奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

平日1週間名古屋旅…とにかく船の中(4日目)(2009年03月03日の日記から)

2010-01-31 04:39:08 | 道外の旅日記
20日早朝、外はまだ暗い時間。

船は千葉県沖を航行中で快調に…揺れています。
天気予報を見てみると“暴風波浪警報”発令中。

ベッドの中で私は悶絶していました。

何で悶絶していたかというと、お腹が空いたから。
夕食はちゃんと食べたのにどうしてこんなに空腹なの?
そこにこの揺れだもの、大人しく寝てられん。

暗い中起きだして活動開始。

警報が出てるとはいっても波はさほどでもありません。
ただうねりはかなりある。
このうねりが海岸に近づくと大波になるんだろうなぁ…。

揺れで気持ちが悪くなるということもなく、結構冷静なのであります。
茨城沖を進み波も収まり始め順調に航海が進む7:30、
開店一番乗りでレストランに飛び込み朝食にありつきました。

あとはお風呂に入りテレビを見て本を読みといういつもの過ごし方。
海を見て波を見て海岸線を楽しみという贅沢な時間です。

14:15ころ、福島県沖で名古屋へ向かう僚船“いしかり”とすれ違い。
こういうイベントは船旅のいいアクセントですね。

定刻より30分早く16:10に仙台港入港。

歩いて20分のジャスコに夕食の買出し後また船へ。
これは去年乗ったときに同じことをしているので戸惑いはありません。

19:40、定刻に仙台港を出航。

外出で冷えた体を温めるためにまたお風呂へ、
そして夕食のあとまたラウンジショー。

出演者は昨日と同じ、楽しいおしゃべりとカンツォーネを堪能。
出口で出演者に感謝の気持ちを伝え船内でまったり。
昨日と同じことの繰り返し。
このマンネリ感がたまらない。

でもね、揺れてる。

ショーの間もステージのカーテンがゆっさゆっさ揺れるもんだからそれが気になったりして。
天気予報では低気圧が通過するということ。
さてこれからどれほど揺れるもんだか。
それはそれで楽しみ、なんだかワクワクするな。

最後の夜は更けていく…。

続く
コメント

平日1週間名古屋旅…地下鉄とバス乗りまくりの巻(3日目・船旅へ)(2009年03月02日の日記から)

2010-01-31 04:23:41 | 道外の旅日記
19日、夕方。

フェリー埠頭へは地下鉄名古屋港駅からバスです。
若干時間があったのでバス乗り場あたりをうろついていると…。

バス停に収支係数が表示されているではないですか。
系統ごとに、100円の収入を得るのに必要な経費がでています。
今日最後のバスに乗るときに気づくなんて、不覚…。
ちなみに埠頭に向かうバスの収支係数は166。

これはどのバス停にも表示されているのでしょうか?
だとしたら利用者も運転手も、コストを意識せざるを得なくなりますね。
白石区のバス路線でこれをやったらどうだろう。

さて、今日3回目のバス。これを降りたら名古屋ともお別れです。
バスに乗った3回とも感じましたが、運転手さんの姿勢が素晴らしい。
始発から行き先や運転手名、安全の注意や運転の心がけなどをアナウンス。
運転も丁寧ですしノンステップバスも多い。
とても公営交通とは思えません。

車社会の名古屋圏で生き延びるためにサービスが向上していったのでしょうけど、
これは是非他の事業者にも見習って欲しいと思いましたね。

さて、フェリーターミナル。
乗船手続きを済ませて船の乗り込むと、苫小牧まで39時間30分の船旅の始まりです。

この航路は去年の正月に乗りました。
そのときはまさか、また同じ航路に乗るとは思いませんでしたが…。

シップは“きたかみ”、総トン数は約14,000トン。
A寝台に落ち着きやがて19:00、定刻の出航。
私は早速お風呂に入り、夕食にしました。

20:00からはラウンジショー。
出演はテノール歌手と女性ピアニスト。
イタリアへ留学したこともあると言うテノール歌手によるカンツォーネですね。
イタリア語ですよ。
生まれて初めて、生のカンツォーネを聞くことができました。
歌詞はわかりませんでしたが、しゃべりも上手で歌も十分楽しめました。

