奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

琴似屯田兵村兵屋

2018-07-16 05:24:41 | 北海道の旅日記



琴似神社の境内に保存されている、道指定有形文化財です。

昨日も書きましたが最初の屯田兵は琴似に置かれました。
建物自体は1874年11月28日に建てられたものの遺構で、
翌年に入植した屯田兵のうち佐藤氏に給与された家屋です。

兵村は今の琴似本通りを中心に両側に置かれ全198戸965人が入植、
今の琴似神社の場所は養蚕室、区役所の辺りは中隊本部、
区民センターや琴似小学校の辺りは練兵場でした。

琴似の基礎はこうして屯田兵によってなされてていったのですね。

さて兵屋は間口9mで奥行きが6.3m、8畳と4畳半のふた部屋に台所と土間、
今からすれば粗末な建物ですが当時の開拓農家に比べれば豪華な造りでした。

見学は無料、中も見学でき陳列されている調度品は当時のものが多いそうです。
北海道開拓に大きな役割を果たした屯田兵の当時の姿を偲ぶことができます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琴似神社

2018-07-15 05:22:29 | 北海道の旅日記



北海道に最初の屯田兵村ができたのは1875年、場所は私が住む琴似でした。
その数198戸、うち93戸が宮城県からの入植でした。

同年、仙台亘理伊達氏の初代当主・伊達成実を武早智雄神として祭神とし、
今の山の手2条1丁目に武早神社として創建したのが始まりです。

1897年に山の手5条1丁目に移り琴似神社と改称、1911年に大国主大神を札幌神社から分霊、
1915年に現在地に移り今に至ります。

ちなみに現在地は屯田兵村の養蚕室(授産場)だったところです。

神社といえば春と秋の例祭ですが、琴似神社は5月27日と9月4日です。
この日は琴似本通りに出店が並び、いかにも神社の例祭らしい風景になります。

この例祭、30年ほど前は本通りの両側にびっしりと出店が並び、
人出も多く人がすれ違うのも難儀するくらいでした。
今は片側にしか出店が並ばず、ずいぶん寂しくなったものと感じています。

それでも地元の神社の例祭なのでやはり賑やかで華やか、
その雰囲気はいいなと思います。

また私が結婚したときに祝詞奏上をしていただいたのが琴似神社の宮司さんでした。
どうでもいいことですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本生命、石炭火力投融資全面中止へ

2018-07-14 06:40:05 | つらつら思ったこと
保険会社は“機関投資家”と呼ばれ、巨額な資金を様々に運用しています。
生命保険会社の中でも規模が日本一の日本生命(日生)ともなれば運用額も日本最大級、
その投資判断はいろいろなところに影響を与えます。

その日生が12日、国内外の大型事業融資(プロジェクトファイナンス=PF)で、
今後は石炭火力発電への新規融資を全面的に取りやめる方針を明らかにしました。

12日の毎日新聞電子版が伝えています。
    → https://mainichi.jp/articles/20180713/k00/00m/020/056000c

石炭火力発電は二酸化炭素(CO2)の排出量が多く、地球温暖化への悪影響が指摘され、
「パリ協定」を受け欧米の金融機関から投融資引き揚げの表明が相次いでいます。

英HSBC、ソシエテG、ドイツ銀なども新規融資を停止する方針を示し、
世界的には石炭火発に融資する投資家への批判が強まっています。

日本では第一生命が海外事案については新規に実施しないと表明していましたが、
国内事案も含めて新規融資をしないと表明した大手機関投資家は初めてではないか。

海外では地球温暖化に対する姿勢は厳しいものがあります。
その事案に融資する投資家も環境問題に鈍感だとして忌避されるのが世界の趨勢。

ところが日本は原発が不調なこともあって石炭火発の新規案件が多い。
政府も石炭火発を重要な電源としておりそれが世界的な批判を受けてもいます。

その中で日生の投資判断、これは様々なところへ影響があるでしょう。

銀行やファンドではなく、生命保険会社だというのが象徴的ですね。
メガバンクも投資判断を厳しくしていますがここまで厳格にはできない。

地球温暖化に対する厳しい目とその時流に気付かない日本。
さて、日本の石炭火発はどうなっていくのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロレスリングサッポロ ~泣いて、笑って、試合して。~

2018-07-13 05:31:06 | 北都プロレスほか
札幌のプロレス団体といえば北都プロレスですが、アマチュア団体もあります。

札幌だけではなく、全道にも何団体かありますね。
「アンドレザ・ジャイアントパンダ」で有名な新根室プロレスもそのひとつ。

話を元に戻し札幌のアマチュア団体のひとつ、『プロレスリングサッポロ』。
最近ひょんなことからこの団体所属の選手と知り合いになりました。
    → http://www.geocities.jp/pw_sapporo/

