読書感想文。

メインは読んだ本の記録です。

「ぼくのメジャースプーン」を読んで。

2006-08-31 13:17:10 | 作家さん/た行
辻村深月さんの「ぼくのメジャースプーン」を読了しました

彼女の作品を読むと、色々考えさせられることが多いです。
今回も心に残ったフレーズがあったので、残しておきます。

「誰かが死んで、それで悲しくなって泣いてても、それは結局、その人がいなくなっちゃった自分のことがかわいそうで泣いてる」「人間は、自分のためにしか涙が出ない」

あぁ・・・そうなのかも。
少なくとも自分には当てはまっているな、と感じました。

自分が一番大事じゃない人って、どれくらいいるんだろう。
結婚すれば一番大事なものは、自分ではなくて家族になるのかな。
・・・まだ分からないや。

あ、今作の満足度は80%です

それでは、また
コメント

「黒い壁」を読んで。

2006-08-30 08:55:51 | 作家さん/あ行
赤川次郎さんの「黒い壁」を読了しました

例の如くアッサリ読めてしまったのですが、満足度は70%かな。

文末の解説文を読んでハッとしました
「本当に言いたいことは、チョコレートでくるみなさい。」との一文で、赤川さんの作品は確かにそうだな、と。
今まで「外側の甘くて口当たりのいいチョコレートの部分だけを味わって、・・・」きた気がします
深く考えないで「軽く」読んできちゃったのは、作品に対して失礼だったのかな、って。

1つの作品を1回限りの娯楽として消費しちゃうタイプなので、繰り返し何度も読み返す行為は滅多にしないのはもったいないのかもしれないな・・・。

それでは、また
コメント

「紙魚家崩壊」を読んで。

2006-08-28 08:58:45 | 作家さん/か行
北村薫さんの「紙魚家崩壊」を読了しました

短編集でボリュームも少なかったので、通勤の片道で読み終わってしまいました
満足度は70%かな。

この方の性別を何故かずーっと女性だと思い込んでいて、ある時男性だということを知ってちょっと衝撃でした

先週末は無理矢理3連休にして、ヤンガス三昧してました
やっと1段階のクリアが70時間目にして出来ました
自分でも異常だと思うくらいハマってて、昨夜も遅くまでやってたせいで寝不足です・・・。

先週の木曜日は初めて長時間の残業をしちゃっいました。
夜の10:30まで1人でやるのはさすがに辛かったです
今日は激しい残業をしないために、業務時間中にサクサク仕事するぞー

それでは、また
コメント

「天使の代理人」を読んで。

2006-08-24 12:54:15 | 作家さん/や行
山田宗樹さんの「天使の代理人」を読了しました

最初は暗いだけのお話かと思ったのですが、ちゃんと結末は救いがあって良かったです
満足度は75%かな。

今作を読んでいろいろ考えちゃいました。
テーマは中絶だったのですが、自分がもし今妊娠してしまったとしたらどうするだろう、と。
出産を選んでも中絶を選んでも後悔する気がします。

最近将来的なことを考えたりしますが、そのビジョンの中に子供の存在を想像するのは難しいです。
子供が欲しいと思う人はどういう理由で欲しいと思うんだろう。
自分の遺伝子を残したい、って良く分かりません。

自分のコピーも欲しくないし、誰かのコピーも欲しくない。
子供はコピーじゃないとは思うけど、自分に似た存在なんか愛せる自信はない。

本に影響されたせいか、思考が暗いです

それでは、また
コメント   トラックバック (1)

「アンボス☆ムンドス」を読んで。

2006-08-23 08:55:35 | 作家さん/か行
桐野夏生さんの「アンボス☆ムンドス」、藤本ひとみさんの「隣りの若草さん」を読了しました

まずは「アンボス☆ムンドス」から。

内容は暗いものが多かったのですが、短編集だったのでスムーズに読めました。
満足度は70%かな。

次に「隣りの若草さん」を。

彼女の本は中学生の頃からライトノベルのコバルト文庫を全制覇してました
文芸のジャンルの方に行ってしまってからは、ついて行けませんでした

ただ時代設定が現代のだと読んだりしています。
今作も楽しく読めたので、満足度は70%です。

昨日のお昼はお弁当屋さんでタコライスを買ったのですが、すごく美味しかったです
あれで500円は安いなぁ・・・。
今日のお昼も何にするか楽しみです

・・・この頃は美味しいランチが、仕事のご褒美になってるかも。

それでは、また
コメント

「鼠、江戸を疾る」を読んで。

2006-08-22 08:52:50 | 作家さん/あ行
赤川次郎さんの「鼠、江戸を疾る」を読了しました

題名からして時代モノとは推測して、楽しめるかなと不安だったのですが、現代モノと同じく面白かったです
満足度は70%かな。

それにしても暑い・・・

会社のエアコンが壊れてしまって、扇風機でしのいでます
早くエアコンが直りますように

それでは、また
コメント

「パロへの長い道」を読んで。

2006-08-21 12:53:55 | 作家さん/か行
栗本薫さんの「パロへの長い道-グインサーガ(108)」を読了しました

うー、何で気になるところで終わっちゃうかなぁ
相変わらず一気に読んでしまえて、満足度は70%です。

最近1日1日が早く感じます。
学生の頃はうんざりするくらい1日が長かったのに、この頃じゃあっという間に1日が終わっちゃいます。
1日が充実してるからなんて幸せな話じゃなくて、単に時間に追われてるだけっていうのがブルーかな。

