奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

日高本線、日高門別ー様似間の廃止容認

2018-11-19 05:47:06 | 鉄道



日高管内7町長は日高本線の日高門別ー様似間の廃止を受け入れることに合意しました。

日高本線は現在、鵡川ー様似間がバス代行運転を行っていますが、
鵡川ー日高門別間(20.8㎞)をどうするかは年内までに結論を出す予定です。





現実的な判断ですね。

現地に行くとわかりますが日高門別から先は路盤が海に洗われ復旧するには莫大な経費がかかる。
さらにこれから先も常に護岸工事を繰り返すことになるでしょう。

これではJRとしても地元としてもたまったものではありません。

残るは鵡川ー日高門別間ですが、この区間も復旧する費用とその先も続く赤字の補てん、
この両方の負担をJR北海道から求められるのは必至です。

地元としてこれを容認するのかどうか、当該町長の判断が注目されます。

地域の交通網の一つとして是非残したいと思うなら負担を覚悟のうえで残せばいい。
“JRは公共交通機関の使命を果たせ”などというのなら廃止すべきである。

苫小牧ー鵡川間の路線を維持する方策を考える、それが喫緊の課題だと思っています。
コメント

昨日も降らなかった札幌の初雪

2018-11-18 07:39:59 | 北海道のこと
昨日は事前の天気予報では札幌で初雪が降るかもとされていました。
結果は、朝から快晴で雪の気配は全くなし。

今年は初雪が遅い。
稚内の初雪は11月14日で観測史上最も遅くなりました。

札幌もまだ降っていない。
繰り返しますが降るといわれていた昨日も降らなかった。

札幌での初雪の平年値は10月28日、去年は10月23日、
観測史上最も早かったのは1880年の10月5日、遅かったのは11月20日。

さて天気予報を見てみると雪が降りそうなのは21日(水)あたりか。
となると観測史上最も遅い初雪となります。

札幌の他で初雪が観測されていないのは帯広、釧路、室蘭、函館です。
その中で最も初雪は遅かったのは釧路の12月9日。

さてこれから、どんな天気になるのでしょうか。

今年の冬は、面倒くさい天気になりそうですね。
コメント

明治神宮野球大会、優勝の2校

2018-11-17 05:56:52 | つらつら思ったこと
終ってしまいましたが、14日まで明治神宮野球大会が行われていました。

高校の部は初出場の札幌大谷高校が優勝、
マー君がいた時の駒大苫小牧以来の北海道からの優勝校となりました。

これはまさかの優勝でした。

甲子園にも出たことがない、全国大会初出場の札幌大谷がするすると勝ち上がり決勝進出、
そして決勝では先制されるも逆転での勝利。

こんなことがあるのかねぇ…。

大学の部は東都の立正大学が決勝戦でこれもまた逆転で優勝、
9年ぶり2回目の栄冠を勝ち取りました。

前回の優勝は現ロッテの南昌輝がエースで投げていました。
今回の優勝はドラフトで指名された小郷と伊藤裕の打力で達成した。

立正大は現4年が入学したときはリーグ2部でした。
そこから這いあがっての優勝なので、喜びも大きかろう。

今年の神宮大会は高校も大学も最後まで見ていて楽しかった。
野球シーズンの最後に楽しませてもらいました。

両校とも、おめでとうございます。
コメント

今日と明日は

2018-11-14 04:39:53 | つらつら思ったこと
今日と明日は十勝地方に出かけます。

平地でも雪が降るという天気予報の中、夏タイヤで十勝に突撃だ。
さて、無事に生きて帰ってこれるのか。

行きは日高から野塚峠を通るので雪の心配はなかろう。

帰りは雪の心配が多少ある。

帰りの第一選択は日勝峠ですが、積雪があれば狩勝峠、
それが無理なら野塚峠が選択肢になります。

日勝に比べ相当遠回りになるのですが、それも無理なら襟裳経由だな。

今回の泊りは久しぶりに十勝川温泉になります。

最近は幕別温泉に泊まっていましたが、予約できなかった。
泉質は幕別温泉と同じ、モールなのですが。

初めて泊まるお宿です。
ブログは金曜までお休みします。

では、行ってきます。
コメント

ロイヤルホスト白石店、18日に閉店

2018-11-13 05:25:24 | つらつら思ったこと
ファミレスのロイヤルホストは白石店(札幌市白石区)を今月18日に閉店します。
これにより北海道のロイヤルホストは7店舗になります。

ロイホはかつて、札幌市内と近郊にたくさんありました。
しかし2009年に年間で6店舗閉店、2010年4月現在で12店舗ありました。

そこから更にじわじわ減り続け今月末で7店舗にまで減ります。

最盛期には何店舗あったのか、もう今となってはわからない。
ちなみに我が家からの最寄り店舗は札幌西町店でしたが2009年に閉店した。

ファミレス業界も大変よのう…、などとのたまうつもりはありません。
この大量閉店はなるべくしてなった結果だ。

チェーン店の店舗は規格品で、同じチェーンの同規模のお店の造りはほぼ同じ。
いちいち店舗をカスタマイズするところは少ない。

ということでロイホも北海道であろうと本州であろうと同じ造りになっています。

となると、冬場は寒い。
ロイホは冬に窓際の席に座るとかなり寒さを感じます。

ヴィクトリアステーションやびっくりドンキーだとうそういうことは少ない。
ここに北海道育ちのチェーンと本州から進出してきたチェーンの違いがあります。

かしかし、ガストやその他本州育ちのチェーンでは寒さはさほど感じないので、
この寒さはやはりロイホ独特のものなのだと思う。

これでは寒がりの道民の支持は得られまい(トイレも暖房がないし)。
というのがロイホ閉店続出の真相だと、私は思っているのですが。

本当のところはどうなのか、わかりませんけどね。
コメント

FindShip(スマホアプリ)

