても脚本が第一ですのでまずは期待しましょう。他に誰が出るか芸能ニュースで見たような気がするけど、まったく記憶にないという…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅白の裏はCSが熱い

2015年11月29日 13時52分42秒 | 日記

 昨日も書いた紅白の裏番組ですが、普通の民放局はある程度の視聴率を狙いに行くのでかえって制約があることでしょう。BSやCSはどういうのがあるかチェックしてみたら、結構個性的な編成があってかなり熱いです。

 まずBSはNHKのBSプレミアムが午後6時50分から映画ジュラシックパーク3本連続放送。これはかなりそそられます。他にはBS-TBSが9時から吉田類の酒場放浪記大晦日スペシャルですって。これもファンは見るでしょう。一人暮らしの人もあの人が酒場で飲んでる姿を見ながら自分も飲めば一緒に飲み会やってる気分になるでしょうし。BS12は、なんか知らんけど8時から池内淳子と山岡久乃の「女と味噌汁」。勝負を投げてます。

 CSはというと一挙放送系が熱いです。スポーツ系ではGAORAが朝の6時45分から夜の11時まで錦織選手の試合を一挙放送。これはこれで私も見たいです。日テレジータスは8時から「あの人が選ぶジャイアンツベストゲーム2015」ですって。これで幸せになる人もいることでしょう。私は見ないけど。他にはJ SPORTSが昼の12時からラグビーW杯15日本戦全試合プレイバックなので、これも人気ありそう。

 音楽系では歌謡ポップスチャンネルがレッツゴーヤング、さすらいの太陽ということで通常通り。まぁこれはこれで楽しめます。

 映画ドラマ系ではFOXムービーがスティーブンセガールの沈黙シリーズ2連発。チャンネルNECOはアウトレイジですが、大晦日に「全員悪役」というのも雰囲気ありますね。時代劇専門チャンネルは朝8時から夜12時まで忠臣蔵三昧。コテコテです。TBSチャンネルはSPECの一挙放送で、アニマックスは午前から劇場版ドラゴンボールZづくし。テレ朝チャンネルはドラえもんスペシャルなのでこれも見る人いるでしょう。日テレプラスサイエンスは名探偵コナン40時間テレビなので、これも強そう。

 こうやっていろいろ見ると各局のカラーがあって楽しいのですが、今年の最強はファミリー劇場でしょう。夜9時から「稲川淳二の心霊通信セレクト放送」で、10時からは第3回紅白オカルト合戦ですって。生放送で降霊実験とかやるんでしょうか。見ちゃいそうなんでやめて下さい…。

 まぁいろいろありますが、私は無難なところで亀田の喧嘩祭りを見ることにします。派手にやるで!(って?)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅白の裏は何がいいかというと

2015年11月28日 23時54分36秒 | 日記

 子供の頃は大晦日は紅白見なきゃいかんもんだと思ってたのですが、20歳くらいになると「あんなもんは年寄りが見るもんだ!」と思ってアンチになったりします。もちろん自分の好きな歌手が出ないことがありますが、NHKの紅白というと「出してあげてる」という感じが半端なく、紅白とか大河ドラマに出るためにNHKに尻尾振る芸能人が嫌いだったのもあります。

 で、今年のように紅白がつまらないんだと裏番組が頑張ってもらわないと大晦日に見るものがないのですが、私はダウンタウンが好きではないのであの人たちの番組は見ません。他にはなんか格闘技番組が復活するらしいですが、今さら曙対ボブ・サップを話題にするセンスは許せんと。

 いっそのこと、はなから紅白に出ない人とか紅白落選した人を集めて豪華な歌番組作ったらいいのではと思うのですが、そんなことすると二度と紅白に呼ばれなくなると恐れる歌手も多いでしょうね。

 そうなると何がいいかというと、なんだかんだ言ってTBSが生中継でSASUKEをやると見てしまうかもしれません。あるいはスターウォーズ一挙放送とかでもいいかもしれませんけど。そういえばローカル路線バスの旅でもいいか。って、結局なんでもいいのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅組チャンスかと思いきや

