pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NINE

2010-03-28 12:35:19 | アメリカ映画(な行)



2009年 アメリカ作品 118分 角川映画=松竹配給
原題:NINE
STAFF
監督:ロブ・マーシャル
脚本:アンソニー・ミンゲラ マイケル・トルキン
CAST
ダニエル・デイ=ルイス マリオン・コティヤール ペネロペ・クルス ジュディ・デンチ ケイト・ハドソン ニコール・キッドマン ソフィア・ローレン  ファーギー


特に映画好きではないけど、あたしが「観に行きたい」と言えば付いてきてくれる夫。そして、行きたいと言ったはずのあたしが爆睡してしまうつまらない映画でも、絶対に寝ないで最後まで鑑賞してる夫。
その夫が、(`ロ´;)「なんだこれは!つまらん!ただ中年の映画監督が作品作りに行き詰って、女性たちと戯れる話ではないか!」とあきれ果て、途中爆睡…。

そんな風に言ってしまうと身も蓋も無いストーリーですが、まぁひと言で言ってしまえばそんなストーリーなんだよね…。(苦笑)
確かに、「ニコール・キッドマンとペネロペ・クルスって名前は聞いたことあるけど、どれ?」なんて言ってる映画好きでもない夫にとってはつまらないかも・・・。でも映画好きならこのキャストと、「シカゴ」と同じ監督ロブ・マーシャルと聞けば興奮しますよね!確かにストーリーは浅いなと思わなくも無かったけど、この豪華なキャストとファッションで映画館に行く価値はあったと思います!特にCMでも主に使われている、ケイト・ハドソンのシネマ・イタリアーノは曲、ダンス、ファッション共に最高にカッコイイ!!これだけ観るためにもDVDを買ってしまいそうな予感です。(笑)

キャストといえば、同じシーンでの登場はなかったけど、ニコール・キッドマンとペネロペ・クルスはよく同一作品に出たなぁ~なんてゴシップネタにもちょっと興味も湧いちゃったり…。
セクシーでキレイな女優さんの集まりだったけど、やっぱおなじ女性としては、ペネロペの美しさよりもマリオン・コティヤールの清楚な美しさの方が憧れますね。マリオン・コティヤールもバーでセクシーな衣装で踊るシーンがあるんだけど、全然いやらしくない。男性も結局マリオン・コティヤールのような雰囲気の人を奥さんに選ぶんだなぁなんて思いました。その二人の対極的なファッションも面白かったし、一番さっぱりとしてて自由奔放な雰囲気のケイト・ハドソンのシネマ・イタリアーノの時の衣装はモダンで、一番美しかった。衣装によってそれぞれの女性の立場を体現してたのが、すごく興味深かったです。

あ~、またシネマ・イタリアーノの部分だけ観たい。(笑)

【字幕翻訳:石田泰子】

コメント   トラックバック (4)

Shopgirl/恋の商品価値

2010-03-24 22:23:06 | アメリカ映画(さ行)



2005年 アメリカ作品 107分 劇場未公開
原題:SHOPGIRL
STAFF
監督:アナンド・タッカー
脚本・原作:スティーヴ・マーティン
CAST
スティーヴ・マーティン クレア・デインズ ジェイソン・シュワルツマン ブリジット・ウィルソン=サンプラス


ひたすらスティーヴ・マーティンのセレブっぷりを見せ付けられただけ??
これは自分の中でラジー賞かもしれない
画の色使い、雰囲気、音楽、そしてキャスト(ジェレミーのジェイソン・シュワルツマン以外)が素敵だったので、思わず無心で最後まで観てしまったけど、ふと気付けば何も共感できなければ面白くもなかったという作品でした。
むしろ我に返ってよくよく考えると、レイ(スティーヴ・マーティン)の自己中心的な考えと、ミラベル(クレア・デインズ)の優柔不断さと、ジェレミーのキモさ(爆)にイライラしてきました

原作がどう書かれてるのか知らないけど、これがアメリカでベストセラー?
でも原作と脚本を同じスティーブ・マーティンが書いてるんだし、ましてや主役まで自分が演じてるんだから、原作のよさが損なわれてる事はない映像化なんだろうなぁ。うーん…。

