今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

ある種のハンサムウーマンかと

2013年01月31日 19時41分59秒 | 日記
 BS日テレの「愛車遍歴」という番組をたまに見ます。そのときのゲストによるのですが、いかにも高級外車乗り回してそうな人より、意外性を期待するので女優さんとか女性ミュージシャンのときが面白いですね。昨日のゲストは女優の伊藤かずえさんでした。

 免許は19歳で取ったそうで、ドラマで主役をバンバンやってた頃なんですね。よくそんな余裕があったものだと。さらに、最初に買ったのが日産のエクサ。覚えてる人いるでしょうか? 後ろの部分を取り替えてクーペ風になったりバンのようになったりする妙な車です。なぜエクサ?というと、スポーツタイプが欲しかったからだとか。

 次が日産のローレルでそれが二十代半ばだったそうでこれまた意外。あれはおっさんの乗る車ではないかと。そのローレルに二年ほど乗ってから買ったのが初代シーマ。なんか、お父さんが日産社員だったのでそこばっかりなんですね。

 なにが凄いと言ってそのシーマが気に入って20年以上乗ってるんですと。「車は調子いいし、他に欲しい車ないし、シートも全然へたってないから換える必要なし」と。かっこいいです。ちなみに、走行距離が10万キロになったときエンジンを新品に載せ換えて足まわりも取り換えたから「また新車になった」のだそうです。チューンナップのために別のエンジンに載せ換えることはあっても、同じエンジンの新品をもう一度というのは凄く珍しいそうですね。日産に新しいエンジンが3つだけ残ってたので実現したそうな。

 その他ボディーの細かい傷はタッチペンで直してあって、それももう同じ色がないから所々白い塗り後があるのですが、別に気にしないと。もうここまでくるとホレボレします。現在の走行距離は約23万キロ。本人曰く40万キロくらい行けるんじゃないかと。

 車好きにもいろいろあって、次々に新しいのに乗り換える人を見ると「車より新しい車を買える自分のことを自慢したいだけなんじゃない?」とか思いますから、こういう「とことん乗り倒す系」ってのはいいですね。ロリーギャラガーの塗装ハゲハゲのストラトとか鮎川誠さんのレスポールカスタムに通じるものがあってロックな感じです。

 ということでなかなかいいもの見せてもらいました。彼女は気取ってなくて、いい年の取り方してますよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そよ風の人間狩り

2013年01月30日 22時15分36秒 | 昭和歌謡

 エアチェックという言葉はまだあるのでしょうか? ラジカセ買って貰った頃は流れてくる曲を録音するのがとにかく楽しみでした。が、なにしろカセットなので好きな曲かかったら「ガッチャン!」と録音ボタンと再生ボタンを押すので、イントロの途中から始まって最後はDJの話が始まったら止めるという感じ。そのため、あとで聞いてみるとほとんどスキマ無しで曲が繋がる微妙なテープになっちゃってました。

 で、よく覚えてるのがピーターの「人間狩り」という曲を録音したときのこと。番組は多分ニッポン放送の「シローの気ままな旅」だったかと。この曲の不気味な雰囲気が妙に気になって録音したのですが、曲が終わって録音止めたら次はキャンディーズの「そよ風のくちづけ」のイントロが流れてきて、「あ、これも録音しようっと」と思ってスイッチ入れたと。果たして録音を聞いてみたら凄く前衛的な繋ぎになってました(笑)。

 調べてみたら、この2曲は発売日が同じで1974年1月21日ですと。ということは、これを録音したのは39年くらい前なんですね。たしか布団に入ってこっそり録音してた記憶があるのですが、こたつだったような気もするので間違いなく冬でした。ちなみに、ピーターはこの曲を歌うときはとんでもない電飾衣装を着てた記憶あり。あの人が当時の芸能界でどういう位置づけだったのかは不明。すっごく個性的な人ですけどね。私は三ツ首塔の悪役が印象的です。

 それにしても、なんでこんなのを思い出したのだろう???