2015年11月27日 23時51分17秒 | 日記

 今年の紅白こそ紅組勝利のチャンスかと思いきや、なんか白組の方が一組出場者が多いらしいですね。そもそも「歌合戦」であって、ただでさえ毎年白組が勝ってるのに、なんでこんな理不尽が通るのでしょうか。これは弱者をないがしろにする格差社会の象徴です。安倍総理が「女性が輝ける社会に」とか言ってて、NHKはその総理の顔色をうかがってるとか言われてたのが、実は反安倍政権であることがこれで判明しました。まぁマスコミなんて政権批判するのが仕事ですからそれはいいのですが、何も紅白でそれをやらなくても。

 さらにジャニーズが7組出るので過去最高だそうですが、7組というとフォーリーブスとシブガキ隊とマッチとジャニーズジュニアスペシャルと田原俊彦と少年隊と嵐でしょうか。最近白組優勢なのは嵐の人気によるところが大きいと思いますので、いっそのこと白組は嵐だけにして、グループで10曲くらい歌ってそれぞれのソロで2曲くらいずつ歌うということでいいのでは? それでも紅組は勝てないかもしれませんが。

 そうやって私は真剣に「歌合戦」になるように考えてるのですが、世間一般はそうでもないような…。おまけに裏番組も気合が入ってなくて、久々に格闘技番組があって盛り上がるかと思ったら、曙対ボブサップをやるとかいう噂。

 もう仕方ないので、私は大晦日は亀田の喧嘩祭りを見ることにします。(って、毎年こればっか)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の紅白は

2015年11月26日 22時59分32秒 | 日記

 ようやく出演者と司会者が発表になりましたが、そもそも大ヒット曲のない年でしたし、これほど目玉がないのも珍しいかと。個人的に見たいのは綾瀬はるかの司会とSuperflyくらい。ただ、黒柳徹子と綾瀬はるかは絶対噛み合わないような気がするので、もしかしたらそこを狙ったのかも。

 その他社会現象になったような流行り物もなく、ネタは戦後70年くらいしかなさそうなので、今回どうやって盛り上げるかがかえって注目かもしれませんね。今年は紅組が勝つチャンスかも。…か?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アフタヌーンは午後3時

2015年11月24日 22時45分31秒 | 日記

 川崎敬三氏のニュースを聞いて「アフタヌーンショー」を思い出しました。私は小学生の頃から見た記憶がありますが、うちの田舎は民放が2局でテレ朝系は無し。その関係だと思いますが、毎日午後3時からの放送でした。小学生の頃は学校から帰ってくると母が見てたのがアフタヌーンショーだったわけで、私の頭の中は「アフタヌーン=午後3時」ということで固定されてしまったのでした。まぁ20年ほど前まで、青森県内では「フライデー」の発売日が月曜だったので、それよりはましかもしれませんが。

 ちなみに私としては、アフタヌーンショーは桂小金治氏の司会というイメージが強いです。調べてみたら、この人と川崎敬三氏の間に2人も司会が変わってるんですね。知らなかったなぁ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・プロファイラー「“心やさしき巨人”の挑戦~ジャイアント馬場~」

2015年11月23日 23時08分42秒 | TV番組レビュー

 BSプレミアムでの「ザ・プロファイラー」で馬場さんの話をやってたので見てみました。若い頃にアメリカで活躍してた映像が結構多かったのがよかったです。なにしろプロレスラーですから、晩年よりは若い頃の映像の方がいいですね。昔は動きが速かったのに驚きます。

 今回の解説でわかったのは、16文キックは左足だったということ。考えてみれば、野球の投手の頃は右足を軸にして左足を挙げてたので、それが原因ではないかということでした。言われてみればたしかに。

 プロレスラーは身体壊したり早死にしたりする人多いですが、今回の取材で出てきた人を見るとデストロイヤーは今も元気で幸せそうですね。知る限りでは最も幸福なプロレスラーかも。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

下町ロケットというくらいなので

2015年11月22日 22時37分05秒 | ドラマレビュー

 実は世間一般でいわれるほど個人的な評価は高くないです。今回のガウディ編でその思いを強くしました。どうせならロケットだけで1クールやればよかったのにと思ったり。先週の杉良太郎もほとんど時代劇だと思ったのですが、どうもキャストに疑問を感じる部分が大きくて。

