体脂肪コントロール成功法!(FATOFF)

トップ1%のパフォーマンスを目指す 体脂肪コントロール実践者、トップ志望の格闘家、トレーナーのためのマル秘情報を配信!!

水分 その2

2006年03月31日 10時24分44秒 | 
   3月30日 木曜日  の「体重と食事」


      体重 55.6kg   体脂肪率  9.1%   
除脂肪体重  50.5kg   体脂肪量  5.1kg


 8時  トースト コーヒー
12時  中華弁当
16時  バームクーヘン コーヒー
20時  野菜炒め サラダ ごはん
23時  納豆卵 味噌汁 ビール500ml
 0時  焼酎


有酸素運動 35分





3月28日のブログに 水分の摂り方を紹介したが
たくさんの質問や意見をいただきました ありがとうございます。


多かったのは「じゃあ そもそも どんな水を飲べは いいの?」
というもの


ミネラルウォーター
お茶


が やっぱりいいです




スポーツドリンクは? というのもあったが スポーツドリンクはあまり
おすすめできない。 糖分が多すぎて非常に太りやすいから
糖分以外の成分は かなりいいのだが 糖分が入った地点で全てを
打ち消してしまうほどのパフォーマンスになってしまっている。


糖分が入ってないスポーツドリンクは飲めたもんじゃない 笑
だから 大衆受けするために 飲みやすく糖分を入れたと思うのだが
その結果 健康飲料じゃなく ジャンクドリンクになってしまった。


水分を摂った! と評価できるのは 糖分の入ってない飲み物
糖分が入った飲み物は 甘い間食を食べたと判断すればいい。


当然 牛乳も水分を摂ったと判断せずに たんぱく質と脂肪、カルシウム
の食品を摂ったと判断すればいい

野菜ジュースも同じ
フルーツジュースも同じ



やっぱり いちばんいいのは ミネラルウォーター!
少し下って お茶かな









FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

鮮度管理

2006年03月29日 06時29分51秒 | 
   3月28日 火曜日  の「体重と食事」


      体重 55.6kg   体脂肪率  9.5%   
除脂肪体重  50.3kg   体脂肪量  5.3kg


 8時  トースト コーヒー
12時  ごはん 豆腐ハンバーグ 目玉焼き 味噌汁
18時  おにぎり オレンジジュース
23時  ビール500ml 落花生(西垣さんに頂きました~)
 0時  焼酎~


有酸素運動 20分







体脂肪コントロールや健康なカラダ作りも何ヶ月も続けていくと
マンネリになったり、刺激が少なかったりで だんだんモチベーション
が下がってきます。



そんな時は セルフコーチング(自問自答)


「どんなカラダになりたかったのか?」
「具体的なタレントでモデルになる人は? その写真は?」
「そのカラダが手に入ったら どんな生活シーンを得るのか?」
「体重、体脂肪の目標は?」


これを頭の中で想像する。
    ↓
紙に書き出してみる。
    ↓
その紙(メモ)を常に持ち歩く
(財布に入れておくのがおすすめ!)






これは スポーツで成功したチャンピオン達がよく使うメンタルセット
あるいは メンタルリセットの技術です。

こうやって モチベーションを維持したり、高めたりします。
逆にモチベーションが下がることに対してはかなりの神経を使います。


モチベーションは野菜なんかと同じで 鮮度があります。
そのままにしておけば 鮮度が下がる=モチベーションが下がります。


少しマンネリかな? モチベーションが下がってきたかな?と感じたら
危険ですので セルフコーチングでモチベーションの鮮度管理をして
みましょう~








FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

水分 その1

2006年03月28日 10時44分45秒 | 
   3月27日 月曜日  の「体重と食事」


      体重 55.6kg   体脂肪率  9.5%   
除脂肪体重  50.3kg   体脂肪量  5.3kg


 8時  トースト コーヒー
13時  トマトソースパスタ サラダ ミネストローネ
18時  メロンパン コーヒー
23時  すき焼き キャベツコールスロー ごはん ビール500ml


