読書感想文。

メインは読んだ本の記録です。

「SROⅡ」を読んで。

2011-05-11 19:52:24 | 作家さん/た行
富樫倫太郎さんの「SROⅡ-死の天使」を読了しました。

前作から4ヶ月経って読みましたが、登場人物は忘れていませんでした。
ラストまでハラハラドキドキのテンションのまま読めました。
満足度は80%です。

『この世に生まれてくる前、わたしたちはどこにいたのか誰も知らない。誰も知らない場所からやって来て、この世で人生を過ごし、死によって、また元の場所に帰っていく。そこがどんな場所なのかわからないから、漠然と暗くて恐ろしい場所だと考えるが、本当は光に満ちた明るい場所かもしれないじゃないか。何もわからないのに意味もなく恐れることはない。この世で生き続けることが苦痛であるのならば、その場所に旅立つ方が幸せなのかもしれない。』

「死」を突き詰めて考えると、頭がおかしくなりそうなので考えないようにしています。
こんな風に心から思えたなら良いのになぁ。

・・・先日読んでいた本の中で「なおざり」という言葉が出て来ました。
「おざなり」の間違いだと思ったものの、そのまま読み進めました。
後日あるブログを読んでいて、また「なおざり」という言葉に遭遇しました。

もしや・・・と思って調べてみると、「なおざり」という言葉がちゃんとあるんですね。。。
この年齢になってまだ知らない言葉があるなんて、結構ショックです(泣)

それでは、また。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「フェイク」を読んで。 | トップ | 「ポリス猫DCの事件簿」を... »

コメントを投稿

作家さん/た行」カテゴリの最新記事