夜も更けました。
体も温まりお腹もいっぱい、歌も楽しめましたし言うことのない船旅です。

続きは、海の上
コメント

平日1週間名古屋旅…地下鉄とバス乗りまくりの巻(3日目・港まで)(2009年03月01日の日記から)

2010-01-30 05:10:02 | 道外の旅日記
19日。

事前の予定は何も入っていません。
完全にフリーの日。
そして、名古屋を離れる日でもあります。

ということで、手にしたのは“バス・地下鉄1日乗車券”。
これで地下鉄を乗りつぶす予定です。

7:30頃ホテルをチェックアウトしまずは地下鉄で金山へ。
ここで荷物をロッカーに預けて身軽になります。
これから16時頃までフリータイムです。

再び地下鉄で栄まで。
ここでとあるバスに乗りました。
“高速1”系統、栄発森の里団地行き。

この路線は途中、高速道路を南に走って行きます。
高速バスが高速を走るのは当たりまえですが、
路線バスとなると少なくとも北海道にはそんな路線はありません。
それに乗ってみようという目論見です。
高速からなので景色も良かろうて。

市バスの運賃は200円均一ですが、
この路線で高速区間を乗る場合には高速運賃10円がかかります。
1日乗車券を持っている私も例外ではなく、乗車の時に10円払って乗り込みました。

バスは一般道から高速に入り一路南に走ります。
途中は港に近い工場地帯、元気な名古屋を象徴する景色です。
再び一般道に戻り、クネクネした道を走る走る…。

バスの右手に桶狭間の古戦場跡の幟が。
なるほど、桶狭間。
バスも空いていますし乗り心地も快適、ちょっとした観光バス気分です。

乗ること約1時間、バスは森の里団地に着きました。

ここはどこ?

何しろ目的が“高速1のバスに乗ること”なので森の里団地の位置関係がわかりません。
なので素直にココ始発の地下鉄駅行きバスに乗ることにしました。

地下鉄を乗りつぶしながら今度は大曽根から出ているガイドウエイバス、ゆとりーとラインへ。

基本はバスですが途中までガイドレール付きの専用軌道を走り、
ガイドレールを降りると一般道を普通にバスとして走ります。
専用軌道の中は鉄道扱い。
タイヤで走る札幌地下鉄のバス版みたいなものですね。

そんなこんな行きまして、地下鉄は鶴舞線を除き全線走破しました。

さて16時、場所は金山。
駅前のダイエーで夕食の買出し、
ロッカーから荷物を取り出して地下鉄名港線で終点の名古屋港へ。
名古屋の滞在もいよいよあとわずかになりました。

これから最後の市バス、フェリー埠頭行きに乗ります。

短い間だったけど、いろいろあったなぁ…。
バスが来るまでのわずかな時間、名古屋の空気をかみしめていました。

続く
コメント

平日1週間名古屋旅…仕事!(2日目)(2009年02月28日の日記から)

2010-01-30 05:01:13 | 道外の旅日記
18日、1日中お仕事の日です。

仕事先はJR中央線にある勝川、アポは10:00。
ホテルからは地下鉄とJRを乗り継げば30分ほどで着きます。
が、そのコースにはしない。

ホテルを出たのは8:30頃、地下鉄に乗り向かった先は名古屋駅。
名古屋からはJRですが勝川とは反対方向の岐阜方面へ1駅の枇杷島へ。

ここから“東海交通事業”というJR東海の関連会社が鉄道を走らせています。
その“城北線”の行き先はナント都合よく、勝川まで。

東海交通事業、枇杷島駅。

名古屋の隣の駅ですよ。
ローカル線とはいえ大都市圏の中にあるのは間違いない。
線路も全線複線高架という立派なもの。
そこにやってきたのは、1両のディーゼルカーです。
その1両のディーゼルカーがあっちとこっちを行き来するだけなんです。

お客さんもまばら。
勝川に着いたときは私を含めて3人しか乗っていませんでした。
いんやぁ、びっくりした。
いろいろな経緯があって開業したとはいえ、これは大変だ。
でも景色はさすが全線高架だけあって絶景でした。

