蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

制御不能、壊れかけの自分

2018-09-20 | 趣味
ある日、本当にある日、憑き物でも落ちたかのように、趣味のダンス熱が引いた。

大賑わいの会場、見慣れた顔の皆さん、ほんと、お互いによく見る。
(でも挨拶するのはごく一部)
昨日は混んでいて、芋の子洗い一歩手前。

雷に打たれた、の別バージョンで、雷状の滝みたいなものが、頭上からドカーンと降ってきて、熱情を洗い流したかんじ。
別に何があったわけでもない。

自分が見る光景は、音楽が消え、満員の人々の顔や踊りだけが、淡く薄い色合いになり、動いている。

あんなに熱にうなされていたのがウソのよう。
食傷ぎみ、というか、(原因不明の)食あたり?
成長期の子供が突然見舞われる、知恵熱のようなものか。
一気に、一切が嫌になり、興味がなくなる。
とりあえず、一旦リセットしようという無意識の心理が働いたのか?

例えてみると、、、
ぎゅうぎゅう詰めの冷蔵庫、いったん、全ての食材を出して、チェックし、破棄するものやら、優先順序をつけて食べていくものやら、整理する。
で、冷蔵庫を空っぽにする。
冷蔵庫を開けると、中の明るい照明だけが目に入る状態。
いつもなら、食材で暗い冷蔵庫内。
といったかんじだろうか?
(滝に打たれる衝撃例えから、一気に日常の些細な小さな主婦光景例になる、、、)

きっと飽和状態になって、制御不能で壊れかけ寸前なのだろう。
心身がストップサインを出しているに違いない。

しかし、溢れて無理やり押し込んだものが、すっかり無くなると、間違いなく虚無感に襲われる。
欲を張って、今のぱんぱん状態を維持したいのだが、思いと現実にギャップが生じているようだ。
休みなさい、と神の声?
ブレーキが効かず、ぶつかり大破するまで猛スピードで進んでいるかのごとく。
自損事故の前に、止まれ!と。

日頃、回転数が少ないわたしが、キャパを超えた回転数に上昇し、エンジンが焦げるニオイ。
エンジンを切って冷却すべし。
冷蔵庫と同じ。

ちなみに、頭の回転数が著しく速い姑は、そういう事態に度々、陥っていた。
自分で「落ち着け、落ち着け、○○さん(姑の名前)」と口に出して自分をなだめていた。

わたしはトロイので、回転数を上げろと言われても無理。
不可能なことを無理してしない主義なので、トロイまんま、周りをイラつかせる。
出来ないものは、出来ない。

そんなわたしであるから、自らの回転数アップに耐えきれず、ブレーカーが落ちる事態には経験がない。
とことん行かないタイプだから。
常に余力を残している。
でも、そのパターンが破綻したようだ。経年劣化?老化か?
余力を使い切って、動かなくなるまで突き進んでしまったと感じる。
でもブログに書いている余力はあるようなので、消耗し尽くしたわけではなく、まだ少しぐらいの最低限のエネルギーは確保、保存されていると思われる。

ブログを書いて、脳に冷却水を注いでいる。
コメント

人のことを心配するヒマがあれば、、、

2018-09-11 | 趣味
ある、憧れの上級ダンサー女性Aさん。
わたしより10歳近く若い。
しかし、家庭の事情は大変良くない。
小さな生鮮食品卸小売の自営業のため、毎朝、3時起き。
早朝から仕入れ、夜まで店を開けている。
夫と、夫の母親と同居。
普通は、同居の場合、夫が妻と母親の間に挟まれて、すったもんだ苦労することが多いが、このダンナは、飲み屋のお姉ちゃんフィリピーナに入れあげている。
アホ息子と嫁の間を取持ち、苦労しているのは、お母さん。
Aさんは、姑の気配りや頑張りにほだされ折れて、アホ夫と姑さんと、3人で、辛い自営業に労働力を提供し、協力している。
条件は、ダンスを認めてもらうこと。
それだけは、絶対に譲れない。

アホ夫にも、よく出来た姑さんにも、文句は言わせない。(言わない)
あれだけ頑張ってるんだから、ダンスを認める。
もし認めなければ、家を出る、と言いかねない。
貴重な家庭内労働、マンパワー。出られては商売にならない。

お母さんはもう高齢なので、あと5〜10年ぐらいしか、甘えられない。
その時に、この夫婦はどうするのか。
強力な協力者、取持ち役がいなくなると、この夫婦はだめになるかも。
糸が切れたタコのように、Aさんはダンス三昧になるだろう。
仕事は徐々に減らし、お互い好きな余暇タイムを過ごすと思う。

あら、あんまり、うちと変わらないじゃない?

