今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

ミスターDJ

2006年07月31日 23時23分02秒 | 昭和歌謡

 物凄く久しぶりにラジオで聞いた曲。「ミスターDJ/つのだ☆ひろとスペースバンド」ですが1973年か74年頃の曲でしょうか? たしか、子どもの頃初めてラジカセを買ってもらった頃にラジオから流れてきてた曲だと思います。

 これがつのだ氏の曲だとは長年知らなかったのですが、あとになってスペースバンドの曲だと知り「ほぉ」と思ったのですが、今日聞いてみて何か違和感が。というのも、昔聞いたときのぼんやりとした記憶にあとになって入手した情報が被さって、てっきりつのだ氏本人が歌ってるものだと思ってました。

 が、今日聞いてみるとどうも違うと。今日これがかかったのは、つのだ氏のFM番組なのですが本人の解説によると「歌ってるのは私ではありません。」とのこと。名前は忘れましたが、後にトランザムのヴォーカルになった人なんですって。世の中知らない事が多いですね。

 73~75年くらいはニッポン放送ばっかり聞いてたような気がしますが、夜の早めの時間帯では「シローの気ままな旅」という岸部シロー氏の番組があって、これで新しい曲をいろいろ聞いたような気がします。あとは夜の11時になると「ライオン・フォークビレッジ」というのがあって、私が聞いてた頃のパーソナリティはかまやつ氏でした。ただし、これは結構時間が遅いので兄が録音したのをたまたま聞いてた程度。欽ドンは毎日録音してたのですけど。

 ということで、このラジカセを買ってもらったおかげでなんとか70年代前半の音楽シーンもちょびっと体験できたということで、買ってくれた両親とあれこれ録音していた兄には感謝せねばならないかもしれません。機種は東芝のアクタスFUというものでしたが、操作性は最低で結構泣けました。

 いまやカセットが隅に追いやられている時代ですし、若い人がどれくらいラジオ聞いてるのかもわからないので「ラジカセ」という言葉自体がそのうち死語になるかもしれませんね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

水泳とか冷やし中華とか

2006年07月30日 22時17分35秒 | 日記
 運動のために市内のプールへ。本日のお供は妻と娘2号。今日は結構込んでたのですが、歩行用コース×1、完泳者用コース×2、自由遊泳×2というコース配列でした。

 私の場合、主に歩きますので最初は迷わずに歩行用のコースへ。20分ほどかけて約600m歩いてから、次に自由遊泳コースに。が、ここは人が多すぎ。娘2号の付き添いでウロウロしてるだけで、自分は全然泳げない上にやたらと人がぶつかって来るし。

 ということで滅多に行かない完泳者用コースに行きました。自慢するわけではありませんがクロールでは息継ぎができないので25mは泳げません。なのでまず平泳ぎから。キックが下手なので、足はバタアシにしてますから邪道でしょう。しかし、これでも結構疲れます。

 その後、息継ぎの必要のない泳法ということで背泳を少々。普段は自由遊泳コースでちょこっとやるだけですので、人とぶつかるのを相当気にしますが、今日のようにちゃんとコースで泳ぐのは快感。

 ただし、合計75mほど泳いだだけでヘトヘト。多分、まともに泳げる人が10Km泳ぐよりは私の平泳ぎ25mの方が疲れることでしょう。なんにしても、相当運動になったので今日はよく眠れそうです。

 昼は昼で、今日のメニューは冷やし中華。ワークシェアリングをしまして、妻が麺を担当し、私がきゅうりとハムを切り、娘2号はかにかまぼこを裂く係。さらに今日はちゃんと錦糸玉子を入れたのですが、これが入るとゴージャスです。

 で、出来上がった頃に娘1号が部活から帰ってきたのですが、役割は食べるだけ。これが一番いい役です。まぁいいですけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土曜の夜は枝豆とビール

2006年07月29日 22時37分47秒 | 日記
 昔から決まっています。スーパーで、枝豆一束がチョイ傷のため128円でした。早速買って帰ってゆでようと思ったのですが、一応基本を押さえることに。

 NHK「ためしてガッテン!」のホームページによると、問題は「ゆで汁の塩分濃度とさや切り」だそうです。このHPによると塩分濃度は4%がいいんだとか。4%というのは海水くらいの塩分です。

 それが実際の塩分量になると、1Lの水に対して40gの塩が必要なわけですが、これはお椀の三分の二くらい塩分になります。なので、私のこれまでの調理方法は「塩分がたらなかった。」「ゆで過ぎだった」ということになります。

