今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

フジテレビは中国公安当局を訴えるべきである

2008年08月31日 21時52分56秒 | ニュースに一言
 皆さん「33分探偵」はご存知でしょうか。土曜の夜にフジテレビで放送されている堂本剛氏主演のドラマです。探偵ものとはいえ、明らかに犯人が分かっていたり冒頭で既に自白しているような事件を番組の時間枠を埋めるためだけに、堂本氏扮する迷探偵が「犯人は別にいる」と言い出して無茶な論理を展開するというもの。

 探偵の推理がどれも行き詰まった結果、冒頭から自白している人に向かって「犯人は…あなただったんですね」と言うと「…だから最初から言ってるじゃないですか!」というのが毎回のオチ。ま、番組の企画自体はすごく面白そうなのですが、実際見てみるとイマイチというのが特徴となっています。(昨日のはまぁまぁ面白かったですけど)

 ところで、以前中国のテーマパークがディズニーキャラクターやドラエモンをパクったというニュースがあったのをご記憶でしょうか。中国が著作権を侵害することには今更驚きませんが、なんと今回はこの「33分探偵」をパクったようです。

 何かというともちろん中国製冷凍ギョーザの中毒事件のこと。ニュースで報じられてますが、中国公安当局は製造元の「天洋食品廠公司」の製造過程で農薬成分が故意に混入された内部犯行の可能性が高いとみて真相解明に動き出したのだとか。

 これについては日本の捜査当局から日本国民みんな「だから最初からそうだって言ってるじゃないですか!」と突っ込んでることでしょう。そもそも「袋の外側から農薬を吹き付けても浸透する」とかいう実験データまで出して強行に主張してたの誰?

 これは「33分探偵」の珍推理の上を行ってます。しかし、パクリはパクリとして素直に認めましょう。責任を日本側におっかぶせようとしただけではなく、著作権侵害の罪まで犯してますのでまずはフジテレビに訴えてもらいましょうか。証拠物件として中国側にあのドラマを見せると、今度はテレビでもパクリそうな気がしますが…。

 ところでフジテレビといえば「平成教育委員会」を見てますが、そもそもギャラを貰って出演している芸能人にわざわざ美味いもの食わせるという企画はもういいです。これも中国がパクると「正解しない奴には毒ギョーザを食わせる」とかいう企画になったりして。

 それにしても、例の毒ギョーザ事件の被害者の方々はどんな気持ちで今回のニュースを見てるのでしょう。幸い命に別状はなかったからいいようなものの、一時迷宮入りかとまで思わせて結局ここまでこじらせてしまったのは日本政府とか外務省の対応にも問題あったのでしょうが。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の秋味は

2008年08月30日 22時41分09秒 | 尾崎亜美

 今年もKIRINの秋限定ビール「秋味」が発売されました。秋味といえば、私のイメージは「ちょっと苦くてアルコール度高め」というもの。普段発泡酒か第三のビールしか飲まないのですが、今日はちょっと贅沢して買ってきました。

 コンセプトとしては、サンマ、マツタケ、サケ、なすなどの秋の味覚にあうという事だそうですが、本日のメインディッシュは酢豚。が、普段安い酒しか飲んでないこともあってかかなり美味でした。割と軽い感じがしたのは気のせい?

 ただ秋味のアルコール度数は6度。最近の私は平日はまったく飲んでない上に週末に飲むのもアルコール3%のものなのでちょっとやばいです。

 ちなみに、今年秋味に拘る理由はそのCMソング。アレンジと歌唱を尾崎亜美さんが担当してます。そのCMはこちらで見られましてレコーディング風景はこちらで見られます。亜美さんというと基本的に自作自演なのですが、今回は歌手としてお呼びがかかったわけでその辺の経緯はファンとしては気になるところですね。

 なお、亜美さんは10月に新譜(ミニアルバム)が発売されるとか。尾崎亜美研究室に情報がありますのでご覧下さい。まだまだ暑くなる日もあるのでしょうが、亜美ファンにとっては「気分は秋味」です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

しつこい!