それでは、また
コメント

「千里眼/背徳のシンデレラ(下)」を読んで。

2006-08-21 08:56:01 | 作家さん/ま行
松岡圭祐さんの「千里眼/背徳のシンデレラ(上)」を読了しました

上巻を読んでから少し間が開いてしまったので、読むのが待ち遠しかったです。

今作も面白かったので、満足度は80%です

今日からまた仕事漬けの日々が始まります・・・。
まだ風邪も治りきってないので健康面で不安だけど、お金のためと割り切って頑張りますかー。

それでは、また
コメント

「九杯目には早すぎる」を読んで。

2006-08-15 11:09:14 | 作家さん/あ行
蒼井上鷹さんの「九杯目には早すぎる」を読了しました

彼の作品は初めて読んだのですが、なかなか良かったです。
短編集で9本収録されているのですが、全てに共通でオチに満足出来ました
満足度は75%かな。

会社は夏休みに突入しましたが、出勤しています・・・。
仕事が休み前に片付かなかったので、諦めて出勤して後で代休とろうかと。

昨日は停電恐かったです。
昨日も出勤するつもりでしたが、停電のため出勤できませんでした
子どもの頃は停電とか雷とか雪が降ると楽しかったですが、大人になると憂鬱なだけですね。

それでは、また
コメント

「聖者は海に還る」を読んで。

2006-08-11 12:40:11 | 作家さん/や行
山田宗樹さんの「聖者は海に還る」を読了しました

彼の作品を読むのは初めてだと思うのですが、面白かったです。
何となくホラーだと思ってびくびくしながら読んでいたのですが、違いました
満足度は70%です。

風邪を本格的にひいて、病院に行ってきました。
あーあ、夏風邪はしつこいんですよね・・・。
せっかくの週末も安静にして過ごすことになりそうです

それでは、また
コメント

「そして今はだれも」を読んで。

2006-08-10 09:01:00 | 作家さん/あ行
青井夏海さんの「そして今はだれも」を読了しました

彼女の作品は初めて読んだのですが、面白かったです。
満足度は70%かな
他にまだ作品があるみたいなので、読むのが楽しみです

・・・夏風邪を引いてしまいました
最初はノドに違和感を感じる程度だったのに、徐々に悪化して今では咳のせいで声がかれてしまいました
病院に行ってる時間ないのになぁ・・・。

それでは、また
コメント

「毒蟲VS.溝鼠」を読んで。

2006-08-09 09:00:01 | 作家さん/さ行
新堂冬樹さんの「毒蟲VS.溝鼠」を読了しました

・・・久しぶりにグロくて飛ばし読みをしてしまいました
拷問のシーンが結構多くて、ページを飛ばしたのにちょっと辛かったです。

満足度は60%かな。

あと今日を入れて3日で仕事が片付くとは思えない感じです
とにかく頑張るか。

それでは、また
コメント

「翼とざして」を読んで。

2006-08-08 20:52:12 | 作家さん/や行
山田正紀さんの「翼とざして」を読了しました

読む前は内容について行けるか不安だったのですが、ちゃんと楽しめました。
満足度は65%かな。

先月は結局44時間残業して、今月は2週間の内にその記録を上回る勢いで残業してます
あーあ、夏休みは返上確定になっちゃうのかな・・・。
ちょっとブルーです

それでは、また
コメント

「悲劇のヒロイン」を読んで。

2006-08-07 08:55:00 | 作家さん/あ行
赤川次郎さんの「悲劇のヒロイン」を読了しました

ボリュームが少なくてすぐ読めてしまいました
満足度は70%かな。

週末は花火を見に行きました。
久しぶりに近くで大きな花火を見れたので感動でした

昨日は両親を誘って外食しに行ってきました
先月残業しまくって稼いだお金でゴチしようかと。
結局は1万円の補助のみで、差額は出してもらっちゃいました

うー、1年ぶりくらいのステーキは激ウマでした

それでは、また
コメント

「ブラッドタイプ」を読んで。

2006-08-04 09:01:11 | 作家さん/ま行
松岡圭祐さんの「ブラッドタイプ」を読了しました

シリーズとしては「催眠」に分類されるのかな?
シリーズものだとは思ってなかったので、嬉しかったです
満足度は70%かな。

テーマは血液型でした。
血液型診断を100%信用はしてませんが、根強い迷信を刷り込まれて育ってきたのでやっぱり少しは気にするかも・・・。

自分と同じ血液型の人だと、何故か根拠の無いシンパシーを感じてしまったり

性格はやはり生まれ持った血液型とかにしばられるものじゃなくて、後天的に変えられると思いたいです。

それでは、また
コメント