今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

ちょっと早めですが

2012年12月25日 22時22分34秒 | 日記
 ちょっと早いですが、都合により今年はもう店じまい(?)することにしました。今年の更新は今日が最後です。ちょくちょくご覧いただいている方には、また来年ということで。再開は年明けを目指してますがどうかなあ。

 では皆さん、よい年をお迎え下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ「結婚しない」(ネタばれあり)

2012年12月24日 14時35分06秒 | ドラマレビュー

 フジテレビ木曜10時からのドラマでした。最終回まで終わりましたが、録画だけしてまだ見てない人もいるかもしれないので結末知りたくない人は読まない方がよろしい。まったく見てない人のために簡単に解説すると、菅野美穂と天海祐希に玉木宏その他が絡むというもので、ストーリーだけ見るとクソみたいなドラマです。

 私も初回くらいはちゃんと見たのですが、その後はストーリーが気になるとか登場人物に感情移入するとか一切無しで、菅野美穂がどんな服着てるかということしか関心持てませんでした。な~んでか?と歌いながら(?)考えてみたら、やはり登場人物の設定とかその性格やおかれている立場の背景描写が足らなくて薄っぺらで、なんか入り込めないんですよね。

 最後は菅野美穂と玉木宏がくっつくわけなんですが、お互い惹かれあうという必然性がまったく見えず、「ああ、よかった」とはならんわけです。天海祐希の病気の話もとってつけたような感じだし。なんか21世紀の石原裕次郎(?)もチラッと出てきただけで、菅野美穂とワッチコンだけして簡単に消えちゃったし。

 ドラマなので「んなアホな」とか「ありえん」とかいうのは多々あるとは思いますが、それを言わせないようなストーリー展開にさせるのがテレビドラマなのではないかなぁと思ったのでした。ちなみに私の周りではこのドラマを話題にしてる人はまったくいませんでした。これが見たいがために木曜の残業とか飲み会は断るってくらいになるとたいしたものなのですが。

 そういえば天海祐希の住んでる部屋は一軒家のようだけどマンションってのが疑問で、それが入り込めない理由の一つでもあったような…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気分をかえて

2012年12月23日 21時40分38秒 | 日記

 これまでCDは音楽専門だったのですが、今回こんなのを入手してみました。談志師匠のは「宿屋の富」(昭和40年)と「らくだ」(昭和41年)、やすきよは「学生時代」(1966年)、「コペルニクス」(1969年)、「犯罪者」(1977年)、「男の中の男」(1980年)など。いろいろあって気分転換したいと思ったのですがどうかなぁ。

 ちなみにどちらも図書館から借りてきたのですが、談志師匠のは全集が10巻まであるので気に入れば全部聞けるという。まぁ音声だけで物足りなければ次はDVDでと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事入りましたので

2012年12月22日 22時38分54秒 | ギターと楽器のこと

 ギグバッグを新しくしたのは前に書きましたが、肝心のギターが2ヶ月ほど入院してたので今日初めて入れてみました。心配だったのはちゃんと収まるかどうかだったのですが、無事というかぴったりというか若干余裕ありというかで問題なし。前にも書いたのですが、イーグルが入るかどうか聞いてるのに「レスポールは入ります」とかとんちんかんなことをいう店員がいたのは今考えてもむかつきます。およそレスポールの入らないギグバッグはないのでは?

 重さの方はというと前のリッターのはギターを入れると7Kg以上だったのが、これは中身入りで4.8Kgほど。2Kg以上軽くなりました。健康にもいいですね(?)。問題は耐久性なので、ベルトの付け根とかはチェックしていきたいと思います。そちらはまたレポートしましょう。普通で行くと1年や2年は大丈夫と思うのですが、GATORのが案外もろかったので。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカイツリーの試験放送ですって

2012年12月21日 23時58分21秒 | 日記

 東京スカイツリーからのテレビ電波が届かないかもしれない地域があるらしく、これから来年1月26日までの毎週土曜日の午前4時58分から5時までの2分に試験放送があるんですって。2分間で各チャンネルをチェックしなければならないとか、そもそも5時前に起きられるだろうかとか、なかなかスリルがあるので心配で寝られないかも。

 …と思ってよく考えたら我が家はケーブルテレビなのでした。試験放送に参加できないと思うとちょっと残念な気も。って、5時前に起きる気ないですけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸山圭子なら許す

2012年12月20日 23時34分02秒 | 昭和歌謡

 今回はamazonから丸山圭子さんのCDの案内がドドっと入ってるメールが届いたのですがこれは許します。これは身に覚えがあってちょっと前にあれこれ調べた中に彼女のCDが何枚かあったので、それで届いたのでしょう。

