読書感想文。

メインは読んだ本の記録です。

姉へ報告。

2012-04-29 23:59:59 | 新築住宅購入への道
私には姉が2人いるのですが、どちらへもまだ今回のことについて報告をしていませんでした。

とりあえず住宅ローンはOKだとの連絡はもらえたので、そろそろ連絡する必要がありそうです・・・。

姉たちに何て言えば良いのか分からないし、まだ全然色々なことが決まっていないのに連絡しようがないと逃げていました。
ところが母親によると、「もうほぼ本決まりなんだし、言わない方が後々引きずるわよ」だと言われてしまうと、そうなのかも・・・と思ってしまいました。

どちらにも今回のことはまるっきり相談していなかったので、ひとまず同じ内容でのケータイメールを送ることにしました。
「突然ですが、家を買うことにしました。何かアドバイスあったら、よろしくね。」と。

返事は期待していなかったのですが、ちゃんとすぐ読んでくれたようで返事が来ました。

微妙に姉たちの反応のことも心配していたので、とりあえずは「おめでとう」と言ってもらえて安心しました。
コメント

オプションの誘惑。

2012-04-29 22:59:59 | 新築住宅購入への道
約束の日時になり、実家で業者さんの来訪を受けました。

事前にパンフレットと一緒に見積書も同封されており、3パターンの見積もりを提案してもらっていました。
またその見積書とは違う内容の、特別キャンペーンのチラシも同封されていました。
そのキャンペーンの方がトータルの値段は高いもののお得な感じだったので、その詳細な説明を受けた上で契約しようと思っていました。

業者さんから内容の説明を受け、その30万円の特別キャンペーンを申し込もうと思っていたら、ある提案をされてしまいました。
もっとさらにオールマイティーなパックがあるそうで、本当なら総額130万円するパックを100万円ちょうどでどうですか、と勧められてしまいました。

30万円でも高いし贅沢なオプションだと思っていたのに、100万円もかけるなんて・・・と非常に悩みました。
内容は「全てのフローリングのコーティング」「全てのクロスのコーティング」「水回りの防カビコーティング」「和室のコーティング」「全ての窓に防犯フィルム」「駐車場の砂利敷き」「レンジフードのフィルター一式」です。

お金に余裕があるなら迷いませんが、100万円ともなるとかなり高額です・・・。
母親は「半永久的に効果があるそうだし、普段の手入れが楽になるから頼んだ方が良いんじゃない?」と。

迷っている私を見兼ねたのか、業者さんは「今日契約してくれるなら、総額から5%引きます。もし金銭的に辛いようなら、半額は施工後で残りはボーナス払いでOKです。手数料も要りません。交換用のレンジフィルターも2パックサービスします。」と申し出てくれました。

そこまでしてくれるなら、と私も心が決まりました。
業者さんと契約することにして、申し込みをその場でさせてもらうことになりました。

・・・それにしても『建売の家』って、本当に『ハコ』だけなんだなとつくづく思いました。
「○○はオプション扱いになります」と言われてしまうことが多くて、面食らうことばかりです。
カーテンはまだしも、雨戸や網戸がオプション扱いだなんて想像もしませんでした。
コメント

ホームセンターでチェック。

2012-04-28 23:59:59 | 新築住宅購入への道
本審査の結果が出ないので、いまいち落ち着かないものの、朝一で両親と共に不動産屋さんに物件の案内をしてもらうことにしました。

2階に上がれることになっていたので楽しみにしていたのですが、上がれたもののまだ全然むき出し状態だったので、あまりイメージはつかめませんでした。

ちなみに大工さんは土曜日も仕事とのことで、邪魔をする形になって申し訳なかったです・・・。

不動産屋さんと別れる時に、母親がダメもとでも念のため聞いてくれました。
「銀行さんから本審査の結果はまだ来てませんか?」と。
すると・・・「ああ、昨日銀行さんから連絡が来て、OKでしたよ!」と教えてくれました。。。

・・・それなら連絡してくれよ、と正直面白くありませんでした。
母親が聞いてくれなければ、しばらく知らないままだったのか?と気分を少し害しました。

まぁ、引きずっても仕方ないので気持ちを切り替えて、先週チェックしに行く予定だったホームセンターへ色々下見をしに行くことにしました。

ホームセンターの開店まで時間を潰していたところ、不動産屋さんから電話がありました。
「契約書に不備が見つかったので訂正の手続きをさせてほしい」と。

またミスかよ・・・と思い、少し不動産屋さんに不信感を持ってしまいました。
とりあえず午後に不動産屋さんへ出向くことにして、ホームセンターへ向かいました。

ホームセンターでは家具の相場などをチェックしました。
必要になるであろう大きな家具は、ソファセット・ダイニングテーブルセット・食器棚です。
どれも各10万円くらいは見ておく必要がありそうです・・・。

