奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

渚滑線、各列車の想い出(9) … 721D(渚滑始発、北見滝ノ上633着)

2011-06-30 05:35:19 | 渚滑線・名寄本線
渚滑     5:41
   ⇓
北見滝ノ上 6:33


渚滑線の起点、渚滑からの単行始発列車です。
こんな早い時間に滝上に向う客とは、前夜札幌を夜行急行「大雪6号」で出発した人。

急行「大雪6号」の札幌出発は22:15、名寄本線との乗換駅・遠軽には4:04に到着し、
4:21発の名寄本線の始発列車に乗って渚滑には5:25の到着。

ここで渚滑発5:41のこの列車に乗ることになります。

朝早いうちから乗り越しをしないか怯えながら乗り継いできた客も、
この列車に乗ってしまえばあとは終点まで寝ていけます。

と思って私が気を抜いて寝ていたら終点に着いても誰にも起こされず、
危うく折り返し紋別行きの客になりそうだったことがありました。

今こんなことがあったら新聞沙汰だぞ。

私がこの列車に乗ったのは数回、
やはり急行「大雪」からの乗り継ぎでした。

遠軽と渚滑での乗り換え時間がとにかく早いので、
寝過ごさないかだけ心配して乗っていました。

それにしても遠軽は早朝4時過ぎの乗り換え。

冬の朝、スチームで暖かい夜行の客車内から、
ピンと張り詰めた冷たい空気を通って暖かいディーゼルカーに乗り換えるのは悪くない。

寝不足のボケボケした気分もシャキッとします。
それもそのときの一瞬だけなのですけどね。

にしてもこんな早朝の始発列車、乗客はいつも数人。
北見滝ノ上駅を発着する列車の中で一番利用者が少ない列車だったと思います。
コメント

じょいくるーず

2011-06-29 05:53:48 | 北海道のこと
北区新川に「グルメシップ」という温浴施設がありました。

しばらく前に閉鎖になっていましたが。

その前は「ビッグシップ」と言っていましたね。
バブルの頃にオープンした、船の形をした不思議な建物。

昨日、その横を通る機会がありふと見ると何やら再オープンしてた。

「じょいくるーず」

ほほ、知らない間に復活してたか。

HPで見てみると天然温泉やらスポーツクラブやら、
中は以前の「グルメシップ」と同じような内容。

そりゃそうだよね。

経営はゲオディノス(旧スガイ)。

今度行ってみよう。

「じょいくるーず」
   → http://www.joycruise.jp/
コメント

旧永山武四郎邸

2011-06-28 05:56:37 | 北海道の博物館



サッポロファクトリーの東側にある公園は「永山記念公園」といいます。
その一角にあるのが、北海道指定有形文化財の「旧永山武四郎邸」。

永山武四郎の私邸だった建物です。

建物は本来の邸宅と、後に増築された旧三菱鉱業セメント寮からなります。








それぞれ画像をアップしておきますが、
古い木造の建物が旧永山邸、洒落た洋館のように見えるのがセメント寮です。
二つの建物は中で繋がっていますよ。

このあたりは今でも工場が多い地域なのですが、
当時も工業局製作所や葡萄酒製作所、麦酒製作所(名残がファクトリー)がありました。
そんなところに永山武四郎は住んでいたのですね。

建築手法とか様式などは興味がないので論評しません。

ところで永山武四郎とは?