 実はこの人のCDは一枚も持ってないのですがレコードを1枚とミュージックテープ1本持ってます。デビュー40周年を記念して今年の初めに紙ジャケで初期のアルバムが再発されたと聞いて、その時に調べたのですね。

 好きなのは「黄昏めもりい」というアルバムで、大学2年のときだったかに京都の「Beaver」(って綴り合ってるかなぁ)という中古レコード屋で見かけて買いました。(すいません、中古で…) ご存じ「どうぞこのまま」が収録されてますがこの曲はあんまり好きじゃなくて、中学生の頃にラジオで聞いた「ひとり寝のララバイ」が記憶に残ってたので「どんなもんですかねぇ」と思って聞いてみたらすごく気に入りました。

 「どうぞこのまま」のようなしっとり系と「ひとり寝のララバイ」のようなちょっと砕けてカラっとした感じが交互に出てくるようになってるのですが、この人の歌はどっちかというと後者の感じが好きというか新鮮でした。どうしても「どうぞこのまま」のイメージしかなかったので。あの曲ってなんで流行ったのかはよくわかりませんが、若い美人シンガーが「どうぞ~やめないで~」って歌ってるとおじさん達が勝手に妄想してしまったように思うのでいまだに苦手。聞いたのが中学生くらいだったということもあるでしょう。

 美人といえば当時は相当で何年か前に夜のヒットスタジオの再放送で「どうぞこのまま」を見た時はあらためてうっとりするくらいの美貌でした。結構背も高いんですよね。たしか。ただしヒットしたのは有線から火が着いたという話ですので美人だから売れたってこともなさそうですけど。

 まだ聞いたこと無い人はamazonでは試聴もできますので是非どうぞ。アコギが凄くいい音しててかっこいいと思ったら吉川忠英さんがアレンジしてるのもあるんですね。全般的に編曲が凄くいいと思います。私の場合はレコード持っててそれを録音して聞いてるので満足してる部分があるのですが、高音質になってるそうだからこの機会にCDも買おうかなぁ…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は風吹ジュン攻撃が

2012年12月19日 22時39分27秒 | 昭和歌謡

 「白石まるみのベストアルバムなんぞいらん!」と昨日書いたら、今日はなぜか「風吹ジュン ゴールデン☆ベスト」の案内が来ました。amazonは私を挑発してるのでしょうか? 

 ちなみに、風吹ジュンさんは昭和49年に歌手デビューだそうで私は小5でした。デビュー曲はよく覚えてますが、ご本人の歌よりは林寛子さんが物真似したのをよく聞いたような。なお、このアルバムの曲目を見るとちょっと魅力でもありますが、「ふたりの舗道」というのはかっこいい曲です。ただしレコードで聞くといいのですが、歌番組で聞くとモゴモゴしてて何を歌ってるのかサッパリわかりません。ハスキーといえばそうなのでしょうが、あの人をアイドル歌手にしようと思った人は偉いのかもしれません。が、歌手としては完全に失敗でしょうね。

 この人はのちには「蘇える金狼」でのワッチコンシーンが話題になりますが、私はどちらかというとドラマ「ママはアイドル」のお隣の奥さん役が脳天気な感じで印象的です。「ああ、こういう役もできるんだ」ということで。

 なんにしても今回のメールも特に役に立ってはおりません。まぁネタになったからいいかぁ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

富田靖子と白石まるみの共通点とは

2012年12月18日 23時10分47秒 | 日記

 amazonからメールが来て「以前富田靖子の『富田靖子 ゴールデン☆ベスト』をチェックされた方に 白石まるみコレクションの発売についてご案内いたします。」ですと。たしかに私は富田靖子さんのベストアルバム買いましたが、白石まるみさんにはまったく興味なく「おらおら、おめーのような中途半端なアイドルオタクは色白で丸顔で目がパッチリしてて歌は上手くないけどドラマにも出るような女なら誰でもいいんだろ。実は彼女のことも好きなんだろ。白状しろ!」と言われてるようでまったく不愉快です。

 白石まるみさんについてはドラマの「意地悪ばあさん」に出てたというくらいの記憶しかありません。また、年齢を調べてみると彼女は私より1歳上で富田靖子さんは私より5歳下。年齢はかなり違いますね。活躍した年代はまぁ近いといえば近いでしょう。

 考えてみれば「ラブウインクスは好きだけどジョリーこいさんずは嫌い」という人とか「ラブリーズは好きだけどキャッツアイは趣味じゃない」とかいう人もいることでしょう。なのでamazonにはおせっかいはやめて欲しいと思いつつ、こういうメールのおかげで新しいCDの発売を知ったりすることもあるのでしょう。それにしても、今回のメールはムラムラ…もとい、ムカムカする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