また、照明もリビングにはシャンデリア系にする予定なのですが、これもピンキリのようです。
安いのはそれなりな感じで、オシャレだなと思ったのは5万円くらいしていました。

カーテン系も見てみましたが、こっちは非常に悩んでしまいました。
あまり気にしたことがなかったのですが、大まかに分けると「カーテン・ブラインド・ロールスクリーン」の3種類がありました。
カーテンよりもブラインドの方がオシャレに感じましたが、素敵だなと思ったウッド調のブラインドは高額でした・・・。

実家ではタイルカーペットを使用していて、私も新居で導入しようと思っています。
それも色々な種類があり、これも購入するときには迷いそうな感じです。

ブラブラしていると、すのこ式の2つ折りのベッドが目に留まりました。
布団を干す機能も付いているようで、1万円くらいでした。
これも欲しいな・・・と思いました。

一通り見て回って、不動産屋さんに向かいました。

契約書の不備は単純ミスだったようです。
とは言っても重要な書類なので、何だかなぁ・・・と少し呆れてしまいました。

実家に戻ってからは、先送りにしていたオプションの数々を検討することにしました。
急いで決めなければいけないのは、床のコーティングをどうするか・・・です。

パンフレットは既にもらっていたのですが、住宅ローンの問題がなかなかクリアにならなかったので、真剣に検討が出来なかったのです。
業者さんの戦略だとは思うのですが、「4月中に契約すれば○%OFF」とのことなので時間がありません・・・。
親と相談しつつも、頼むか頼まざるか決められないまま、イライラがピークになってしまいました。
「とりあえず電話をしてみて、今からでも4月中の契約が可能か聞いてみて、ダメなら諦めるということにしよう」と、やっと結論が出ました。

電話をしてみるとあっさり、「明日お伺いして詳細な説明をした上で、契約していただけるならそれで構わない」と言ってもらえました。

また明日疲れそうだと思いますが、自分のことなので仕方がないです・・・。
コメント

本審査の結果はいつ?

2012-04-27 23:59:59 | 新築住宅購入への道
今日中に本審査の結果が来れば、有意義な連休を過ごせると思っていたのに、そう上手くは行きませんでした・・・。
銀行さんは暦通りの営業とのことなので、完全なる結果を聞けるのは何時のことになるやらという感じです。
不動産屋さんの営業は祭日に関係ないらしいので、それはそれで大変だな・・・と思いましたが。

前回物件を見に行ってから1週間以上経ち、そろそろ2階にも上がれるようになっているはずなので、明日の土曜日に不動産屋さんに案内してもらうことにしました。

本審査の結果はまだとは言え、不動産屋さんが言うには「99%大丈夫だ」と言うので信じることにします・・・。
コメント

「WILL」を読んで。

2012-04-27 22:28:05 | 作家さん/は行
本多孝好さんの「WILL」を読了しました。

読み終わって良い作品だなぁ・・・と思い調べてみると、どうやら前作があったんですね。
あぁ、順番通りに読みたかったと思いつつも、満足度は80%です。

「お若いから、諦めずに結婚しなさいって? 子供を作りなさいって? その子供に孫も作ってもらって、土下座してでも一緒に暮らしてもらいなさいって? それができなければ、惨めに一人で寂しく暮らすことになるわよって? そんな人生なら、どんなに長生きしたって幸せじゃないって? ねえ、あの人、今、そう言ったの?」

うわ・・・、胸に突き刺さるなぁ。
幸せの基準は人それぞれだと頭では分かっていても、たまに心が揺れたりもします。
やっぱり大多数の一般的な幸せはこんな感じなんだろう。。。

それでは、また。
コメント

在籍確認の電話。

2012-04-25 23:59:59 | 新築住宅購入への道
事前に不動産屋さんから「住宅ローンを組むりそな銀行から在籍確認の電話が会社に行くかも」と告げられていました。
まぁ、クレジットカードを作る時にもある話なので、特に気にしてはいませんでした。

昨日不動産屋さんを通じて事前審査OKの連絡が有り、早々の今日に会社に確認の電話がありました。
電話を受けた人が該当者の在籍の確認をするのかと思っていましたが、そうではなかったので少し面食らいました。
後輩が電話を最初に取ったのですが、どうやら「本人に代わって欲しい」と言われたらしいです。
特に大したことはなく、在籍の確認と「住宅ローンを申し込んでくれてありがとう」というような内容でした。

その後実家からも連絡が有り、りそな銀行から郵便が私宛に届いたようです。

手元に届けてもらい内容を確認すると、事前審査がOKだった旨の書面による回答でした。

次はまた本審査の結果が来るまで落ち着かないんだろうな・・・と思い、ヘビの生殺し状態は辛いので、せめて連休前に返事が来ることを祈りました。
コメント

事前審査の結果。

2012-04-24 23:59:59 | 新築住宅購入への道
仕事中もずっとケータイを気にしていました。
メールや着信する度にドキッとして、待ちわびている不動産屋さんからのものではないと分かるとがっかりするのを繰り返し、かなり精神的に辛い感じです・・・。

今日も結果はお預けだと諦めていた夕方に、とうとう念願の連絡が来ました。
「事前審査が通ったから、本審査の手続きに入ります。その結果は上手く行けば2~3日後に出ます。」と!

