奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

サクッと東京へ、1泊3日 … おわりに

2018-10-15 05:50:11 | 道外の旅日記



今回は何をしたというわけではありませんが、疲れました。

ホントに何もしていなく、東京に行って一晩泊まって仕事をして帰ってきた、
ただそれだけで多分今までの本州出張の中では一番楽だったはず。

それが、なぜか疲れた。

いつもはJRの在来線を乗り継ぎ何回も乗り換え、札幌から2日間かけて東京に行き、
そして帰りも同じように地べたを這いつくばるように帰ってくる。

そちらの方が、疲れない。

故・宮脇俊三先生は自宅で具合が悪くても鉄道に乗れば元気になると仰った。
私もそれと同じで、どっぷりと鉄分に浸っている方が行程が苛酷に見えても体は楽。

ナンとも面倒くさいことになっています。
次にどこかへ行くときにはなるべく面倒くさいコースにしよう。

最後に今回の領収書です。

では、また。
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … パシフィックストーリー(札幌まで)

2018-10-14 06:14:40 | 道外の旅日記



船は台風24号が近づいている中、逃げるように北上しています。

夜中に多少(私としては)の動揺がありましたが快適に寝ることができました。
同じ船室の中には揺れて一睡もできなかったという方もいました。

そうか?そんなに揺れたか?
昔の青函連絡船に比べれば、どうってことなかったよ。

大型フェリーの揺れくらいではすっかり平気な体になっちまった。

さて船の朝、大浴場のオープンは6:30、と同時に太平洋を眺めながら朝風呂。
長距離フェリーはこの大浴場での風呂が気持ちいい。

9:40頃、苫小牧から八戸へ向かうシルバーフェリーの「べにりあ」と離合、
その後も船は順調に苫小牧へと向かいました。





苫小牧到着は定刻13:30のところ30分早着の13:00到着とのアナウンスが。
早く着いても接続する「高速とまこまい号」が早く出発するわけではない。

その上この日(9月30日)は台風24号の影響でこの時間以降のフェリーは全便欠航、
ということでいつもは賑わっている苫小牧FTの売店とレストランも臨時休業。





人もほとんどいない、何もないターミナルでただひたすら時間を潰す。
なんでこんな時に、よりによって早着するかなぁ…。

苫小牧FTからのバスは13:56発、乗ってしまえばあとは札幌駅BTへ行くだけ。
ほぼ定刻の15:50頃到着、東京から約25時間半のパシフィックストーリーは終わりました。

明日で終わります。
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … パシフィックストーリー(さんふらわあ さっぽろ)

2018-10-13 05:33:15 | 道外の旅日記



商船三井は「さんふらわあ」の船名で4隻、大洗ー苫小牧間を1日2往復しています。

この日のシップは「さんふらわあ さっぽろ」で「さんふらわあ ふらの」と姉妹船、
共に去年新造されたばかりの新しい船です。

「さんふらわあ ふらの」は新造時の内覧会に行きましたし去年7月に乗りました。
「さんふらわあ さっぽろ」は初乗船ですが「ふらの」と同型船なので中は変わらない。

乗船と同時に着替えて大浴場へ、少し休憩し出港を待ちプロムナードで夕食、
売店などのパブリックスペースを冷やかしながら時間をつぶします。

船室はツーリスト、一番安い部屋です。





一番安いお部屋といっても、昔のような大部屋の雑魚寝ではありません。

指定席で一人ずつカーテンで仕切られ荷物棚やコンセントも専用、マットや掛け布団も完備。
今の長距離フェリーは本当に過ごしやすくなりました。

私が入った部屋は25名定員に乗船客は半分くらいで全て男性、
11名定員は2室あり1室は女性、もう1室は家族での利用となっていました。

客室はスイートからツーリストまで様ざまなグレードを揃えていますが、
今どきの長距離フェリーは個室の上級グレードから先に売れていきます。

エコノミーな安い船室は繁忙期以外は最後まで空きがある事が多い。
私はその安い船室に好んで乗っているのですが、空いているのはやはり楽ですね。

さて就寝。
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … パシフィックストーリー(大洗FTまで)

2018-10-12 05:40:33 | 道外の旅日記



仕事を終え東京駅に戻り、帰途につきます。

今回は東京駅BTからフェリーを挟み札幌駅BTまでの企画きっぷ、
パシフィックストーリーを使います。

これは東京駅BTからバスで大洗FTへ、そして商船三井の「さんふらわあ」で苫小牧FT、
さらに「高速とまこまい号」で札幌駅BTへというもので私は今回で3回目の利用(多分)。