2008年08月29日 23時21分45秒 | 日記
 夕べは11時半頃に寝たのですが夜中も雷がゴロゴロ。「しつこいんだよ! みんな寝てるんだから空気読めよ!」と怒ったところで雷は止まず。(当たり前)

 今日は今日で夕方にまた突然の大雨で雷も鳴って大変でした。本当にしつこいですね。明日は休みだから出かけなければ実害はないのですが、あんまりすごいのは物騒です。たまらんなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひどい雨で

2008年08月28日 22時44分35秒 | 日記
 とっとと帰りたいところだったのですが、ちょっとやり残した事があったので結局会社を出たのは8時半くらいに。で、結果どうだったかというと、いつもの帰り道が冠水で通れず。それほど遠回りではないですが、グルッと回って帰ってきました。

 うちの近所でも低い場所に建ってる家などは駐車場の車がタイヤの半分くらいまで水に浸かったりしてました。埼玉に住んで8年ほどになりますが、これまでで一番の雨ですね。うちの近所の川というと入間川なのですが、あそこは相当川原が広くて堤防が高いので大丈夫だとは思いますが、あれが決壊するようなことがあると埼玉県西部全域が水浸しになってしまうでしょう。

 その後雨は強くなったり弱くなったりですが、先ほどから雷が派手な音を立てているので停電に備えて久しぶりに手巻き充電式ラジオ付きライトを引っ張り出してきました。明日もこの調子なら自主休業にしたいところですが月末だし、そういうわけにもいかんなぁ。

 ということで雷対策として念のためにパソコンも切っておこうかと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月のライブのお知らせ

2008年08月27日 23時07分48秒 | スペクトラム

 私の参加するバンドReSPECTが9月に2回ほどライブをやりますのでお知らせします。

◇9月13日(土) 仙台・第18回定禅寺ストリートジャズフェティバル参加
 時間:午前11時50分~午後12時30分
 場所:ルナール仙台前

 定禅寺ストリートジャズフェスティバルは仙台の定禅寺通りを中心とした市内のあちこちにステージを作り、アマチュアミュージシャンが思い思いのステージを繰り広げるイベントです。今年は13日~14日にかけて開催されますが、昨年は90ステージで700超のバンドが出演したという壮大な規模だったそうで、多分今年も同じくらいでしょう。

 もちろん野外のステージですし、こんな真昼間に明るいところでやるのは初めてなので楽しみにしてます。いろんなバンドが出る凄いイベントなので地元の方はもちろん遠方の方もお出かけになってみてはいかがでしょうか? いらっしゃる際は是非我々のステージもご覧下さい。


◇9月21日(日) トマトパラダイスVol.3出演
 開場:午後5時15分 開演:午後5時30分
 場所:ライブハウス弁天(昨年と同じです)
 出演:Petit Tomato / RUMSPECT / Romantic Guys / ReSPECT
 チケット ¥1,000(ドリンク別、1ドリンク制)


 こちらはそろそろお馴染みになったイベント。RUMSPECTは昨年に続いての出演で、Petit Tomatoという初参戦らしい(?)バンドもスペクトラムのコピーバンドなので今年もスペクトラム大会です。Romantic Guysは名前を聞いてピンときた人もいるでしょうが、芳野藤丸さん関連の曲を演奏するバンドですから多分AB’SとかSHOGUNをやるのでしょう。

 昨年は100人以上集まったイベントですので今年も盛り上がることを期待してます。仙台の演奏曲はヒットパレードの予定ですが(はて スペクトラムにヒット曲あったっけ?)、弁天ではベストアルバムに入ってない曲も結構やる予定。コアなファンの方はそちらもお楽しみに。

 トマトパラダイスのチケットについては連絡下されば取り置きいたします。ここのブログのコメントでもオッケーですし、RESPECTのサイトからでも、私宛のメールでも構いません。(メールはこちらからどうぞ) 他にご意見ご質問などもメールいただければお答えしますのでよろしく~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼の校内放送の時間

