今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

ちょんまげしてればわかったものを

2013年10月31日 22時12分05秒 | ドラマレビュー

 「ちりとてちん」の再放送をちょくちょく見てます。ストーリーは特に面白いとは思わないのですが、個性的な人がいろいろ出てるのでそこは興味深くて。で、徒然亭草々を演じている人に見覚えあり。ごく最近では「夫婦善哉」の小河童で出てましたが、それより前にどこかで強烈な役で見たことあり。

 と、先週からずっと考えてたのですが思い出せないのでWikipediaでカンニングしてみたら、この人は青木崇高という役者さんで私が印象に残ってたのは「龍馬伝」の後藤象二郎でした。ちょんまげしてればわかったのでしょうが、何しろちりとてちんではモジャモジャ頭ですから。

 この「ちりとてちん」が2007年で「龍馬伝」が2010年ですから、この大男の落語家役がうけて大河ドラマへの抜擢だったのでしょう。すごく個性的ですが民放のドラマへの出演はそんなに多くないようですね。私がプロデューサーなら「相棒」で水谷豊と組ませてみたりしますが。いずれにしても迫力ある人ですので結構注目です。映画の方が活躍してるのかなぁ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒールはヒールらしく

2013年10月30日 23時59分17秒 | 日記

 当方小学生の頃は敬虔な巨人ファンだったのですが第一期長島巨人のあたりで巨人ファンをやめて、江川問題でアンチ巨人になり、桑田問題その他でアンチプロ野球になったものであります。が、今回のシリーズはなんとなく見るようになり、客席でオレンジのタオルを持ってうなだれている巨人ファンを見ると楽しい気分をするので、ちょっとプロ野球が好きになったような気がします。

 なお、アンチプロ野球になったあたりで見てたのはプロレスであって、中牧氏の関連する記事をよく見てましたから、今になって桑田氏がプロ野球を代表する論客のように登場するのを見ると違和感を感じざるを得ません。プロ野球選手としては清原氏の方が燃え尽きるまで一途にプレーしたって感じじゃございません? 財テクとか余計なことはせず、少なくともシーズン中は野球に専念してたということで。ま、キャラは別にして。

 そんなこんなで私としては巨人にはヒールらしくしておいてもらうと私はプロ野球見ます。なんとか土曜日には中継見ながらビール飲めると思いますので、一応楽しみではありますが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食品偽装が話題ですが

2013年10月29日 19時12分17秒 | 日記
 まだ子供が小さい頃、ある遊園地のクレープ屋でイチゴクレープを頼んだのですが、なんとクレープにイチゴジャム塗って折り畳んだだけの代物でした。確かにイチゴ味なのですが、あれで400円くらいしたので偽装よりも罪の重いぼったくりというやつでしょう。別に子供は違和感なく食べてましたが、金払ったこっちはムカムカきたと。

 また、「強い子のミロ」を飲んで行ったのに喧嘩に負けたと怒ってた人がいましたが、どうやら相手は二杯飲んでたらしいです。そんならいっそのこと、喧嘩じゃなくてミロの一気飲み勝負すればどっちも怪我しなくてすみそうですが。まあ、これも食品偽装には当たりません。

 あとは、「スタミナ定食」食べたのに中折れしたと嘆くお父さん方も多いことでしょう。スタミナ定食の定義はありませんが、私の見た限りではレバーの確率が高くて、あとは焼き肉だったり。野菜だとニラ、ナスビ、モヤシ、ニンニクなど。ちなみに、私はコレステロール気にしてるのでレバー食べないからスタミナ定食と書いてあっても頼まないので効果の程はわかりません。スタミナ源タレは好きですけど。

 そういえばスタミナ源タレ使って料理してもスタミナつかないような気がします。ウィッキーさんに文句言わなきゃ。って、そういうネタはもう通じんか。

 どっちにしても一流ホテルでわざわざ中華料理食べたりしないので、今回のあのホテルの偽装騒動はどうでもいいです。中華食いたきゃ王将行きますし。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

新種の悪夢でした

2013年10月28日 23時05分46秒 | 日記

 明け方に見た夢。あいざき進也のライブビデオを買うことになってFAXで注文しました。それがなぜかDVDでなくてVHSビデオで、時間が120分のと166分のがあるから、「166」と書いて送ったら注文確認書が送られてきて発注数が166本になってるの。

 「ゲ! 166本も買わされる!」と思ってたら、その後にまたFAXが来て「在庫がない」「おたくの再生環境を考えると8本が妥当」とか書いてあって、「いや注文取り消さなきゃ」とパソコンをいじってるけどネットが遅くてなかなか進まないというところで目が覚めました。