これで時期にもよりますが9,990円からというお安いきっぷです。

今までは大洗FTへは東京駅から水戸までは「高速みと号」に乗り、
そこから路線バスで大洗FTまで乗り継いでいました。

ですが今年7月17日から、みと号の1往復のみ大洗FTまで直通することになりました。
実証運行という位置づけですが、そんな便利なものがあるなら乗らなければなるまい。

乗車人数が少なくて廃止になっても後々困るしな。

14:20東京駅BT発水戸駅経由大洗FT行「高速みと号」、担当は茨城交通です。
パシフィックストーリーでは毎回利用する「高速みと号」ですが、いつも空いている…。

常磐道から北関東道へ入り県庁経由で水戸駅南口、そこから大洗FTまではノンストップ。
大洗FTで下車したのは私を含め5名でしたが、さてこれはどうなのか…。
利用する立場としては乗り換えなしで行けるのは非常に便利なので続いてほしいですね。

大洗FT、定刻は16:44着ですが5分ほど遅れて到着。
この日は台風24号来襲前夜ということで天気は雨、ターミナルの全景を写したかったなぁ。





ターミナル1階で乗船手続き、ロビーではガルパンの幟が出迎えてくれました。
待合室で休憩、18:00に乗船開始、さて「さんふらわあ」の船旅が始まります。
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … 一由(いちよし)そば

2018-10-09 05:31:38 | 道外の旅日記



東京には立ち蕎麦の名店といわれるお店がいろいろあります。
“蕎麦の名店”ではなく、“立ち蕎麦の名店”です。

日暮里駅界隈にもその名店が多いのですが、その一つが“一由そば”です。
    → http://ichiyoshisoba.com/

場所は日暮里駅東口から歩いて2~3分、24時間営業、年末年始以外無休。
29日(土)の朝方、たまたま日暮里にいるというということで、突撃だ。

蕎麦のお値段は普通(1玉)が220円、他に半玉(110円)、
大盛り(1玉+1/4)からいろいろありキング盛り(3玉、660円)まで。

立ち蕎麦で3玉盛りなんて、他に聞いたことあります?

それから天ぷらの種類が豊富、しかも画像にある●印は半分でもOKだという。





例えば蕎麦半玉とゴボウ天半分だと160円で食べられるのだな。

さて私は蕎麦の普通(220円)に五目かき揚げ(120円)を所望、340円。

麺は普通の立ち蕎麦と同じレベルですが、かき揚げのボリュームが凄い。
これで120円とは、北海道では絶対にありえないクオリティとその値段です。

いやいや、食べ応えあったよ。
これは間違いなく立ち蕎麦の名店だ。

しかも24時間営業だなんて、これはたまらない。
飲んだ後にラーメンなど考えられない、飲んだ後はここで蕎麦だ。

と思わされる、そんな普通の街中にある立ち蕎麦店です。

※一番人気はゲソ天だそうです。旭川みたいだな
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … 太田道灌騎馬像(日暮里)

2018-10-08 05:38:17 | 道外の旅日記



日暮里駅東口前にある銅像です。

太田道灌(1432~1486)は室町時代の武将で江戸城を築城したことで有名です。
歌人、学者としても有名でしたが暗殺され悲劇の武将としても知られています。

日暮里あたりはその道灌ゆかりの地、西日暮里駅西側の丘は道灌山と呼ばれ、
そこには道灌が城を築いたという言い伝えもあるそうです。

また西日暮里駅をくぐる道路は道灌山通りといい、
日暮里駅を含む両駅界隈には“道灌”の名を付けた集合住宅などの施設がたくさんあります。

更に今月20日と21日には“日暮里道灌まつり”も開かれます。
    → http://www.city.arakawa.tokyo.jp/event/zenevent/nipporidoukan.html

日暮里、どれだけ太田道灌が好きなんだよ…。

日暮里に行くことはあまりないと思いますが、知れば味わい深い場所ですね。
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … 東京メトロ24時間券