悪い想像がずっと頭にあったのですごく嬉しいのですが、いまいち素直に喜べません・・・。
今度は本審査を通らなければならないので、そこで引っくり返されるんじゃないかと思ってしまいます。

とりあえずは心配してくれていた両親にも報告をし、安心してもらうことにしました。
コメント

「水の柩」を読んで。

2012-04-24 22:11:49 | 作家さん/ま行
道尾秀介さんの「水の柩」を読了しました。

ジャンルはミステリではなく文学寄りで、ちょっと私には合わなかったです・・・。
満足度は60%です。

今月はあまり本を読めていないな・・・。
最近は競争倍率の高い本ばかりを図書館で予約しているせいか、なかなか手元に本が来ません(泣)

あぁ、次に読む本に迷うほど、本に囲まれたい!!

それでは、また。
コメント

モヤモヤ中。

2012-04-23 23:59:59 | 新築住宅購入への道
不動産屋さんから「書類に不備があったので訂正印がほしい」と連絡が有り、会社帰りに手続きに行きました。

事前審査の結果は「早ければ1~2日で出る」と聞いていましたが、念のため確認してみると銀行さんからの返事はまだだそうです。
どちらの返事でも良いから、早くすっきりさせてほしいです・・・。

疑問に思って聞いたのですが、仮に頭金の金額をもっと増やしたところで、その団信の不可に影響は無いそうです。
また、提携しているりそな銀行では無く、他の金融機関に変えたところで甘い基準の所も無いそうです・・・。

モヤモヤした気分はまだ引きずらなければならないようで、大人しく連絡を待つしかありません。

ただ、ありがたいと思うべきなのでしょうが、両親が非常に心配をしてくれます。
「もし、ローンが通らなかったら、全額こっちで面倒みるから心配するな」と。

喜ぶべきなのでしょうが、親にそんな迷惑をかけてまで家を買う気はありません。
口では「ありがとう」と言いましたが、筋違いな鬱陶しさを感じてしまい自己嫌悪になったりしました。
コメント

悲観中。

2012-04-22 23:59:59 | 新築住宅購入への道
本当ならオプションで頼むであろう、カーテンや照明だのをホームセンターに下見に行こうと思っていました。

ところが住宅ローンの審査が通らないかも・・・と思うと、何もやる気が起きません。

やっぱり自分には手が届かない話だったのかな、と思いました。
ダメだと言われたら、縁が無かったんだとすんなり諦められそうな気もしてきました。

これまでトントン拍子に短期間で進んできたのが、逆にスピーディー過ぎておかしかったんだよなと思います。

この週末は久しぶりに「家」のことは考えないようにして過ごしました。
コメント

住宅ローンの事前審査申込み。

2012-04-19 23:59:59 | 新築住宅購入への道
いよいよ必要書類が揃ったので、不動産屋さんに一式を渡しました。

内容をチェックしてもらっていると、不動産屋さんの表情が曇りました。
団信の告知書で「過去3年以内の手術」を申告しなければならず、そこに2010年に手術した「子宮筋腫」が引っかかってしまっているのです・・・。

隠すことも考えたのですが、それほど深刻な病気ではない上、完治しているのであまり心配していませんでした。
ところが、「もしかしたらローンが通らない可能性も考えておいて下さい」と言われてしまいました・・・。

かなり落ち込みました。

最悪な事態も想定しなければならないので、心配されるとは思いましたが親にも連絡をしました。
予想通り過剰な心配をかけてしまい、慰められたかったのにこっちがなだめる始末です。

事前審査の結果は早ければ1~2日で出るそうですが、その間は何も手に付きそうにありません。
コメント

「チェーン・ポイズン」を読んで。

2012-04-19 21:21:35 | 作家さん/は行
本多孝好さんの「チェーン・ポイズン」を読了しました。

この作家さんの本を初めて読んだと思うのですが、すごく良かったです!!
最初から最後まで全て大満足で、1回読んで終わりにしてしまうのが躊躇われるほどでした。
本はあまり買わない主義なのですが、今作は後で本屋で買おうと思いました。
満足度は90%です。