鹿児島生まれの軍人です。
北海道開拓使に出仕、屯田兵設置に尽力し「屯田兵の父」と呼ばれています。

その後第2代北海道庁長官、第7師団長、貴族院議員などを歴任、
最後まで北海道の開拓、産業の発展に尽くした…そうです。

旭川市の「永山」という地名も永山武四郎の名からつけられました。

そういう方の、邸宅です。

開拓時代にはいろいろな人がいろいろな活躍をして、そして今の北海道がある。
そんな出来事のひとコマに思い巡らせ見学してきました。

今の政治家とは違うな。
羨ましい時代です。


*旧永山武四郎邸

住 所:札幌市中央区北2条東6丁目
開館時間:9:00~16:00
観 覧 料:無料
休 館 日:12月29日~1月3日
コメント

さっぽろ湖

2011-06-27 06:04:21 | 北海道の旅日記
豊平から小樽まで行く用事があったので、
定山渓経由で行ってみました。

途中の国際スキー場にはたまに行きましたが、
定山渓側からこちらへ行くのは初めて。

国際スキー場へ行く時は朝里から向っていましたからね。

定山渓から山へ向うと豊羽鉱山への分かれ道があります。
廃鉱になっている豊羽鉱山ですが、今はどんな姿になっているのでしょうか?
一度行ってみたい。

更に進むと定山渓ダムがあり、さっぽろ湖の畔に出ます。

休憩所でしばしお休み。

年配のカップルがベンチに座り、お弁当を食べています。
こんな自然の中で仲良くお弁当を食べるなんて、羨ましい。

こちらは仕事の途中、一休みしてから小樽へ向いました。

それにしても自然いっぱいの快適なドライブコース。
時間もR5経由と変わらない感じでした。

機会があればまた通ってみよう。
今度は秋がいいかも。
コメント

現場力

2011-06-26 04:44:34 | つらつら思ったこと
トンネルでの事故以来、JR北海道では毎日いろいろありますね。
HACもそうだし。

トラブルは仕方ないけど、その後の対処が悪い。
昔はこんなに揉めなかったと思うけど。

マニュアルを覚えることに一所懸命で現場の対応力が下がっていると感じます。
これはJRだけに止まらずどこもそう。

マニュアルも大事だけど、非常時には現場でどう判断しどう対処するか大事なのに、
その現場が全体を見ることができなくて思考停止し混乱に拍車をかける。

マスコミも何かあるとすぐ“マニュアルの不備”だとか言うから、
余計に本社から現場まで動きが取れなくなる。

報道する側も受け取る側もマニュアルとは何かという基本がわかっていない。
マニュアルを作る側もわかっていないからこんがらがる。

また現場にマニュアルを越えて動ける人材がいなくなっているのも原因だ。

マニュアルはあくまでもマニュアル。
マニュアルに想定されていないことは現場で解決するしかない。
そこを突破する人材が不足している。
↑私の日々の悩み(笑)