2018-11-12 05:39:02 | つらつら思ったこと
FindShipは船の現在位置と詳細情報がわかるアプリです。
基本は無料ですが、アプリ内で課金があります。

普通に使う分には、無料でよかろう。

主な船にはAIS(Automatic Identification System、自動船舶識別装置)が設置されており、
これにより世界中の主な船の現在位置と船舶情報がわかるようになっています。

これを利用し船の位置情報などを知ることができるのがこのアプリ。

初めてこのアプリを開くと混乱します。
何しろ世界中の船がどこにありどこを向いているのかがわかるのですから。

フェリーはもちろん、貨物船やその他諸々、ごちゃごちゃと表示されます。
私がお馴染みのフェリーは青矢印で表示されています。

ということで試しに苫小牧や函館周辺を見てみました。

そこには商船三井や太平洋フェリー、津軽海峡フェリーなどの船が表示されていました。
港に停泊中、航行中、入港間近など各船の動きが一目瞭然だ。

また各船をタップすると船の船主情報や画像なども見ることができます。
こんな便利なアプリがあったのか。

フェリーに乗っていると楽しみなのがいろいろな船との出会い。
すれ違ったり追い抜いたり、交差したり、また僚船との離合も。

このアプリを使うとその相手の船の情報がわかるので楽しみも増すというもの。

これでまた船旅の楽しみが増えました。
次はいつどの航路に乗るのかはさっぱりわかりませんが。
コメント

伊香牛駅(当麻町)

2018-11-11 07:19:44 | 鉄道



伊香牛駅は石北本線、国道39号線沿いにある無人駅です。
開業は1922年、1988年に駅舎を改築、なかなかシャレている。

駅舎自体は国道を走っていてもチラと見ることができます。
なかなかいいデザインの駅舎だということはわかっていました。

今回、休憩がてら立ち寄ってみました。
そしたら、駅前に郵便局や商店があり周辺にもそこそこ人家もある。

これは昔はかなり賑わっていたに違いない。
夕方に1往復、旭川からこの駅折り返しの区間運転列車があるのも頷ける。

伊香牛の歴史を調べると面白いかもしれない、と思いました。
コメント

上紋峠、今年から冬の通行止め

2018-11-10 07:25:14 | 交通
道道61号士別滝上線(士別市ー滝上町)は“主要道道”に指定され、
浮島トンネルが開通する前は滝上から旭川へ向かうときに使う重要な道路でした。

昔はそこそこの交通量があったのだ。

除雪は通年行われていたと思うのですが、そのうち夜間の除雪はなくなった。
そしてとうとう、今年からは冬期間は通行止めとなってしまった。

ラジオの交通情報を聞いていたら、“上紋峠は冬の通行止め”と聞こえてきました。

あれ、上紋峠って冬季通行止めだっけ?
と思って地元の友人に確認したら今年からだという。

そうだよなぁ、去年までは開通していたもんなぁ。
ですがそのお陰で今年はえらく面倒くさいことになった。

先日、士別から滝上へ向かう用事があったのですが通行止めのお陰で一度旭川に戻ったのです。

天気は快晴、積雪もなく夏タイヤでの快適なドライブだったのに。
でも通行止めだった。

仕方ありませんね、冬になれば今はほとんどこの峠を通る車はないのですから。
これではコストをかけて除雪する必要はない。

過疎化が進む中、限られた予算で生活をどう維持するか。
多少の不便は受け入れなければ、世の中は回らないのですね。

※実際に冬季の交通量はほとんどなかったと思われる(推測です)
コメント

白銀(しらがね)の滝(雄冬岬)

2018-11-09 05:49:04 | 北海道の旅日記



国道231号線は札幌から日本海岸をひたすら北上、風光明媚な景色が続きます。
これを海側から見れば素晴らしいだろうにねぇ。

その風光明媚な海岸線、私は今のところ車で走り抜けることしかできない。
ここを自転車で走るといろいろな景色を観ることができるのだろうに。

そんな道を車で走っていても“ここぞ!”と思う絶景スポットがここです。
場所は石狩市と増毛町にまたがる雄冬地区の石狩側にある白銀の滝。

国道横に駐車場があり、その雄姿を間近で観ることができます。
駐車場の一角にあるモニュメントは1981年に国道が開通したことを記念したものです。






「日本海に迫る断崖絶壁の厳しい自然条件のもと陸の孤島といわれてきたこの地に、
北海道開発局が二十余年の歳月をかけて難関に挑みここに開通した。
住民百年来の悲願達成の喜びと、明るい未来への希望を込めて、この碑を建立する。
昭和56年11月10日」


モニュメントにはこう記されています。

国道が開通するまでは増毛から1日1往復あった定期航路しかなかった。
国道の開通はこの地の住民にとって大きな出来事だったのですね。

※雄冬への定期船については以下をどうぞ
    → https://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/c0505292205fb4928fc0991aadf8d333
コメント

今日と明日

2018-11-06 05:31:55 | つらつら思ったこと
これから出かけます。

今日は増毛、士別、旭川、紋別、雄武、滝上、
明日は滝上、当麻、旭川、空知地方。

ブログは木曜までお休みします。

では。
コメント