DVDパッケージのポップさとキャスティングから、物欲をそそられる「お買いもの中毒な私!」みたいな作品を想像してました…。
ガックシ。

コメント

プリズン・ブレイク/ファイナル・ブレイク

2010-03-22 23:36:24 | 海外ドラマ



2009年 アメリカ作品
原題:PRISON BREAK: THE FINAL BREAK
CAST
ウェントワース・ミラー ドミニク・パーセル  アマウリー・ノラスコ ウィリアム・フィクトナー ロバート・ネッパー サラ・ウェイン・キャリーズ


ついに本当に本当に終わりです。
ファイナル・シーズンでは、免責されてついに自由の身になってからの展開が唐突で、「は!?」なんて驚いているうちに終わってしまった衝撃のエンディングだったけど、その免責されてからあのエンディングの間に起きた一大事件がこの作品。
んもーマイケルとサラに安息の日々を与えてよねー

でも、マイケルの奥様になるには相当な頭脳が必要だね(^^;)
投獄されてしまったサラを救うべく、マイケルが手紙や面会で暗号を使って指示を出してくれるんだけど、あんなの普通気付かないよ。(苦笑)
マイケルの頭脳はさることながら、その指示を受ける方も頭脳明晰じゃなきゃ成り立たない。
もしサラの立場があたしだったら、さすがのマイケルでも救えないでしょう…。
ってか、マイケルに好かれないか

ウェントワース・ミラーは今後どんな作品に出るのか、すごく楽しみだなぁ。
コメディが観てみたいな!あと、ロバート・ネッパーの善人役も観てみたい。
でも「トランスポーター3」でも悪役だったし、あの雰囲気では無理かなぁ??

コメント

あなたは私のムコになる

2010-03-20 21:22:46 | アメリカ映画(あ行)



2009年 アメリカ作品 108分 ウォルト・ディズニー配給
原題:THE PROPOSAL
STAFF
監督:アン・フレッチャー
脚本:ピーター・チアレッリ
CAST
サンドラ・ブロック ライアン・レイノルズ マリン・アッカーマン ベティ・ホワイト


自分自身も結婚して痛感してる事なんだけど、結婚って想像以上に自分たちで完結できる事態ではないんだよね。
ただ付き合ってる時と違って、好きだから結婚しまーす!冷めたから別れまーす! で終えられない事態。
マーガレットは事態が落ち着けばすぐ別れればいい、と結婚を軽く見て部下に昇進を餌に結婚を強制するんだけど、彼の家族の温かさに触れてとまどってしまうんだよね。
何となく分かるなぁ。
うちも年末年始の挨拶で、夫の両親を始め親戚一同に会う機会があったんだけど、今まで自分が育った環境と性分や習慣の違いがあって戸惑いつつもイイ人達ばかりで、なんか、もし夫と喧嘩して「もう別れてやるっ!」と思っても、このお義父さん、お義母さん達と別れるのはイヤだなぁなんて思っちゃったり。(笑)
この作品の中のお義父さんは気難しい人でイヤだけど、ストリップバーに誘ってくれるお義母さんとおばあちゃんはすごく素敵。(笑)
とくにおばあちゃんはいいキャラクターだよね。あんな90歳可愛いなぁ

サンドラ・ブロックのヌードは45歳とは思えないキレイなボディでした
おばあちゃんに「胸はどこ?宝探しみたいね。」と言われてしまうくらいの貧乳みたいだけど。(苦笑)
スカちゃんの旦那様のライアン・レイノルズの作品は初めて観たなぁ~。

コメント   トラックバック (5)

ワーキング・ガール

2010-03-19 21:45:40 | アメリカ映画(わ行)



1988年 アメリカ作品 113分 20世紀FOX配給
原題:WORKING GIRL
STAFF
監督:マイク・ニコルズ
脚本:ケヴィン・ウェイド
CAST
メラニー・グリフィス シガーニー・ウィーヴァー ハリソン・フォード アレック・ボールドウィン