有酸素運動 30分
筋トレ 腕立て 100回 腹筋 80回  けんすい 50回 
     スクワット 80回



   3月28日 火曜日 

 8時  トースト コーヒー







よく「水はいいんですか?」
「やっぱり2リットル飲んだ方がいいですか?」


こんな質問を受ける。



水がカラダにいいか?悪いか?って カラダの中は60%~70%が
水分です。
しかも、1日平均的な数値で言えば 約2リットルの水分が 汗、排泄、
呼吸…から 外へ抜けていっています。


つまり、その抜けていく水分を毎日補給しないと カラダは慢性的な
水分不足で 生命維持システム不安定!と判断し、 なるべく生命活動
(代謝)の回転を落して この不安定な時期を乗り切ろうとします。


だから、1日2リットルの水分を摂りましょう~ という ダイエットなり、
健康法があるんですね


まあ~ 「1日2リットルの水分を摂りましょう」って 健康法でもダイエット
でもなく 当たり前のことなんですが 逆にほとんどの方は これすら
コンスタントに重ねてないから 慢性的水分不足で 基礎代謝が下がり
ぱなしで脂肪が付きやすくなってるのが事実です。





摂り方の目安は 1日 1,2リットルの水分を摂る!


三食の食事の中に 約800ミリリットルの水分が含まれているから
残り 1,2リットルは直接水分で摂りましょう~ というものです。


すると 慢性的に下がってた代謝の回転が上がり出して 正常な回転に
戻るので 一般的には「やせた!」なんて言われるんでしょうね~

ダイエットじゃなく元に戻った 本来の姿に戻った というのが本当です。








じゃあ~ これ以上 水分摂ったら 体重が増えるのか?


否!



そんなことはありません!
カラダは失った水分を補給したら それ以上の水分が入ってきてもカラダ
に溜め込まないようなシステムがあります。 だから2リットル以上摂って
も減ることはあっても溜まることはないです。


2リットル以上の水分を摂るメリットは カラダの毒素や老廃物…などを
ドンドン外に出してくれますし、 

水分を飲む → カラダに運ぶ → 排泄 の流れは消化活動=消費
カロリーが上乗せになる ので 運動をしてないのに 水分を摂ってる
だけでカロリーが消費されていきます。


2リットル以上水分を摂るなら 多少ダイエットとか 健康法という看板
を掲げてもいいでしょうね

飲めば 飲むほど 脂肪は燃えやすくなります。(飲めるならね 笑)








逆に 「いや やっぱり水分をたくさん摂ると あくる日むくんだり 体重が
増えたりするよ~」って方もいるでしょ?


そう言う方は 味の濃いものを食べる習慣のため カラダの塩分濃度が
濃くなってるのです。

カラダの塩分濃度は決まってて 浸透圧の働きで 塩分濃度が一定に
維持されるようになってます。
ちなみに スポーツ飲料はこの浸透圧の働きを活用したものです。


だから 必要以上(2リットル以上)水分を摂ってみたら 元の体重より
増えた(むくんだ)の状態になる方は カラダの中はまだ塩分濃度が
高すぎるので 水を取り込むことで 塩分濃度を平均値まで戻そう
としてるんです。


解決策は → うす味  です。
水分の摂取を抑える じゃないんですよ
むしろ 水分はもっと積極的に摂って うす味を心がけるです。












あるいは 今まで仮に50kgだった体重が 三食以外の水分
(1,2リットル)摂ることで 51kgに体重が増えた~ 
こんなケースの方も非常に多いです。


上の例は 2リットル(三食+1,2リットル)以上水分を摂ったケース。
この例は 2リットル(三食+1,2リットル)水分を摂ったケース。


こう考えましょう~


2リットルまで水分を摂って 体重が増えるのは それがあなたの
本当の体重ですよ って現実です。
ここ すごく大事なところですよ~~



つまり、今まではちょっと食べたり ちょっと飲んでも体重が増えるから 
なるべく食べないように 飲まないように やっと 50kgの体重を維持
してた。
当然 基礎代謝は本来の回転数を維持しないで 省エネモードになって
います。