先週に姉と険悪なムードになりました。

理由は些細な部類に入るのでしょうが、どうしても私から歩み寄るのは抵抗があります・・・。

そう言えば、お互い実家にいる時も長いシカト状態になったことがあったなぁ。
あれは年単位で引きずった気がする・・・。

間に挟まれた形の母親には悪いですが、しばらくモヤモヤ状態な気がします。

それでは、また。
コメント

中間金の支払い。

2012-04-17 23:59:59 | 新築住宅購入への道
今日は忙しい1日になりそうです。

まずは物件が建築中で内装の参考に私と母親は前回オープンハウスを見せてもらっているのですが、父親は見ていないので見てみたいとリクエストがありました。
不動産屋さんにお願いして連れて行ってもらったのですが、やっぱり改めて良い物件だな・・・と思いました。
こんな物件を自分の物にしようなんて、高望みではないかと思ってしまう気持ちはなかなか消えませんが・・・。

案内してもらった後に、正式な住宅ローンの申請をするための書類を一式もらいました。
たくさん書類を書く必要がありそうで、添付書類もこれから用意しなければなりません。

不動産屋さんと別れ、次は父親に車を出してもらって役所へ行きました。

役所でする手続きは、「印鑑登録」、「印鑑証明書」・「住民票」・「課税証明書」を交付してもらいます。
初めてする手続きなのでドキドキしましたが、あっさりと30分足らずで全部済んでしまいました。

ラストは銀行に行って、中間金を振り込みです。

私用で150万円近くも振り込むなんて初経験だったので、すごく緊張しました・・・。
それと同時に前回の手付金と今回の中間金を払ったことで、当たり前ですが口座から現金が減りました。
その通帳を見ると少し淋しくなりました。
貯めるのは何年もかかったのに、大きな買い物だからとは言え、使ってしまうと減るのは一瞬だな・・・と。

これからまた貯められれば良いのですが、しばらくはローンの返済に追われるんだろうから無理なんだろうなぁ。
コメント

住宅ローン用口座の開設。

2012-04-16 23:59:59 | 新築住宅購入への道
まだ住宅ローンを組めるかどうか分からないのに、とりあえず口座を開いておくことにしました。
ローンは不動産屋さんが提携している金融機関にお願いすることになります。

支店を探してみると会社の近くに運良くあったので、お昼休みに手続きをしに行きました。

ちなみにりそな銀行なのですが、感じが良かったのでメインバンクに変えたいくらいです!
一番良いと思ったサービスは、窓口が平日17時まで営業していることです!!
ぜひ他の銀行さんも見習って欲しい・・・。

あと普通口座を開いたのですが、通常は初回に現金をいくらか入れなければいけないはずなのに、それもありませんでした!
小さなことですが、ちょっと嬉しいサービスだと思います。

他の銀行さんでも実施しているのかは分かりませんが、ポイントサービスもあるそうです!
・・・全然こんなサービスがあるなんて知りませんでした。

スピーディーで嬉しかったのは、その場でキャッシュカード+通帳を発行してくれたことです。
これも今まで他の銀行さんだと、後日自宅へ郵送されてくるパターンだったので感動です!

あちこちにATMがあって便利なのでみずほ銀行がメインバンクなのですが、ゆくゆくは本気でチェンジすることを検討しようかなぁ・・・。

コメント

資金計画。

2012-04-15 23:59:59 | 新築住宅購入への道
住宅ローンの知識はほとんどゼロだったので、付け焼刃的にネットで情報を集めました。

手元の預金をかなり吐き出してローンを組むべきなのか、半分くらいは手元に残しても大丈夫なものなのか、なかなか判断が付きませんでした。

頭金でかなり払えば、もちろん借金の額は少なくなります。
でも万が一の時に・・・と考えると、健康面に自信がないので恐いです。
かと言って頭金ゼロでとなると、月々の返済金額は35年ローンで10万円程度になるそうです。

今後の人生を左右する重大懸案なので、実家に行き両親に相談することにしました。

前回仮契約をした後に軽く相談はしていたのですが、今回は最終判断をしなければなりません。
私の計画は手元に預金で1,000万円あるので、それを頭金にして残額は住宅ローンを借りようと思っていました。
両親としては生前贈与をしようかだの、共同名義にして一緒に買おうだのと言ってくれたのですが、親の資金力をあてにして買うのはどうしても抵抗がありました。

説得を重ねると何とか私の気持ちを分かってくれたようで、ある提案をしてきました。
それは親からお金を融通してもらうのでは無く、ちゃんとした借用書を立てて借金をさせてもらうという方法です。
とは言ってもさすがに全額を立替払いするまでの財力は求められないので、1,000万円を親ローンにしてもらうことにしました。

当初予定していたよりも頭金を準備出来そうなので、これから背負っていく住宅ローンもそんなにヘビーにはならない感じになりそうです。
・・・結局は親に少し甘えてしまい、自分自身が情けなくもなりましたが、親に感謝です。

後は本契約をするべく必要な手続きを1つ1つして行くことになります。
コメント