体脂肪コントロール成功法!(FATOFF)

トップ1%のパフォーマンスを目指す 体脂肪コントロール実践者、トップ志望の格闘家、トレーナーのためのマル秘情報を配信!!

悩!

2005年09月30日 00時36分43秒 | 
   9月28日 木曜日

  
    体重 55.3kg    体脂肪率 8.7%
除脂肪体重 50.5     体脂肪量 4.8kg


 8時  トースト コーヒー
12時  たくあん巻一本
16時  トースト 具たくさんサラダ コーヒー
23時  ごはん 野菜炒め 納豆卵 きのことワカメの味噌汁
      ビール500ml


有酸素運動 20分




勝つって難しいですね~ 勝ち方ってスキルがあるので 勝ちを作る
って ぼくは表現してるんですが 価値を作るとも言ったりしてます。


格闘技のレッスンでもぼくのテーマは 技術じゃなく 勝ち方の組み立て!
ここに全ての意識を集中してます。


今日のレッスンも勝ち方をどう作るか?をプロの選手と共に一所懸命
考えました。 試合の流れをどう作るのか? その流れを作るために
どんなトレーニングを積み重ねるのか?


自分の事例はあるけど 人それぞれケースが違うのでの 自分の事例は
ほとんどそのままでは当てはまらないです。


でも、 自分の事例を軸にいろんな人の事例を研究していくと ある法則に
気付きます。 その法則っていうのか 仕組みっていうのか 構造っていう
のか  その法則を その人のケースに肉付けすると まあ大体 その方
へのアドバスとして成り立ちます。


FATOFF教室のカリキュラムやFATOFFのコーチ養成のポイントも
そこにおいてます。


でも やっぱり難しいなあ~ 一歩進んだら また壁があって その壁を
破ったら また一歩進めますが すぐまた新しい壁にモチベーションを奪
われそうになります。 妥協したら負け! と日々自分に言い聞かせながら
がんばってます。




コメント

進化 進化

2005年09月28日 00時43分40秒 | 
   9月27日 火曜日

  
    体重 55.5kg    体脂肪率 9%
除脂肪体重 50.5     体脂肪量 5kg


 7時  トースト コーヒー
12時  かけうどん ごはん
17時  ハニートースト ミルクティー
22時  チャーハン 餃子 スープ
23時  ビール500ml



お~~ 久々にメールが開通して ほっと一息 ブログも再開って
感じです。 

ストレスで 駅伝の練習もモチベーションが上がらず、脂肪が
案の定増えてます。


パソコンに弱いといろんなロスが出るんだなあ~ と痛感!







FATOFFのノウハウ自体はここ1、2週間で かなり進化しました。


FATOFF教室も 今までは1種類でやってたのが 新カリキュラム
FATOFF2006 バージョンは 3段階のステップ

1、FATOFF スタンダード
2、FATOFF アドバンス
3、FATOFF エクセレント

とバージョンアップで内容を深く 深く掘り下げて行きます。
自分で行う コンディション管理(体脂肪コントロール、代謝アップ…)
に もう1つのスキル 
「自分で行う 筋バランスエクササイズ」が入ってます。


筋バランスエクササイズは パーソナルレッスンでは当たり前に毎回
行ってますが 今回そのシステムを 自分で行う筋バランスエクササイズ
として FATOFFアドバンスから登場します。


ちなみに 各段階は 6ヶ月のコースで次の契約でアドバンス6ヶ月
さらに 次の契約でエクセレント6ヶ月の計1年半の壮大なコースです。

契約更新は6ヶ月毎 1回契約頂くと 6ヶ月間の自動契約となり 基本的
には6ヶ月間は退会は出来ません。


脂肪を落としたい方は 目標として1年で5kgの世界一ゆっくりの体脂肪
コントロールです。 

目標体脂肪に達した方は 脂肪をカットしないで 代謝を維持しながら  
長持ちさせるカラダの使い方 長持ちさせるカラダの手入れ法をじっくり 
掘り下げながら身につけていただきます。


この教室レッスンはグループレッスンなので個人対応が出来ません。
でも そのフォローとして ミニパーソナルとして FATOFFボディバランス
の20分サービスも FATOFF教室の後につけますのでこれもご期待
ください。

ここで 20分間の簡易パーソナルレッスンで個々対応のフォローをして
いきたいと思います。


単に脂肪を落すだけじゃなく トータルコンディショニングとして日々進化
するFATOFF教室シリーズを



お楽しみに~~





コメント

パソコン壊れる

2005年09月25日 20時19分56秒 | 
いつもこのブログ楽しみにしていただいてるみなさま
昨日はブログの更新できなくて申し訳ございません!