だとすると、うちも危機?
うちは別に現在の危機は今に始まっていない。危機は初めからで、現在のまま将来もスライドしていく。
危機なんだけど、危機なりに危機に慣れ、あまり意識しなくなり、長持ちしている。
Aさんの場合は、お母さんが退いた後、Aさんが頑張る気力を失うだろう。
その頃は、商売も閉業するかも知れないが、結婚生活もピリオドかも?
まあ人の家庭の心配しているヒマがあれば、自分の家に気配りしろ!と、神の声。

人は人なんだけど、わたしにはそんな過酷な労働を強いられていないし、夫がそこまでアホではないので、恵まれていると感謝しなければならない。

コメント

豚は痩せても美しくない

2018-09-10 | 趣味
さて。

今日の雑感。
痩せた豚は美しくないのでは?
豚は痩せた自分を目指して頑張るが、所詮、豚。
引き締まった豚なら、イノシシ?
どちらにしても豚である自分を乗り越えようにも、豚には豚の本来の特性がある。
これはあくまで「豚」を例に出しただけで、ぽっちゃりが嫌なわけではなく、ガリガリ、ギスギスのスジだらけが美しいとは、私は思わない。

本来の特性を無視してまでも、大変身は出来ないということ。
豚とピューマが短距離走をしようという発想は、私にはない。

夢や理想を抱き、モチベーションアップは大賛成。
ただ、自分は豚(動物に例えた場合の、ものの例え)であるなら、豚に出来ることをしたい。
豚なのに、ピューマにはなれない。

自分を知りすぎると、飛躍できない。
未知の自分があるかも知れない。
だが、豚の未知の自分はピューマ寄りではない。
豚は色々考えるのだが、やはり豚は豚。
否が応でも、自分の身の丈を知る。

努力をあきらめ放棄するのは、楽。
それを認めたくないから、自分が描く豚のイメージを根本から変える方法で、発想の転換を試みてみるのも一つの手だ。

しかし、離陸時にエネルギーを使い切った後の、今は単に、頭打ち、閉塞感、挫折の予感?
上がった後には上がり続けても、上がっているとは感じない。
下がったようにさえ感じるだろう。
下がった後にはまた上がることを信じて、とりあえず、やめずに続けよう。
一定期間続けて、様子を見よう。
苦しい時期だが、乗り越えられるか?

自信がない、、、




コメント

舞い上がりの後には、落ち込みが待っていた

2018-08-28 | 趣味
趣味関係のことで、弱音を吐く。
今、ある優秀な現役トップ選手から特訓を受けている。
しかもご厚意で。
しかし、ボランティアといっても何時間にも渡ると、手土産程度の食品のお礼のみ、というわけにも行かず、今回からしっかり謝礼を渡すと、受け取ってくれた。
ということは、次回からもしっかり謝礼を用意しなければ、、、(プロ並の費用)

