ネイビーブルーに恋をして

バーキン片手に靖國神社

自衛隊観艦式観覧記~「自衛官たち」

2012-10-22 | 自衛隊

先日、観艦式に予定されていた海保の巡視船「やしま」が出なかったことを、
「中国を刺激するという理由なら許さん」と言ってみましたが、
やはりこれは海保側の判断によるもので、尖閣に中国公船が現れたため
あきのPRイベントを中止してぎりぎりの運用をして「尖閣シフト」を敷いたため、
つまり「それどころではなかったため」ということが分かりました。

海保の皆さん、お疲れ様です。
尖閣のために集まった募金は、まず海保に充ててはどうでしょうか。

そして、一日でも早く憲法を改正して、自衛隊が出て行けるように、
安倍さんに頑張っていただきたい。

さて、普段周りに見ることのない自衛官たちを心ゆくまで観察できる、
これもまた観艦式の楽しみの一つでございます。

厳しい訓練のつらさのあまり思わず就職情報誌を買ったことがあったとしても、
訓練展示の喝采に達成感を覚え、「自衛官やってて良かった」と思ったり、
そしていつもと雰囲気の違う艦上で、それなりに「学祭気分」を味わったり。
彼らにとってもこの日はある意味「ハレ」の日。

日常とはまた違う姿ではあるのでしょうが、それでも我々にとっては、
見慣れない彼らの生態は非常に興味深いものです。

とくにエリス中尉のような趣味嗜好の人間にとっては。

というわけで、「ひゅうが」乗艦の間、失礼にならぬ程度に彼らを観察して参りました。

冒頭写真の自衛官、かれは甲板で見張りをしていた海曹ですが、
腕章していると階級分かりませんね。

「ひゅうが」について何も下調べ無しで行ったので、取りあえずかれには
「この艦の搭載武器を教えて下さい」と聞いてみました。

「はいっ、アスロック、CIWS、VLS、魚雷ですっ」

ほぼ「さみだれ」と同じですね。
そこで深い意味は無かったのですが、

「VLSって・・・・・ヴァーティカル・ランチャー・・・」
「はいっ!ヴァーティカル・ランチャー・・・・あれっ?・・・えーと」

甲板の士官が「ましゅう」の艦名を即答できなかったときも思ったけど、
自衛艦の装備だの武器の詳細だの、それに携わる当人はともかくとして、
その配置にない自衛官より一般の「おたく」の方が、ある意味詳しいのかもしれません。

エリス中尉がこの日たまたまそういう自衛官に当たっただけかもしれませんが、
自衛官だからといって、毎日「自衛隊ファン」や「朝雲ニュース」を熱心に読み、
艦船の排水量を皆すらすら言えるわけではないらしい、ということだけはよく分かりました。

ただし、あとでVLSの説明をしてくれた士官に、笑い話のつもりでそれを言うと

「後で叱っておきます」

おまけにこんなにでかでかと写真載せてるし。
本当に何かのきっかけでこれが上官の目にとまって叱られたらごめんなさい。
かれはど忘れしたか、あるいはアガっていたんですよ。
うん、きっとそうにちがいない。

写真を撮らせて下さい、と頼むと、

「普通でいいですか」

そう言われて普通のポーズを頼むはずがなかろうが。
このエリス中尉が。

「敬礼して下さい」

海軍式敬礼、キマってます。

 

甲板の上の自衛官。
左の方の腕章には「海幕」と読めます。
階級は三等海佐、旧軍の少佐ですか。
この日甲板には佐官以上の「偉い人」がいました。
こういう日にはすることが無いので接待係になるのかしら。



ところで、エリス中尉、この観艦式に参加するにあたりお世話になった赤☆様に、
大量の写真を貼り付けたお礼の手紙をお送りしたばかりなのですが、
そのなかでこの写真を「陸自の制服が」って書いちゃいました。

これは、どう見ても空自ですね~。orz

ちょうど階級が見えないけど、話している二佐より歳も取っていそうだから、
もしかして空将補?
このおじさんは部下を連れてただ者で無い偉そうな感じで歩き回っていました。
空自の飛行機も参加したので、その関係でしょう。

こういう偉い人の接待が、まあつまりこの日の甲板上の佐官の仕事である、
と理解したわけですが、最初のうちこそこういうアテンドや、あるいは質問攻めおじさんの
お相手などで忙しくとも、夕方になってくると

質問をしたい人は取りあえずしてしまって、おじさまたちは暇そうです。
もしかしてこの一佐(大佐)は「ひゅうが」艦長?
・・・・ってことはないだろうなあ。こんなところに立ってるんだから。

皆寒さのあまり船室に引っ込んだり、毛布にくるまって蓑虫のようになっているので、
自衛官たちもすることが無いのか、甲板で携帯メールを見ている人もいました。

あっ、これ書いちゃいけなかったかな。



全てが終わって帰路につく「ひゅうが」。
夕焼けが美しい日でした。
それにしても、自衛官って皆姿勢がいいんですよね。
いつも「見られている」という意識のなせる技か、職務中の緊張感か。