ここに 必要な水分がやっと入ってた。 だからカラダは必要な水分は
カラダの外には出しません。 結果 → 51kgになりました。




すべては ここからスタートです。
まずは このふりだしに一旦戻らないと何も始まらないと思ってください。



この状態になって はじめて カラダのシステムが健全に正常に動きだし
ます。  ただ そのシステムが安定するには 3日~2週間くらいかかる
と思って下さい。


3日~2週間くらいからだんだん 余分な脂肪を分解し出します。
ここまで来たら 前より食べても飲んでも 体重が増えなくなってるのに
気付くと思います。

体質改善です。

前のブログにも書きましたが こうなるとドンドン選択肢が増えておいしい
ものも楽しめる生活になってきます。



よくあるのは 必要な水分を摂って 体重が増えた地点で恐くなって 
また水分を縮小した生活(代謝の低い生活)に戻ってしまうケースです。

こうなると ドンドン選択肢が減って 使えるカードがドンドン少なくなって
いくので 増える体重に怯えながら 食事を楽しめない生活に落ちて行き
ます。 もう一度3月22日「なぜダイエットに失敗するのか?」を読んで
みて下さい。



恐いけど 安定するまで勇気をもって待ってあげて下さい。
あなただって 新しいものを買って 慣れるまでに 3日~2週間くらいか
かるでしょう? カラダも同じなんです。


せっかく 次のステップに移行してる期間なのにあきらめてしまったら 
また 太りやすい体質に逆戻りです。



しっかり 水分を摂って 代謝の高いカラダを得ましょう



水分の講義は参考になりましたか?
今日もかなり 大事なことを公開しましたので 何回もよく読んで 
自分なりに消化してくださいね~~







FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

アスカ

2006年03月27日 00時08分39秒 | 
   3月26日 日曜日  の「体重と食事」


      体重 55.4kg   体脂肪率  9.2%   
除脂肪体重  50.3kg   体脂肪量  5.1kg


 8時  トースト コーヒー
13時  ごはん 塩ラーメン ぬか漬け
19時  うどんすき ごはん 納豆卵 キムチ
      ビール500ml


有酸素運動 20分






ジョン F ケネディー 暗殺事件の特番を見た。
もっと 突っ込んで欲しかったけど

闇の根っこは見えにくいから難しいですよね~
あるいは テレビというメディアでは闇の根っこは放送するの厳しい
しね~~ 


でも 逆側から ケネディーを覗いてみたら やっぱり多少 やりすぎ!
な部分が多く見えるかな…
(もちろん 彼の功績は史実が示すとおりすばらしい栄光の数々なんだが)






日本でも 功績はしっかり残したけど やっぱり やり過ぎがあざに
なって 暗殺された大物が天下人が二人いる。



織田信長 と 蘇我入鹿


織田信長はだいたい誰が犯人か? 予想がつくと思うから省きますが




蘇我氏暗殺以降 歴史のすりかえは ひどいですよね~
藤原不等人が編纂した「日本書記」と「古事記」は間違いなく 蘇我氏
の功績を悪意をもって 封じ込んで新政権の正当性を主張した トンデモ
本ですよね~


聖徳太子は実在の人物じゃなく 蘇我氏の誰かなんだろうが… でも
彼が 一万円札の肖像画に起用されたのは 歴史的な深い意味が
ありますよね~



ぼくが FATOFFで 日常と非日常に分けてシステム化してるのも
この辺の研究も間違いなく大きな影響があります。



日本の王権が 実務の王と精神的(宗教的)な王の二重構造になってる
のも 蘇我氏が導入したシステムだし

その 精神の王=天皇のことを 「スメラミコト」と呼ぶのも 三種の神器も 
蘇我氏が導入したシステムですよね~

スメラはミトラのことだし ミトラは弥勒信仰にそのままつながる。
つまり、スメラミコトは ミトラミコトになる。

蘇我氏と(=?聖徳太子?)が強烈にこだわった 弥勒信仰&阿弥陀信仰
特に 阿弥陀は インド → 中国 → 朝鮮 のルートには乗ってない
から 別のルートで日本に伝わってるっていうか 蘇我氏が持ってきたん
でしょうね~~


ペルセポリスと 鹿島神宮は全く同じ方角のもと 同じ構成の作りになって
ます。


つまり、 鹿島神宮は 蘇我氏が明らかに ペリセポリスを意識して作った
宮殿ですよね~
あるいは、蘇我氏が渡来する前から 鹿島神宮があったなら それ以前の日の本
と 古代ペルシャとの関係が 見え隠れする
中国や朝鮮じゃないですよ  ペルシャと日の本との関係ですよ~~