元祖エアギター選手権

2012年12月17日 22時37分51秒 | ギターと楽器のこと

 つのだ☆ひろさんのFMラジオでぴんからトリオの「女のみち」を聞きました。この曲についてつのださんが「あのお兄さんは歌番組で見るとずっと左手が同じコードしか押さえてないのでギター弾けないんだろうなぁと(笑)」と言ってました。たしかにギターは持ってますがマイクは立っておらず、弾いてるように見えてもテレビのこっち側にいると音はまったく聞こえません。「元祖エアギター」なんて言われてたこともありますが。あの曲がヒットするまではお笑いというかトリオ漫才がメインだったはずで、寄席でやっててギター弾けないというのは考えづらいですが。もしかして寄席に出てる頃は音楽ネタはやってなかったのかな。

 ということで、昔からテレビでギター持ってる姿は見かけたけど「あの人ギター弾けるの? 上手いの?」というのを考えてみましょうという企画です。まずはぴんからトリオ繋がり(?)で殿さまキングスから。歌番組では楽器持ってる姿はほとんど見たことありませんが、道頓堀アワーなんかで演奏してる姿見たことあります。たしか。誰がギターだったかは記憶してません。まぁレコーディングで弾いてることはないでしょう。

 で、たまにギター持ってる姿を見たのがクールファイブの内山田洋さん。NHKの歌番組で見た時は「中之島ブルース」をバンドでやってましたが、すごく上手かったです。クールファイブの人たちは初見もきくらしいし、アマチュア時代は自分たちで演奏してたでしょうから当然かもしれませんが。そのときはグヤトーンのマロリーっていうのを持ってて「おおっ!」と思ったものでした。珍しいので。

 いつもギター持ってて凄く上手いのが東京ロマンチカの鶴岡正義さん。結構曲も作ってますが、あの人が持ってるのはレキントギターという奴でそもそも東京ロマンチカはあのギターがなければ成り立たない曲が多いですから、他のメンバーがコーラスだけでもあの人だけはいつも持ってましたね。弾けるのなんのという問題じゃなくメチャメチャ上手いです。私なんかが語るのは失礼なくらい。

 そしてギターというと忘れてはいけないのがバタヤンこと田端義夫さん。あの人はナショナルというメーカーのエレキギター持ってて、イントロを自分で弾いて歌のバックでのコード弾きの合間にオブリガードも入れながらで当然上手いです。昔は歌番組でよく見かけましたが、歌の合間ではボリュームもこまめに調節してたり。あのギターを一度弾いてみたいんですけど、まぁ歪ませれば普通にロックも弾けるんでしょうね。

 あとはギターといえばチェリッシュの松崎さん。テレビの歌番組で見るときはたまにギター持ってないこともあったりしましたが、大体持ってるものの音はほとんど聞こえず。今のようなエレアコの無かった時代なので音出したくても拾って貰えなかったんでしょう。なのでちゃんと聞いたことないのですが、ギャラは自宅での録音機材につぎ込んでたとかいう話を聞いたことあるので実際はかなり弾くのでしょう。チェリッシュもデュオになる前は普通にバンドでしたしね。

 んでたまにギター持ってうろうろしてますが、実際に弾いてるのを見たのが林家ペーさん。嘉門達夫さんと替え歌合戦やってたのを見たことあります。まぁ一応弾けるという感じで。

 まだまだ思いつく人は多いのですが今日はこの辺で。元気があればそのうち第二弾を。今日のところは弾けなさそうなのがぴんから兄弟のお兄さんだけですが、果たして真相は???

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

村岡建さんだそうです

2012年12月16日 21時49分39秒 | ラジオ

 今日のNHK-FM「○○三昧」は「今日は一日“サックス”三昧 ~ジャズ&ポピュラー編」でした。ゲストは本田雅人氏で本日のプレイリストはこちら。いろんな曲がかかってますが、私が丁度聞いたときは「ドラマや映画のテーマ」というコーナーで「太陽にほえろ」と「ルパン三世」が出てきました。

 で、この2曲はどちらとも演奏が村岡建さんだそうです。番組でも「実際にクレジットされてないので一般にはなかなか知られてませんが、今日はサックスに焦点を当てる番組ですから」というコメントで紹介していました。たしかに前者は井上尭之バンド、後者はユー&エクスプロージョン・バンドで、レコードにもバンド名でしかクレジットされてないんですしね。

 ということで村岡建さんがどういう人か調べようと思ってご本人のサイトで「私の履歴書」というページを見たら、上記の曲の演奏の件はしっかり書いてありました。もしかして知らなかったのは私だけでしょうか。う~む。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何も変わってないようです