2008年08月26日 23時25分46秒 | 日記
 日曜日に近所の書店で鶴光師匠の本を見かけました。自伝だったかな? パラパラと立ち読みだけしましたが買ってはいません。昔は「かやくごはん」の本もレコードも買いましたので勘弁して貰いましょう。

 その鶴光師匠のヒット曲といえば「うぐいす谷ミュージックホール」ですが、当時私は小学生。兄は中学生だったのですが、昼の校内放送でこの曲がかかったのですと。みんなが「わぁ~」と思ってたら、オープニングのナレーションの途中「…本日のショータイムは カモメのヨーコ… ブツッ!」と切れてしまいそのまま放送は沈黙したままだったとか。

 多分先生が放送室に駆け込んだのだと思いますが、それを放送した生徒がどうなったかは知りません。こういう曲をかけるにあたり放送室前にバリケードを築いておかなかったのは詰めが甘いと言わざるを得ませんが、退屈な学園生活にメリハリをつける行為としてはなかなかシャレてます。夜の校舎窓ガラス壊して回るよりは100倍かっこいいかも。

 私らの年代ではそんなに根性ある奴はいなかったので、中学に入っても校内放送はあたりさわりのないものしか聞いた記憶がないです。やっぱり岡林信康氏の「くそくらえ節」とか放送したら先生は駆け込んで来るのでしょうか? まぁ今の若い人は知りはれへんやろなぁ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は何の日?

2008年08月25日 22時34分45秒 | スペクトラム

 フッフ~と歌ってる人は全国でどれくらいいるでしょう? 正解はスペクトラムのデビュー記念日。1979年のことでした。デビュー記念日特別企画として今日はスペクトラムのLPの歌詞カードに書かれていた使用楽器を書き並べてみましょう。CDの歌詞カードには記載されてないのでこれは結構貴重な資料です。(と、自分でいう)


◇1st「スペクトラム」歌詞カードより

ニッタ・イチロー
Trumpet:Vincent Bach Stradivarius-Model 37(B♭)
Flugel Horn:Couesnon
Valbe Trombone:Getzen

カネザキ・ドンペイ
Trumpet:Silkie B-6(B♭)、Vincent Bach Stradivarius-Model 37(B♭)
Flugel Horn:E-Benge Resno-Tenperebell-5

ヨシダ・トシユキ
Tenor,Bass Trombone:Vincent Bach Stradivarius-Model 36B
Bass Trombone:Holton Model430

オカモト・アツオ
Drums:Slingerland

オク・ケーイチ
Electric Piano:Fender Rhodes
Piano:Steinway
Clavinet:Hohner D-6
Synthesizer:Poly Moog、Arp Omni-2

ニシ・シンジ
Guitar:Gibson ES335(1968)

ワタナベ・ナオキ
Bass:B.C.Rich Eagle Bass(Core)


◇2nd「Optical Sunrise」歌詞カードより

新田一郎
Trumpet:Vincent Bach Stradivarius-Model 37
Flugel Horn:Couesnon
Valbe Trombone:Getzen

兼崎順一
Trumpet:Vincent Bach Stradivarius-Model 37(B♭)
Flugel Horn:E-Benge Resno-Tenperebell-5

吉田俊之
Tenor Trombone:Vincent Bach Stradivarius-Model 36
Tenor,Bass Trombone:Vincent Bach Stradivarius-Model 36B

岡本郭男
Drums:Rogers
Snare Drum:Slingerland

奥慶一
Piano:Steinway Grand Piano
Electric Piano:Yamaha CP-80、Fender Rhodes、
 Solina Strings Ensemble、Hohner Clavinet D-6
Synthesizer:KORG MS-20&800-DV、Roland JP-4

西慎嗣
Guitar:Fender Stratocaster(1954,57)、B.C.Rich Eagle Core、
Gibson ES335(1968)、Greco SV-1500

渡辺直樹
Bass:B.C.Rich Eagle Bass(Core)

今野拓朗
Percussion:Gor Bops Congas、L.P&Fuji Bongos、Another Percussion


◇3rd「TIME BREAK」歌詞カードより

新田一郎
Trumpet:Vincent Bach Stradivarius-Model 37
Flugel Horn:Couesnon
Valbe Trombone:Getzen