少し時間が余ったので駅前の商店街を散歩。
こんな朝早くからジャパニーズファーストフードのお店が開いています。
みたらし1本50円、お好み焼き100円、肉入り焼きそば200円!
さすが古くからの商店街、たまんないなぁ。
こういう発見があると嬉しくなります。

予定通り仕事を済ませて、関係先の名古屋支社へ。
まずはオフィスで支社長、副支社長、現地スタッフと情報交換のあと、
居酒屋へ場所を移し更に情報交換。

まずは予定通りで何よりな1日でした。

3日目へ続く
コメント

平日1週間名古屋旅…市内観光(1日目・後半)(2009年02月27日の日記から)

2010-01-29 05:08:34 | 道外の旅日記
荷物から開放されて身軽になった私。

手には地下鉄の1日乗車券。
どこにでも自由にいけます。

まずは吉例により、名古屋市博物館へ。
いやぁ、本当に博物館好きな私。
その展示内容は…イマイチ。
普通の、ありきたりな総合博物館でした。

あっ、普通の総合博物館でいいんですけど。
期待値が大きすぎたからなぁ…。

一通り見て、さっさと退散。

時間が余った!
これは絶対にあそこに行かなければ!

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

閉館時間まで2時間は見学できる。
十分な時間ではないけれど、大丈夫だろうと。

トヨタといえばもちろん車でしょうが、
その発祥は自働織機です。
その機織工場の跡地にトヨタが作った博物館が、ここ。

展示は大きく分けて2つ、繊維機械と車。

ここはお勧め。
メカに興味のある人はもちろん、そうでない方も楽しめます。
でも私の文章力ではここの楽しさは伝えきれないな…。

織機のところではいろいろな綿から糸を作りそれを束ねて布にするまで、
“鶴の恩返し”に出てくるようなはた織から最先端の機械まで実演付きで見れるんです。

綿から糸を紡ぐ、糸紡ぎの実演。
昔の織機工場の様子。
そもそも綿花(木綿)。
なんで畑で綿がとれる?

そんな素朴なところから、最先端の技術まで。

本当に工場で使っているどでかい機械がドカドカ動いてるとこなんざ、
そうそう見れませんぜ。

“知識”として知っていたものが“実体験”に変わりました。

時間が足りん!

車のコーナーは駆け足で回ることに。
すんごく残念。

次回名古屋に来たときにはまた来よう。

時間は17時。
R-1グランプリを見たいので19時にはホテルに帰りたい。

あとは若干地下鉄の乗りつぶしをして夕食の買出しへ。
ターゲットは今池の、ユニー(東海地方地盤の総合スーパー)。

ユニーに足を踏み入れるのは初めてです。
地元の主婦に混じって食品売り場を物色。
いろいろと珍しい、地方色あふれるものがたくさん売っています。
楽しい買出しタイムでした。

酒をかっくらいながらR-1。
鳥居みゆき、こっくりさんのネタにしましたか。
お疲れさまでした。

私もお疲れの1日、おやすみなさい…。

この日、終わり
コメント

平日1週間名古屋旅…名古屋到着(1日目・前半)(2009年02月25日の日記から)

2010-01-29 04:58:26 | 道外の旅日記
17日。

予定ではこの日はほぼ、海の上だったはず。
でも午前3時、私は自宅で目覚まし時計に起こされたのです。

まぁ、海が荒れればフェリーには乗れないよなぁ…。
それで止むなく飛行機で行くことになりました。

まずは荷造り。
シャワーを浴びて朝食を摂り家族が寝静まっているうちに出発です。

新千歳空港は、雪。
幸い風がないので大事にはならないようですが、
フライトを前に滑走路では除雪作業が続いています。

滑走路閉鎖。

これは初体験。
窓からは除雪車が隊列を組んで滑走路を除雪しているのが見えます。

なるほど、こうやって除雪するのか…。
なかなか面白いものが見れました。

飛行機は8:30、定刻より30分遅れで無事出発となりました。

千歳から名古屋に行くのは初めて。
進むにつれ窓の下を覆っていた雲も切れ、
地上の様子がよくわかるようになってきました。

多分、関東平野。
平地が狭まり山の風景、その向こうに富士山。
そして日本アルプスを横断。
なんて険しい山容なんでしょうか。
真上から見ると、その険しさがよくわかります。