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アイドルも大変だけどアイドルファンも大変で

2013年01月29日 22時25分34秒 | 日記

 吉田豪氏の「元アイドル」とか読むと、アイドルというのも過酷な職業だというのがよくわかります。が、アイドルのファンを長年続けるのもなかなか大変です。トップアイドルのファンだったら周りからミーハーだと言われるし、可愛いけど歌が下手なアイドルのファンなら「あんな下手くそどこがいいんだ」と言われるし、他のアイドルのファンからはやたらと攻撃されたり。

 おまけに応援してたアイドルにとんでもないスキャンダルが勃発したり、突然お脱ぎになったり、シンガーソングライターと電撃結婚したり、映画に出たはいいけど松田優作とワッチコンワッチコンしたり、売れっ子ミュージシャンと駆け落ちしたり、相撲取りと結婚したり、素行不良で事務所クビになったり、マネージャーと出来てるのが発覚したりするのは相当ショックに違いありません。(それぞれに該当するアイドルを即答できる人は上級者です。)

 それでも一人で部屋にこもって写真集眺めながらレコード聞いてれば満足できる人が強いのか、すぐに違うアイドルに乗り換える人が強いのか、プロレスファンになったりAVファンになったりする人が強いのかその辺はわかりません。が、私の知ってる限りは落胆のあまり出家してしまったという人は聞いたことないです。(そりゃそうか)

 私はというとアイドルファンの現役だったのは中学~高校の前半くらいまでで、なにしろ田舎にいたのでレコード買うかテレビで見るかせいぜい月刊明星見てニカ~っとしてるくらいで、当時はインターネットもないし、中学生はアサヒ芸能とか東スポとか問題小説とか読まないので余計な情報入ってこないし、それこそ平和な生活でした。何よりも、好きなのがキャンディーズとか石川ひとみさんだったのが幸福の源でしょう。(まぁ、石川ひとみさんは段々グラビアでの露出度が上がっていったのでハラハラものでしたが)

 そういう意味ではアイドルで完全に勝ち逃げしたのは山口百恵かなぁとは思うのですが、彼女のファンがそんなに幸せかというとそれはわかりません。ヒクソングレーシーのファンが一番幸せなのかどうかというのと同じでしょう(?)。

 と、まぁ今日は久しぶりに「ロミオ&ジュリエット'79」を聞いたのでそんなことを思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終わったり始まったり

2013年01月28日 23時14分05秒 | ラジオ

 昨日で大相撲が終わったと思ったら今日から国会らしいです。何がどうだと言ってNHKラジオがそればっかりになって、毎時ごとの天気予報はなくなるしニュースも短縮されるし、夕方5時のニュースはなくなるし、近田春夫さんの番組は1時間になるし、困ることだらけ。大相撲はラジオで聞いてもたいして面白くないので、私はいりません。が、好きな人はいるでしょうから、なんか専門チャンネルみたいなのを作って欲しいと。国会は国会で聞くべきだとは思うのですが、所信表明とか代表質問ってあんまり面白くないんですよね。

 それにしても、これが3月になると高校野球と大相撲の二重苦になるのが憂鬱です。甲子園大会の間は近田さんの番組は短縮どころか放送がなくなるのではなかったかと。困りますね、まったく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々にゴッドファーザーをば

2013年01月27日 21時57分21秒 | 映画

 録画したもののなかなか見る機会のない映画の代表です。ついこの間録画したつもりが、録画日時を見たら2009年4月でした。4年近く寝かせてあったので相当熟成したような気がします(?)。なにしろドンパチはあるし、ワッチコンもあるし、3時間テレビを占領するのも家族から顰蹙をかうので結構大変。

 この映画を見るのは多分3回目くらいで、前に見たのは友達が廉価版のセルビデオを買ったときだったかと。VHSなので2本組でした。たしかアル・パチーノが単身敵地に乗り込んでいくところで前半終了だったと思います。今はDVDなのでそれなりの画質でも1枚でなんとかなりますので、いい時代になったものです。

 で、大まかなストーリーは覚えてたのですが、細かいところは完全に忘れてました。何よりもファミリーが誰が誰だかいまだによくわかってないという…。この映画が1972年公開ですから「仁義なき戦い」よりも先なんですね。ヤクザが会議ばっかりやるのはわかってましたが、その原点がここにあったとは。