兼崎順一
Trumpet:Vincent Bach Stradivarius-Model 37(B♭)
Flugel Horn:E-Benge Resno-Tenperebell-5
Recorder

吉田俊之
Tenor Trombone:Vincent Bach Stradivarius-Model 36
Tenor,Bass Trombone:Vincent Bach Stradivarius-Model 36B
Bass Trombone:Holton Model430

岡本郭男
Drums,Percussions

奥慶一
Piano:Steinway Grand Piano
Electric Piano:Yamaha CP-80、Fender Rhodes、Solina Strings Ensemble
Synthesizer:KORG PS-3200&800-DV、Roland JP-4

西慎嗣
Guitar:Fender Stratocaster(1954,57)、Gibson LP(1968)、
Gibson ES335(1968)、Greco SF-850

渡辺直樹
Bass:B.C.Rich、Greco Electric Bass(Watanabe Naoki Model)

今野拓朗
Percussion:Gon Bops Congas、L.P&Fuji Bongos、Another Percussion


 4枚目からは記載がないのでここまでしかわかりません。なお、内容はあくまでもクレジットを100%信用しての事ですのでご本人たちに確認したら「違うよ~」ってなことがあるかもしれません。そこを踏まえた上で個人ごとにポイントをチェックしてみましょう。

 まずは新田さんですが毎回Valbe Tromboneを吹いてるんですね。モーションとかサンライズとかそうでしょうが、1stはどれでしょう? あとはドンペイさんとはフリューゲルのメーカーが違います。

 で、ドンペイさんは1stはシルキーですが2nd以降はBachになってます。「新田さんと音色を合わせるため」とか聞いたことがあります。「回しやすいから」という説もあるようですが、別にレコーディングでは回しませんものねぇ。

 吉田さんはBachのテナーというイメージですけど、1stではテナーバスなんですね。海外録音だったので持参する楽器の数を減らしただけかもしれませんが。

 岡本さんが1stでSlingerlandなのはLAのスタジオにあったからでしょうか。わからないけど。

 奥さんのピアノは毎回Steinway。2ndで使用したシンセのMS-20は元々吉田さんの物ですが、縁あって現在はReSPECTのリーダー夫妻の家にあります。ライブでも使ったことあるんですよね。知ってました?

 西さんのギターは初期はイーグルというイメージですけど、レコーディングでは2ndにしか記載はありません。ちなみにES-335というのはセミアコのギターで、武道館ライブのDVDを持ってる人はリハーサル中の「メモリー」で確認できます。レコーディングでは必ず出てきてるので、もしやこれが一番お気に入りだったのかも。ちなみに2ndにあるグレコのSVというのも335のコピーモデルです。グレコの奴は珍しいというかあまり売れてなかったような…。あと3rdにあるグレコのSFというギターはまったく思い当たらないのですが、どなたかご存知でしょうか。

 直樹さんは大体イーグルですけど「core」と書いてあるのは材質のことで「ハワイアンコア」のこと。ハワイ製のちゃんとしたウクレレは大体この木なんですが、最近は良いものが少なくなってきた稀少な材だとか。ちなみにリスペクター4号のベースもコアですけど、私のイーグルギターはマホガニーなんですねぇ。軽くていいんですけど。で、グレコの渡辺直樹モデルというのは、セカンドナビゲイションのジャケットに映ってる奴でしょう、きっと。武道館で回してる奴といった方がわかりやすいかもしれませんが。

 ということで楽器オタクの独り言でした。なお当方ぼちぼちローガンズの仲間入りをしておりまして小さい字が読みづらいです。「スペルが違う!」というのはあちこちあるかも知れませんので存分に指摘して下さい。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

なかなかの雨ですな

2008年08月24日 23時57分08秒 | 日記
 今日はリスペのリハでした。仕事のため急遽1号が欠席でしたが、練習終了後は居酒屋へ。本日の話題は当然「日本のプロ野球の今後」で始まったものの、いつしか「どうするどうなる相武紗季」という話になり、結局決定事項としては「今後はperfumeの振り付けも取り入れる」ということになったような。

 いずれにしても行き帰りとも雨でしたので、しっとりとした1日でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

B級?