 あいざき進也については心当たりがあって、先週金曜のNHKラジオ「ロックンローラー近田春夫の歌謡曲ってなんだ」で、彼の「愛の船」という曲を久しぶりに聞いてあまりに可愛い声に衝撃を受けたからだと思います。あいざき進也に抱かれたいとか思ったことは一度もないのですが。(当たり前)

 なにはともあれ今夜は良い夢を見られますように…。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぼちぼち辛くなってきました

2013年10月27日 21時39分52秒 | ドラマレビュー

 ドラマというのは次回が楽しみで仕方なく前回の録画を見直して次までの1週間を過ごすくらいでないと見続けられません。が、そういう意味で辛くなってきたのが大河ドラマ。1ヶ月くらい前から完全に「ここまで見たんだから一応見とかないと」というくらいの惰性になってきました。なお、ここ10年ほどで年間通じて見た大河ドラマは「新選組!」と「龍馬伝」のみ。最初見てて挫折したのが「武蔵」「功名が辻」「篤姫」「天地人」「江」など。

 まぁこうやって考えると最初は一応見ようとしてたのが、ことごとく挫折したと。今年が今までなんとかなったのは「八重の桜」が面白いから…ってことはなくて、綾瀬はるかなら見ててもいいかなということでした。いやしかし、本当にただのラブコメになってきてしまったので困るのですよ。世間的にはその方が受けるのかもしれないけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は鉄の人ではありませんが

2013年10月26日 22時14分32秒 | TV番組レビュー

 BSプレミアムで「まるごと知りたい!AtoZ『いますぐ乗りたい!世界鉄道 夢紀行』」というのを見てます。私は鉄分濃くないので実際貧血気味なのですが(?)、この番組は面白いです。豪華な客室で車窓に流れる風景を見ながら豪華な食事を…とかいうのは魅力ですね。

 これまでの人生で長く電車に乗ったというと青森から夜行寝台列車日本海で大阪まで出張でしたときと、盛岡から実家の石川まで東北新幹線~山手線~東海道新幹線~北陸本線で帰ったときなど。夜行寝台は乗り換え無しだし寝っ転がって行けるので楽なのですが、席からは景色が見られず、東北新幹線で乗り換えで行ったときはまだ東北新幹線は上野までだったので山手線乗り換えが面倒で、それぞれ一長一短。

 それはそうと、鉄の人同士が結婚してたりするとこういう番組を見ながら「あの列車に乗ってみたい! 今度行こう!」とかいう話で盛り上がりそうでいいですね。たんなる移動手段としてだけでなく、列車に乗ること自体で楽しめる人は結構人生を得してるような気がします。がっ、鉄道ファンの男性というと、仲良くなった女の子から「私と鉄道とどっちが大事なの?」と聞かれて「もちろん鉄道」と答えてふられるというイメージがあるのは偏見でしょうか。

 …偏見ですね、すいません…。私はどっちかというと船の旅の方が魅力だったり。幸い船酔いはしないようだし。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニートな午後三時

2013年10月25日 23時03分25秒 | 昭和歌謡

 NHKラジオ「ロックンローラー近田春夫の歌謡曲ってなんだ」にて、松原みきさんの「ニートな午後三時」がオンエアされてました。が、若いパーソナリティー達はこのニートを「働かない人」だと解釈し、「ニートだから午後三時まで寝てる?」という歌だと思ったのだとか。

 なお、私は松原みきさんのデビュー当時は嫌いで、ちょうどこの曲あたりから好きになりました。「愛はエネルギー」とか「ジャジーナイト」とか熱くていいですね。なんでデビュー当時嫌いだったかというと、宣伝文句に騙されてたというか嫌悪感があって「褐色の声 ジャズの匂い」とかいうコピーがあったように思います。個性派のシンガーに「ジャズ」という言葉をつけて実力があるということをイメージさせる商売は嫌いです。

 まぁそんなこんなですが、彼女の歌はもっとちゃんとあれこれ聞いておけばよかったと思います。なにしろベストアルバムを1枚だけ、しかもレコードでしか持ってないので…。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やはりそうだったのか

2013年10月24日 21時25分53秒 | 日記
 先日CSのTBSチャンネルで「笛吹童子」を見てたら、番組の最後に「このドラマはフィクションであり登場する人物は架空の…」というテロップが出ました。もしかしてそうじゃないかと思ってたのですが、やはりそうだったのですね。