同じく80年代の女子のお仕事映画の「9時から5時まで」と内容も似ていて、イヤな上司の留守中に平社員が革命を起こし、戻って来た時にはその上司の席はない!というストーリー。いいな、これ、あたしもやりたい。(笑)しかも今作は女性女性なので、恋人まで奪われてしまったという、もうその上司にとっては踏んだり蹴ったりの仕打ちでした。でも、出し抜いてざまぁみろ!で終わるこの作品や9時から5時までよりも、その後上司が社員の再就職を助けたというラストの「プラダを着た悪魔」が一番清清しい終わり方だね。どんなにイヤな人とでも、飛ぶ鳥後を濁さずと言うように、やっぱり確執があるまま別れたくないもんなぁ。

ところでこの頃から、アメリカではオフィスでの女性のファッションはかなり自由だったのかな?「9時から5時まで」でも思ったんだけど、派手なメイクにヘアースタイル、露出の多い洋服で、今の日本でも許されないような奇抜なファッションをした女性がオフィスに数人いたので気になった。映画だからこそなのかなぁ?実際もOKなのかなぁ?

先日観た「恋するベーカリー」にも出てたアレック・ボールドウィンが出てると言う事で注目してたんだけど、どこに出てたんだ??ということで観終わった後ネットで調べたら、テスの恋人で浮気したミックだったんだ 気付かなかった…。同じプレイボーイの役でも、かなり痩せてたんだね…。ハリソン・フォードは素敵だったなぁ

【字幕翻訳:?】

コメント

プリズン・ブレイク Season4/ファイナル・シーズン

2010-03-19 12:18:19 | 海外ドラマ



2008~2009年 アメリカ作品
原題:PRISON BREAK Season4
CAST
ウェントワース・ミラー ドミニク・パーセル  アマウリー・ノラスコ ウィリアム・フィクトナー ロバート・ネッパー サラ・ウェイン・キャリーズ


シーズン3の感想で、「シーズン7までの製作が決定したようだ」なんて書いてしまいましたが、これがファイナル・シーズンのようです。あれ~?そうなん??

これまた海外ドラマの毒性で、前半6枚まではオンラインレンタルでちょこちょこ借りてたものの、後半6枚はTSUTAYAに突っ走って一気借り。ラストボスはマイケルのお母さんで、リンカーンとマイケル兄弟の出生の秘密が絡んでくるだなんて憎い演出をしてくれます。

でもラストが悲しすぎる~~~ みんなそれぞれが望む幸せな生活に戻れたのに、一番よく働いたマイケルがなんでー!サラに一体どれだけの苦痛を与えるのー!24のジャックと同じで、主人公は幸せになれない運命なの!?この二人にも幸せなエンディングを用意して欲しかったです。

他にもベリックの自ら犠牲を買って出た死など、ファイナルなだけにもの悲しいエピソードが多かったんだけど、初めてプリズン・ブレイクシリーズを観てて笑ってしまったシーンもいくつか。タイプの違う人間が集まって一見凹凸グループなんだけど、皆自分の個性をいかした役割が与えられてて、誰一人欠かせない人材なんだなぁ~と思って。頭脳担当はマイケルとマホーン。この二人が揃うと安心する~ リンカーンとスクレは力担当 結婚するならこのタイプがいいなっ んで、泥棒やチンピラ担当ティーバッグとベリック…。

…。

時には作戦上必要なんだよね。(笑)
他人のバッグを盗むとか、守衛の気を引くために騒ぐといったシーンには、必ずこの二人が選抜されるのに思わず笑っちゃいました。

この後オリジナルビデオのファイナル・ブレイクはあるけど、TVシリーズは観てる時間が長いだけに終わっちゃうと淋しいね。マホーンがもう観れないの悲しいなぁ。マイケルよりマホーンの方が好きになっちゃったんだよね とりあえずファイナル・ブレイクを観なくちゃ


【字幕翻訳:岡田壮平】

コメント

ブライダル・ウォーズ

2010-03-16 00:59:00 | アメリカ映画(は行)