HPを見てみると、先月試合があったらしい。
動画も検索すると出てくるのですが、アマチュアとはいえ結構なバトルをしています。

観客動員もえらいもので、多いときは300人ほども集まるという。
入場料は無料だとのことですがそれにしても動員力がある。

北都プロレスも顔負けですな。

さて、次の試合は7月29日に花川で行われるらしい。
その次が8月5日とのこと。

私は残念ながら両日とも予定があり観戦することができません。
まっ、そのうち観戦の機会もあるでしょ。

私は勝手に北都プロレス後援会を名乗っているのですが、
そのお陰かどうか分かりませんがいろいろなご縁がありますなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌でサンマの初セリ、キロ50万円

2018-07-12 06:34:25 | 北海道のこと
今年もサンマ漁が始まりました。
10日には釧路で初セリがあり、1キロ3万3千円の過去最高値で競り落とされました。

昨日は札幌で初セリがあり、最高値は1キロ50万円のこれまた過去最高値となりました。
今までの最高値は去年の40万円だったので、それを大幅に上回ります。

たかがサンマ、初セリのご祝儀相場とはいえキロ50万円とはどういうことなのか。
1匹換算では7万円という、異常な価格となっています。

落札したのは札幌市中央区の回転寿司の「活一鮮」で、
1貫888円(税別)で提供され売り上げは西日本豪雨の被災地に寄付するという。

50万円、宣伝費としては悪くない。
何キロ落札したのかはわかりませんが。

それにしてもサンマは高くなりました。
それは「サンマのかば焼き」の缶詰の価格を見てもそれがわかります。

安い缶詰の代表だったサンマが、サバやイワシに取って代わられた。

生のサンマも、私の常識からするととても手を出せない値段になっています。
旬なのに脂身の少ない小型のサンマが1匹100円以上とはどういうことなのか。

大型で脂たっぷりのサンマが1匹30円台だった頃が夢のようだ。
30円台とは言わないが、せめて100円以内で買えないものか。

サンマの不漁はこのところずっと続いています。

そのうち、大型で脂ののったサンマがマグロの大トロよりも高値で取引されるぞ。
初セリで高値で落札されたサンマが「すしざんまい」に並ぶ日も近いな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山陽本線は運転再開まで数カ月

2018-07-11 05:27:39 | 交通
西日本豪雨では交通網が寸断され、鉄道や高速道路が不通になっている区間があります。

山陽本線は三原ー海田市間の被害がひどく、運転再開まで数カ月かかる見込みです。
中国新聞電子版が伝えています。
    → http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=446652&comment_sub_id=0&category_id=256

記事では呉線・海田市ー広間が数週間、芸備線・三次ー下深川間は1年近く、
共に運転再開までかかる見通しとも伝えています。

JR西日本の広島駅からは在来線5方面のうち、
当面は可部線と山陽本線の下関方面だけの運行になる見込み。

その山陽本線の下関方面も山口県内で再開まで数週間かかる区間があります。
ということで数週間は在来線で広島県内を横断することができない。
それ以降に横断できたとしても呉線経由になる。

山陽本線のような大動脈で数週間から数カ月運行できないとなると、
物流や人の行き来で各方面に多大な影響があるでしょう。

北海道でも水害の影響で鉄道や幹線道路が長期間不通になったという経験がありますが、
そのときはヒトもモノも大変なことになった。

物資の行き来が滞る、それはそこに住み方にとっては辛いものだ。
日々、食べるものにも困るということなのだから。

北海道という被災地から遠いところで情報が少ない中ではありますが、
こんな私でも何かできることがあればと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西日本豪雨

2018-07-10 05:14:41 | つらつら思ったこと
この度は西日本を中心とした水害により多大な被害が発生しています。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方に心からお見舞い申し上げます。

それにしても、とめどなくよく降りました。
ウエザーマップ社などによると6月末からから7月8日までの総降水量は、
岐阜県、徳島県、高知県と長野県で1000mmを超えた地点がありました。

高知県本山町では8日までの10日間の総雨量は1691.5mmで7月平年値の約4.5倍。
同地点の年平均降水量は2616.2mmなので10日間で年平均の約2/3が降ったことになります。

更に岐阜県から九州にかけて山沿いや内陸で400mmから600mm以上の地点が目立ち、
広範囲にわたって大雨が降り続いたことがわかります。

ちなみに日本で一番降水量が少ないのはオホーツク地方ですが、
北見の年平均降水量は763.6mmですので10日間で北見の2年分以上降った。

また同じく札幌は1106.5mm、東京は1528.8mm、中国地方の山間部でも1500mm前後。
そこに10日間で600mm以上の雨とは、尋常なことではない。

それが西日本一帯に広がっているのですから、これは大変だ。
北海道に住んでいる私たちの想像を超える被害があるのであろう。

西日本は昨日から一転して最高気温が30℃以上になる猛暑が続くようです。

雨は止んだ、本格的な復旧はこれからだ。
そして今まで目に見えなかった被害が明らかになる。

ライフラインの復旧もまだの中いろいろ大変でしょうが、
被災した各地にお住まいの方はお体に気を付けてお過ごしください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大混戦のJ2

