pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パフューム ある人殺しの物語

2013-02-24 22:24:36 | その他の国の映画



2006年 ドイツ/フランス/スペイン作品 147分 ギャガ・コミュニケーションズ配給
原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
STAFF
監督:トム・ティクヴァ
脚本:トム・ティクヴァ アンドリュー・バーキン ベルント・アイヒンガー
原作:パトリック・ジュースキント『香水 ある人殺しの物語』(文藝春秋刊)
CAST
ベン・ウィショー ダスティン・ホフマン アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド


■Story

18世紀のパリ。
悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。
グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが、何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚の持ち主だった。
やがて青年となったグルヌイユは、ある時運命の香りと出会った。それは赤毛の少女の体から匂い立っていた。
しかし彼は、怯えて悲鳴を上げようとした少女の口をふさぎ、誤って殺してしまう。
以来、彼は少女の香りを再現することに執着し、香水調合師バルディーニに弟子入りするのだが…。
allcinemaより)


■Review



今更ながら、観てみました。
本当に今までに観たことのない、強烈なインパクトのあるショッキングな作品でした。
ただ、冷静な自分を完全に打ち消せなかったのも事実。
一番のあのショッキングな映像は、圧倒させられるのと同時に笑いも少しこみ上げてきてしまった…。(ノ∀`)
確か、試写会では香りも場内に流したと当時話題になったよね。
こんなにも人間を狂わす香りが実在するはずないけれども、そんな演出の元に観たら、もっと酔いしれることも出来たかもしれない。
家でボーっと観てたんじゃダメです。(笑)
感性を鈍らせ、感覚を研ぎ澄まして観たもの勝ち。

でも、ラストは一気に鈍らせた感性を呼び覚まされます。
グルヌイユが本当に求めていたもの-事実とは違う展開の映像が、一気に胸をふるわされる。

映像で唯一表現の出来ないものである匂いを軸に、これほどの作品を作り上げたことは、本当に驚きです。
出会えてよかった!

コメント   トラックバック (1)

フレンズ Season2

2013-02-02 16:11:32 | 海外ドラマ



1995~1996年 アメリカ作品 全24話
原題:FRIENDS
STAFF
監督:ケヴィン・ブライト マイケル・レンベック ゲイル・マンキューソ ジェームズ・バロウズ
脚本:デヴィッド・クレーン マルタ・カウフマン アレクサ・ジャンジ マイケル・カーティス
CAST
ジェニファー・アニストン コートニー・コックス リサ・クドロー マット・ルブラン マシュー・ペリー デヴィッド・シュワイマー





一気に二日間で観たせいでしょうか…。ちょっと飽きてきたかも…。( ̄▽ ̄;)
ほどほどにしないといけません…。

モニカ→喚く
レイチェル→自分勝手
フィービー→奇怪(一番苦手…)
チャンドラー→皮肉
ジョーイ→マヌケ
ロス→報われない

という各キャラの性格や行動パターンが定着してきたものの、1パターンで飽きてきた…。
今シーズンは大きな展開がなかったのも大きな要因かな…。
ゲストでジュリア・ロバーツが出てきたのはビックリしました。
次シーズンからはゆっくり観るべ。

6人で楽しそうに踊っているオープニングの映像が大好きです。
いつも海外ドラマを観るときは、オープニングは何回か観たら早送りしてしまうことが多いのに、「フレンズ」はシーズン1の1話目から毎回見入ってしまいます。
特にチャンドラーの満面の笑顔が好きなんだけど、シーズン2の途中から編集されてそのカットがなくなってしまった。Σ(゜д゜lll)ガーン

コメント

HOME 愛しの座敷わらし

2013-02-02 16:09:34 | 邦画



2012年 日本作品 110分 東映配給
STAFF
監督:和泉聖治
脚本:金子成人
原作:荻原浩『愛しの座敷わらし』(朝日文庫刊)
CAST
水谷豊 安田成美 橋本愛 濱田龍臣 草笛光子 飯島直子 草村礼子 佐々木すみ江


■Story

仕事がうまくいかないサラリーマンの高橋晃一は、東京から岩手に転勤になったのを機に、築200年の古民家に引っ越すことに。
しかし、慣れない田舎暮らしに妻の史子は不満タラタラ。中学生の長女も転校先で居場所を見つけられず、小学5年の長男も持病のぜんそくでサッカーをやりたくても出来ない日々。おまけに母親には認知症の不安が。
そんな中、不思議な出来事が高橋家で起こり始める。
どうやらこの家には福を呼ぶとも言われる不思議な存在“座敷わらし”が住みついているらしいのだが…。
allcinemaより)


■Review



座敷わらしが…原作から想像した座敷わらしのが、かわいい…。( ´д`)ぇ~
もうちょっとかわいらしい子をキャスティング出来なかったのだろうか…。

そして、原作に比べて少しシリアスな気がした。
母親の認知症の問題が、暗い影を落とす。
原作だと、「もうこの家族はどこに行っても大丈夫だな!(*゜∀゜)=3」とすっかり安心出来たのに対して、映画だと「この先大変なことになりそうだなぁ…」と、何だか心配に。
清々しいはずのエンディングも、何だかソワソワしたものに感じてしまった。

それにしても、この主人公の奥さん、いい人過ぎるでしょ!
私だったら…。子供二人連れて夜逃げしかねない…。(^^;)
でも田舎の風景は何だかホッとさせられた。住みたくないけどね。(笑)

コメント   トラックバック (1)