奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

年末年始は滝上

2013-12-30 06:41:16 | つらつら思ったこと
今日から2日まで、帰省します。

例によってネットの環境にないため、
レスなどは3日までできません。

ブログの更新も年明けまでしばらくお休みします。
再開はそのうちに…。

さて、今年1年お付き合いいただき有り難うございました。

皆さんにはどのような年だったでしょうか。
また来年はどのような年になるのでしょう。

私は、悔いのないように生きていたいな。

それではよいお年を。
コメント

今年を振り返る(下半期)

2013-12-29 06:34:27 | つらつら思ったこと
7月は、6月に行った東京の旅行記がメイン。
このときは私には珍しく、飛行機で上京しています。
降り立ったのは茨城空港、その後は例の如くあちこちに出没…。
網走にある“鉄っちゃんと鉄子の宿”にも泊まっています。
この宿は、“鉄”にはたまらない。

8月は道東の話題が多い。
これは同窓会に参加するために滝上に行ったからですね。
同窓会の前後にあちこち立ち寄っています。
どこに行っても天気がよく、いいドライブでした。

9月は8月に行った鉄分補給の旅日記が続いています。
このときは竜飛岬に行った次の日に音威子府で駅そばを食べた。
なかなか濃い鉄旅になっています。

10月はOYOYOの日帰りツアーで増毛に行きました。
これが思いのほか好評で、企画した私もひと安心。
その他は函館や帯広にも行っていますね。
なかなかアクティブに動いていたんだ。

11月は川湯温泉に泊まっています。
川湯温泉は昨年末から何だかんだで3度目の宿泊になりました。
同じ温泉地にこれだけ集中して泊まるのは私にしては珍しい。
それだけいい温泉地だということなのですが、遠いのが本当に残念です。

12月は仕事が忙しくて、ろくなことを書いていません。
適当な文章が並んでいるなぁ(笑)。
その中で北都プロレスを観戦したことが唯一の安らぎだったかも。
OYOYOの仲間と一緒でしたし、楽しかったな。

と振り返ると、相変わらずの1年をだらだらと過していましたね。
仕事をしないで遊んでばかりいるようだ。

さて来年は、3月頃に東北方面へ行くかもしれません。
そのついでに東京から名古屋、大阪まで足を伸ばしたい。

また十勝や北見地区に行く機会も例年以上に多くなりそうです。
実際にはどうなるかわかりませんが。

ではまた、来年の日記をお楽しみに。
コメント

今年を振り返る(上半期)

2013-12-28 05:34:26 | つらつら思ったこと
今年もあとわずか、いろいろありました。
私のブログから1年を振り返ってみたいと思います。

今日は上半期。

1月は3日に鉄分補給の旅に出かけています。
この日は旭川や空知地方で大雪で大変なことになっていましたが、
南方面へ出かけた私は何とか無事に帰ってきた。
雪に悩まされた昨シーズンでした。

2月はブログを見ると深川の話題があるだけでその他はどこにも行っていません。
よく覚えていませんが、雪で身動きが取れなかったのでしょう。
札幌市内の移動でさえ大変なことになっていましたから、さもありなん。

3月はOYOYOで北都プロレスのトークイベントがありました。
これは楽しかったし、来年もまた形を変えて何かやりたいと思っています。
また毎年恒例だった“たまねぎ列車”の撮影旅行が中止になっています。
とにかく大雪で大変な日々を送っていたのですね。

4月は東京に行っています。
1泊4日、夜行バス2泊にホテルが1泊でした。
道外へ行くときは、目的地までの行き帰りにどうするかが一番悩む。
何のために道外へ行くのか、目的と手段が逆になっています。

5月は石狩市本町地区に行っています。
これが思いのほかいろいろな発見があり楽しかった。
この地区は整備すれば、かなり人を呼べるぞ。

6月は日銀旧小樽支店「金融資料館」のガイドツアーの話題が。
博物館に限らず、ガイドツアーは参加すると面白いものです。
ただ見学するだけではわからない、いろいろなことがわかる。
参加記念品も“古い本物のお札をシュレッダーした紙くず”という日銀らしいもの。
こういう遊び心も楽しいですね。