 で、結果として今日はまずまずの出来。これは次回からも是非忘れないようにせねば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎度ありがとうございます

2006年07月28日 23時55分11秒 | 日記

 太田裕美さんのFM番組で、今日もリクエストが採用されました。毎度どうも、ということで太田さんには足を向けて寝られません。

  実は4月に読まれたときに若干燃え尽きてしまった感があったのですが、久しぶりに書いてみようかなぁと思って復活した途端にまた採用ですわ。今回のリクエストは尾崎亜美さんの「悲しみはビートにかえて」。

  別に自分で聞こうと思えばCDを聞けばいいのですが、ラジオで流れるということは全国で同じ時間に聞いてる人がいるわけで、それはそれは快感です。ムッフッフ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱりボサノヴァだっ!

2006年07月27日 23時38分39秒 | 日記
 先週録画しておいたNHKテレビ「英語でしゃべらナイト」のゲストは小野リサさんでした。「なぜポルトガル語じゃなくて英語?」という話はおいといて、彼女はもちろんギターを抱えて登場。

 司会のパックンに「なんか触りだけでも」と言われて歌ったのが「イパネマの娘」。軽やかに歌ってましたが、手元の動きは相変わらず鮮やか。簡単に弾いてますけど結構難しいコードを自然にやりますね。

 ということで、ああいうのを見るとやはりボサノヴァギターもやりたいと。ただし、普通のガットギターは実家の母にあげてしまったので、家にあるのはエレガットのみ。ま、夜中に弾くにはそっちの方がいいですか。

 それにしても、小野さん英語上手ですね。ブラジル生まれの日本育ちと聞いてますのになぜなんでしょう???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカパーチェック

2006年07月26日 23時26分13秒 | 日記
 来月の番組表で気になるところを。まず日本映画専門チャンネルですが、今月に続いて「日本沈没」「首都消失」「復活の日」「ヒポクラテスたち」「黒い家」などがあります。「ヒポクラテスたち」はまだ録画してないので、今月失敗しても来月にまたできると思うと安心。

 これ以外では「ローレライ」「13階段」「病院へ行こう」「ラヂオの時間」などなど。地上波と違って設定が面倒ですから、留守録に失敗する事はたびたび。何回も放送されるのはありがたいです。

 チャンネルNECOは特に注目はなし。ファミリー劇場は「帰ってきたウルトラマン」全51話を25時間30分連続放送ですって。あっぱれ。最初の2~3回と、シーモンスシーモラスあたりは面白かったような気もしますが、さすがに全部見るのは遠慮しときます。

 さらに注目は時代劇専門チャンネル。「大集合!NHK人形時代劇~「新八犬伝」から「平家物語」まで~」ですって。今回は「新八犬伝」「真田十勇士」「笛吹童子」「紅孔雀」「平家物語」などだそうですが、八犬伝はもちろん本編ビデオがほとんど残ってないので、坂本九が作品を回想するお宝バージョンで、現存する全3話だけだとか。

 注目は「平家物語」ですが、こちらは全56話を放送だとか。もちろん私は見た事ありませんが、これはもしかして尾崎亜美さんの「VOICE」が主題歌だったやつでしょうか? だとすると歌だけ楽しみだったりします。CSとはいえ、毎日亜美さんの歌がテレビから流れると思うと嬉しいじゃあ~りませんか。

 あとは「必殺仕業人」もありますね。ぜひとも見たいというシリーズではありませんが、まぁタダで見られるならありがたいと。また、TBSチャンネルでは「日本沈没」のTVシリーズですって。こちらは放送当時ちゃんと見てなかったので楽しみです。やっぱり見所は、由美かおるの入浴シーンでしょうか。(アホ)

 ということで、これらの感想がキッチリ書けるようにちゃんと録画せねば。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自動書記さながらに

2006年07月25日 23時05分33秒 | 日記
 今日は研修でした。夕べは久しぶりにビジネスホテル泊まりだったのでよく眠れず、当然昼間は眠い上にずっと話を聞いてるだけなので時々意識を失いそうになります。

 そんな時、一応手を動かしてれば眠らないだろうと思いノートにメモを取る事にしたのですが、文字を書きながらでも意識が途切れてるのでついつい違う単語を書いてしまいます。すなわち「川」という字を書くと、その後に続けて「越市」と書いてしまったりして「あ…」と思ったり。

 もしかして、そこで意識を取り戻さずそのまま文章を書き続けていれば、深層心理にある単語がいろいろ出てきて不思議な文章が出てきたかもしれないのに、と思うと残念です。ま、周りで一緒に研修受けてた奴のノートをチェックして見るのも面白いかもしれませんね。