 それにしても、裏社会という点では同じなのに「仁義なき戦い」よりは相当カラッとしてるのが印象的。その辺は殺し方がサッパリしてるせいでしょうか? 鮮やかすぎるんですね、きっと。撃たれた方がのたうち回ったり、撃つ方もガタガタ震えてたりするのが「仁義なき戦い」ですから。

 この映画についてはあの複雑な人間関係をすべて把握して、台詞の意味も全部理解した上で見ると快感なのでしょう。そういう意味では渡鬼的なのかもしれません(?)。よし、これをもう2~3回見てからPartⅡを見てやる!

タイトル:ゴッドファーザー
監督:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:マリオ・プーゾ、フランシス・フォード・コッポラ
出演者:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン、ロバート・デュヴァルなど
音楽:ニーノ・ロータ
日本公開:1972年7月15日
上映時間:177分
製作国 :アメリカ合衆国

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛り上がってるようです

2013年01月26日 23時35分38秒 | TV番組レビュー

 本日のNHK「土曜スタジオパーク」は福島県須賀川からの生放送。ゲストは大河ドラマ「八重の桜」で西郷頼母を演じる西田敏行さんと田中土佐を演じる佐藤B作さん。トークの内容はもちろん「八重の桜」についてですが、お二人とも福島県出身なだけあって会場は盛り上がりっぱなしでした。

 他の出演者についてのコメントがありましたが、佐藤B作さんによると松平容保役の綾野剛さんはかなり役を作り込んでくるタイプだとか。雰囲気として「こっちがこういう芝居をするからそっちはどうする?」という無言の圧力があるのだそうです。「若造のくせに」と笑っていましたが、ヤサ男ふうに見えてそんな感じなんですね。まぁドラマの宣伝もあるのでしょうが、そういわれると今後に注目したくなります。

 今日はドラマのダイジェストも紹介されて、何回か先までの分もありましたが注目は会津藩が京都守護職を引き受けるあたり。第6回くらいだそうですが、かなり泣けるシーンかも。私は幕末オタクではありますが、幕末の会津藩というと京都守護職になってからと戊辰戦争が始まってからしか注目されないので、「なぜ京都に?」というのは詳しく知らないんですね。

 明日は第4回ですので段々面白くなる雰囲気はあります。福島県内は盛り上がってるんでしょうね。私は5年だけ郡山に住んでたインチキ福島県人ですが、なんとか応援したいところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある俳優の話

2013年01月25日 23時00分04秒 | 日記

 20年くらい前にたまたま立ち読みしてた雑誌で見た記事のこと。小さい記事だったのですが、ある男性俳優について最近活動が芳しくないという話でした。以前は主演ドラマが大ヒットし、シリーズ化されたものもあったのに近頃はめっきりテレビで見かけないと。

 その振るわない理由について「以前は個性派俳優として活躍したが、今は同じキャラの三上博史や柳葉敏郎に主演の座を奪われ仕事がないというのだ」とのこと。私はその俳優のことは割と好きだったのですが、三上さんや柳葉さんは好きじゃないので「同じキャラ~?」と凄く疑問に思ってこの記事の事を覚えてました。

 雑誌はポストとか現代のようなメジャーなのじゃなくて、アサ芸とか実話とかそういうのではなかったかと思います。それにしてもこれらの人々を「同じキャラ」として括ってしまうことにかなり違和感があったと。

 あれから20年、その話題の俳優さんはどうなったかというと、新たなヒット作品ではまり役を手に入れ、シリーズ化されるは映画化もされるはということで、押しも押されもせぬ人気者になりました。あきらかに前述のお二人よりも稼いでいることでしょう。

 ということでおわかりになりますでしょうか? 「三上博史、柳葉敏郎と同じキャラ」と言われたその人は水谷豊さんでした。ん~、同じキャラかなぁ…。ちなみに私はいまだに「相棒」見たことありません。なんか機会がなくて。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新田次郎・二番?