 まぁ私の評価は世間一般とずれてることが多いので、後編はますます人気が出るのかもしれませんが。なんか、せっかく連続ドラマなのに人間関係の絡みがそれぞれ薄い気がして。とりあえずここまで見たから最後までは見ますけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キューバ危機もスイスイっと

2015年11月21日 23時11分37秒 | ブックレビュー

 今年はキューバに関する話題をよく聞いたので、そもそものキューバ危機の話を知りたいと思ってました。そんなとき図書館で見かけたのが「キューバ危機 ミラー・イメージングの罠」という本。

 キューバ危機に関する本はいろいろあるようですし、未だに真相がわかってない部分も多々あるとか。その点、この本はかなりコンパクトにまとめてある上に、日本語版の出版が今年の4月なので最近の知見による分析が多いです。

 私はというと、今年に入ってからチェ・ゲバラの本を2冊読んでて、キューバ革命については概要を理解してたので、カストロがどういう人かも知ってたし、内容はスイスイっと入ってきます。


 この本は「ミラー・イメージングの罠」という副題がついているくらいなので、要するに「相手も自分の考えをわかってくれるはず」とか、「同じ人間だから求めるものは同じ」というミラー・イメージングの危険性を説いています。

 ゲバラ本を読んでると、ケネディ大統領はなんと金玉の小さい人だと嫌いになったのですが、これを読んでるとやはり冷戦構造の中でソ連とのチキンレースを繰り広げた結果の決断だったわけで、その辺理解しながら当時のことを考えないとダメですね。

 とはいえ、まだ100ページくらいしか読んでないのでえらそうなことは言えません。それにしても、世の中知らないことがおおいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんと入間しおりさんがっ!

2015年11月20日 23時39分57秒 | TV番組レビュー

 「今日のA-Studioは誰?」と思ってチャンネルを合わせたのが番組開始数秒前。で、ゲストは入間しおりさんこと松岡茉優さんでした。私が現在一番注目の女優さんです。バラエティではたまに見かけますが、こういうトーク番組で見るとなかなかのハイテンションで、かなり回転も良さそうなのでいいですね。

 現在も「コウノドリ」に出てますが、来年あたりは主演ドラマがあることを祈ります。ただ、何しろ我が家の娘2号と同じ年の生まれなので、真剣に追っかけたりはしませんので。温かく見守るというくらいで…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「ゲバラ最期の時」戸井十月著

2015年11月19日 22時13分29秒 | ブックレビュー

 ゲバラ物は二冊目ですが「ゲバラ最期の時」を読みました。前に読んだのは三好徹著「チェ・ゲバラ伝」でしたが、読み物としては今回の方が読みやすくて面白いです。ゲバラ入門用かもしれません。ボリュームは三好氏の著作の方が多いので、両親の話とか船にギュウギュウ詰めに乗り込んでキューバの行った時の話とか侵攻していく状況とかは詳しいです。年表とか地図もついてますし。

 ただしゲバラの人間的な魅力を伝えるのは今作の方が熱いかも。何よりその最期にフォーカスを当てて、最期に会った現地の女性の話を直接聞いたり、謀殺を暴いて報じたジャーナリストの話を聞いたりしてますし。

 なんにしても、あらためて読んでみて「アメリカちゃん、そんなに共産主義が怖かったの?」という感がますます強くなりました。ソ連も中国も共産主義だけではいられなくなったのだし、キューバも革命が起こったとしてもいずれはアメリカとの取引で頭を下げてくる状態にもなったのでしょうけど。それでも一旦でも共産主義化することを許せなかったのは、よほど搾取している側が暴利を得ていたということでしょう。人間はお金の前では見にくいものです。

 あとはアフリカで革命が成功しなかったことについては、搾取されている側の認識が高まっていなかったことと、革命後の主導権の取り方で妙な力関係が働いたこと。要するに資本家の搾取が終わっても、別の誰かが取って代わろうとしただけだったのでしょう。醜いことです。そしてボリビアでの革命が成功しなかったのは、アメリカの対抗が強かったこと。CIAが本気になるとやはり強いです。