2008年08月23日 23時46分21秒 | ニュースに一言

 東京新聞の社会面の「熱気球」というコラムより。福岡で11月にB級ご当地グルメの祭典「第三回B-1グランプリ」というのが開かれるそうですが、それに参戦する青森県の三団体が連携して「三食同盟」を結成したのだとか。

 三食とは黒石市の「黒石つゆやきそば」、青森市の「青森生姜味噌おでん」、八戸市の「八戸せんべい汁」だそうです。ちなみにグランプリは過去二回とも静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」だそうで、これが全国一のB級ということですね。

 で、何がどうだというと我が家はここ二日続けて「せんべい汁」を食べました。立派なB級家族ということになるかもしれませんが、これはこれで結構美味しいものです。

 せんべいを鍋に入れるというと大抵の人は「ゲッ」と嫌悪感を示しますが、私も最初はそうでした。一般にせんべいというと草加煎餅とかの醤油を塗って焼いてあったり、ざらめがついてたりするおやつとしてのものを想像するでしょう。

 ですがせんべい汁に入れるのは南部せんべいでなおかつゴマも入っていないプレーンなもの。(まぁ別にゴマ入りでもいいのですが) 今回使用したのは「いずもりのおつゆせんべい」というものですが、原材料は「小麦粉・食塩・膨張剤」だけ。

 ようするに小麦粉を固めたものを汁物に入れてグツグツ煮込むだけなので、できあがってしまえば「すいとん」とか「ほうとう」とかと同じようなもんです。水餃子の皮だけ食ってる感覚もありますけど。

 昨日はスープ入りのセットで作ったのですが今日はせんべいの袋の裏に書いてあった方法でチャレンジ。内容は、ごぼう、ニンジン、糸コンと鶏肉、豚肉、キャベツ、ネギなどを入れてダシと醤油で味付けし、最後にせんべいを入れて煮込むという単純なもの。

 南部せんべいの起源には諸説ありますが、南部の殿様が遠征した際に腹が減ったとダダをこねたので、家臣の一人が自分の兜を裏返してなんかの粉を水で溶いたものを焼いて食わしたところ大いに喜んだ、という話があるそうです。

 まぁ私が殿様だったら、オヤジのフケとかおでこの脂が付着してる兜を鍋の代わりなんぞにした奴は即刻無礼討ちにしますが、多分よっぽど腹が減ってたのでしょう。ということで、現場関係の人は一度ヘルメットでお試しを。できるだけ有害な塗料の塗ってないものがお勧めです。

 ちなみに「八戸せんべい汁研究所」というのもありますので、興味のある方は一度ご覧下さい。ところで、私は青森市に5年ほど住んでましたが「黒石つゆやきそば」も「青森生姜味噌おでん」も聞いたことないです。どっちもそそられないなぁ…。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メディアに望む

2008年08月22日 23時18分19秒 | ニュースに一言
 水泳金メダルの北島選手をはじめオリンピック参戦組の帰国が始まっています。メダリストや人気選手には注目が集まるでしょうが、ここはひとつプライベートはそっとしておいて欲しいものだと。

 オグシオのプライベートとかいうと格好のネタなんでしょうが、アスリートは運動しててなんぼのものですから取材は試合と練習と、あとは祝勝会とかイベントなどの公式行事だけにしていただきたいと。

 メディアにはメディアの役割がありますから、週刊朝日あたりまでがフジのイケメンアナの不倫とかおっかけてる場合じゃないでしょうに。どうせならチベットにでも乗り込んで行けっての。

 それと今回のオリンピックで脚光を浴びた種目の国際大会を、今後有力なコンテンツに育てて欲しいというのはテレビ局に望むことです。現在テレビのゴールデンタイムで放送されるスポーツというと、野球、サッカー、バレーボール、格闘技、K-1、柔道、世界陸上くらいで、あとはたまに卓球とか水泳とか。(冬はフィギュアスケートがありますが)