2009年 アメリカ作品 89分 劇場未公開作品
原題:BRIDE WARS
STAFF
監督:ゲイリー・ウィニック
脚本:グレッグ・デポール ケイシー・ウィルソン ジューン・ダイアン・ラファエル
CAST
ケイト・ハドソン アン・ハサウェイ クリステン・ジョンストン ブライアン・グリーンバーグ


これが劇場未公開なのはもったいな~~い ケイト・ハドソン&アン・ハサウェイ主演なのは勿論、ストーリーもなかなか面白くて見応えありました。

あたしも去年末に結婚して、これから式の準備をしなくちゃなぁという状態なんだけど、悲しいかな、リヴとエマのように「理想の結婚式」というビジョンがあまりないんですよね(^^;) 元々結婚願望があまりなかったし、それに結婚と関係ないっていっちゃ~ないんだけど、受験にしたって就職にしたって周囲より出遅れる人だったから、結婚も絶対将来焦って婚活に励む組だと思っていたんだ。なので友人の中でも一番乗りで結婚してしまった自分に、自分が一番驚いてる状態だったりします。話逸れたけど、だからリヴとエマのように「6月にプラダ・ホテルで結婚式をする。」と小さい頃から具体的に夢を持ち、エマなんか16歳の頃からそのために貯金までしてたというのだから、なかなか譲れないよね。ヒートアップする二人の闘いを見てると、式のために結婚するんじゃないでしょ!と突っ込みたくもなるけど、希望を叶えようとするばかりに本末転倒になる意地の張り合いは分かるなぁ~。一度エマがリヴに譲ろうとするんだけど、リヴは招待状のカードを選んでると知って、エマもメールで友人達に式の知らせを送ってしまうシーンがあるけど、あれよく分かるぅ~!自分も同じ事きっとするわ 相手のことを思いやる気持ちがあるのかないのか、これが大切なんだよね。もしお互いが「譲る」姿勢を見せてたら、お互いこんなに強情になる事はなかったんだろうなぁ。

これがお互いの結婚式両方ともぶち壊しのラストなら後味悪いんだけど、ハッピーエンドだしね ブラパットがはみ出たドレス姿のケイト・ハドソンが可愛いです

次は出産の日が重なりそうな二人。今度は産婦人科医を取り合ったら面白いね

【字幕翻訳:栗原とみ子】

コメント   トラックバック (3)

恋するベーカリー

2010-03-12 21:28:02 | アメリカ映画(か行)



2009年 アメリカ作品 120分 東宝東和配給
原題:IT'S COMPLICATED
STAFF
監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ
CAST
メリル・ストリープ スティーヴ・マーティン アレック・ボールドウィン ジョン・クラシンスキー


ジュリー&ジュリア」と混同してた作品…。どちらも期待通り面白かった~ でも、恋するベーカリーなんていう邦題だったので、ジュリー&ジュリアと同じくらい食べ物の占める率が多いのかと思いきや、これはエッセンス程度でした。ジェーンの作る料理たちが、画面を華やかにし、家族団欒の時間、友達以上恋人未満のビミョーな男性との甘い時間、そして元夫との危険な時間(?)を盛り上げてくれるエッセンスになってました。

同じナンシー・マイヤーズ監督の「恋愛適齢期」を観ても思ったけど、こういう大人のラブコメを見ると、「まぶたが垂れようが、体の肉が垂れようが、中年になるのも悪くないなぁ~」って思える。まだ25歳のクセして、学園ラブコメや、くっついた離れたメールが来る来ないと、すったもんだ繰り返す同世代のラブコメより中年がはっちゃけてるラブコメの方が好きかも。(笑)自分が結婚したっていうのも大きいと思うし、両親の離婚を経験してるっていうのも大きいかもなぁ。意外にも、両親それぞれもし別のいいパートナーがいたら、再婚して幸せになって欲しいと思うのです 何歳になっても恋が出来るって、すごく幸せな事だと思います

「恋愛適齢期」では、ダイアン・キートンが素っ裸になって体を張って笑いをとってくれたけど、今回はアレック・ボールドウィンがその役目を担ってくれました。もう大爆笑!コメディアンのスティーヴ・マーティンが意外にも押さえた演技で、むしろロマンスグレイにすら見えるダンディっぷりだったのに、そのシーンの突っ込みだけは本領発揮!?劇場内は笑いの渦に巻き込まれ、手を叩く人や、「もぉ~~!いやだぁ~~!」なんて歓喜に満ちた叫び声(?)が聞こえてきたりしました。あぁ~、久々に笑った!!