減価償却を上回って 6年も酷使してたパソコンが
ついに壊れました~ 

まあ~ 寿命を越えまくってるのだから 天寿をまっとう
かな


でも メールの送受信が出来てないので メールを送って
頂いた方には申し訳ございませんが リカバリーが出来るまで
今 メールは見れない状態です。 同じくメールも送信できません
ので 出来れば携帯の方にメールください。


なるべく早めにリカバリーしたいと思いますが 休みナシの仕事
の中なので 何分ご了承を
コメント

秋刀魚がおいしい

2005年09月23日 10時35分49秒 | 
    9月22日 木曜日

     体重 55.4kg     体脂肪率 7.6 %
 除脂肪体重 51.2kg    体脂肪量 4.2kg


 8時  トースト コーヒー
12時  たくあん巻1本
15時  かき揚げ丼
20時  ごはん 焼さんま2尾 シメジとワカメと卵の味噌汁
 0時  レタスときゅうりのサラダ  ビール500ml
     ~~焼酎


有酸素運動  30分
FATOFFエクササイズ  20分




   9月23日 金曜日

     体重 55kg     体脂肪率 7.6 %
 除脂肪体重 50.8kg    体脂肪量 4.2kg


10時  トースト コーヒー





前日のブログで プロの格闘家のための アドバイスをして 最後に
競技者以外の方は 真似しないでくださいね と書きましたが


本当の話 真似すると一発で脂肪が付きますから 真似しようとは
冗談でも考えないで下さいね(笑)



普段の日常生活でハードなトレーニングを積み重ねてる 競技者と
一週間歩いたのべ時間を確保したり その習慣化に苦労するのが
日常生活の方とでは  もちろん「体力」が全然違いますよね


体力が違えば カラダの中の酵素が全然違うので 体内生化学反応が
違うんです。


つまり、前日のトレーニングでカラダが出来て脂肪が減って体力がつく
カラダのシステムを持った競技者と違って 一般の方のカラダのシステム
は 前日の内容のトレーニングやたんぱく質の量をこなそうとした瞬間 
カラダは壊れてしまします。 



自分のキャパを越えるとカラダは壊れるわけですから 壊れを食い止
めたり 壊れた箇所を修復するために 一旦基礎代謝を下げて 
守りモードに入ります。 
生命活動を抑えてなるべく エネルギーを放出しないようにして 壊れた
箇所の修復活動にエネルギーを注ぎます。


これを「防衛本能」と呼びますが この防衛本能が出てくると脂肪が
つきやすくなります。




ちなみに 一般の方の 運動の目標は 

1週間(歩き)のべ 160分~240分が 余分な脂肪燃焼を目的とする場合。
今のカラダを維持する方なら 1週間 70分~140分くらい でOKでしょう~


たんぱく質は 昨日の粕谷選手は1日80gを目標にしなさいって書きました
が 一般の方はその半分くらいで十分です。

つまり、毎食 たんぱく質のおかずはいらないってことです。









コメント

粕谷選手 公開アドバイス

2005年09月22日 09時10分43秒 | 
    9月21日 水曜日

     体重 55.4kg     体脂肪率 6.7 %
 除脂肪体重 51.7kg    体脂肪量 3.7kg


 8時  トースト コーヒー
12時  トマトソースパスタ グリーンサラダ
19時  寄せ鍋(つみれ 椎茸 シメジ 糸こんにゃく 白菜
     ねぎ) 納豆卵 キムチ おにぎり2個 
     ビール500ml


運動 なし(今日から走る予定だったが 一日延ばした)




粕谷選手(総合格闘技 修斗の選手です )の公開アドバスです。


試合までのコンディショニングのテーマとして 体重を落すための
①「有酸素運動」と 試合でスタミナ切れにならないための②「トレーニング」
と それをフォローする③「栄養」の三つの角度から アドバイスします。


粕谷選手の試合までのウエイトコントロール(減量)の目安は6週間で
5kg脂肪を減らす。
そのために トレーニングとジムワーク以外に 体重を落すためだけの
有酸素運動を 毎日60分行う。(1週間のべ420分目標)


食事は4回から5回に分けて摂取。 夜のトレーニング前に一日の最後の
炭水化物を摂取して トレーニング後は炭水化物は摂取しない。
そのかわり たんぱく質と野菜をしっかり摂取。


一日のたんぱく質摂取の目標値は80g この80gを確保するために
3食の食事以外にプロティンで補給する。




ジムワーク以外のトレーニングで 1500m走を取り入れる。
粕谷選手の試合は5分×2ラウンドなので まず1500mを6分で
走ることを目安に 1500m走を2本走るインターバルトレーニングで
試合のスタミナを養成する。


その他のトレーニングは 5分間で終了する サーキットトレーニングを
プログラムし 試合でのスタミナ+試合中のチャンスに一気にたたみ
こめる爆発力を養成する。


戦術トレーニングに関しては マル秘なので 笑  ブログで公開せず
に じっくり話し合っていくつかの選択肢を用意しましょう~~


こんな感じです。
いかがですか?


