Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

聖ヨゼフ、我らの為に祈り給え! 聖ヨゼフの特別聖年(2020年12月8日〜2021年12月8日)

「ロザリオの秘密」ロザリオの祈りのすばらしさとその起源と名称について:第一、第二、第三のバラの花

2021年10月21日 | カトリックとは

ロザリオの祈りのすばらしさとその起源と名称について

第一のバラの花:ロザリオの祈り

ロザリオの祈りは二つのことを含んでいる。すなわち、黙想と口祷である。聖なるロザリオの黙想とは、イエズス·キリストとそのいとも聖なる御母の生涯と死と栄光の主要な神秘を黙想するに他ならない。ロザリオの口祷とは、主の祈りを一度唱えた後に続く、十回のアヴェ・マリア十五回を唱えることで、それと同時に、聖なるロザリオの十五の玄義においてイエズスとマリアとが実践された十五の重要な聖徳を黙想し、観想することにある。

ロザリオの最初の五連では、五つの喜びの玄義を敬い、黙想する。二番目には、五つの苦しみの玄義を、第三の五連は、五つの栄えの玄義を敬い、黙想する。こうして、聖なるロザリオは、イエズス・キリストと聖母マリアとの御生涯と御受難と御死去と栄えとの玄義とその聖徳を敬い模倣するために、黙想と口祷とからなる聖なる祈りである。

二番目のバラの花:その起源

聖なるロザリオは、その基礎とその実体において、イエズス・キリストの祈り(主祷文)と天使の挨拶(天使祝詞)、すなわち「天にまします」と「めでたし」、そしてイエズスとマリアの神秘を黙想することからなり、これは疑いなく、信者らの最初の祈りであり最初の信心である。この祈りは、使徒たちや弟子たちの時代から、今日に至るまで、何世紀を通じて使われてきたものである。

しかし、聖なるロザリオは、現在私たちがそれを唱える形式と方法については、1214年になってようやく、カトリック教会に息吹かれ、聖ドミニコに聖母マリア様からアルビ派の異端と罪人たちの改心のために与えられた。

その与えられた方法については、福者アラノ(ラテン語で Alano de Rupe 或いはフランス語で Alain de la Roche)がその有名な「詩編(ロザリオのこと)の尊厳について(De dignitate Psalterii)」と呼ばれる本の中で語っている通り、今から私がお話しよう。

聖ドミニコは、人々の重い罪の数々がアルビ派異端者らの回心を妨害していることをご覧になって、トゥルーズの近くにある森の中に入って三日間昼も夜も続けて祈りと苦行をした。天主の怒りをなだめるために、嘆き、泣き、自分の体を痛めつけるむち打ちを続け、半死半生の状態になった。

聖母マリアが三位の天使を連れて聖人に現れてこう仰せられた。「私の愛するドミニコ、あなたは聖三位一体がこの世を改革するために使った武器がどんなものか知っていますか?」 

聖ドミニコは答えて「ああ!聖母よ、御身は私よりももっとよく知っておられます。何故なら、イエズス・キリストの次に、御身こそが私たちの救いの主要な道具だったからです」と答えた。

すると、聖母はこうお答えになった。「戦いの主要な武器は、天使的な詩編であったこと、これこそが新約の基礎であることを知りなさい。したがって、あなたがこれらの頑固な心の人々を天主に導くことを望むなら、私の詩編を説教しなさい。」

 聖人はこの言葉に慰めを受けて立ち上がり、この民々の救いのために情熱に燃えて、司教座聖堂に入った。天使たちが鐘を鳴らして人々を集め、聖ドミニコが説教を始めようとすると恐ろしい嵐が起こった。地が揺れ、太陽が暗くなり、雷と稲妻が鳴り響き、そこにいたすべての人々が恐れて震えた。高いところに置かれていた聖母の御影が腕を三度天に上げて、もしも、悔い改めずに天主の聖母の保護を求めないならば、彼らに対する天主の復讐を求めるのを見て、人々はますます恐怖に駆られた。

天はこのような超自然的な方法で、聖なるロザリオの新しい信心を増し、より広く知られることを望んでいた。ついに聖ドミニコの祈りで嵐は止んだ。聖人は説教を続け、聖なるロザリオのすばらしさについて熱意と力をもって説明したので、トゥルーズのほぼすべての人々は、ロザリオを受け、今までの自分たちの間違った生き方を放棄した。非常に短い時間で、道徳と生活の大きな変化が行われた。

三番目のバラの花:聖ドミニコ

この奇跡的な方法で聖なるロザリオの信心が確立されたことは、全能の天主がシナイ山で世界に律法を与えた方法と似ており、その価値と重要性を明らかに証明している。

聖霊に息吹かれ、聖母に啓示され、また自らの経験から、聖ドミニコは生涯にわたって聖なるロザリオを説教した。都会でも田舎でも、身分の高い人にも低い人にも、学者にも無学な人にも、カトリック教徒にも異端者にも、模範を示しながら説教をしたのだ。

彼が毎日唱えていた聖なるロザリオは、毎回の説教の準備であり、説教の直後にはこれによって聖母とのささやかな密会を行なっていた。

ある日、彼はパリのノートルダム大聖堂で説教をしなければならなかったが、その日はたまたま聖ヨハネの祝日であった。彼は主祭壇の後ろにある小さな礼拝堂で、いつものようにロザリオを唱えて祈りながら説教の準備をしていると、聖母が彼に現れてこう言った。