富士山が近づいたところあたりから下降し始めます。
浜名湖、渥美半島、三河湾・伊良湖水道とそこに浮かぶ島々。

機は旋回して着陸態勢に。
今度は伊勢湾とその向こうに見える三重県。

このあたり、いい景色だ。

いよいよ中部国際空港、セントレアに着陸。

観光案内所で名古屋市内の観光マップをゲット。
これが後々、私の3日間の行動を強力にサポートしてくれました。

空港を探検することもなくとっとと名鉄で名古屋駅へ、
地下鉄に乗り継ぎホテルに荷物を預けて準備完了。

時間は昼頃。
予定外のこととはいえこれからは自由時間、
せっかくなのでこの状況を楽しまない手はありません。

さぁ、これから名古屋の探検開始です。

続く
コメント

平日1週間名古屋旅…痛恨の、飛行機!(0日目)(2009年02月24日の日記から)

2010-01-28 04:38:17 | 道外の旅日記
さて、16日。

予定では琴似を18:50出発のJRで苫小牧へ行き22:00発の連絡バスへ乗り継ぎ、
苫小牧東港を23:30出航のフェリーで敦賀へ向かうことになっています。
ちなみに、敦賀到着予定は17日の20:30の予定。

なので夕方までは普通に仕事をしてお出かけとなる予定です。

予定はあくまでも、予定。

一番の懸念は日本海の波の状況。
冬の日本海は荒れると厳しいですから…。

で、やっぱりどうも波の状況がよくないらしい。
新日本海フェリーのHPにも“遅れ見込み”の告知が出ています。
この会社が“遅れる”と事前情報を出すということは、相当荒れるということだな。

新日本海フェリーに電話しました。

“普通に出航しますが、到着は2時間遅れる予定”
“相当揺れるでしょうね”

帰りなら揺れようが何しようがそれもいい経験と割り切れますが、
行きにそんなんだと肝心の仕事に支障が出る。

16日出発予定の午前中にフェリーに乗ることを断念、
名古屋には17日に飛行機で向かうことになりました。

これは痛恨の出来事ですよ。
去年は東京に何回か行きましたが、行き帰りに飛行機なんか使ったことないのに。
致し方ない事情とはいえ、ここで飛行機に乗る羽目になろうとは!

でもしゃ~ない。

さぁやることがいっぱい。
なにしろ事前に手配していたのは18日のホテルだけなんですから。

まずはホテル。

事前予約していたところは名古屋到着後の利便性を考えて名古屋駅近くにありました。
それを急遽変更。
18日に名古屋支社の同僚と夕食の約束をしていたので支社に近いところに2泊としました。
そのホテル名は、

“紀州鉄道名古屋栄ホテル”

いかにも、私にふさわしい名前のホテルだ。

次は行き帰りの交通機関。

行きは17日の飛行機。
どうせ行くなら、始発。

新千歳8:00発のJALで無条件に決定。
帰りは当初の予定通り、名古屋を19日に出航の苫小牧行きフェリーで決まり。
冬の太平洋は波が安定しているのでさほど不安はありません。

それを知り合いの旅行会社に手配してもらい夕方チケットをピックアップ、
16日18時頃に全ての手配を済ませました。

朝早い出発なので早めに帰宅し夕食後就寝。

旅立ち予定のこの日は旅立たず、自宅で家族と過ごしました。

続く
コメント

平日1週間名古屋旅…プロローグ(2009年02月22日の日記から)

2010-01-28 04:36:07 | 道外の旅日記
始まりは知り合いからの1通のメールでした。

“名古屋に仕事の相談したいって言う人いるけど、行く?”