豚はいくら痩せても豚。
スマートでスタイリッシュな豚なんていない。
ただ、みすぼらしい豚なだけ。
この豚とは・・・私のことだ。

路上生活者(ホームレス)に保護施設入所を斡旋、提供しても、すぐに逃げ出すかのごとく。
元水商売の女性にカタギの仕事を紹介してあげても、即座に辞めてしまうかのごとく。
元麻薬患者が更生施設から出た後もまたもや麻薬に手を染めるかのごとく。
私も元の安易な、快楽ダンスに戻ってしまうような、大きな揺り戻しがあるような気がしている。
ダンスを基礎からやり直し、新生スローの構築を目指しているにもかかわらず。
でも頑張らなければ!!
しかし、趣味って、こういうかんじで甘い誘惑を振り切って闇雲にハードに頑張るものなのかなあ、とふと思ったり。
趣味自体が楽しく甘いものなんじゃあないかと。
トライアスロンや登山が趣味の人と、カラオケやパチンコが趣味の人とでは、気質が違う。
私は元々、軟派であり、硬派ではない。
体育会系ではない。
今、現役体育会系バリバリのコーチャーに習って修業中。
苦しく辛くキツイのがランナーズハイのように楽しい場合もあるだろうけど、わたしはやはり体育会系ではないので、苦しく辛くキツく、出費もキツイ。
わたしの、「楽しむ趣味」とは温度が違うかも。
アゴを出している。
こんなに頑張らなければ、目指す山には登れないのか。
これ、趣味なの?
まるで仕事や学業みたいだ。
逃げ出したくなる自分をどうやって、なだめようか、必死。
素晴らしい優秀なコーチャーの出現に、神様からのプレゼントだとあんなに喜んだのは誰?
上手くなる自分を想像して、うっとりしていた。
まさに、獲らぬ狸の皮算用。
コーチャーのレベルと、わたしのレベルには質の違いがあり過ぎて、もはや練習は機能しなくなりつつある。
しんどいよ〜。
まだまだ特訓は続くが、持つのだろうか。
コメント

明るい光の力

2018-08-18 | 趣味
電車、降りるまであと9分しかないのに、この記事を書き始めた。
書くことは、わたしを明らかに救っている。
ただし、書けないこともある。
その場合、悶々として、のたうちまわる。
昨夜。
苦しくて、悶え苦しむ。
涙がポロポロ落ち、流れるままに任せる。
たくさん涙が出るだけ出ると、それなりに気分がスッキリする。

悩みから解き放たれるため、あれこれ解決策を考えてみる。
シュミレーションを色々する。
どれも、ぱっとしない。
悩みは糸口が見つからず、出口を失う。
延々と朝まで時間はある。
でも、トイレに3回行って(いつもは行かない)、眠れない時は布団から上半身を起こし、目を開けている。
気づいたら朝。
なぜか、悩みがすーっと消えていた。
朝日が消したのだろうか?
コメント

心が折れかかっている

2018-08-16 | 趣味
今、心が弱っている。
人付き合いが苦手で、人との距離の取り方が上手くいかない、アスペル君らしき特徴を私は持っている。
にもかかわらず、(あるSNSのコメントにありましたが)アスペル君の特徴の一つらしい「根拠のない自信」が私にはない。

人間としての尊厳は(根拠はないが)失っていないのだが、女性としての尊厳がない。

パーティでも、自分より明らかに素晴らしい女性を見ると、即座に萎れてしまう。
自分の存在を否定してしまう。
全く自信を失う。

お盆を返上して、必死で練習されている日記を読むと、素晴らしいと感じると同時に、同じ社交ダンス愛好家であるにもかかわらず、どんどんマイナスな気持ちに落ち込んで行く。

自分には出来ない。(その日記の主とはレベルが違いすぎて、上過ぎて比べるのが間違いなのはよくわかっているが)
はるか無理な出来ないことを目指すのではなく、自分のレベルにあったことが出来るようになることを目指すべきなのも、よくわかっている。

ダンスレベルだけではなく、見かけ(容姿、美醜、年齢、タイプ)や相性も大きな要素になり、これは努力ではどうしようもない。
どんどん自分に自信がなくなってくる。

どうしようもない、たいしたことがない(と私が感じる)男性でさえ、「男性は、女性を見かけで選ぶ」などと堂々と発言している。
そういう男性は黙殺するにしても、、、。
立派な男性は、決してそんなアホなことは言わないが、「努力」が不可欠である。

その「努力」こそ、またまた自信がない。
努力したくなくて嘆くだけなら、その時間をレッスンや練習に費やしたらいかが?と思われることだろう。
ご無理ごもっとも。

今の私は、疲れているのかも知れない。
理想と現実の調整が上手くできない。

私は心はかなり強いほうだ。
無神経に近い、楽天家、天然系。
にもかかわらず、自分を強く押し付けられない。
どこにも所構わず、ど厚かましい自己主張PRの塊のような人がいるが、大嫌いで、接したくない。