2018-10-06 06:17:30 | 道外の旅日記



東京駅の到着は八重洲側一番北にある東京駅日本橋口、
そこから八重洲南口まで歩き高速バスきっぷ売り場へ。

まずは翌日(29日)から使用するパシフィックストーリーのチケットを購入。

さてここから都内の移動は東京メトロを使います。
八重洲南口から一番近いメトロの駅はと調べたら京橋駅が近い。

歩いてすぐじゃね~か、八重洲北口へ行くより近いぞ。
東京の地下鉄の駅は路線図を見ただけではわからないな。

京橋駅で「東京メトロ24時間券」を購入、29日の13:15までメトロ乗り放題になります。

とりあえず荷物をホテルに放り込むためにいつもの南千住まで、
身軽になった後はメトロを使い北千住と上野、御徒町あたりを行ったり来たり。

いやぁ、狭いエリアをちょこまかと乗りました。
南千住に東京メトロの駅があるって、便利だなぁ。

翌日は南千住から再び京橋駅へ、そこから歩いて東京駅、
荷物をロッカーに入れ身軽になりJRで日暮里へ。

せっかく24時間券なのに、半端感がありました。
ですがこの券のお陰でいろいろな面倒なくメトロに乗れたのは楽でした。

どうもフリー切符だととことん乗り尽したいという気持ちが先に立っていかんな。

いいんだよ元が取れれば、とは思うのですけどねぇ。
どうも乗り鉄が染みついていると、素直にそうは思えないんだよなぁ。

※「ちかとく」、上手に使えば面白い
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … 茨城空港

2018-10-05 06:06:39 | 道外の旅日記



今回のスケジュールは私にしてはかなり珍しいことになりました。

何より期間が短い。
私が本州に出かける場合はほぼ1週間かけてという場合が多いのですが今回は1泊3日。
そしてなにより、滅多に乗らない飛行機を使うこと。

前回飛行機を使ったのは2年前、スカイマークで中部国際空港まで行きました。
今回は同じスカイマークで、茨城空港まで。

このコースは2013年に使ったことがあります。

なぜ茨城空港を使ったかというと、直前に予約しても安いから。
1週間前の予約で8,700円、それから東京までの連絡バスは運賃が500円。

LCC以外ではなかなかない運賃設定です。
また連絡バスは一般客は1,200円ですが、飛行機の利用者は特別運賃となっています。

それにこの空港はボーディングブリッジがないのでタラップの利用となります。
たまにはこういう空港も楽しい。





連絡バスへは待ち時間30分、関東鉄道のバスに乗り東京駅BTへ。
定刻は13:20着ですが20分程早着となったのも前回と同じ。

途中の車窓は典型的な北関東の景色、天気も良かったし楽しくバスに揺られました。
北関東の景色、個人的にはかなり好きだ。

朝7時前に自宅を出て13時ころ札幌へ、約6時間の旅でした。

東京に着きました、では明日
コメント

サクッと東京へ、1泊3日 … 出発前

2018-10-04 05:32:55 | 道外の旅日記
東京での仕事の話しが舞い込んできたのが8月末。
日程は土日のいずれか、仕事の時間としては3時間くらいと見込まれました。

その3時間のために東京に行く。
だいたい9月か10月、細かい日時は後日ということで連絡を待っていました。

日にちに関しては3連休は避けるようにお願いしていました。
連休は急に言われても交通機関と宿の手配が難しくなるからな。

結果的にはその後に地震があり北海道に向かう観光客が激減、
連休だろうとなかろうと交通機関はかなり空いていた。

さて事前にわかっていたのは東京で午前か午後かはわかりませんが3時間の仕事、
だとすれば行き帰りの交通機関はこんな感じというシュミレーションはしていました。

JR関係の“アレなきっぷ類”の発売期間ではないので行きも帰りも単純だ。

さて、連絡があり仕事の日程が9月29日午前に決まった。
あとはシュミレーション通りに交通機関と宿を手配し出発を待つことになりました。

以下、スケジュールです。


9月28日

新千歳空港8:55(SKY790)ー茨城空港10:20、10:50(連絡バス)=東京駅13:20

9月29日

東京駅BT14:20(高速「みと号」)=大洗FT16:44、19:45(さんふらわあ さっぽろ)~

9月30日

~苫小牧FT13:30、13:56(高速とまこまい号)=札幌駅BT15:48



さて、出発
コメント

今日から出かけます

2018-09-28 05:39:49 | 道外の旅日記
一昨日のブログで書きましたが、今日から出かけます。

今日は飛行機で茨城空港、そこから連絡バスで東京へ。
飛行機を使うのは2年ぶり、あの時は名古屋までだった。

明日は「パシフィックストーリー」で帰札、こちらは1年ぶり。

事前の予告では1日延泊もと書きましたが、
そうなると台風の直撃を受けフェリーが休航になる可能性が大きいのでナシ。

なにしろ商船三井はすぐ休航になるので油断ならん。

ブログは少なくても月曜までお休みします。
ということで、行ってきます。
コメント