鹿島神宮=ペルセポリス





今日のタイトルが「アスカ」ですが その意味も実は今日の内容と深い
深い関係があるのですがまたの機会に…
今日の内容が 「アスカ」ってキーワードで括るのが実はピンポイント
なんです



さらに ぼく的には「宮崎駿監督」の有名な作品は 歴史の表舞台から
降ろされた 蘇我系の人たちの憂いの物語にしか見えないんだけど…





ああ~口が軽くなってきたから 笑 
そろそろやめます~~








FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

簡単! 簡単!

2006年03月26日 00時57分07秒 | 
   3月25日 土曜日  の「体重と食事」


      体重 55.4kg   体脂肪率  9.2%   
除脂肪体重  50.3kg   体脂肪量  5.1kg


 7時  トースト コーヒー
13時  ざるうどん ごはん
18時  むし鳥と玉子のサラダ 煮物
23時  ごはん 冷奴 牛肉炒め 具たくさん味噌汁
      ビール500ml


有酸素運動 10分
筋トレ  腕立て 100回  腹筋 50回  けんすい 50回







格闘技の試合で勝つのは大変(難しい)けど簡単!
試合を準備するトレーニングやトレーニング計画には実に複雑でやっかい
で面倒なことだらけなのに 実際のパフォーマンスは実はものすごく単純
な法則だけで成り立ってる。

体脂肪コントロールは面倒な作業がいっぱいで大変だけど 実は簡単!



どっちにも共通してるのは つかんでしまえば簡単ってことと!
「難しい」と「簡単」という反対の矛盾したものが共存してるのが実は
本質ってこと!

難しい ⇔ 簡単  ×
難しい = 簡単  ◎



自転車をはじめて乗れたときのこと覚えてますか?
乗れるまではすごく大変だったでしょう~ でもあきらめずに繰り返し
繰り返し積み重ねていったら あるとき急に乗れるようになるますよね?


自転車乗れるようになるまでは 子供なりにいろいろと考えたり工夫
したりしながら練習するわけです(笑)
でも 実際自転車に乗ってるとき 考えながら乗ってるんじゃなく 
感じなら乗ってるんだ ってことに気付いてる方 どれくらいいるかな~


考えるんじゃなく 感じながら乗れるようになると パフォーマンスの
ステージがいきなり 10段階くらいジャンプできてるんです まさに進化!
だから、一度つかんでしまえば(感じてしまえば) 10年乗ってなくてもすぐに
普通に乗れます。



カラダで覚える = 身につける ってそんな感じです。




自転車が乗れるようになるのと 格闘技の試合で勝つこと! 
体脂肪コントロールをつかむこと! どれも同じ原理が流れてます。



誰でも身につきます。
簡単! 簡単!



みんな難しく複雑に考えすぎ~
考えることじゃなく 感じる世界なのに… 笑


とても シンプルな法則が目の前にあるだけなのに~~






FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

お酒がおいしい~~

2006年03月25日 00時53分55秒 | 
   3月24日 金曜日  の「体重と食事」


      体重 55.6kg   体脂肪率  8.8%   
除脂肪体重  50.7kg   体脂肪量  4.9kg


朝食   なし
12時  トマトソースパスタ サラダ
23時  ごはん キムチ ビール500ml


おお~~ なんて今日の食事はシンプルなんだ~~
トータルで800カロリーくらいしか摂取してないなあ~
プチ断食かな~ カラダの欲求に従っただけ


有酸素運動 60分







今日は 後楽園ホールで 孫 煌進 の試合があってセコンドについた。
ぼく的には完勝~だ!
http://www.x-shooto.jp/topics/report/2006/060324.html

しっかり 自分のよさを出して 試合全体をまとめた。


孫 おめでとう


孫選手とは もう7年くらいの付き合いかな
いつも登場してる 粕谷選手よりも一年くらい付き合いが長い


今日の孫選手は 拳は骨折してるわ、減量はうまくいってないわの
体調不十分での試合だった。


でも 彼が格闘家として素晴らしいのは そのことは一切口にせず
折れた(壊れた)拳で相手選手をガンガン殴って勝った。


試合後の拳を見たが 夢に出てきそうな腫れ方だった。


減量もうまくいかなかったから スタミナがなくバテバテの試合!