有酸素運動 日々60分
トレーニング 1500m走と 5分間サーキットトレーニング
栄養  たんぱく質80gを確保





ちなみに これは体力がしっかりある 競技者の話なので 一般の方が
これを取り入れたりしたら 逆に太りますので 注意してください~~


まあ~ こなせないか 笑…




コメント (3)

「自律」

2005年09月21日 00時34分06秒 | 
    9月20日 火曜日

     体重 55.5kg     体脂肪率 6.4 %
   除脂肪体重 52kg    体脂肪量 3.5kg


 7時  トースト コーヒー
 9時  マカロニサラダ グリーンサラダ コーヒー
13時  牛丼 味噌汁
18時  ペペロンチーノ
23時  ごはん 豚野菜炒め 納豆卵 キノコサラダ
     ビール500ml

有酸素運動 40分





今日はFATOFFの本井に強制的に 仮面ライダー響鬼を見に
行かせ 感想コメントを求めた!


さすが FATOFFの裏を支えてる番長~~
やっぱり、言うことが一味違う!


あれは「自律」を表現してるんですね? と来た~~
FATOFFのテーマそのままやん!


「自立」ではなく「自律」


自分で立つ!のは当たり前 それは前提条件。 甘えは許されない!
でも 人間1人では生きていけない!

この矛盾こそが生命の摂理! 自然の法則!



そこには人間がみんな平等なんて甘えた考えは皆無!


チャンスは誰もにでも平等に与えられてる。
でも、そのチャンスをつかむか?逃すか?は対等に考える!
ただ待ってるだけでは 何も得れない! 破滅を待つだけ!


一歩踏み出すごとにチャンスはドンドン降ってくる。
そのチャンスを手に入れることが出来るのは対等状況下で 
いかなる努力を行ったか? の結果論。



努力を正しく進めれないと 求める結果は得れない!
正しい努力とは 生命の摂理、 自然の摂理、 社会の摂理に沿って
いるか? これが「自律」


前に進むしか道は開けない!



「自律」がFATOFFのテーマ


コメント (1)

スパーリング4本

2005年09月20日 00時21分38秒 | 
    9月19日 月曜日

     体重 55.5kg     体脂肪率 6.4 %
   除脂肪体重 52kg    体脂肪量 3.5kg


 8時  トースト コーヒー
13時  冷やし中華 サラダ
15時  おにぎり
19時  おにぎり2個
23時  豚汁 ナスのおひたし  きゅうりのサラダ
     ビール700ml


有酸素運動 40分(歩き)
柔術スパーリング 3分×4本




う~ん こんなオジサンになって スパーリング4本はかなりキツイ!
ボロボロになって 電車に乗って帰ってきた~~

ふう~~ やっとこさ家にたどり着いた感じ



左ふくらはぎは軽い肉離れで 走ることを禁じてふくらはぎに負荷を
かけないようにしてる。


でも スパーリングが出来る事に正直ビックリ!!


20年間の競技生活で身に付いた カラダの使い方!
痛いところを使わないように 格闘できる!
それが 現役を引退して5年もたってるのに まだカラダに染み付いてる
ことに我ながらビックリした!


逆に 左ふくらはぎはリハビリがうまくいってて 水曜日には走れそうだ!



ちなみに このカラダの使い方は もちろん負荷をかけないカラダの使い方
なので 体脂肪コントロールには向かないことに気付いてる方 いるかなあ~


体脂肪コントロールはなるべくムダにエネルギーを消費することを目的とする。
競技パフォーマンスは その反対! なるべくエネルギーを使わないように
カラダを使うこと!


優秀なトレーナーであっても この違いを整理出来てないトレーナーが多いので
みなさんも ご注意を!











コメント (3)

岐路!

2005年09月19日 00時10分14秒 | 
    9月18日 日曜日

     体重 55.5kg    体脂肪率 5.8%
除脂肪体重 52.3kg    体脂肪量 3.2kg


15時  味噌ラーメン
20時  ごはん すき焼き 冷奴 白菜サラダ
     ビール350ml
22時  焼酎~


おお~~ 今日は一日2食の食事 しかも内容も点数で
つければ マイナス8点くらい(笑)の出来だ!