 ただ、半分居眠りしながらメモを取ってる奴のノートを覗き込んだら、そこに「色即是空」とか「阿修羅」とか「南無阿弥陀仏」とか「魑魅魍魎」とか「百鬼夜行」とか「湯殿山麓呪い村」とか「即身成仏」とか書いてあったりしたらインパクトあるでしょうね。思わず恋しちゃうかも。(なんじゃそりゃ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日のタマネギ

2006年07月23日 22時58分26秒 | 日記
 なぜかマンションの入り口にタマネギが1個落ちてました。一番考えられるのは、買い物帰りの主婦が自転車のカゴから落としたという事でしょうが、これが故意だとしたら何か特別なメッセージがあるのかも。

 もしや、うちのマンションに政府関係者が住んでいて小泉首相の靖国神社参拝中止を求めるものだとか。(なんじゃそりゃ?) ま、いずれにしても食い物拾って食中毒でも起こすと困るので放置しましたが、誰か持っていったでしょうか? 同じ食い物でも、これが生のウナギだったりしたら拾ったでしょうが。(本当か?)

 なお、明日は久しぶりに出張なので1回休みです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ、ジャズ娘

2006年07月22日 22時01分15秒 | 日記
 「鶴ヶ島スウィングガールズ&ボーイズ募集中」という貼り紙がありました。市内の公民館で見かけたのですが、一応6月からサポートメンバーを入れて活動中だそうです。年齢制限については書いてなかったのですが、40過ぎでは“ボーイズ”というのは無理でしょう。いっそのこと25歳くらいサバ読みましょうかと思ってたら、そもそもギターパートの募集はありませんでした。

 我が家のボントロ娘をたきつけて応募させたいところではありますが、残念ながら受験生なのでパス。それに自分の楽器も持ってませんしね。最近のブラスバンド部の様子を見てると「ボーイズ」が集まるかどうかは不明ですが、いまに華々しい活躍が見られるようにジャズ娘達には頑張ってもらいましょう。(って、順調にメンバーが集まってるのかは知りませんが。)

 私はジャズと聞くとすぐフリージャズを想像してしまって拒絶反応が起きるのですが、ビッグバンドジャズは好きです。テーマがあってそれぞれのソロ回しがあって、曲もそんなに長くないというのはいいですよね。

 考えたらビッグバンドジャズのギターパートってのはやったことないです。箱もののギター持ってチャッチャッチャッチャッと弾いてるふりだけすれば、音が聞こえなくてもよさそうなんで面白そう。(本当か?)

 フルアコっていうのは1回も弾いたことないのですが、L-5とかES-175とかしか浮かびません。でも実用的にはイバニーズのジョージベンソンモデルとかジョーパスモデルとかの方がいいかなぁ。…あ、また欲しいギターが増えたかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オールスターといえば

2006年07月21日 23時26分00秒 | 日記
 「もちろん水泳大会! それも水中騎馬戦は絶対に外せない!」という人はエッチな人です。いますぐ専門医を受診するか、ケーシー高峰に弟子入りして下さい。今日の話題は野球のオールスター戦。

 私も小学生の頃は巨人ファンでして、土曜の夜などにプロ野球中継があるというだけでワクワクしてたものです。野球を見ることに関しては父とチャンネル争いにはなりませんでしたので。

 ですが、そんな頃でもオールスター戦にはあまりときめきませんでした。なぜかというと、巨人の選手以外興味がなかったので。巨人ファンというと、プロ野球界全体の発展とかは考えないものですが私も例外ではありませんでした。

 「だから巨人ファンはバカだ」と言われればそれで結構。だんだん正しい知識を身につけるうちに巨人ファンをやめてその後アンチ巨人になり、最近ではプロ野球自体を見なくなりました。

 しかし、なんですね。巨人が勝ったといっては喜び、負けたといっては落ち込み、明日の先発は誰だろうかと騒いでたようなあの感動はどこへ行ってしまったのでしょう? 多分この世で一番幸せなのは、プロ野球が好きでJリーグも好きで大相撲も好きでゴルフ中継もプロレス中継もK-1もプライドも競馬も水戸黄門も渡鬼もベルトクイズQ&Qも家族揃って歌合戦も道頓堀アワーも全部好き!という人でしょう。

 ゴンチチのチチ松村氏は「脳みそのシワを伸ばす」というのをモットーにしているそうで、要するに幼児の頃のように見るものすべて新鮮に感じてみたいのだそうです。そういうのもいいかもしれませんね。

 ところで、最近はオールスター野球大会ってありませんよね。私が見てないだけでしょうか? 久しぶりにコロムビア・トップのプレーが見たいのですが。(無理だって)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ベランダーを目指そう!