でも 拳が折れてても 減量失敗しても プロは試合に勝たなければ
いけない!


彼はそれを そのまま試合で表現してくれた。
審判含め 観客はそんなことが分からない試合運びだった。
(ぼくには 丸見えだったが 笑)

プロだ!


本当にいい試合だった。

すごいプレッシャーの連続で ペースを獲って 相手を心身ともに
追い込んでいく、 相手選手は 攻撃やディフェンスの選択肢を ドンドン
孫に奪われて あせって バタバタし出す。

そこを 孫の左(折れた拳)が ガツガツ爆発!
メリハリもスピードもあった。



当然 課題はいっぱいあるが でもあの状態でのあの試合は完璧!
100点あげよう~~


う~~ おいしいお酒を 孫 ありがとう==



今度は減量もちゃんと進めるぞ (笑)






FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

なぜダイエットに失敗するのか?

2006年03月22日 23時30分31秒 | 
   3月21日 火曜日  の「体重と食事」


      体重 55.6kg   体脂肪率  8.8%   
除脂肪体重  50.7kg   体脂肪量  4.9kg


 9時  トースト コーヒー
12時  ごはん 漬物 目玉焼き
16時  パンケーキ コーヒー
20時  チャーハン ラーメン
21時  ビール500ml
 0時  焼酎~~


有酸素運動 0分



 3月22日 水曜日 


 8時  トースト コーヒー
12時  ごはん 味噌汁(豆腐 玉子 わかめ 大根 人参)
17時  さくらもちあんのパン
21時  ごはん 焼サバ 餃子 菜の花とひじきの煮物 
      ビール500ml
23時  只今 焼酎飲みながら書いてます~

有酸素運動 20分






前回のブログは 格闘技の試合のまとめ方の話でした。 
気付いた方もいると思うけど…
(実際 ハッと気付いた方何人いるかな~?)

体脂肪コントロールもよく似た原理が流れてます。
(是非 もう一度前回のブログを読んでから このブログ読んで
 欲しいな~ 理解が上から降りてきますから 笑)



前回のブログの
  ↓ ↓
「技術や体力があって試合に勝てない選手は…」 のところを

「食事と運動をしっかりこなしてるのに目標体脂肪になれない方」
と 置き換えても同じ意味になります。



自分では正しいと思ってこなしてる 努力の結果が 思った通りじゃ
ないのなら 正しいと思ってる努力のどこかが間違ってると受け止
める勇気が必要です。


正しいはずだ!と思い込んでる その囚われから解放されないと
いつまでたっても望む結果は手に入りません。


よく表面的な目に付きやすい部分に 努力のエネルギーを奪われてる
方を見かけますが 結果は出せません
(一時的に結果を出しても それが幻覚だとすぐわかるでしょう~)


現実を直視する姿勢と、本質を見つめ続けるまなざしを磨かないと 
望む結果は手に入りません。
(精神論じゃないですよ 笑 事実の話です)







もう1つの共通法則


体脂肪コントロールや健康の問題は 自分自身のカラダの問題なの
で 外から入ってくる情報が足を引っ張って 軸のある生活 が組み
立たないってことが多いんですね~

外から入ってくる情報は他人の情報で自分自身のの情報じゃないん
ですね

カラダの中から発動される情報 と 外から流れてくる情報の違いを
しっかり分けて整理できないと 体脂肪コントロールには成功しません。
ここが見えないと迷路から抜け出せないまま 堂々巡りが続きます。




外から入ってくる情報にペースを奪われると 前回のブログと同じで
自分以外の何者かに 自分のカラダや自分の健康を支配されます。



すると どうなるか?

