pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パフューム ある人殺しの物語

2013-02-24 22:24:36 | その他の国の映画



2006年 ドイツ/フランス/スペイン作品 147分 ギャガ・コミュニケーションズ配給
原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
STAFF
監督:トム・ティクヴァ
脚本:トム・ティクヴァ アンドリュー・バーキン ベルント・アイヒンガー
原作:パトリック・ジュースキント『香水 ある人殺しの物語』(文藝春秋刊)
CAST
ベン・ウィショー ダスティン・ホフマン アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド


■Story

18世紀のパリ。
悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。
グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが、何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚の持ち主だった。
やがて青年となったグルヌイユは、ある時運命の香りと出会った。それは赤毛の少女の体から匂い立っていた。
しかし彼は、怯えて悲鳴を上げようとした少女の口をふさぎ、誤って殺してしまう。
以来、彼は少女の香りを再現することに執着し、香水調合師バルディーニに弟子入りするのだが…。
allcinemaより)


■Review



今更ながら、観てみました。
本当に今までに観たことのない、強烈なインパクトのあるショッキングな作品でした。
ただ、冷静な自分を完全に打ち消せなかったのも事実。
一番のあのショッキングな映像は、圧倒させられるのと同時に笑いも少しこみ上げてきてしまった…。(ノ∀`)
確か、試写会では香りも場内に流したと当時話題になったよね。
こんなにも人間を狂わす香りが実在するはずないけれども、そんな演出の元に観たら、もっと酔いしれることも出来たかもしれない。
家でボーっと観てたんじゃダメです。(笑)
感性を鈍らせ、感覚を研ぎ澄まして観たもの勝ち。

でも、ラストは一気に鈍らせた感性を呼び覚まされます。
グルヌイユが本当に求めていたもの-事実とは違う展開の映像が、一気に胸をふるわされる。

映像で唯一表現の出来ないものである匂いを軸に、これほどの作品を作り上げたことは、本当に驚きです。
出会えてよかった!

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« フレンズ Season2 | トップ | タイトル一覧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他の国の映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

「パフューム ある人殺しの物語」 生理的に受けつけなかった (はらやんの映画徒然草)
井上夢人さんの小説で「オルファクトグラム」という作品があります。 視覚の代わりに