「立ったまま寝ている水兵さんを目撃した」
と何日か前に書きましたが、彼ではありません。
かれはちゃんとおめめをぱっちりと開けて立っていましたが、
たまたまシャッターの時に目をつぶってしまっただけです。

要所要所にはこういう赤い腕章(警備)を付けた水兵さんが立っていて、
見張りをしていました。
偉い人のように携帯を見たりは決して出来ないのに違いありません。←



艦内では観覧の後の時間にコンサートが行われましたが、その記録係。
前にも書きましたが、見学客の前に出てくるのはほとんどが士官、海曹クラスで、
セーラー服はその実際の人数の割にあまり見かけることはありませんでした。

 艦橋に一人発見。

 海士長ですね。通信係でしょうか。



艦橋はこの巨大艦「ひゅうが」ともなると、遙か高いところといった位置に見えます。



ズーム。



このズーム力を見るが良い。
どこの誰かまでちゃんと分かってしまいます。
この日の自衛官たちは、こうやって写真を撮られて全国に勤務状態を報告されてしまうわけで、
きっと気が抜けなかっただろうな、と思います。

真ん中で顔に手を当てているのは、もしかして、艦長?
にしては若いなあ。



さらにズーム。
カール・ツァイス、すげー!

これなら「くらま」の赤☆さまも写せたかも・・・・。

観艦式の後、自衛官の皆さんはインターネットで検索していて
つい自分や同僚の写真を発見してしまったりするのでしょうか。

 

艦橋にいる自衛官は、何となく艦の中でも「エリート」なのではないかと、
つい思ってしまいます。
この自衛官は飾緒を付けていますが、海自でこの飾緒をつけるのは

「基地警備隊員」

だけのようです。なぜ基地警備隊員がこのようなところに?

右は、まさかこんなところを写真に撮られているとは夢にも思っていない自衛官。
まったく、一般人にはときどきとんでもないやつがいるもんですよね。(誰のこった)



最初、サービス精神の旺盛な自衛官だなあ、子供をだっこして写真撮らせて、
なんて思っていたのですが、どうやらかれは本当に「パパ」らしい。

自衛官の家族だからって乗れるわけでは無いよ、と聴いていたので、
これを見ながらおそらくこの家族は本当に応募したのではと思いました。

もし何らかのつてを利用して無理矢理ねじ込んだのだとしたら、
同僚の目もあるこんなところで堂々とこんな風にできないだろうからです。

「昼間のパパはいい汗かいてる 昼間のパパは男だぜ」

という忌野清志郎「パパの歌」がふと浮かびました。
かっこいいパパにだっこしてもらって、女の子はとても嬉しそうです。



またもや超ズームしてみた、ヘリ搭載艦「あさゆき」の甲板。
やはり「揺れに耐えている」様子がありありと・・・・。

「今日の登舷礼、きつかったな」
「おお、俺ちょっとよろめいちゃったよ」

なんて後で会話があったりするのでしょうか。

左端の自衛官は、インカムで会話している通信係で、キャップにヘッドフォンを付けています。

・・・・・などと、新たに教えていただいた知識を得意げに披露しつつ、


次回に続く。








Comments (10)   この記事についてブログを書く
« 自衛隊観艦式観覧記~「見て... | TOP | 自衛隊観艦式観覧記~「水煙... »
最新の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎回楽しみです。 (てつ)
2012-10-22 20:10:00
 毎回素晴らしい写真を楽しみにしています。フネは大きくなったけど、自衛官の写真は亡父を思い出します。

私のとって一番かっこいいフネは「あまつかぜ」でした。(タータミサイル、3次元レーダー付き)

 千葉の市川の官舎にいたころ同級生の女子が、「私のパパは、あまつかぜのミサイルの係りだった。」と言っていつぁのを思い出しました。
観艦式 (pochi)
2012-10-22 21:04:25
 何時も楽しみにしております。
制服写真ですが緑色は陸自さんです、空自は青です。
それと、空自はサイドベント?ですたしか。
たびたびの突っ込みで。。。。 (鷲)
2012-10-22 21:26:38
>これは、どう見ても空自ですね~。orz
イエイエ、赤☆さんへの御礼状のとおり、陸上自衛隊の制服です。
航空自衛隊は、もっと鮮やかな「紺」色ですので、当日の光の加減で変色したとしても、この写真の色にはなりません。

しかし、この場に私がいたら、多分二人とも張り倒していたでしょう!
一般の参観者の前で、自衛官がポケットハンドとは
しかも海上自衛官が乗艦中にするなどは言語道断!
艦艇に乗り組む「イロハのイ」を、こうも簡単に破るなどOBとして腹に据えかねます。
コイツこそ「後で叱られるべき輩」です!!