 この際、折角なのでバドミントンとかソフトボールとかレスリングの国際大会も放送してもらいたいと思う次第です。それも、どういうルールでどこに見所があってというあたりを、視聴者を啓発しながらやって欲しいと。

 そうなれば、質の低いドラマとか、ヤラセばかりで無理やり盛り上げてるバラエティとか、素人並みの一発ギャグを芸だと思ってるお笑い芸人なんかを見なくて済むと思うのですが。そういえば柔道の国別団体戦とかあっても面白いですよね。レスリングとかバドミントンとかもそうですが。卓球はありますし。

 とはいえ私が高校野球嫌いなのと同じでオリンピックにも興味がないという人も結構いるようですから、スポーツ一色にしろとはいいません。なんにしてもテレビは安直な作りのクイズ番組ばっかりじゃなくて、もっとスポーツ番組と音楽番組はあってもいいかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の東京新聞

2008年08月21日 23時08分33秒 | ニュースに一言
 社会面の「奥運便り08」というコラム。北京五輪の裏話的な記事なのですが、今日の内容は
<サッカー女子準決勝の日本-米国戦ではそろいのTシャツを着た中国人応援団がいた。近づくと、一人の女性ボランティアに制止された。「この人たちは何者?」。質問すると彼女は公安担当者の視線をうかがい小声で話した。「何も言えないの。ごめんなさい。」応援団は中国当局が動員していたことがあとで分かった。>
というもの。なんかわかりにくいので、もっと踏み込んで書いて欲しいです。

 あとは
<路地裏で住民に五輪の感想を尋ねた時も数人のボランティアに囲まれ、デモ専用区に指定された公園に入ろうとすれば厳しい口調で詰問された。>
のですと。

 北京五輪が開幕して各国のメディアが大挙押し寄せて、こういう話がいろいろ出てくるのかと思ったらちっちゃい囲み記事だけなんですね。東京新聞の記者の方が経験したということは他のマスコミ各社も同じ目にあってるような気がするのですが、もっと生々しい話を伝えて欲しいです。

 もしかして絶対安全なところで当たり障りのない取材しかしてないのか、あるいは危険な目にあっても中国を批判するような事を書くと肝心の五輪取材に支障がでるので控えてるのか。

 なんにしても、今回のコラムも一般人のレポートならこれでいいのですが、新聞記者ならもっと突っ込んでもらいたいところです。ボランティアに囲まれてすごすご引き下がったのか、あるいは一悶着あったのか。

 一方芸能ワイド面ではまたまた視聴者からの投書が冴えてます。フジの「熱血!平成教育学園」に対してですが、最初のが
<新人アナウンサー三人が出演し、(中略)こんなにものを知らなくて将来大丈夫かと思ってしまう。他局のアナと比べて、同局アナには知的な印象がなく、残念な気がします。>(川崎市・37歳主婦)

 二つ目は
<同局の男女の新人アナウンサーたちが登場しました。「あの程度でもアナになれる」と子どもたちに勇気と希望(?)を与えてくれました。テレビ局には良識とか恥の感覚がないのでしょうか?>(足立区・67歳無職男性)
というの。

 なかなか厳しいですね。たしかに今がバブル全盛期ならいいでしょうが、街にワーキングプアの若者が溢れている時代では「生涯賃金7億と言われるフジの社員であれか?」という批判がくることも考えねばならないでしょう。

 ワーキングプアに関するテレビ討論会なんかだと、なんとかコンサルタントのおっさんが「収入はスキルに比例するんだよ。スキルアップとか資格取得とか何か努力してる? 簿記の資格とか持ってれば企業はいくらでも雇ってくれるよ」とか言うのですが(いや、簿記の3級とかがどこまで効果があるのか知りませんが)、「え? じゃあフジの新人アナウンサーはどれだけすばらしいスキルがあるの?」とか思いますもの。