 しかし先日「リーガルハイ」を見てたときはそんな表示はなかったような気がします。ああいう人達が実在すると思うと怖いですね。でも、どうせなら笛吹童子に会いたかったなあ。何をして欲しいかというと、笛吹いて欲しいだけですけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フジテレビに望む

2013年10月23日 18時50分42秒 | 日記
 昨日は「あまちゃん」の7冠が大きな話題になってましたが、同じく高評価を受けた「最高の離婚」を是非地上波で再放送してもらいたいと。CSでは今月もやってるのですが、見られない人が多いので。年末に一挙放送とかでもいいですし。

 「最高の離婚」といえば主演は尾野真千子さんですが、あの人は「カーネーション」の最優秀作品とか、それより以前にも「Mother」での助演女優賞とか常連なんですね。「Mother」は見てなかったなあ。その頃はまだオノマチさん知らなかったし。見てみたいけどTSUTAYAにあるかなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝! あまちゃん七冠

2013年10月22日 23時37分55秒 | 日記

 「東京ドラマアウォード2013」にて、「あまちゃん」が連続ドラマ部門のグランプリに輝いたのを始め合計7つの賞を得たとか。で、私としてはそちらも嬉しいですが、主演男優賞、助演男優賞がともに「最高の離婚」から選ばれたのも感激です。

 今年は1~3月まで「最高の離婚」が楽しみで、4~9月が「あまちゃん」を楽しみに生きてました。ドラマファンとしてはかなり恵まれた年ですが、自分が喜んで見ていたドラマが高評価を得ると嬉しいものです。優秀賞には「泣くな、はらちゃん」も入ってますし。あとは「Woman」も入ればよかったのですが。そういえば、とりためてあった「夫婦善哉」を見始めましたが、あれも相当いいですけどね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎亜美ポニーキャニオン時代のCD再発

2013年10月21日 22時52分09秒 | 尾崎亜美

 前にも書きましたが、尾崎亜美様のポニーキャニオン時代のCDが再発になりました。今回発売になったのはMERIDIAN-MELON、HOT BABY、Air Kiss、Shot、Miracleの5枚。私はこのために数ヶ月間食事代を削って費用捻出しました。(一部本当…)

 これらのCDはしばらく廃盤というか在庫切れというか、とにかく入手不能になってたので中古市場では価格が高騰しておりました。で、今回の再発でやっと普通に買えるようになったら、今度は「リマスターの音が許せん」という声が一部で起こってます。もしかしてそれで買うのを躊躇してる人がいるかもしれません。ちなみに私は全然違和感なく聞いております。もし気になる人は、試聴できるショップでお聞きになるのがよろしいかと。ポニーキャニオンのサイトやamazonでも一部試聴できますが、パソコンで試聴音源を聞くとあんまり良い音ではないように思うのは私だけでしょうか?

 CDについて「いい音」というのは原音に忠実に再生できるということでしょう。この場合の原音とはマスターテープの音ということになりますでしょうか。もちろんスピーカーや部屋の環境が違えば同じ音にはならないでしょうが、レコードやカセットテープの時代に比べてCDになってからは割と近い音で聞くことができるようになっているのでは、と思います。あとは、マスターテープより「いい音」というのはありえないだろうと。それを自分好みに加工するのはもう「原音に忠実」ということではないのではないかと。

 なお、私は当時レコードで「HOT BABY」を聞いた時はちょっと違和感あって「それまでのレコードの音とは違う」と思ったものです。当時のニューミュージックの音とは違って、例えばドラムならハットは向かって右、タムは高い方から低い方へ右から左にキッパリと分けて…というのとは違ったのですね。結構モノラルっぽいというか、スネアが真ん中でタムも真ん中寄りに固まっているように聞こえたので。おまけにいつもより低音が増強されてるので、レコードをカセットに録音した物を聞くと音がクッキリしないように思ったり…。

 それがCDの時代になったら「まずまず」と思って、今回の再発CDではあのレコードをちゃんとしたオーディオで聞いた時のような満足感が取り戻せました。(もちろんレコードよりは音のアタックとかダイナミズムとか低音の増強は比べようもないほど向上しておりますが)

 デジタルリマスタリングというと、これまで埋もれて聞こえなかった音がギラギラ、チャカチャカと持ち上げられて全体的にキラキラさせるという印象になりがちなのかも。その辺は好みの問題というのもあるのでしょうが、「原音に忠実」ということを考えるとそれでいいのか?いう気もします。

 音楽にはいろいろな聴き方があると思うのですが、亜美さんの曲の場合はヴォーカルがじっくり聴けるのが一番のポイントですので、私は今回の音質は満足しております。別に他人の評価は気にせず楽しんでる人は楽しんでると思いますので、気になってるけどまだ買ってないという人はインナーの懐かしのこういう写真とか、思わずニンマリしてしまうようなCDレーベルは是非手にとって欲しいところです。