2006年07月20日 22時26分46秒 | 日記
 ラジオを聞いてたら、いとうせいこう氏が出てました。今回は「ベランダー」としての登場。「ベランダー」とは「ガーデナー」に対抗して、ベランダで園芸をやる人の事だそうです。もちろんいとう氏の造語ですが、みうらじゅん氏の「グラビアーン」と双璧をなします。

 で、我が家もベランダ園芸がなかなか上手くいきませんが、そもそもベランダは日当たりの問題とかエアコンの室外機の温風とか、植物にとって環境が厳しいのだそうです。それを克服するのが「ベランダー」の醍醐味だそうですので、あきらめずに頑張ります。今はジニアという花が一応咲いてるのですが、葉っぱはグチャグチャですので。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スケベは治らない

2006年07月19日 22時41分58秒 | 日記
 正確にいうと「スケベとギャンブル狂は治らない」というのが持論です。もちろん某お笑い芸人の件が旬な話題ですが、己の欲望のために後先考えずに突き進んでしまうのがスケベ道(?)でありまして、それは誰にも止められないというのが証明されました。

 このあたりで一番印象に残ってるのはクリントン大統領ですが、「不適切な関係」というのを聞いて「おお、便利な言葉だ!」と感動した人も多いでしょう。アメリカだから許されたものの、サウジアラビアでは姦通罪は死刑じゃなかったでしょうか。

 まぁそれはそれとして、例え死刑になるとしても突き進んでしまう人がいるわけです。以前テレビで「日の丸と君が代で子供たちが殺されるんだよ!」とワケのわからん事を叫んでた左翼系のおばはんがいましたが、そういう人には「恋愛で死刑になるんだよ!」とも叫んでもらわねばいけません。

 ただ、男性の本能として「一人でも多くのメスに種を植え付けたい!」というのはあるでしょうし、「英雄色を好む」と言われるとおりバイタリティ溢れる男性ほどスケベ道を極めているとも思われます。漫画家のしりあがり寿氏なんて「ヘリコプターで自分の精子をばらまきたいと思うことがあります」とか言ってましたし。

 そこへ行くと私なんぞは「もういいですわ」という境地に達しておりまして、たとえ観月ありさから「お願いですからおそばに置いて下さい」と泣いて頼まれても「まぁ肩くらいは揉ませてやってもいいけど、あんまり付きまとうなよ」と言ってあげます。(いえ、観賞用としての綺麗なお姉さんは好きなのですが。)

 こんな事を言ってると「男として終わってる」と思われるのでしょうが、まぁいいです。問題は「男として」ではなく「人として」どうかという事です。で、なにか?

 それにしても、売れっ子の芸能人なんて毎日乱交パーティやってるもんだと思ってましたから極楽とんぼの山本が何しようと今さら驚きませんが、欽ちゃんが可哀想。私は欽ドンでラジオに目覚めたクチですので、萩本氏には足を向けて寝られませんから。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

よく降りますね

2006年07月18日 23時06分23秒 | 日記

 新聞でこういう記事を見ました。自分の生まれ育った町の名前をこんなところで目にしようとは。(私の元の実家は“石川県加賀市片山津温泉5区”という住所。格調高いです。) ただし、うちの両親は10年ほど前に引っ越したので水害の影響はないようですが。

 なお、うちの会社の若手社員は学生時代ボート部の主将をやってたという奴で、こういうニュースを見るたびに「川越もああいう風になれば、ベランダに置きっぱなしになってるカヌーが使えるのですが」と真剣にうらやましそうに言います。こういう奴は長生きできませんね。きっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あえて旧作「日本沈没」を見る

2006年07月17日 22時43分58秒 | 映画

 CSの日本映画専門チャンネルで昨夜放送されました。劇場公開は1973年暮れだったそうで、私はその頃小学4年生。兄や従兄弟たちと正月に映画館に行き、ちゃんと劇場で見ました。この作品を見たのはそれ以来です。

 結構印象が強烈だったからでしょうが、いろんなシーンは記憶に残ってました。ただし、当時は地震や津波の特撮ばかりに目が行ってて、実際この物語が何を言わんとしているかをまったく理解していなかったと。

