ねこ吉のよしなしごと

どうでもいい事ばかり書いていますが・・・。

今年も鉾の曳き初めに・・・。

2013-07-13 16:00:57 | 旅行 お出かけ
昨日の京都の暑さは、もう半端じゃなかったです。

そんな中、祇園祭の曳き初めにたぬ吉と行ってきた。

12日は、主に四条通の鉾を中心に、鉾を東西に動かします。
ねこ吉が今まで行っていた曳き初めは13日に南北に動かしていた。



一番最初は月鉾だった。
カンカン照りの人ごみ中、鉾が動くのを待っているうちに、たぬ吉とはぐれた。

たぬ吉はちゃっかり綱を引いて戻ってきた。
ねこ吉は、「写真を写してたから、綱は引けなくてもいいねん!」と言っては みたものの・・・。

やっぱり悔しいわ・・・。

5台ぐらい鉾が動くんだけど、動く時間がはっきり決まっていない。

次は函谷鉾が動きそうだったので移動。うまくいけば、ねこ吉も綱が引けそうだったので並んでいた。



函谷鉾の前掛けはモンサンミッシェルだって!わりに最近作られたようだけど随分モダンだわね。

暑くて暑くて、大汗を掻いて太陽に照り付けられて、ねこ吉の塩焼きが出来上がりそうだった。

お囃子方が乗り込むと、いよいよ車道に入って綱を引いた。横を車が通っていくので、ちょっと怖かった。
エンヤラヤーの掛け声と共に四条通の交差点を綱を持って渡った。

振り向くと、後から鉾がやってくる。圧巻です。感激です。
嗚呼、絢爛豪華な鉾が、都大路をゆっくり、ゆっくり引かれていく。ミヤビです。

試し引きをしながら、家内安全、無病息災を願う。

函谷鉾の試し引きを終えて、次は長刀鉾へ移動・・・。



長刀鉾は、いつも祇園祭の先頭を行く、最も権威がある鉾です。 唯一お稚児さんが乗ります。

ねこ吉は、間近でお稚児さんが見たかったので、鉾のすぐ近くでずっと待っていた。
お稚児さんは、小学校の授業をちゃんと終えてからやって来る。

1時間半ぐらい立ちっぱなしで足が痛かった。

曳き初めも一番の人気で、招かれた小学生も150人ぐらい綱を引くので、一般人は無理かも知れないと言われた。

ねこ吉はお稚児さんの写真を写すために、場所を動かないことに決めた。
たぬ吉は一か八か綱を曳きに行った。
また、綱を往復引いて、長刀鉾の入場券をもらって自慢しながら戻ってきた。

いいのよ、いいの・・・。ねこ吉はお稚児さんと禿をバッチリ見たから。



お稚児さんの笑顔。リラックスしていて何よりです。やっぱり大物かも・・・。
ちなみにお稚児さんになるには2000万円ほどかかるそうです。

写真は写せましたが、少々ピンボケです。 今日撮った写真のすべてがピンボケ気味です。

腕も悪いですが、あまりの暑さにカメラも汗を掻いていたのではないだろうか・・・。

今日は朝から右膝が痛い。昨日の立ちっぱなしの後遺症と思われる。
シップを貼っている。年は取りたくないもんだ・・・。







コメント