 「フジテレビは内定を貰った時点で生涯賃金7億が確定する」というのは、そのテレビ討論会で聞いた話だったのですが、それを聞いて以来私も鼻につくようになりましてね。なので東京新聞に投書したお二人はナイスです。ラブユー東京新聞!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトボール中継にて

2008年08月20日 23時05分11秒 | ニュースに一言
 今日のアメリカ戦はラジオで聞いてました。延長がタイブレーカーで始まり、アメリカの攻撃がエラー絡みでランナー1塁、3塁になったときのこと。

解説者「ここは修羅場ですね」
アナウンサー「さて、ここは正念場です」

ですと。ささやかに揚げ足を取ってるところが素敵です。

 ところでこの試合についてTBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」のニュースでは「上野が打たれアメリカに負ける」と伝えてましたが、これはあんまりでしょう。これだけ聞いたら上野投手が初回から打ち込まれて負けたように聞こえますもの。

 私だったら「好投の上野に打線の援護なく延長で力尽きる」とします。いずれにしても上野投手は素晴らしいです。オーストラリア戦には勝てて本当によかったと。「ここまでやれれば銀メダルでも十分」なんて思わずに、明日は諸手刈りでも朽木倒しでもなんでも使って金を狙って欲しいものです(?)。

 それにしてもソフトボールとか野球とかタイムアウト無しで長時間ハラハラできる競技が減ってしまうのは寂しい限り。別にオリンピックがスポーツのすべてではないですが、それならそれでメディアには普通の国際大会でも視聴者が楽しめるような報道をやって欲しいものです。

 美味しく育ったところをもぎ取るだけじゃなくて、新たなファンを開拓したり育てたりするスポーツ報道が理想なのでしょうが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北京五輪雑感

2008年08月19日 23時21分16秒 | ニュースに一言
 北京五輪をテレビでは見ておりますがどの競技にも詳しくないので素人の視点で語ることとします。「おーそれはチガイマース」という箇所がある場合は遠慮なく指摘して下さい。

 柔道は好きでよく見ましたが、今回は男子が不調で残念でした。斉藤監督も「ジュニアから見直さねば」といってたようですが、日本の柔道は武道であって「JUDO」はオリンピック競技なので果たしてうまくいくか。

 恐らくどこの道場でもきれいに一本をとる柔道を教えてるでしょうしそれは正しいことでしょうけど、諸手刈り(字あってるかな?)や朽木倒しを狙われたときの対処も学ばないといかんと思います。そうやって勝とうとする子供は指導者から「ダメ、いけません」とか言われるのかも。いずれにしても裾野は広い競技ですので今後の奮起に期待します。

 バレーボール男子は今回全敗でしたが、久々に出場できたことがある意味ゴールだったのでレベル的には仕方ないのかも。ただし本番で実力を一歩伸ばすことができなかったのが残念ですが。若い選手も気合は充分だったですが、サーブミスが目立ったり技術面をもっとしっかり磨いて欲しいと。

 残念といえばバレーボール女子。今日のブラジル戦は見てませんが、中国戦を見た限りではあまりの大差に集中力も途切れてボロボロに見えました。苦労してオリンピックの舞台に出てきて予選を勝ち抜いた結果、実力の差を見せ付けられてチームの雰囲気まで悪くなると言うと「出なかった方がよかったの?」とか思ってしまいます。厳しい見方ですけど。

 個人的には栗原選手がオリンピックに行ってからは撫でるようなアタックしか打てなかったように見えて残念でした。本人の頭の中に「打っても決められない」というイメージがあるのでしょうか。そこが大舞台でブレークした荒木選手との差でしょう。

 竹下選手は優れたセッターでしたが、前衛に来たときにブロックの穴になってしまうということがありましたので、今後大型セッターを起用してチームを作り直すことになるのかもしれません。私はVリーグをほとんど見てないので日本にそういう選手が既にいるのか、あるいは高校生あたりから捜してこなければいけないのかどうなんでしょうね。あとは高橋選手のファンだったのですが、彼女もそろそろ引退でしょうか。