2018-07-09 05:32:42 | つらつら思ったこと
サッカーW杯は日本が敗退してしまった。
J1はW杯の長い中断でしばらく試合がない(天皇杯はあるが)。

ありゃ~、ヒマだなぁと思っていましたらJ2が大混戦になっていた。

首位が松本山雅で勝点が40、2位が大分トリニータで3位がレノファ山口でともに勝ち点は40。
勝点40で3チームが並んでおり、順位差は得失点差だけ。

以下は次の通り。

4位 町田ゼルビア     勝点37
5位 アビスパ福岡     勝点36
6位 横浜FC       勝点36
7位 大宮アルディージャ  勝点35

となっていますが、アビスパ福岡は大雨の影響で1試合少ない上でのこの結果。

それ以下も首位と勝点差10以内にJ2全22チーム中11チームがひしめき合う状況に。
こんなこと、過去にあったでしょうか(あったかもしれないけど)?

ちなみに、J2は1位と2位が自動昇格、3位から6位はJ1参入プレーオフです。
これは各チームのサポーターは、たまらんだろうなぁ。

J2は全42節、まだ先は長いですが各チーム頑張ってほしいですね。

※下手したらコンサもこの中にいたかもしれない。去年と今年の差が激しい。
 個人的にはレノファ山口を応援しています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『滝上町 ハッカを巡る旅 2018』

2018-07-08 05:52:16 | 滝上町



去年も行われた1泊2日のツアー、好評だったそうで今年も行われます。

メインはハッカの蒸留見学なのですが、実はこれが難易度が高い。
その理由は去年書きましたので、そちらをご覧ください。
    → https://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/83c83de056b5f337f869d87f976737dd


※日本でここだけの体験「和ハッカ蒸留見学」と香りの里ハーブガーデン 滝上町ハッカを巡る旅2018

◆出発日:9月29日(土)
◆旅行代金:札幌発着おひとりさま 1名1室 30,800円 2・3名1室 29,800円
◆添乗員同行◆朝食:1回、昼食:2回、夕食:1回◆募集人員31名(最少催行人員20名)
◆企画、実施:道新サービスセンター(道新観光)



ツアー内容は去年よりかなりレベルアップしています。

ツアーには北海道医療大学の高上馬 希重准教授(生薬学)が同行、
1日目に「ハッカ油のち・か・ら講座」が行われます。

2日目にはメインのハッカ蒸留見学、蒸留体験、生産農家さんの見学などがあります。
昼食後には滝上を離れ下川町にある『フプの森』の工場を見学します。

昼食は2回ともハッカやハーブ、滝上の地場産品をふんだんに使ったオリジナルの食事です。
ハッカの天ぷらなど、普段ではなかなか食べられないメニューになるとのこと。

ハッカの天ぷらなんぞ、私も食べたことないわい。

また滝上町と下川町、それぞれで蒸留水のプレゼントもあるという。
ツアーも2回目となると、中身が濃いなぁ。

日本でハッカの蒸留見学をするにはこのツアーに参加するしかない。
その貴重な体験ができるのは、あなただ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「滝上町ミントフェア」開催中

2018-07-07 06:36:03 | 滝上町
昨日も書きましたが、5日に滝上産和ハッカを紹介するイベントが行われました。

それに合わせて、札幌市内の3店舗で滝上町のミントを使った商品が、
7月31日までの期間限定で提供されています。


※滝上町ミントフェア

☆ラストミント(中央区南2条西3丁目 トミイビルNo.37 2F)





 ・自家製ミントアイスのミントチョコパフェ(780円、税別)
   滝上産の白ミントを贅沢に使用した自家製ミントアイス、
   チョコゼリーとブラウニーがアイスの美味しさを引き立てます

  011-221-5939 11:00~19:00(L.O.18:30) 不定休

☆ショコラティエ マサール パセオ店(北区北6条西2丁目 パセオWEST 1F)





 ・ボンボンショコラ~滝上産黒ミント~(3個入り969円、税別)
 ・シュプレムマント~オマージュ滝上~(496円、税別)
   滝上産黒ミントを使ったショコラとプチガトーです

  011-213-5610 10:00~21:00

☆ヒーリングショップ生活の木 パセオ店(北区北6条西2丁目 パセオEAST 1F)





 ・ルイボス白ミントティーSサイズ(530円、税別)
 ・ルイボス白ミントティーMサイズ(630円、税別)
   滝上産白ミントとルイボスを合わせたハーブティーです

  011-213-5082 10:00~21:00(L.O.20:30)


暑い夏にはミントはピッタリですね。
こんなことができるのも生産量日本一の滝上ならでは。

是非お試しください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加