 この原作を読んだのは2年半ほど前なのですが、その時の感想はこちらのblogの通り。小説では明らかに小野寺が主役だと思うのですが、映画では「小野寺~っ! かっこいいぞぉ~!」と言う暇もなく、さらっとストーリーと主なエピソードをさらっただけという感じ。あの物語を2時間ちょっとに収めるにはかなり無理があることは明らかでした。

 この映画は、ある意味丹波哲郎扮する山本総理が主役であり、小林桂樹扮する田所博士が主役でもあります。山本総理は「国を守る、国民の生命財産を守るとは一体なんなのだ?」と悩み苦しみます。なおかつ渡老人が提示する三つの案、すなわち「一つ目は日本人が集団でどこかの国に移住し新たに日本国を作る、二つ目はそれぞれ各地に移住しその先で帰化して生活する、三つ目は特に何もしない…。日本列島の沈没と共に日本人も運命を共にする。」というもの。その三つめを聞いて、山本総理は見る見るうちに目が真っ赤になってしまいます。いいシーンでした。丹波哲郎もこの頃はちゃんと仕事してたのですね。

 さらに小林桂樹扮する田所博士が最後に言うセリフがまたいいです。「日本人は民族としては若い。四つの島でぬくぬくと育てられてきたわが子供が、外へ出て行ってケンカをしてひどい目にあっても、四つの島へ逃げ込み母親の懐へ鼻を突っ込みさえすればよかった。しかしこれからはその帰るべき国がなく、海千山千の世界の人間の中で………。総理、日本人を頼みます!」

 すると山本総理は「私は日本人を信じています。」と言うですよ。このあたりがこの物語のクライマックスです。単なるSFパニック映画として捉えてはならないということですよね。リメイク版の評判は「感動した」というものから「文字通り“沈没”でした」というものまで様々ですが、「守りたい人がいる」という事だけじゃなくて国家とか国民とか国土とかそういう事を考えるようなテーマがあれば評価したいと。まだ見てないのでわかりませんが。

 そういえば、昔のベストセラーで「日本人とユダヤ人」というのもありました。日本人がいかにぬくぬくと暮らしているかということをクドクドと書き連ねた本ではありましたが、こういうのを「ケッ、うざい!」と言わずに「たしかに日本は安全で暮らしやすいかもしれません。が、それが何か?」と言えるような世の中にしたいもんだと思いますが、どーですかそこの若い人。

 ちなみに「あと二日で日本が沈没するとなったらどうするか?」という事に対しては、我が家の娘2号(小5)は「あるだけのお金を使ってゲームソフトを買って来て遊ぶ。」のだそうです。娘1号(中3)などはもっとひどくて「ブックオフに行ってVOW全巻を立ち読みしてくる。」のだそうです。ま、別に問いかけをしたわけじゃなく、映画を見てたら二人とも自発的に言ってきたことなのでいいです。正解のある問題じゃないですから。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「不信のとき」

2006年07月16日 11時10分04秒 | ドラマレビュー
 ようやく見ました。それも2回分続けて。思ってたよりワッチコンワッチコンの場面が少ないので、一応お茶の間でも見られます。(子どもの教育上よろしくないのは確かですが) で、率直な感想は「突っ込みどころ満載」と「女優陣はオッケー」の二言。

 どう考えても正妻と愛人の配役が逆でしょう、というのが見る前の突っ込みどころですが、その辺の意外性が話題づくりなのでしょう。どうせなら正妻が杉田かおるで愛人が江波杏子という方が話題になったでしょうが、それなら私は見ません。松下由樹はわりと好きなので、フジは私のニーズを結構把握してくれています。その点TBSとは違います。(そういう問題か?)

 それに対して男優陣はさっぱりダメ。抱かれたいと思うような人が1人も出てません。(なんじゃそりゃ) 特に小泉孝太郎なんか見ると「他に誰もいなかったの?」とか「意外性と話題づくりにも程がある」と思います。

 どうしても理解できないのが「松下由樹がなぜそこまで石黒賢にぞっこんなのか?」というところですが、そこはそれで「なぜウルトラマンの怪獣は日本にしか現れないのか?」とか「悪者はなぜ桃太郎侍がしゃべってる間に切りかからないのか?」というのと同じで深く考えてはいけないようです。

 この点、妻によると「このドラマは内館牧子作品を見るつもりで頭をバカにして見なきゃダメ」という事でした。さすが長年に渡ってつまらんドラマを山ほど見続けてきただけの事はあります。

 なんにしても一番の感想は、石黒賢に対して「あんた、ええ役やなぁ~」と言ってあげたい事ですが。それにしても松下由樹さんちょっと痩せました?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加