pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツレがウツになりまして。

2012-05-17 19:26:51 | 邦画



2011年 日本作品 121分 東映配給
STAFF
監督:佐々部清
脚本:青島武 原作:細川貂々
CAST
宮崎あおい 堺雅人 吹越満 余貴美子 大杉漣 田山涼成 梅沢富美男



泣いてしまった(ρ_;)

うつ病は心の風邪。そんな言葉はよく聞くようになったけれども、「うつ病」って単語は時に冗談として持ち出されるし、まだまだなかなか理解されていないのが現状。
ツレのお兄さんや、職場の上司の反応が一般的。
ただの怠け者やマイナス思考、そんな風に思っている多くの人たちに一石を投じた作品だと思う。

堺雅人の演技が、ただの怠け者やマイナス思考なだけの人に見せない演技だったし、でもこの作品の雰囲気に合ったノリもあって絶妙。
そして何と言っても、それを支える奥さん、宮崎あおいの存在も絶妙。
ノンフィクションとのことだけれども、うつ病の夫と24時間一緒にいながらあの明るさとポジティブさを持ち続けていられるのは、すごいことだと思う!
あんな夫婦が羨ましい。
ハルさん(宮崎あおい)の実家の両親もステキ。



「(症状に)気付いてあげられなくて、ごめんね」「会社辞めないなら離婚する」「休みは、休むことが宿題なんだよ」「優しく見守ってほしいのに、何で土足で入ってくるんだろう」
そんな、ツレを想うハルさんの言葉の数々に涙です。
決して暗くない、コメディとしてでも観れる作品なんだけれども、涙涙だよ。
映画って、時にこういう明るさが、より辛らつに胸に響くよね。


ランキングに参加しています。
少しでも共感していただけましたら、ポチっとお願いします♪


コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« フルハウス Season8 | トップ | SEX and the CITY2【2回目】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

『ツレがうつになりまして。』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツレがうつになりまして。」□監督 佐々部 清 □脚本 青島 武□原作 細川貂々 □キャスト 宮崎あおい、堺 雅人、吹越 満、津田寛治、犬塚 弘、梅沢富美男、大杉 漣、余貴美子■鑑賞日 10月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
ツレがうつになりまして。 (LOVE Cinemas 調布)
漫画家・細川貂々の同名ベストセラーを『日輪の遺産』の佐々部清監督が実写映画化。ある日突然夫がうつ病になったのをきっかけに、夫婦の絆と成長していく姿を描いたハートフルドラマだ。主演『日輪の遺産』の堺雅人と『神様のカルテ』の宮崎あおい。共演に吹越満、大杉漣...
出来ない事よりも出来る事を見つける事。『ツレがうつになりまして。』 (水曜日のシネマ日記)
細川貂々のベストセラーコミックエッセイを実写版映画化した作品です。