2013年01月24日 19時57分15秒 | 日記
 新田次郎先生の作品を買おうと本屋に行き、迷った挙句買ったのがこの「霧の子孫たち」。オビによると「自然保護運動の原点 霧ヶ峰の自然を守れ! 自然と遺跡を破壊する道路の建設反対に決然と立ち上がった地元民の闘い」だそうで、かなり面白そうだったので。

 他の候補は「八甲田山」「剱岳」「つぶやき岩の秘密」など。「八甲田山」は映画で見てるし結末知ってるし結構悲惨な話だし、今読むと寒さが増強されるような気がするので、これは夏の暑い時期に読んでみます。「剱岳」も映画で見たので次の機会にと。最後まで迷ったのが「つぶやき岩の秘密」でした。過去に何度か読んでみようと思っていまだに手が出てません。ただし、NHKの少年ドラマシリーズのイメージが強くて、私はこれの作者を眉村卓先生だと思い込んでました。

 ということで早速読書開始。まだ新田先生のは2冊目ですが来年の今頃は新田マニアになってたりするかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は忘れない

2013年01月23日 23時23分18秒 | 昭和歌謡

 今日NHKラジオ「昼のいこい」で岡崎友紀さんの「私は忘れない」を聞きました。子供の頃彼女のことは結構好きで「おくさまは18歳」とか「なんたって18歳」は見てました。当時のイメージから彼女はもっとはっちゃけた感じだと思ってたのですが、この曲は曲調といい歌い方といい結構演歌チックですね。「なんたって18歳」とか「黄色い船」のイメージが強かったのですが。

 で、当時この曲を歌番組で聞いたとき、サビの歌い方について父が「うまいこと裏声で逃げるなぁ」と言ってました。私は当時結構好きだったので「逃げるなんて言わんでも」とちょっと悲しくなったのですが、今聞いてみるとたしかにそんな感じはあります。多分歌番組に出たときはさらにそういう歌い方だったのかも。

 その辺が、ドラマでは大ヒットを飛ばした割には歌手としてはそれほどでもなかった理由かと思いますが、それでもレコーディングではディレクターがいたわけで、その結果そういう歌い方だったというのは何かを狙ってたのかもしれません。ま、大きなお世話ですが。

 ちなみに今見るとあんまり好きな感じじゃないのですが、子供の頃は理屈抜きに好きなものは好きというわけですから、何か惹きつけられるものがあったのでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

槍ヶ岳開山 新田次郎著

2013年01月22日 22時40分38秒 | ブックレビュー

 新田一郎さんの音楽はずっと聞いてますが今回新田次郎先生の本を読みました。明治後期の話ですが、富山の百姓一揆にまきこまれ過って妻を刺殺してしまった男が国を捨て出家し、罪の償いに厳しい修行を求め、未踏の岩峰・槍ヶ岳初登攀に成功したという話です。感想としてすごく面白かったです。

 新田次郎先生というと山登りの話のみでこれも登山中の岩場とか高山植物の描写ばっかりというのを勝手に想像してたのですが、これは完全に人間ドラマです。山を登ることについては徹底的に自分を追い込むための手段であって、それに取り組む主人公とそれに関わる人々のドラマだと。

 登場人物ではなんといっても弥三郎が魅力的です。神出鬼没でお調子者の雰囲気ですが何か言いたいことを秘めていながら、やたらと主役に絡んでくるというあたりが物語にスパイスを添えています。

 単行本は1968年6月発行だそうで、なんと私が幼稚園に入った年に出た小説なのでした。元が明治の話なので古さを感じないっていうと変な話ですが、思ってたよりはすごく読みやすかったです。

 これはブックオフで買ったのですが「面白ければ次は新品で買う!」と宣言してましたので、次に読むのを明日買ってきます。一応予定は「劔岳」と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイオリンのおけいこ

2013年01月21日 22時56分58秒 | 昭和歌謡


 今日のNHK-FMミュージックプラザはつのだ☆ひろさんの担当。特集のテーマは「楽器の昭和歌謡」だったのですが、すごく懐かしい曲を聞きました。何かというとケメの「バイオリンのおけいこ」。これがリリースされたのは昭和49年だそうで私は小5。当時ラジオで録音してしょっちゅう聞いてました。