オプション(選択肢)がどんどん少なくなってきます。
使えるカードが少なくなってくるのです。


逆に 自分のカラダや自分の健康の主導権を自分で握っていると
オプションがどんどん増えて 使えるカードがどんどん増えてきます。



具体的に言えば



ぼくは現地点では 自分のカラダと自分の健康は自分で主導権もって
いるので 食べれる料理の選択肢は体脂肪コントロール中の方より
ずっと選択肢が広いです。

つまり、みなさんが食べて太る料理やお酒は 現地点のぼくのカラダ
では溜め込まずエネルギーに変えれるのです。



そして運動時間が短くても健康を維持出来るカラダなので、体脂肪
コントロール中の方より、それ以外の時間の選択肢の自由度がぐっと
広がります。

つまり、そんなに運動してないのに 自分にとって適正な体脂肪を維持
出来ます。


これは 前回のブログで書いた「格闘技の試合を支配する」発想と 全く
同じです。
だから ここを「体質」だからと逃げない事です。 体質じゃなく ペースを
獲ってるか? 否かの問題です。



ペースを獲れば オプションが増え 人生を楽しめます。

ペースを獲られれば オプションが減るので 食べたい料理が減って
食べたくない料理を食べなきゃ健康が維持出来ません。
運動の自由度も奪われるので 毎日このくらい運動しないと健康が
維持出来ませんよ と厳しい生活に入ります。



キーポントは「コンスタント」です。

軸のある生活を組み立てるためには「コンスタント」にこなすこと。




* この「コンスタント」というワードは 徳田愛さまの発想です。




FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

頂を見せる!

2006年03月21日 10時34分02秒 | 
   3月20日 月曜日  の「体重と食事」


      体重 55.6kg   体脂肪率  8.8%   
除脂肪体重  50.7kg   体脂肪量  4.9kg


 7時  トースト半分 コーヒー
11時  ごはん半分 焼鮭 温泉卵 味噌汁 大根おろし
15時  菓子パン コーヒー
19時  ごはん 明太子 漬物
23時  納豆玉子 ビール500ml
 0時  焼酎~~~ ビンビン

有酸素運動 20分
筋トレ けんすい 50回   腹筋 50回    腕立て 60回 
     スクワット 30回




  

ぼくの格闘レッスンは 試合に出ない人、試合に出てもライクスタイ
ルの方、プロを目指す格闘家、チャンピオンを目指す格闘家と 
いろんな方が一緒にレッスンする。


大きくは トレーニングという角度じゃなく、本質をつかんでもらう、
あるいは体感してもらうためのレッスンだ。


何を体感?


「本物!」


だれでも本物を体感出来るようなレッスンの仕掛けにしている。
技術や体力があっても試合に勝てない選手と 試合に勝てる選手と
では何の違いがあるのか?
その「何を?」を体感してもらって 本物って何か?を知ってもらう。


ここは 自信がある。 
だって 誰も行ったことのないところまで 実際に行ったから…
チャンピオンとそこそこ勝っててもチャンピオンじゃない選手の違い
を知ってる。


だから 誰にでも いきなり 頂を見せることが出来る。
最初から 結果を見せてからレッスンに入っていけるようにしてる。




昨日のレッスンのテーマは「試合を支配する」


プレッシャーをかけるレッスンの話を以前ブログで書いたが
プレッシャーをかけながら 主導権を維持しつつ試合を進めていくと
「主導権」から⇒「支配」へと ステージが上がる瞬間がある。


自分にペースが回ってきて 主導権が取れるようになると 何回か
一気に仕留めたくなるような 小さなチャンスが巡ってくる。
ここで 仕留めたい気持ちをぐっと押さえて 主導権の度合いを強めて
いく。(ちなみに チャンピオンになれない選手は ここを勝負どこと思って
泥沼試合に落ちていく)


これを繰り返していくと 完全に試合を支配出来るステージに入る。
ここでも まだ仕留めない! 試合を支配したまま(戦いを支配したまま)
さらに プレッシャーをかけ続ける。


どうなるか?