何かが引き金となって、楽天家を返上してしまった。
自分を支えている強い核のようなものが崩壊した。
原因は自分でもわかっているが、書かない。
今まであまりにもいい加減に来ていた報い、自業自得だと反省もしている。
自分を見直し、変わるきっかけになればいいのだが。
自然治癒するまで、しばらく静かにしていようと思う。
コメント

大嫌いな人がうろうろして、カンにさわる

2018-08-13 | 趣味
宗教色の強い、夫の実家のある町。
先ほど、お坊さんがお参りに来てくれた。
明日、一日中、本格的に仏さんたちの食事をお供えする。
その後、お墓にお送りして完了予定。
まずは、第一段階、ひと段落。

で、趣味SNSを覗く。
嫌いな人物があいかわらず、嫌なコメントをしている。
彼女は嫌われ者らしい。
だろうなあ。
温厚な私でも、これだけ嫌っているのだから。

自己肯定、自己PRを人の記事のコメント欄に繰り返し繰り返し、書き込む。
わたしの記事にも、しつこく書き込んでくる。
どこにでもいるのだ。こんな人。
SNS内では仲良くしている風の人もいるが、多分、表面だけだろう。

上手な一般男性がダンスの相手をしてくれない女性が、プロ男性を雇って踊ってもらう。
それを「趣味にはお金がかかるもの。
下手な男性相手に、余計な気を使ったり時間を浪費するなら、お金でプロと踊る。
お金がない人は、フリーパーティへどうぞ」と。
いつもその持論を唱える。
確かに、プロダンサー需要は近年、うなぎのぼり。
一般男性では物足りない人のニーズを満たす。
しかし、その理論の中には、彼女の場合、自分は下手で、一般の上手な男性は相手にしてくれない、という自覚が完全に抜け落ちている。
プロを雇って踊る人の中には上手な人もいるが、彼女は下手。
下手なのに、下手である現実には全く気づかず、(ややもすると自分は上手いと勘違い)ことあるごとく、自分のダンススタンスを繰り返しアピールする。
いつもいつもいつも。
「お金がある人は、プロと踊るの」
ほんとうのところ、実態は、
「お金を払わないと、一般の男性は踊ってくれないの。プロしか相手にしてくれないの」
であるにもかかわらず。
一般男性の下手さをこきおろす。
彼女だって、たいそう下手なのに自分のことを棚に上げて、よく言うよ、である。

そうとう、わたしのカンに触る。
今日もわたしの記事に自分擁護のコメントを寄せている。


しかし、、、
お盆の行事がスタートしたばかりなのに、SNSに遊びに行くは、ブログは書くは、遊んだり、変な湯気を頭から出したり、、、
で、一年ぶりに里帰りしている仏さんたちは、ため息をついていることだろう。
コメント

生まれ持った星

2018-08-10 | 趣味
嫌だ嫌だと、基礎を学ぶことをなおざりにして、楽しいことばかりやっていた。
しかし、これではいかん、と、やろうやろうと思いながら、ズルズルほったらかしに。後回しに。
だが、ついに、実践することにした。

基礎レッスン実践日記を趣味SNSでをアップしたら、さらなる助っ人が自主的に手を挙げてくれた。
折しも助っ人氏は、とある事情を抱え、今だけ期間限定・助っ人。
本来なら口も聞けない雲上人。であるにもかかわらず、私の指南役、個人コーチャーを買って出てくれた。
そもそも、お金のためにレッスンなどしない人。
私は本当に運がいい。
最高のブレーンに巡り会えた。

日ごろの行いが良いとは思えない。
占いなど信じないわたしであるが、幸運の星の下に生まれたのかなあ、と。
科学では解明できない不思議を統計学的的に体系立てた、占いの正当性を唱える人がいるのたが、にわか信者になりそうだ。
ラッキーに甘んじて、基礎を習得したい意欲に燃えている。
新生スローを目指して。


この記事を読み返してみると、わたしという人物はつくづく楽天家で、単純だと思った。
コメント

熱く熱く燃焼中

2018-08-09 | 趣味
久々ぶりの蝶ブログ。
趣味SNSでは毎日、何かしら書いている(人へのコメントを含め)
こちらは、すっかりご無沙汰だ。

趣味SNSは、ものの見事に趣味のことしか書いてない。オンリー。
他のことは、一切触れない。
趣味だけに特化している。
今、燃えているから仕方ない。
この夏の、命に関わる猛暑と同じ。
人生、最後の燃焼期。
これが終わると静かな老後に移行する予定だ。
しかし、いつ、終わるんだろう?