さて今年の前半を振り返りましたが、
何といってもやはり大雪の影響が大きかったですね。

今年の冬は今のところ穏やかですが、これからどうなるのでしょうか。

明日は今年後半を振り返ります。
コメント

靖国参拝

2013-12-27 05:45:45 | つらつら思ったこと
安倍首相が靖国神社を参拝した。

自滅への第一歩である。

安倍首相が保守主義であることは誰でもわかっていた。
実は政治は、自分の主義と違うことをすることによって成果を得るという側面がある。

○○が嫌いなあなたが国益を考えて△△をする(しない)なら仕方ない。

反対派が反対できない政治状況を作り政治を塗り替える。
そのような政治の側面で、密かに安倍首相に期待するところはあった。

経済を成長させるという(表向きの)安倍首相の一番の目標を達成するには、
好き嫌いは別にして韓国や中国との関係改善とその維持が必要だ。

安全保障上の懸念もあるし東アジアの安定が世界の安定にも貢献する。
だから自分の信念とは別に折れるところは折れる。

絶大な権力を持つに至った安倍首相だからこそできることだった。

が、今回は当人の信念を貫くことによりその機運を吹き飛ばした。

中国ではいつかのような暴動が起こるかもしれない。
安全保障の問題でも中国にいい口実を与えてしまった。
韓国でも反日感情が増すのは間違いない。

今回は珍しくアメリカも失望の念を示した。

政治家は自分の得意分野でつまずくという。

私には今回の参拝が、自滅への第一歩に見える。
コメント

楽天・田中投手、メジャーへ

2013-12-26 05:39:45 | つらつら思ったこと
楽天・田中投手のメジャー挑戦が決まった。

この間、いろいろありましたなぁ。

楽天としては上限20億円というのは納得できないとはいえ、
ポスティングを拒否した場合はイメージ悪化は避けられない。

それをぐっとこらえてメジャーを容認したわけだ。

楽天の決断にエールを送りたい。
これでファンは来年も無条件で楽天を応援するぞ。

さて、ポスティングの交渉期間は1ヶ月。
来月中には田中投手の移籍先が決まります。

そしてすぐにキャンプが始まりシーズン入り、
田中投手本人もそうでしょうが周辺も慌しいことになりそうです。

その中で開幕からすぐ活躍できるかどうかはわかりませんが、
田中投手にはメジャーでもダルビッシュ投手を超える活躍を期待したい。

がんばれ、里田まい!
コメント

東芝

2013-12-25 06:37:20 | 鉄道
東芝の札幌関係の各部門のほとんどが、
私の住まいのすぐ近くに引っ越してきました。

コルテナⅡという場所なのですが、その1階と2階に大挙してやってきた。
仕事でそこにお邪魔したときに、驚いた。

(株)東芝北海道支社の中に“北海道鉄道担当”という部署があった。

東芝ほどの会社になると“鉄道担当”という一つの部署がある。

しかしなぁ…今の北海道で“鉄道担当”というと、
とんでもない状況になっているのだろうと想像できるけど。

その他にいろいろな担当部署があって、細かく見ていくと非常に興味がわく。
本当に東芝って凄い会社だなと思う。

そういう会社の方と関われている私は幸せだ。
是非鉄道担当の方を、紹介してくれ(笑)。
コメント

笑福の湯の、タイル絵

2013-12-24 04:41:43 | つらつら思ったこと
昨日は久しぶりに温泉に行って来ました。
札幌で温泉に入るのは本当に久しぶり。

場所は西区西野にある「笑福の湯」、
ここはスーパー銭湯ではなく普通の銭湯です。

経営母体はお好み焼きの風月、お代は銭湯なので420円。

入口は北1条宮の沢通に面しており裏が駐車場になります。

その駐車場の横には薪が山積みになっている。
薪で沸かしたお湯はやわらかくて肌に優しいんだよなぁ。

中は普通の銭湯なので特に何があるというわけではありません。
普通だったら温泉に行ったからといってブログに書くようなことではない。

では何故ブログに書く気になったかというと…。
お風呂の中のタイル絵が由緒正しい“駿河湾から見た富士山”だったから。

それも描いたのは日本で3人(2人という説もある)しかいない、
“銭湯絵師”の中島盛夫氏だという。

今年3月に描いたらしい。

これぞ正統派銭湯だよなぁ。

ということで、温泉でゆっくりしたという話しでした。
コメント

コンパルソリー