  

 なお、普段車の中かPCのスピーカーでしか音楽を聴かなかったのが、ミニコンポとはいえちゃんとしたプレーヤーとスピーカーで聴くと満足感は上がります。私の場合は型番書くのも恥ずかしいようなKENWOODのミニミニコンポなのですが、それでも楽しんでますし。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あまちゃん メモリアルブック

2013年10月20日 10時41分30秒 | ブックレビュー

 買ってあったのを遅ればせながら読んだというか見ました。これいいですねぇ。まずは1週ごとのタイトルとあらすじが見開き2ページで紹介されてます。それも各週ごとの名場面が20枚くらいの画像であるので、「あの話はどの辺だっけ?」と探すのは早いです。見たい話のDVD借りてくるのに便利だと。

 他にも画像満載で、「春子の青春プレイバック」と称して若き日の春子が各地ののど自慢大会で優勝したときのものという設定の写真がちりばめられたり、北三陸駅ギャラリーというのは駅の待合室に掲示されていた写真の数々だし、「猫に育てられた犬」「受験が恋人」をはじめ様々なポスター特集もあったりします。ドラマの中ではチラッとしか見られなかったのが、じっくり見られるというのが魅力です。珍しいところではミズタクの履歴書なんていうのもありますし。

 

 他にもドラマガイドが2冊出てますが、こちらの方が写真満載なので充実してますね。どれか1冊というならこれをお薦めします。まぁマニアなら全部買ってるでしょうけど。

 

 なお、画像はぜんぼぼけてるというか、わざとぼかしてますのであしからず。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TBSドラマ「クロコーチ」

2013年10月19日 23時57分24秒 | ドラマレビュー

 刑事物のドラマです。型破りな刑事というと、太陽にほえろのマカロニ、ジーパン、西部警察、あぶない刑事などもありますが、型破り度合いは別格です。そもそも刑事ドラマの主流である捜査一課ではなく捜査二課だし、その人間性から捜査手法までかなり異質。

 出演は主役のクロコーチが長瀬智也、相手役でヒロインが剛力彩芽、他に香椎由宇、小市慢太郎、東 幹久、大地康雄、風間杜夫、渡部篤郎など。キャストは結構豪華なので、ちらっと見る分は結構見栄えします。

 舞台は現代なのですが、最近の事件に絡んで40年ほど前にあった3億円事件強奪事件との関連も示唆されています。ただ、これは完全に未解決のままですから、何らかの新説も展開されるのではなかろうかと。

 全般的に「なんか凄そう」「面白そう」という雰囲気は漂っているのですが、実際には「雰囲気はなんとか」という程度ですので、あまり期待はしておりませんがいちおう見てみようかと思いました。不満な点はあるキャストの配役ですが、そこは賛否両論あると思いますのであまりうるさくはいいません。が、許せません。いろいろあるんでしょうね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

おとうさんといっしょ

2013年10月18日 23時58分09秒 | ドラマレビュー

 NHKドラマ「ガラスの家」の先週分を見ました。どうなってしまうのだろうと思ってたら、斉藤工扮する長男が父親の後妻である井川遥とワッチコンしてしまいました。ということは、父親と長男がいわゆる“兄弟”になってしまったわけです。ここの家庭には次男もいるので、次男からするとお父さんとお兄さんが兄弟になったわけで、お兄さんの兄弟であるお父さんとも兄弟ということになるでしょうか。さらにお父さんの奥さんとお兄さんの彼女が自分のお母さんであるわけです。

 ということで人間関係を整理すると、義理の母の夫が兄の兄弟で、兄の彼女は父親の奥さんであると。わかりますね。わかんない人はドラマを1回目から見て下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一種ミズタク状態か?

2013年10月17日 18時23分36秒 | 日記
 車の中で書類を見ようとカバンからメガネを取り出したところ、レンズがカランと落ちまして。何があったかと思えば、片方のフレームが折れてたのでした。

 無理やりはめ込んでそ~っとかければ使えないことはありませんが、いっそテープで止めてミズタク状態にするのもおしゃれかなあと思ったり。

 なんにしても、ちゃんとしたケースでなく袋に入れてカバンに押し込んでたのがよくなかったのでしょう。ま、100均で買った老眼鏡だから別にいいんだけど。

 ところでミズタクが何かわからないとかいう人は、「あまちゃん」のブルーレイボックスセット買って全部見るべし。そして見た後で私に貸してくれればなおよしと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加