>この自衛官は飾緒を付けていますが、海自でこの飾緒をつけるのは
これは「副官飾緒」ですよ(^_^)
彼の階級が「二等海尉」で、「ひゅうが」が第1護衛隊群の旗艦であることを考えると、おそらく「第1護衛隊群司令」の副官だと判断します。
海将補以上の部隊指揮官には「副官」が付きますが、「群司令」等の海将補クラスでは、だいたい「庶務班長」が兼務しています。
これが、海幕長クラスになると一佐の先任副官以下3名くらいの副官が付きます。

>まったく、一般人にはときどきとんでもないやつがいるもんですよね。(誰のこった)

私も現役の時に、ある日突然のように、勤務先に私の写真が送られてきて面食らったことがあります。
エリス中尉の、このブログがある今、現役でなくて良かったと胸を撫で下ろしております。
てつさん (エリス中尉)
2012-10-22 22:11:00
「あまつかぜ」、調べてみたら何というかもの凄い「キャラの立った」フネだったみたいですね。
その扱いの難しさゆえ「ター様」と呼ばれた「タータ・システム」を搭載。
リムパックの訓練では際だった働きをし優秀艦に選ばれる。
動揺が激しいフネとして海自内では有名で、あだ名はジェットコースター。
最後は標的として沈没されその生涯を終える。
写真を見ると実に特徴のある形状です。
今回もたくさんのフネを見て、今まで同じように見えていたフネに一つ一つ表情があることがわかりました。
飛行機、船、モチーフとしてこんなに心惹かれるものが他にあるでしょうか。

自衛官の制服はほとんど替わっていないのですね。
てつさんにとってもお父さまはきっと「かっこいいパパ」だったのでしょう。
ぽちさん (エリス中尉)
2012-10-22 22:16:19
ぽち三水ですよね?
そうですってね。鷲さんからも指摘入りました。
実際に見ていたときはちゃんとグリーンに見えていたような気もします。
で、陸自だな、と思ったのですが、写真を見るとなんだかブルーのような気がしてきて・・・。
元海幕長へのお礼状が間違っていなきゃそれでいいや。

基本、コメントで突っ込みが入ってしまった間違いは後から読む人のために訂正しないことにしていますので本文はそのままにしておきますがご了承下さい。

鷲さん (エリス中尉)
2012-10-22 22:56:08
おお、そうですか。
まったく気にも留めませんでしたが、ポケットに手を入れるのは勤務中の自衛官としてはアウト、と。(メモメモ)
確かに男の人ってしゃべっているときに手持ちぶさただとポケットハンドする人いますね。
しかも二人が揃いも揃ってやっているので全くそれが良くないとは思いませんでした。

参謀飾緒ですが、そういえば副官は旧軍ではしていましたね。昔「一日副官」というシリーズものを書いたので知ってます。
基本今も一緒だったのか。
自衛艦の飾緒について調べたら「白でボタンに掛けていない飾緒は基地防衛隊員」って書いてあったので「これだ!」と思い込みました。
考えたらこんなところにそんな人がいる方がおかしいですよね。
書いた本人も不思議がってるし。

現役時代の鷲さんも写真、だいぶ撮られたと見えますね。
いきなり送られてきたっていうのは「こんな写真が撮れたので差し上げます」って意図でしょうか。
それとも「この素敵な自衛官を紹介してください!」だったのかな?

それにしても偉いおじさまたちは今のインターネットの怖さをあまり分かっていないのかもしれませんね。
この二佐が、万が一この写真が原因で昇進できなくなったりしたらどうしよう・・・。
本日非番です (ポチ三水)
2012-10-22 23:21:55
エリス中尉殿

ポチ三水は本日非番を頂いております。すでに散歩も終了し、就寝中であります。
別のポチ (エリス中尉)
2012-10-22 23:56:20
あっ、てことはpochiさんは別の方ですか。
大変失礼いたしました。

ていうか、ポチ三水、就寝中だったらコメントできないし。
pochiのpochi (pochi)
2012-10-23 19:48:40
同じポチさんが常連さんに居るとは思いませんでした。
くどいような突っ込みで失礼いたしました、エリス中尉さんのプログには何時も感心するばかりです。
いえいえ (エリス中尉)
2012-10-23 22:21:11
くどいなんてとんでもない、むしろこのように突っ込んで頂くことこそ最近のわたしの喜びとなっているくらいです。
感心して頂くことがあるとすれば、どんなことでも必ずきっちり指摘を下さる方が読者にいることくらいでしょう。
それが嬉しくて、時々わざと間違ってみたり・・・・はさすがにしませんが、特に最近は指摘は「愛」であると心の底から思えることが多くて、コメントを開けるのが楽しくて仕方ありません。
どんなことでもお聞かせ頂ければ、それが明日への励みになりますので今後ともよろしくお願いいたします。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。