身も心も折られた相手選手が「もうお願いだから 試合を終らせてくれ!」
「早く仕留めて 楽にしてくれ!」という状態になる。


ここで 最終的な技をかけて ゲームを終らせる。


この一連の流れを 仕留める側、仕留められる側 両方を体感することで
両方の心身が分かる。 特に技術の流れだけじゃなく 心理の流れを体感
出来るところが特徴~



当然 勝つためには 体力や技術、経験が必要なのは間違いない、でも
特に体力と技術はそこを徹底的にこなすんじゃなく ある程度で十分!
(その ある程度が ぼくのある程度と みんなのある程度のイメージの
 差があるかもしれないが 笑)
体力と技術を操る 上位のシステムがあることを理解しないと チャンピオン
にはなれない。

チャンピオンは体力(コンディション)や技術(戦術)で勝負するんじゃなく
それらを操る上位のシステムで勝負する。



その上位のシステムを知るレッスン。
価値ありますよ~~ 笑



実は 体脂肪コントロールもこの上位のシステムで臨む







FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント

野菜 その1

2006年03月20日 07時29分54秒 | 
代謝とは回転! その回転数も常に上がったり 下がったりを
繰り返してる。


回転が止まるとは 死 を意味すること。

回転が低いと 代謝が低いんだと思えばいい。


ちなみに 代謝の回転がトコトン高ければいいか?と言えば
そうでもなく 自分にとって適切な回転数が維持出来ればいい





カラダの小さい代謝サイクルは クエン酸サイクル
大きいサイクルは 食べて消化 ⇒ 吸収 ⇒ 排泄 のサイクル。

カラダの中はたくさんの回転システムの集大成 この回転が健全
に回ってれば代謝がいいと考えればいい。

特に 消化 ⇒ 吸収 ⇒ 排泄 のサイクルで意識したいのは
排泄のサイクル 消化と吸収は 目に見えにくいけど 排泄の是非は
見えるから ここを代謝の判断の基準にすればいい。

残りカスが排泄されないと カラダに毒が溜まると考えればいい。
だから 最近 毒素抜き = デトックス が流行ってる。


でも その毒抜きは 特別(非日常的)なものではなく 
軸のある食習慣と運動習慣で しっかり排泄のサイクルを作っていく。
このサイクルの軸があってこそ たまの非日常的な 今流行のデトックス 
が効果を発揮するのである。


だから こそ代謝の回転を健全な状態に維持するために しっかり野菜
を食べる。
特に 繊維質の多い きのこ、海藻、色の濃い野菜 を意識して食べる。


この習慣を自動的に行えるようになったその瞬間 体質が変わってる。
食習慣に軸が入ってくる。



コメント

正しい質問

2006年03月19日 21時45分51秒 | 
   3月17日 土曜日  の「体重と食事」


      体重 55.4kg   体脂肪率  9.0%   
除脂肪体重  50.4kg   体脂肪量  5.0kg


 9時  コーヒー(二日間 朝食摂ってない!)
13時  メートソースパスタ サラダ
17時  ロールケーキ コーヒー
23時  ごはん 湯豆腐 ナムル 餃子 ビール500ml


有酸素運動 20分
筋トレ けんすい 50回  腹筋 50回 
(胸鎖関節を脱臼してて やっと筋トレがまともに出来るようになった)


  
  
   3月18日日曜日  の「食事」


 8時  トースト コーヒーゼリー
14時  チャーハン キムチ
19時  ごはん 味噌汁(わかめ 玉子 椎茸) 明太子 ささみカツ
      ビール1000ml
21時  焼酎~~


有酸素運動 20分






カラダを変えたければ 安定してる自分の習慣を変えるしかない
安定してる習慣とは 「無意識のクセ」 のことである。


ここを根本的に変える方法は実はお金では買えない(笑)
自分自身の問題だからだ。




ヒントはある。




自分自身に 正しい質問を投げかけることである。
現実は 自分自身にどんな質問をするかで変わる。




「特別な、意志の強い人だけが習慣を変えることが出来るんだろう?」
という質問をすればそのような現実を作り出す。
いつまでたっても自分は変わらず まわりの人が成功していくだけ。




「習慣を変えれば 現実が変わるなら  どのような習慣を作れば
 欲しい現実(カラダ)が手に入るだろうか?」
という質問をすれば、新しい現実の可能性が始まる。





これは 「そもそも」の問題に関わる重要な 自分への投げかけ(質問)
なので、 前者と後者とでは 同じノウハウを実践しても結果が違って
くるのは当然のこと。



実は ここが「そもそも」結果の分けれ目を作ってるのだ。
前者のメンタルセットでは どんな努力も結果を運んできてくれない。







さて あなたならこのヒントを自分のカラダを変えるためにどう
生かしますか?






FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm






コメント (2)