名古屋ですかぁ…。

東京くらいなら気軽に行きますけど、名古屋ですか…。
遊びになら行きたい。

“お客さんと直接電話でお話してみてから考える”

そうお返事いたしました。

その後お客さんとメールや電話でいろいろお話をさせていただきまして、
これなら空振りでも悔いなしと思い至り名古屋行きを決断しました。

さてそこからが本番です。

仕事は18日に決定。
その日は一日空けておき、不測の事態に備え次の日もフリーに。

あとは交通機関ですが。
吉例により、飛行機は使わずにどう行って帰ってくるか。
時期が悪くJRは適当な格安切符がないので断念。

その結果は…。

行きは16日に苫小牧から敦賀までのフェリーに乗りそこからJRで名古屋へ。
順調に行けば17日中に名古屋に到着する予定ですが、
フェリーが少しでも遅れると最悪敦賀に泊まることになるかも。
ということで宿泊地は未定に。

帰りは19日に名古屋から仙台経由苫小牧までのフェリーに決定。

出発は16日、到着が21日。
都合5泊6日、うち船中3泊ホテル2泊の出張となりました。

ただ冬のフェリー、特に日本海は海が荒れるので欠航などのリスクがあります。
出航しても、あんまり揺れたりするのもイヤですし…。
幸い閑散期で当日予約でも満員になることはないので、
出発予定の16日まで天気などを見ながら最終決定することにしました。

フェリーに乗れなかった場合の代替交通機関も考慮しておかなければ。

結局前もって予約したのは18日のホテルだけ。
それから16日まで、天気図などを見ながら過ごしていました。

続く
コメント

仕事の合間に … 3日目(2008年12月22日の日記から)

2010-01-27 07:01:31 | 北海道の旅日記
朝風呂。

これが気持ちいいんですよ。
空いていますし。

6:30からバイキングの朝食。
メニューはシンプルでしたが、これでいいんだよな。
ご飯と味噌汁、お魚、卵、納豆、サラダなどなど。

9時前に出発、まずは浦幌へ。
途中直別駅あたりから国道から離れJRに沿って厚内へ。
地元の人しか通らない、生活道路です。
海、牧場、小さな街並み。
どこにも人の営みがありますし、それを感じるのが楽しかったりします。

国道に戻り、浦幌市街地へ。
用事を済ませ信金でお金をおろす。
出てきたのは、2000円札!
やられた…。

次の目的地は広尾。
車通りの少ない国道を十勝川、歴舟川と渡りまたもや国道をはずれ旭地区へ。
ここも生活道路。海を眺めながら快適なドライブ。

まっすぐ目的地を目指すだけじゃ、つまらない。
ところどころ寄り道をしながら行きます。

以後天馬街道経由で日高から苫小牧へ入り用事を済ませ札幌へ。

1年に1回の、道東行脚でありました。
コメント (2)

仕事の合間に … 2日目(2008年12月21日の日記から)

2010-01-27 06:58:27 | 北海道の旅日記
2日目。

午前中は帯広市内で比較的ゆったりと用事をこなしお昼近くに音更町へ。

音更帯広ICの近くに“柳月 スイートピアガーデン”があります。
お菓子の柳月の、店舗兼工場です。

まずは工場見学へ。

洋菓子、和菓子、三方六…etc.
職人さんが忙しく働いています。
意外と手作りの部分が多いんですね。

そして売り場へ。
十勝地区限定商品を自宅用に買いました。

昼食はおそば。
十勝のそばは美味しいんですよ。
そば好きの私にはたまりませんねぇ。

仕事を済ませて釧路へ。
まずは夕食(お酒の肴とお弁当)を買ってホテルへチェックイン。
この日のホテルは天然温泉の大浴場付きです。
30分ほど休憩したあと市内で用事を片付け厚岸へ。

仕事をこなし再び釧路へ車を走らせます。

夜の釧路平野では国道沿いに鹿がたくさんおるとです。
鹿と衝突する車も多かろうて。

23時近くにホテルへ戻り、まずは温泉へ。
さっぱりしたところで遅い夕食。

大きなお風呂に入ると気分もゆったり、疲れの取れ方も違います。
お腹も満足、ぐっすり眠りましたとさ。
コメント