2013-12-23 06:06:16 | つらつら思ったこと
フィギュアスケートにはかつて、コンパルソリー(規定)という種目がありました。

これは氷上を滑走して課題の図形を描き、
その滑走姿勢と滑り跡の図形の正確さを競う種目です。

見ていると非常に地味で面白みも何もない、
そこで何が行われているかわからないようなものでした。

男子と女子のシングルは最初にこのコンパルソリーがあり、
そのあとにショートプログラムとフリーが行われていました。

このコンパルソリーが上手な選手はスケーティングが上手で、
苦手な選手はジャンプが得意という傾向がありました。

伊藤みどりはコンパルソリーが苦手で、
その影響で大きな国際大会での優勝がなかなかできませんでした。

その後のルール変更により得点の中でコンパルソリーの比重が減りそして廃止に。
その中で1989年の世界選手権で伊藤みどりが優勝、
日本人初の世界チャンピオンになりました。

何で急にこんなことを思い出したかというと、全日本選手権を見たから。

スピンの軸がぶれているな、コンパルソリーの得意な選手はぶれなかったな。

もちろん今のルールでやっていることなので多少軸がぶれようと関係がありません。
ですが私のようなひねくれ者が見ると気になってしまう。

その中でも軸がぶれない、スピンのきれいな選手もいます。
きっとコンパルソリーの練習もしているのだろうな。

コンパルソリーは滑りの基本、
フィギュアはジャンプだけではなくそういうところも見ていきたいと思います。
コメント

世相が見える、ラジオショッピング

2013-12-22 08:52:31 | つらつら思ったこと
私は車での移動中、AMラジオを聴いています。
その中でラジオショッピングのコーナーがあるのですが、これがなかなか面白い。

私が買いたいものがあるとか、そこで買ったとかはありません。
そこで売られているものに、世相が見えるのです。

何年か前には鯨肉が盛んに売られていました。

その少し後に調査捕鯨の問題が浮上、
鯨肉がだぶついていることが問題になりました。

さて、今年は。

カニが盛んに売られています。
タラバとズワイが“年末超特価”で1日に何回もラジオショッピングに登場している。

今はカニの在庫が積み上がっているのだな。
それを処分したいので、ラジオショッピングに出てくる。

と思っていたところ、今日の新聞にタラバの漁獲が好調で安値と出ていました。

これで漁獲が好調なタラバが値下がり過去の在庫が重荷になっている、
そういう構図が見えてきました。

ラジオショッピング内では漁獲量が減少、価格が高騰していると宣伝していますが、
全くそうではないことがわかります。

大手流通に載せることなくそこそこの在庫を処分するには、
ラジオショッピングという手段が適当なのでしょう。

ラジオショッピングは世相の先行指標になる、
そう思って聴いていると面白いと思いませんか?
コメント

ウーマンラッシュアワー(お笑い)

2013-12-21 07:51:34 | つらつら思ったこと
少し前の話になりますが、
「THE MANZAI」でウーマンラッシュアワーが優勝しました。

特徴は村本の桁外れの早口。
よくあれだけのせりふを間違えないでしゃべることができるな。

これから彼らがブレイクするかどうかわかりませんが、
面白い存在であることは間違いない。

私が彼らを見て思い出したことがあります。

それは「お笑いスター誕生!!」(1980年~1986年)でB&Bを観たときに、
その速い展開に衝撃を受けたときの事。

B&Bはそれまでの漫才のテンポを打ち破る速い展開で「お笑いスタ誕」を勝ち抜き、
見事グランプリを獲得しました。

とにかく当時としては常識を覆すテンポの早さ、
それがのちに続く漫才ブームを作っていきました。

後に続いたのが「紳助・竜介」「のりお・よしお」などで、
彼らのテンポが今に続く若手漫才師のスタンダードになっています。

彼らが出てくる前は「球児・好児」の“げろげーろ”あたりが、
テンポの速い漫才の代表格でした。

B&B以前と以降では世界が違っている。

ウーマンラッシュアワーがそれを越えるテンポの速さで「THE MANZAI」を勝ち抜いた。

彼らの優勝が漫才界にどんな変革を起こすのか、起こさないのか。
「THE MANZAI」を観ながらそんなことを考えていました。
コメント