2012年12月15日 20時47分20秒 | 日記
 アメリカではまた銃の乱射事件があったそうです。マイケル・ムーアの「ボウリング・フォー・コロンバイン」を見たのはもうかなり前ですが、あれ以来アメリカの銃規制に変化はあったのでしょうか? 銃規制に変化があったのかないのかは別にして、現実に学校で乱射事件が起きて大勢の被害者が出て悲しみの声や怒りの声が上がって銃規制の必要性が叫ばれるのは毎度のこと。

 ニュースを見ていると事件についてのコメントを求められた市民からは「銃規制をするべき」という声もあれば、「問題は銃ではない。みんなが銃を持てば自分の身は守れる」という声もあり。とはいえ今回の被害者は主に小学生。心を痛めない人はいないと思うのですが、それと銃規制は別の話ってとこが変わらないのでしょうね。オバマ大統領もここをなんとかできればもっと注目されるのでしょうけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意外なところで

2012年12月14日 20時50分09秒 | 日記
 「事実上の長距離弾道ミサイル」って言いにくいかと思ったら、これまでかんだアナウンサーは一人だけ。新たな早口言葉になるかと思ったけどそうでもない様子。

 で、今日は赤穂浪士の討ち入りの日ですが、なんと天下のNHKのアナウンサーが「よんじゅうしち…」って言って、その横で小声で「しじゅうしち!」って聞こえて言い直してました。が、言い直した際に四十七士ってのをかんでたので案外言いにくいのかもしれませんね。

 それにしても結構なベテランアナのようでしたが?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だんだん減らす傾向で

2012年12月13日 19時33分39秒 | 日記
 スマホを使い始めて二年ほどになりました。私のはauのIS03ですから結構売れた機種だと思います。発売した頃のCMではオレンジ色がかなり目立ってました。(私のは白ですけど)

 他のスマホは使ったことないので比較は出来ませんが、まあまあの性能ではないでしょうか。二年も経つと買い換える人も多いのでしょうけど私は当面予定なし。ゲームは一切やらないし、電話とメールと各種SNSでの情報収集、スケジュール管理などが主な用途。あとはカメラと乗換案内が使用頻度が高いかな?

 二年も使ってるとやることは大体決まって来るので「もしかして使うかもぉ」なんてインストールしたまま結局使いこなしてないアプリは削除する傾向。だんだん減ってきました。

 ま、さすがに固まることも時折あるし反応が鈍いことも多いし、画面も最近の機種に比べると小さいし、そういうこともあってできるだけ新製品情報見ないようにしてるのですが(笑)

 そういえば購入の時のキャンペーンで予備のバッテリー一個貰って、一年継続の景品でもう一個貰ったので、現在バッテリー三個持ってます。バッテリー切れで困ることはありません。この三つ足した場合より長持ちする機種が出たら買い換えることにしましょうか。って、ありえんだろうなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新田祭り開催中

2012年12月12日 22時22分47秒 | 日記

 昨日から読み始めた新田次郎先生の「槍ヶ岳開山」ですが大変面白いです。私はいつも読んでる幕末物よりは30~40年前の話ですが、これまでは馴染みのない百姓一揆とかお寺の話とか興味深く読んでます。

 ということで新田次郎先生の本を読みながら新田一郎先生の曲を聞いて、あとは新田純一の踊りを…ってのが無理なんだなぁ。とにかく新田祭り開催中です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新田つながりで

2012年12月11日 19時26分39秒 | 日記

 新田というと「僕は昔から音楽好きでね。特に好きなんは戦後流行った曲で新田のもんぎり節言うたかねぇ。あれ、最高ですよ。私なんかあれだけで仕事してますよ。」でお馴染みの新田一郎さんが有名ですが、今回初めて新田次郎さんの本を買ってみました。なんか山の話をいっぱい書いてる人ですよね?

 「槍ヶ岳」というととんがった山だという認識しかありませんが、前に映画で見たことがあると思ってよくよく考えたらあっちは「剱岳」でした。とんがってるのは剱岳でしたっけ??? まぁそれはそれとして、新田繋がりで読んでみようと思います。(別に繋げんでもという声がありそうですが) とにかく面白ければ今後山岳小説にはまるかも。

 なお、今回はブックオフで買いました。新田次郎先生ごめんなさい…。これが面白かったら次はちゃんと新品で買いますので。って、ご本人は既に亡くなってるんですね。ま、気持ちの問題ですから。

 ということで、次に読むときの参考に新田次郎先生のお勧め作品の情報をお待ちしております。情報提供のお礼としては新田一郎先生のお勧め作品の情報を…。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加