pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブレイブ ワン

2008-08-09 22:55:29 | アメリカ映画(は行)


2007年 アメリカ・オーストラリア作品 122分 ワーナー・ブラザース配給
原題:THE BRAVE ONE
STAFF
監督:ニール・ジョーダン
脚本:ロデリック・テイラー ブルース・A・テイラー シンシア・モート
CAST
ジョディ・フォスター テレンス・ハワード ナヴィーン・アンドリュース メアリー・スティーンバージェン


劇場公開されていた時から気になっていた作品。怖そうなので躊躇しているうちに終わってしまいましたでも観てみたら全然怖い作品ではなかったです。

許せますか、彼女の選択。
というキャッチフレーズがすごくこの映画に興味をそそられたんだけど、鑑賞し終わって思うのは、彼女の選択よりマーサー刑事の選択の方が興味深い。
確かに愛する人が殺され、自分も3週間意識不明の重症を負わされるという体験は、エリカもラジオで語っている通り「自分にはありえないこと」だと普通誰もが思ってる。でも「一線を越えれば誰でも殺人者になりえる」というのも実感こそないけど、理解できる。そして、この「自分にはありえないこと」が、もし自分の身に起きたら、あたしはエリカと同じ選択をするかどうかは分からないけど、でも少なくとも真剣に考える選択肢の一つでもあると思うんだ。それに一人殺してしまうとそれ以降は麻痺してしまうというのも何となく分かる。DEATH NOTEと通じるとこがあるテーマだね。
でもマーサー刑事の心境の変化には、ちょっと理解し難いとこもあるだけに興味深い。エリカに「親しい人が犯人だと分かっても、逮捕する刑事でありたい。」とまで言い放っているのに、何故!?!?エリカの何が彼の信念を揺るがす要因だったのか、むしろ彼を主人公にして一作品制作して欲しいくらいです。

目には目を、歯には歯を。
これはいつ討論しても賛否両論極端に分かれるテーマだけど、やっぱりあたしは肯定派かな。ただ、どうしても人間って自分本位になるから、DEATH NOTEのライトのように、自己防衛のために罪のない人にまで危害を与えてしまうので人間に制裁の権利はないと思う。でもこのエリカは自己防衛のために無罪の人を…ってことはなかったでしょ。だから嫌悪感抱いたり、彼女を批判する気にはなれませんでした。

【字幕翻訳:アンゼたかし】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« シーズ・ソー・ラヴリー | トップ | ステップ・アップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ映画(は行)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

ブレイブ ワン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『許せますか、 彼女の”選択”』  コチラの「ブレイブ ワン」は、10/27公開となったR-15指定のクライム・サスペンスなのですが、遅ればせながら観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」、「ことの終わり」のニール・ジョーダ...
ブレイブワン (映画鑑賞★日記・・・)
【THEBRAV EONE】R-152007/10/27公開(10/28鑑賞)製作国:アメリカ監督:ニール・ジョーダン出演:ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード、ナヴィーン・アンドリュース、メアリー・スティーンバージェン、ニッキー・カット、ジェーン・アダムス目撃者談:電車に乗...
ブレイブ ワン (しーの映画たわごと)
新作のジョディフォスターのサスペンスアクションということで、少々期待はありましたが、残念ながらあんまりおもしろくなかったわ。アクション? はて?っと、普通に疑問符がつきますし、ギャップの多い映画かと。
ブレイブ ワン(2007年) (勝手に映画評)
暴漢に襲われ、一緒に居た婚約者は死亡し、自身は重症を負ったラジオパーソナリティー。外出することに恐怖を覚え護身用に違法に拳銃を入手する。たまたま立ち寄ったコンビニエンスストアで強盗を撃ち殺してしまい、その事で、自分が変わってしまったことに気が付く。 主...
ブレイブ ワン (ネタバレ映画館)
エリカを許せるかって?ええ、宍戸エリカなら許せます・・・
「ブレイブ ワン」(The Brave One) (シネマ・ワンダーランド)
「クライング・ゲーム」や「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア」「ことの終わり」などの作品で知られるアイルランド出身の監督、ニール・ジョーダンが2007年にメガホンを執ったサスペンス映画「ブレイブワン」(原題=勇気ある者、米、122分、ワーナー映画配給)...