「ドミニコ、あなたが言おうとしていることはとても良いことかもしれませんが、私はもっと良い説教を持ってきています。」

聖ドミニコは、聖母が差し出した本を手に取り、その説教を注意深く読み、理解して黙想すると、聖母に感謝を捧げた。

時間になると、彼は説教壇に上がり、祭日にもかかわらず、聖ヨハネについては一切触れず、彼は天の女王の守護者としてふさわしいと認められた、とだけ述べた。会衆は神学者やその他の高名な人々から成っており、通常とは異なる洗練された講話を聞くことに慣れていた。しかし、聖ドミニコは、世間から見て賢明な学識ある講話をすることが自分の望みではなく、聖霊の素朴さと力強さをもって話すことが望みである、と告げたのである。

そして、ロザリオの説教を始め、子供たちに話すように一語一語、「めでたし」を説明し、聖母から頂いた本の中にある非常に簡単なイラストを使った。

偉大な学者であるカルタヘナは、『De Dignitate Psalterii』の中で、福者アラン・デ・ラ・ロッシュの言葉を引用しながら、この出来事がどのようにして起こったかを説明している。

「福者アランは、ある日、ドミニコ神父がビジョンの中で彼にこう言ったと書いている。

『わが息子よ、説教するのは良いことだが、霊魂の救いよりも賞賛を求める危険性が常にある。私は聖母マリアに捧げられた偉大な教会で説教をすることになっていたので、プライドからではなく、信徒の知的水準の高さから、特に素晴らしい説教をしたいと思っていた。

説教をしなければならない時間の一時間前、私はいつも説教をする前に行うロザリオを思い出しながら唱えていると、恍惚とした気持ちに陥った。私の最愛の友人である天主の御母が、その御手に本を携えて私に向かってこられるのが見えた。“ドミニコ”と聖母は仰せられた。“今日のあなたの説教は確かにとても良いものかもしれませんが、どんなに良いものであっても、私はあなたにもっともっと良いものを持ってきました。”

もちろん私は大喜びして、その本を手に取り、一字一句読んでみた。聖母の言われた通り、私の説教にぴったりのものが見つかったので、心を込めて聖母に感謝した。

始まる頃になると、大学に大勢の貴族たちが集まっていた。彼らは皆、良き主が私を通してなさった素晴らしいことを見聞きしていた。そこで、私は説教壇に上がった。

その日は使徒聖ヨハネの祝日であったが、私は彼について、天の女王の守護者としてふさわしいと認められた、ということだけを話した。そして、私は会衆に向かってこう言った。

『諸侯の皆様、そして大学の輝かしい博士の方々、あなた方は、あなた方の美しい言葉使いの好みにピッタリした、学識ある説教を聞くことに慣れています。今、私は人間の知恵の学問的な言葉ではなく、逆に天主の霊とその偉大さをお見せしたいのです』。」

ここで福者アランの引用は終わり、その後カルタヘナは自分の言葉でこう続けている。

「そして聖ドミニコは、日常生活の中での簡単な比較や例を用いて、『天使祝詞』を彼らに説明した。」

カルタヘナによると、福者アランは、他にも何度か主と聖母が聖ドミニコに現れて、罪を拭い去り、罪人や異端者を改宗させるために、もっともっとロザリオを説教するように勧め、励まされた、と述べている。

別の箇所でカルタヘナはこう言っている。

「福者アランは、聖母が聖ドミニコに現れた後、その祝福された御子がドミニコに現れてこう仰せられたと語った。

『ドミニコ、私は、おまえが自分の知恵に頼らず、人からの空しい賞賛を求めるのではなく、霊魂の救いのために謙遜に働いているのを見て、大きな喜びを覚える。

多くの司祭は、最初から罪の醜悪さを厳しく説教しようとするが、しかし病気の人間に苦い薬を与える前に、その薬の恩恵を本当に受けることができるよう心の状態を準備しておく必要があることを理解していない。

だからこそ、司祭は何よりもまず、人々の心に祈りの愛を、特に私の天使の詩編の愛を呼び起こすよう努めるべきなのだ。皆がそれを唱え始め、真に忍耐するならば、天主はその御憐みで彼らに恵みを与えることを拒むことはできないだろう。だからおまえには私のロザリオを説教してほしい。』

別の場所で福者アランは次のように言っている。「すべての司祭は今、説教の前に信者と一緒にめでたしを唱えて、天主の御恵みを乞い求めている。彼らがこれを行なうようになったのは、聖ドミニコが聖母から受けた啓示によるものである。ある日、聖母はこう仰せられた。

『私の息子よ、あなたの説教が期待した通りの結果を出せなくても、驚かないでください。あなたは、雨の降っていない土地を耕そうとしているのです。さて、全能の天主が地球の表面を新しくしようと計画したとき、天から雨を降らせることから始めましたが、この雨が天使祝詞なのです。このようにして、天主は世界を作り上げるのです。

だから、あなたが説教をするときは、私のロザリオを唱えるように人々に勧めなさい。そうすれば、あなたの言葉は霊魂のために多くの実を結ぶでしょう。』

聖ドミニコは時間をおかずに従い、それ以来、彼は説教によって大きな影響力を発揮したのである。」

この最後の引用は『聖なるロザリオの奇跡の書』(イタリア語)からのものであり、ユスティンの著作(143番目の説教)にも見られるものである。

私は、聖なるロザリオの驚異的な力について疑問を抱いている司祭やその他の学識豊かな者たちのために、これらの有名な著者の言葉を一語一語、オリジナルのラテン語で引用することを非常に嬉しく思う。

聖ドミニコに倣って司祭たちが聖なるロザリオへの信心を説教していた間は、キリスト教世界やロザリオを重んじていた修道会の中で、信心深さと熱心さが栄えていた。しかし、人々がこの天からの贈り物をないがしろにして以来、あらゆる種類の罪と無秩序が広範囲に渡って広がってしまったのである。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【参考情報】ヴィガノ・テー... | トップ | 「ロザリオの秘密」第四、第五、第六、第七のバラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。