趣味に燃えるということは幸せだ。
時間が経つのがやたら速い。
これは幸せではないかも?
貴重な時間、そんなに速く費いきってしまうのは、惜しい。
だが、後はエネルギーもさしていらない黄昏季節。
永遠の冬眠に向けての冬支度が待っている。
思い出という、エネルギーストックだけで生きて行く予定だ。
コメント

小さな高慢

2018-07-30 | 趣味
趣味の話は趣味サイトに書いている。
いつも、そこそこの閲覧数があるのだが、閲覧数が随時公表されるのには抵抗がある。
閲覧数パラパラ少数の、滑った記事の場合、サイト閲覧者のみなさんと共に、滑りをシェアすることになる。
それが怖くて書けないのだが、やはり勇気が要る。

と、相変わらずの前置き。
趣味SNSに書けばよいのに、なぜかここに書く。
何故なら、趣味SNSに、さきほどアップしたばかり。
2本続けてアップは、さすがに暑苦しく、むさ苦しい。

と、まだ、さらに前置きが続いている。
で、何が書きたいわけ?
そう、文句、不満不平、マイナス感情。

ダンスパーティにおひとり様では行きたくない。
踊る相手がいない。
仕方なく会場で、こちらからアプローチ(踊ってください、と声掛け)したら、とたんに相手は偉そうな態度になるのが気に入らない。
その日のその会場には踊る人がいないので、あくまでも「仕方なく」アプローチしているだけである。
にもかかわらず、アプローチされた側は、まんざらでもない、を通り越して、高く高く舞い上がる。
その日の、その会場で、一人で来ている、とりあえずまだ一番マシな人にアプローチしたに過ぎない。
別の日の、別会場では、目もくれない。
ぷいっ。

しかし、そこまで、感情がもつれるには、訳がある。
お高くとまられて、教えを乞うてもいないのに、ミニ・レクチャーされた。
本来は喜ぶべきところだろうけれど、明らかに、わたしはシラけた。
人に上からレクチャーするほどでもないよ、あなたのダンス。

こんな感情、内面を、趣味SNSに綴るわけにはいかない。
わたしの人格を疑われ、拒絶反応を示す人が出ると思われるからだ。

では、蝶ブログではいいのか?
いいのだ。
所詮、わたしはたかが知れているので、格好つけなくてもいい。
自宅では、着慣れたパジャマ。
外では、外出着。

いや、しかし、、、
自宅に訪れた人は、わたしの、あまりにも構わない変人ぶりを見て、距離を置く人が徐々に増えるかも知れない。

何を思われようが、なにしろ、わたしは、謙虚な人が好きなのだ。
いきなりオセロゲームのように、コロっと、白から黒に変わるのは、いただけない。

謙虚なこころを持っている人なら、アプローチされたからといって、いきなり上から目線にはならないと思う。
ほんのちょっとだけプラスの人が、勘違いすることは、わたしにとっては超NGである。
ちょっと喜び、いえいえわたしなんて、まだまだ、、、とかなんとか、謙遜してほしい。
無理か。

人に、自分の理想を押し付けるのは良くない。
でもなんだか、アプローチされると、人は立ち位置が急に高くなる。上から見下ろす。
こちらがアプローチするまでは、緊張感の伴う均衡が保たれていたのに。
小さな高慢が、わたしは嫌い。
鼻持ちならない。
きっと自分には、いっぱい小さな高慢を溜め込んで、外に出さないでいるから、そのフラストレーションが溜まっていたのか。
他人の小さな高慢に、触発されたのか。

では、小さな高慢の対応の仕方は?
どうすれば良い?
ちなみに、夫は、高慢ではない。
無理せず高いところにいるから。 元々、能力が高い。(家では全く何もしないが)
わたしのように、能力が低く、無理して高めを目指させられた人が、小さな高慢をいっぱい抱えている。
それで、小さな高慢にふいに触れると、すごく嫌な気分になるのだろう。

小さな犬が吠えている、本日のわたしのブログでした。
コメント