コスト削減で人件費の高いベテランが現場から排除されて、
世代間で様々な技術や考え方が継承されていないこともあるかもしれない。

JR北海道のトラブルを見ていると今日本が抱えている問題が見えてくる。

日本の強さは現場力だったのに、
弱っているな。
コメント

やきそば弁当

2011-06-25 04:55:00 | 北海道のこと
先日は久しぶりに“やきそば弁当”を食べました。

マグカップにスープも作って、完璧だな。

マルちゃんのやきそば弁当はよく知られているように北海道の限定品です。

カップ焼きそばでは圧倒的なシェアを誇っており、
他社の追随を許さない道民のソウルフーズになっています。

本州ではたまに物産展などで売っているようですね。
また東京・有楽町のどさんこプラザで売っているとか。

北海道のカップ焼きそばとして全国発売したらどうなのかなとも思いますが、
カップ麺はシェアが動かない商品だそうで無理っぽい。

などということを考えながらやき弁を食べました。

食べたあと片づけしているときに、青海苔を発見。

あっ、入れ忘れた。

残念。
リベンジしなきゃ。
コメント

亘理病

2011-06-24 04:37:15 | つらつら思ったこと
亘理病、というのがあるらしい。

新種の病気とか謎の病とかではありません。

宮城県亘理町にボランティアに行くと亘理町が好きになり、
帰ってもまた亘理町にボランティアに戻ってしまう。

それが、亘理病。

何回もリピートしてしまうらしい。

そういえば私の好きなシンガーソングライターの石野田奈津代も、
何度もボランティアで亘理町に行っています。

なっちゃんも完全に亘理病だな。

亘理町といえば宮城県南部、海沿いに広がるの田園地帯。

伊達市に入植したのも亘理町の方々でしたが、
その温暖な気候は「北の湘南」と同じ雰囲気があります。

名産はイチゴ。
出荷量は東北1位だそうで、北海道でもよく売っていますよね。

そんな亘理町。

私もよく知っていますが、いい街だ。

私はボランティアでは行けないと思いますが、
復興後宮城県に行ったときには是非亘理町まで足を伸ばしてみたい。

そして街を歩いて人と触れて、私も亘理病になるのさ。
コメント

ホテルの朝食

2011-06-23 05:39:35 | つらつら思ったこと
世の中には様々なアンケートがありますが、
「朝食の美味しいホテルランキング」というのもあります。

そこで今年日本一になったのは函館の「ラビスタ函館ベイ」。
そんなに美味しいのであれば一度は賞味してみたいもんだ。

普通のホテルは宿泊客だけではなく、お金さえ払えば誰でも朝食をいただくことができます。
ですがホテルでの朝食はランチやディナーほど注目されません。

でもそれは当たり前、
一流のホテルであっても朝食はどこにでも食べることができるバイキングが主流だから。
そんなもの食べにわざわざ高いお金を払ってホテルには行かない。

ですが最近はホテルも朝食に対する考えを変えてきているところがあり、
こだわりの食材なり調理方法、面白い提供の仕方などで頑張っているところがあります。

そういう差別化を図っているからこそ、「朝食ランキング」も存在価値がある。

これぞホテル、と唸らせる朝食があるなら出勤途中たまには食べに行ってもいい。
北海道なら“産地と繋がっている”ことが必須かとも考えたりして。

ホテルとしてもどちらかといえば利益の少ない朝食が、
新たな収益源になるとすれば積極的に考えるでしょう。

ホテルの朝食はこれから食べ歩きの対象になるかもしれない。
コメント

東北、梅雨入り

2011-06-22 05:26:25 | つらつら思ったこと
気象庁は昨日、東北全域の梅雨入りを発表しました。
東北南部は平年より9日、、北部は7日遅い梅雨入りとなりました。

これで梅雨のない北海道とすでに梅雨明けした沖縄を除き、
全国で梅雨入りしたことになります。

ところで地球は温暖化しています。
今まで梅雨がないとされてきた北海道も、
温暖化が進むといずれ梅雨が訪れるのでしょうか?

今でも“蝦夷梅雨”といって北海道でもたまに梅雨のような天気になりますが、
これが毎年のことになるのかね。

それとも温暖化が進んでもオホークツ高気圧が頑張って、
梅雨が津軽海峡を越えるのをブロックするのだろうか?

それはそれで、梅雨がなくてもリラ冷えが続くことになるのですが。

温暖化の進展にあわせてどうなるのか、
ちょっと気になることではあります。

まっ、10年や20年で結論が出るようなことではないでしょうけどね。
コメント

渚滑線、各列車の想い出(8) … 折り返し休み

2011-06-21 05:30:51 | 渚滑線・名寄本線
昨日で上り列車が終わり、少し間を空けてから下り列車を始めます。

その前に、ここに出てくる列車の“通称”についてお話します。

北見滝ノ上を発車する列車にはわかりやすいように、
“通称”(あだ名?)がついていました。

それがここに出てくる“1番”“2番”“3番”などです。

用例としては、
「俺、明日札幌に行くんだけど」
「何時のに乗っていくの?」
「朝起きれたら“1番”で、寝坊したら“9時の”で旭川回りだな」

あるいは
「今日は学校終ったら“3時の”で紋別行ってくる」

などとなります。

いちいち何時何分の列車に乗るなどという言い方はしません。

1日数本しか走っていないローカル線だからこそ、
その1本ずつの列車にわかりやすい名をつけて呼ぶ。

現在は鉄道が廃止され代替バスになっていますが、
今はバスに対してそういう呼び方をしているのでしょうか?

今度実家に帰ったら聞いてみるかな。

では再開まで、しばしのお休み。
コメント