有酸素運動 20分
今日は走らなかった 昨日駅伝の練習で左ふくらはぎを
痛めたので 今日は安静にして様子をみてます。






今日 虎がマジック8を決めた。

ぼくははっきりいって 虎キチなので マジック8なんて数値には
惑わされず まだ優勝できるとふんでない 笑!
今まで何十年も裏切られ続けてきたから… 笑


まあ~ 何はともあれ 今は虎の流れになってることは誰の目にも
明らか!


流れを変えたのは(流れに乗れてリズムを得たのは) 間違いなく 
竜との首位攻防戦の 審判で大もめにもめた試合だ!


あそこに 流れのターニングポントがあることははっきり見えた。
だから妥協の許されない試合だった。


流れをつかむ あるいは流れを変えるために 気合い入れまくって
がんばらなきゃなきゃならないポイントと  勝っても負けてもいいから
流れにまかせてムリはしないポイントがある。


あの試合は まさにそんな虎を飲むがごとく竜の流れを変える最後の
チャンスだった!

あそこで「こんなにがんばったんだから ファンもこのがんばりを認めて
くれるだろう~」と妥協してたら 間違いなく負けてた!


誰かが努力を認めてくれるだろう~ と逃げたら 負けの流れ!
そんなことは結果論なので とにかく妥協しないで 最後まで勝負を
捨てない!と妥協を許さなかったら 勝ちの流れ!



勝負所のポイントとタイミングさえ間違えなかったら いい流れに乗れて
そのリズムがつかめる!


格闘技も体脂肪コントロールも同じ法則 ここでの流れははっきり見える!




きっと 人生も経営も同じだろ~
ぼくは まだまだ 人生も経営もこの流れのリズムはつかめてない!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガ発行しました。

今回の内容は 「季節の変わり目を制覇する!」です。
この内容も 今日のブログと同じ 勝負所のポイントとタイミングを読む 
というテーマです。

http://blog.mag2.com/m/log/0000128590

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメント

伽=鬼

2005年09月18日 00時45分06秒 | 

仮面ライダー 響鬼 の劇場版(映画)を見た。




面白かった! あの映画のモチーフってかなり深いところに
あるのが見えてる人っているのかなあ~~??


日本の二重構造を 子供のヒーローキャラクターと絡めて上手
に構成されてる。


日本の二重構造は 歴史のいたるところに見え隠れする。
例えば 古事記や日本書紀はこの二重構造「鬼」の存在を隠すための
大規模な神話ストーリーだし


お伽話や 忍者 時代の節目 節目に暗躍するキーマンはみんな
「鬼」のことだし…


鬼=非日常 と表現しても差し支えない。



お伽話って 一寸法師や 金太郎 ものぐさ太郎なと 異型の人物が
主人公だが 彼らは日本の二重構造の闇の人間=「鬼」なのだ。


徳川家康や豊臣秀吉 織田信長といった 動乱期のリーダーも 出生は
謎に包まれてて 鬼の出の可能性が高い。


和歌山の故郷では お通夜のことを 伽 と呼ぶ
伽=非日常  日常の秩序が逆転する瞬間のことを言う。



さて 今の時代 100年後から見たら かなり時代のターニングポイントだ
と思うが この時代に生きてるとそんなことは感じにくいはず。


つまり、今の時代 既存の秩序が逆転してるはず 笑
真面目、忠実、規則、モラル…が通用しない時代。


今は 鬼が暗躍する時代!


さて この時代 あなたは鬼になれますか? それともあなたの鬼キープ
できてますか?




コメント

ルーツ

2005年09月17日 10時56分03秒 | 
     9月16日 金曜日

      体重  55.5kg     体脂肪率  5.4% 
  除脂肪体重  52.5kg     体脂肪量  3kg


 8時  トースト コーヒー
12時  ごはん かけうどん
16時  スナック菓子 コーヒー
19時  ごはん ナムル 卵焼きイン納豆 ワカメの味噌汁
     南蛮漬け しめさば ビール1000ml
23時  焼酎~




今日も運動は ゼロ~



総合格闘技 修斗オフィシャルジム  KZ’FACTORY の新しい
ジムが 小田原にオープン  佐藤ルミナのジムです。


よく、このブログにもルミナが登場しますが ルミナのことを ロシア人
と思っていたり 笑  女性? 笑 と思ってる方も多かったので
是非 HPをチェックして 今の格闘ブームの火付け伝説の格闘家
をご覧あれ


かっこいい HPです。 
http://www.rootsgym.com/








コメント