 今の世の中も相当きな臭いことになってますが、宗教とは関係なく一般の人民が幸福な生活が送れるようにと考えて行動したゲバラが生きていたら、どう考えたでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニメ「おそ松さん」

2015年11月18日 22時57分14秒 | TV番組レビュー

 なんか話題になってるので興味は持ってたのですが、なにししろどのチャンネルでいつ放送してるか知らなかったので、ようやく先週見ました。

 感想としては面白かったです。元々のおそ松くんの何十年後かという設定で、六つ子達はニートになってますが、それ以外の登場人物のキャラを活かしてうまく作ったと思いました。ただし、イヤミとかハタ坊とかデカパンとか元々のキャラクターを知ってる人が楽しめるということで、オリジナルを知っててよかったなぁと思いました。

 ま、そんだけ赤塚先生が魅力的なキャラを産み出してたということでしょう。今はCMにウナギイヌも出てるし。そういえば、ニャロメとかケムンパスとかココロのボスとかもいましたが、あれはモーレツア太郎に出てるんでしたっけ。なんか混乱しますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェといえば

2015年11月17日 23時21分23秒 | ブックレビュー

 チェと言えばちょっと前までは「チェ・ホンマン」だったのですが、今はすっかり「チェ・ゲバラ」です。今年の初めに三好徹著の「チェゲバラ伝」を読んだのですが、今度は戸井十月氏の「ゲバラ最期の時」を読んでます。これは戸井氏自身が現地をバイクで回ったりして取材した本ですので、思い入れもたっぷりで生々しい感じがします。

 まだ半分しか読んでないのですが、50数年前に中南米で何が起きて、今の世の中がどうなっているかを考えながら読むと非常に面白いですね。実は図書館から借りてきたのですが…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツトム・ヤマシタって

2015年11月16日 23時27分37秒 | 音楽一般

 先週NHK-FM「夜のプレイリスト」で聞いた曲。(もっとも私は夕方の再放送で聞いてますので、夜ではなく夕方ですが。) 途中から聞いたので曲紹介は聞いてないのですが、凄くかっこよくてギターソロも物凄いの。

 「こんだけ弾ければ楽しかろうなぁ」という速弾きなのですが、聞いてるうちにミュートして無茶苦茶速く弾くフレーズが出てきたので「あれ? もしやディメオラ?」と思ったのですが、ボーカル入った曲だし「なんじゃこりゃ~」と。

 で、果たして正解はツトム・ヤマシタのアルバム「Go」でした。ボーカルはスティーブ・ウィンウッドだったんですね。ツトム・ヤマシタという名前は聞いたことあるのですが、ちゃんと聞いたのは初めてでした。そういえば、アル・ディメオラがツトム・ヤマシタのアルバムで注目されたという話は80年くらいに聞いたことありました。

 このアルバム自体は1976年の作品だそうですが、当時これを聞いていたら音楽の好みが変わっていたか、あるいはまったくわからずフュージョンが嫌いになったか。

 調べてみたら今もちゃんとCD売ってるのでお買い上げ決定です。まぁじっくり聞くとまた印象変わるかもしれませんが名盤の予感。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「コウノドリ」

2015年11月15日 14時42分23秒 | ドラマレビュー

 原作が人気漫画だというのは知りませんでした。興味としては松岡茉優が出演するということだけで見始めたのですが、これはこれでドラマとしてはいいですね。綾野剛扮する主人公が謎のピアニストという設定は必要かなぁと思ったのですが、それはまぁ原作通りなのでしょう。

 普通の病院ものだと、院内に極端なヒールがいてトラブルを巻き起こすというのが定番ですが、そんな感じもないし割と出てくる人がみんないい人なので安心して見られるというのはあります。入間しおりさんこと松岡茉優さんもいい役を貰いましたね。結構いい感じです。あとは、CMでの「暑中お見舞い申し上げます」以降お気に入りの吉田羊も出てますし、今のところ楽しんで見てます。

 ちなみに娘1号は電車の中の広告で写真を見た際、大森南朋は絶対悪役だと思ったそうです。もしかしてそういう展開もありでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加