 最近この曲はほとんど聞く機会がなかったのですが、何年か前にラジオで1度聞いたことがあって懐かしく思ったのですが「なんか違う…」と。それもそのはずで、私が録音して聞いてたのはライブヴァージョンだったのでした。記憶は曖昧ですが、アルバム版がスタジオ録音で、シングルで発売する際にライブにしたのではなかったかと。

 が、人間の記憶はいい加減なもので伴奏はギターのストロークだと思ってたのですが、今日聞いたらガットギターのスリーフィンガーでした。なんかもっとジャカジャカしてたような気がしますが違ったんですね。

 この曲は当時テレビの「ヤングOhOh!」で一度見ました。そんときは歌詞がさらにいじられてて、レコードでは僕の大好きなのは「長島みたいな選手 仁義に生きる健さんだもんね」だったのが、この番組で歌った時は「あいざき進也に郷ひろみ 西城秀樹に若秩父」でした。1回聞いただけなのに覚えてるのはかなりのインパクトだったかと。ただし、ケメのファンからするとこの曲しか知らないのは邪道なんでしょうね…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今期のドラマ

2013年01月20日 14時37分05秒 | ドラマレビュー

 一通り出そろったようですが、私が見ることに決めたのはフジの「サキ」「最高の離婚」「カラマーゾフの兄弟」、NHKの「八重の桜」など。あとは時間があれば見てみようかというのがNHKの「いつか陽のあたる場所で」くらい。ただし、こちらは「サキ」と時間が完全に被ってるのでダブルチューナー頼りになります。録画失敗したら見ないってことで。

 テレ朝と日テレは元々見たいドラマがなく、TBS「夜行観覧車」は見たい出演者がおらず、「とんび」は前にNHKのドラマで見てストーリーわかってるから見る気が起こらず。NHKの「書店員ミチルの身の上話」は期待して初回見たらつまんなさ過ぎたので今後は見ないと。

 フジの「サキ」は展開が「ありえない」と思いつつ、まぁそういうドラマだと割り切って見ててあとは仲間由紀恵が結構きれいなのでそこを期待と。「最高の離婚」は尾野真千子さんの存在感が素晴らしいのと脚本自体結構面白いと思うので一番楽しみかもしれません。

 「いつか陽のあたる場所で」は、ある出演者の演技がどうも気に入らないのでそんなに熱心に見る気は起こらないのですが、先行きはちょっと気になったりします。

 ということで3月末にはどのような評価になっているか。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「私の彼は左きき」からあれこれと

2013年01月19日 23時13分21秒 | 昭和歌謡

 ご存知麻丘めぐみさんのヒット曲ですが発売が1973年7月だとか。私は小学4年生でした。なにしろ南沙織派だったので、ライバルとなりうる長い黒髪の清純派アイドルは敵でしたから彼女のことは当然嫌いでした。この曲の発売当時の思い出としても、左利きのいとこがシングルを買ってきてニカ~っとしてたことくらいで「ケッ」という印象。それがあんな大ヒットになるとは。

 この曲は千家和也氏の作詞ですが当時はあれこれ言われたはず。何しろ70年代なので、左というと学生運動系の連想をしたことでしょう。1コーラス目は平和なのに2コーラス目の「短い手紙を書くとき」「誰かに電話をするとき」というのが何か秘密の連絡を取っていることを疑わせます。さらに「ブラックコーヒー」も彼のダークな一面を覗かせ、多分彼女の親族に公安の人間がいて、危険人物リストに彼の名を見つけたことから交際を反対され「私は右ききすれ違い」「私の右きき直せない」と悲しむのだろうとか。

 あるいは格闘技ファンであれば、右ききと左ききが相対すれば喧嘩四つなわけだからすれ違いとは言わんやろ?とか。また几帳面な人だと、向かい合って手を繋ぐ場合は利き腕同士を繋ぐことになるからちょうどいいんじゃないの?とか、細かいことをいう人もいただろうと。実際にあったものでは、黒々ととぐろを巻いた野グソをした人が「私の私のウ○コは~ 左巻き~♪」と歌う最低のネタがありました。それも天下の少年ジャンプで。

