今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

惜しむべきものを知らない人間

2021-11-24 00:02:38 | ヨナ書

 

ヨナ書4:10-11

主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。

まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」

 

自己愛の強いヨナにとってニネベの人たちが助かったことは嬉しいことではなく、腹が立つことでした。

神の手によってすべての人が滅ぼされてほしいと願っていました。

 

ですから彼は多くの人間のいのちは惜しまず、とうごまが枯れたことを惜しんでいました。

暑かったからです。

 

このように、とうごまのように価値のないものを惜しむ者がどんなに多いか分からないです。

 

わずかなお金のために人を殺します。

イライラしたから殺したという人たちもいます。

人間のいのちを粗末に考えている者も多いです。

 

しかし神はどうでしょうか?

造られた被造物の中で、神が一番愛するのは人間です。

 

人間は神の愛を知らず関心もないですが、神は人間をとても愛し、誰も滅びて欲しくないと願っておられます。

神の豊かな愛と人間の愛のなさは比べ物にもならないです。

 

人のいのちを大切に思う神から私たちも見習わないといけないです。

 

【祈り】

主よ。主の目に見える人間は本当に腐敗していますね。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-心-

  • 箴言12:20
  • マタイの福音書5:7-9

 

【PR】☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

3分バイブルボイス 

高評価&チャンネル登録 お願いします! 

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 誰の所に立ち返りますか | トップ | 主のさばきを待ち望む »
最新の画像もっと見る