やっぱナンシー・マイヤーズの作品好きだなぁ~。


【字幕翻訳:石田泰子】

コメント   トラックバック (4)

ウィンブルドン

2010-03-08 17:55:24 | イギリス映画



2004年 イギリス・フランス作品 99分 UIP配給
原題:WIMBLEDON
STAFF
監督:リチャード・ロンクレイン
脚本:アダム・ブルックス ジェニファー・フラケット マーク・レヴィン
CAST
キルステン・ダンスト ポール・ベタニー ニコライ・コスター=ワルドー ジョン・ファヴロー ジェームズ・マカヴォイ


バンクーバーオリンピックを観てたら、何か思いっきりスポーツをしたく…なるわけはなく、(めちゃくちゃ運動音痴なもので)、スポーツ作品を観たくなったのでDVDを借りてみました。でもこれってスポコン映画というよりはラブコメなんだろうなぁとは思ったし、実際ラブコメだったんだけど、でも思ってたよりはスポーツに重点が置かれてる作品だったから良かったです。ピーター(ポール・ベタニー)が試合中、リジー(キルステン・ダンスト)との将来を妄想しちゃったりして、「あぁ!もう!集中しろ!」と自分を戒めるシーンが何度かあったけど、やっぱアスリートだって人間だもん。邪念に振り回されることだってあるよね?あるのかな?うーん、真央ちゃんやキム・ヨナ選手に訊いてみたいトコです。

スパイダーマン」シリーズでは、何でキルステン・ダンストをモテモテのヒロインにしたのか?そんなにキレイ??と思わず首を捻りたくなってしまったけど、この作品の彼女はすごく可愛かった スタイルも抜群!結局美人なのかどうなのかよく分からない女優さんだ…(^^;)ジェームズ・マカヴォイは冴えない役でした~

作品自体はまぁまぁだったんだけど、字幕が読みにくい作品でした。会話で二人以上の人の台詞が被ってしまうシーンが洋画には多々あるけど、吹き替えならともかく字幕だったらどちらか適当な方をアウト(訳を入れない)にしてしまうところを、これは律儀にすべて訳して同じ画面にニ段落で表示するものだから何度か困惑…。

【字幕翻訳:?】

コメント   トラックバック (1)

ベッドタイム・ストーリー

2010-03-04 18:54:37 | アメリカ映画(は行)



2008年 アメリカ作品 100分 ディズニー配給
原題:BEDTIME STORIES
STAFF
監督:アダム・シャンクマン
脚本:マット・ロペス ティム・ハーリヒー
CAST
アダム・サンドラー ケリー・ラッセル ガイ・ピアース ラッセル・ブランド  リチャード・グリフィス


子供たちが語るありえない出来事と似た出来事が現実世界で起きるんだけど、子供たちが語るままでは絶対にありえない出来事が、現実世界で起きてもおかしくない出来事にうまいこと変えられているのが面白かったです ガムが降って来る(橋の上でお菓子を運ぶトラックの故障によりガムが落ちてきた)、宇宙語を喋る(ハチに舌を刺されてまともに喋れなくなる)、燃やされる(クビ【ファイヤー】にされる)などなど。子供たちの話を聞いた段階では「これをどう現実世界に起こすの?」と思いきや、うまいこと盛り込んでくるんです。「あぁ~そう来たかぁ~。」と思わず何度か笑ってしまいました。
でもディズニーにしてはファンタジー色が薄かったかなぁ?「トイ・ストーリー」のバズが出てきてこれまた笑っちゃったんだけど、「魔法にかけられて」といい、最近のディズニーはセルフパロディがブームなのかな?

映画ファンとして失格と言われてしまいそうですが、アダム・サンドラーの出演作品初めて観たので初めて知った俳優さんです…。

【字幕翻訳:?】

コメント   トラックバック (1)