 なお「チ○コがズボンの左側にあるから“私の彼は左寄り”やろ?」とか「エッチするときはどっち利きやねん?」とかいう品の無いことを言う人は友達になれません。とはいえ、そもそも「小さく投げキッス」するとか「やさしく小指をつなぐ」とかそういう男も気持ち悪いですけどね。…って、気持ち悪くないですか? そうですか、まあいいです。

 それにしても、1曲でこんだけ語れるのがヒット曲の証です。千家和也先生はキャンディーズの「年下の男の子」とか「内気なあいつ」というのもありましたし、アイドルにこういうタイプの曲を提供して男子のハートを掴むのはお手のものかと。多分天才です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男と女のラブゲーム

2013年01月18日 21時15分54秒 | 昭和歌謡

 NHKラジオ金曜日は「ロックンローラー近田春夫の歌謡曲ってなんだ?」の日。今日は鍋にまつわる曲という企画だったのですが、なんか結局宴会ソング風のが多くオンエアされました。その中で注目は「男と女のラブゲーム」。

 これを聞いた後に近田さんは「実はこれは競作でオレも曲作ったんだけど負けちゃったんだよ」だとか。詞が先に曲をコンペにしたようですね。なおかつ、「今日は特別にそのボツになった曲歌ってみるよ」と実際に歌ってくれました。これがほとんど正統派演歌。が、「あまりにも演歌チック」だという理由で落とされてしまったのだとか。聞いていた女性アナウンサーが「それは悔しかったでしょうね。」 近田氏「いや、別に悔しくないんだけど」

 それにしてもいろんなところに出没してますね。多分演歌の世界で遊んでみようと思ったのでしょうが、これが近田氏の作品が採用され第二弾第三弾が出てたりしたら、その周辺の歌謡界もちょっとだけ世界が変わったかもしれませんね。面白いですね。ヒット曲の裏側にはいろいろあって。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンピューターでA列車を

2013年01月17日 23時05分02秒 | 音楽一般

 コンピューターというかテクノポップというか、シンセサイザーをシーケンサーで鳴らすような音楽はYMOのようなのしか想像できなかった頃、あれは30年ほど前でしょうか。あるFM番組で「コンピューターで“A列車で行こう”を」というのを見つけました。番組名は忘れたのですが、そういうビッグバンドでやるような曲をコンピューターで演奏できるの?というのが不思議でそれはそれは興味津々で聞いてみたのですが、なにしろ深夜番組で夜中の1時くらいからの放送で、なおかつその企画が番組内の1コーナーらしく聞いててもなかなか曲が始まらないので、聞く前に寝てしまいました…。

 今から考えると、その時点ではドラムもベースも打ち込みでやるのは珍しくなかったでしょうからそれほど期待することはなかったのかもしれません。んで、昨日話題にした中原めいこさんのCDで「すてきなじゃじゃ馬ならし」という曲があって、それは本来ビッグバンドでやるようなアレンジをシンセでやってました。もっともドラムとかベースとかギターは人間が弾いてるようで、ラッパやサックスのパートをすべてシンセでやったと。あれは結構面白かったです。

 なんかシーケンサーとシンセだけで演奏する、ケーブルで繋いだ中だけで信号がやりとりされ、それに生身の人間の演奏を合わせるって発想が無かったんですね。考えてみればYMOでも幸宏氏はドラム叩いてたし、細野さんもベース弾いてたし、ギターが入ってたりもしたので、別に驚くことはないのですが。

 YMO以降「テクノポップ」という言葉が一人歩きしたことあって、プラスチックスとかヒカシューとかみんなそう言われてましたね。プラスチックスはリズムボックスだし、ヒカシューはメロトロンだし、テクノといえばそうなのかもしれませんが。あとはシンセってもギャグシンセサイザーはテクノポップとは違いますよね。と、ぼけてみても今の若い人は知りはれへんやろなぁ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加