 今回の五輪で嬉しかったのはバドミントンに脚光があたったこと。私も一応経験者ですので、オグシオやスエマエに憧れてバドミントンを始める子供達が増えると嬉しいです。女子でも小椋選手のように強烈なスマッシュが打てる人がドシドシ出てくることを願ってます。

 水泳では中村選手がすごく爽やかな感じでファンになってしまいました。でも、もう次回は出ないのかな?(ああ、なんてミーハーなんでしょう)

 今回、北京でオリンピックが開かれることで世界中のメディアが押し寄せて中国国内の様子が明らかになることを期待してました。が、結局わかったことはというと臭いものに蓋をしようと思えば徹底して蓋をする国であるということ。

 また、魚の群れが泳いでるときに一斉に向きを変えたりすることがありますが、中国の人たちを見てるとあれを想像してしまいます。それが中国なのでしょうが。

 あとは各局の中継についてですが、相武紗季さん好きなんですけど「何しに行ったの?」という感じ。別に東京のスタジオにいてもできそうな感じですけど。結局は選手が主役だからタレント使って無理やり盛り上げようとしなくていいのではないでしょうか。

 それとどうしても好きになれないのがフジテレビのキャプテンと称して出てくるダウンタウン浜田氏。いくら若い選手とはいえメダリストを「お前」呼ばわりしたりするのはいかがなものかと。それがあの人の芸風だというのであれば、オリンピック番組には起用して欲しくないです。

 ただ私の感覚はどうも一般とずれてるようなので喜んでる人も多いのでしょうね。まぁいいです。続きはそのうちまた書きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指摘する

2008年08月18日 21時18分10秒 | ラジオ

 TBSラジオ「荒川強啓のデイキャッチ」を聞いていたら、日本語の間違いを発見。北京五輪で金メダルを取った水泳の北島選手がラジオ番組のインタビューで語ったところによると、勝手に引退報道がされたことに不満を漏らしていた様子。

 それについて荒川強啓さんが「『競技中に選手を動揺させないで欲しい』と不満そうに語っていましたよ。“憮然”とした表情で」とコメント。いけませんねぇ、憮然の意味が違ってます。先月の記事でも書きましたが「憮然」とは

正)失望してぼんやりとしている様子
誤)腹を立てている様子

ですのに。ラジオパーソナリティーの方は正しい日本語をしゃべってもらいませんと。

 一方今日の東京新聞の放送&芸能欄ではフジのアナウンサーへの苦言あり。読者の投稿ですが、先日の「フジテレビアナウンサー全員集合!」という番組について「同局のアナらが『ねじれ国会』などの意味をきちんと説明できなかったのにはあきれた。そして『食べる』の尊敬語・謙譲語を答える問題では、全員が正解したからとはしゃぐ始末。」ですと。

 何より頼もしいのがこれを書いたのが16歳の男子高校生であること。今後も真面目に勉強して立派な指摘マンになって欲しいものです。とはいえ普段の生活でこれをやりまくると友達なくすでしょうから、あくまでも対象はメディアだけにした方がいいと思いますが大きなお世話かもしれません。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トンネルを抜けたら

2008年08月17日 21時02分23秒 | 日記
 昨夜は高速を移動中にオリンピックの野球中継を聞いてました。日本が逆転なるかという9回裏ツーアウト2、3塁で「投げた、高め…」というところでトンネルに入りラジオが聞こえなくなって、それがまた結構長くて抜けたとき既に試合は終わってました。なんとも言えない気分の悪さ。

 今回は石川県への帰省で行きは上信越道から上越JCTを経由して北陸道へ。帰りは長岡JCTから関越道に入って帰ってきました。距離は長岡経由の方が30Kmほど長い様子。しかし上信越道経由のように対面通行区間がないのはストレス少ないかも。

 それにしても行きに比べて帰りの方がガソリンの消費がやたらと激しかったのはなぜ? もしかして行きは下りが多くて帰りは上りが多いとか。ま、どっちでもいいですが。

 そして今日は午後からReSPECTのリハ。深夜走行の翌朝ですので当然不調でした。むぅ~なんとかせねば。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加