蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

午後のひととき、嵐の後と、嵐の前

2018-09-06 | 日々のこと
私の父は22年前に他界した。
男性の平均寿命あたりで、この世を去ったので、年齢としては、まあまあ早くも遅くもない。
バブルがはじける前に亡くなったため、その後の世の中を知らない。
ある意味、幸せだったと思う。

父が生まれて育って、青年期も中年期も壮年期も晩年も過ごした故郷にある、地元の墓に眠っている。
戦争で遠く東南アジアに駆り出され、無事、生還した。
生死を分けるギリギリ際のところにいても、幸運にも命がつながった。
あんなに、あちこち行って、あんなにいろんなことがあっても、生まれた場所に見事にピンポイントで帰ってきて、父の両親や夭折した子供たち(わたしの兄たち)と静かに眠っている。
不思議なものだと、つくづく思う。
人の一生、、、。


不動産は土地の価値を地価や需要で決められる。
田舎で需要のない土地は、値がつけられないほど安い。
タダでも要らないと言われるだろう。
地方の空き家は廃屋になり、朽ち果てていく。
頑なに守り通し維持する後継者の有無、また、維持費の捻出に腐心した結果、先祖代々の土地を手放すことになる。
手放すなら、まだシロクロはっきりするが、手放す勇気も決断力もなく、事実上、放置。
そんな土地・家屋が全国にはいっぱい散らばっていることだろう。

かたや、過酷な自然状況に見舞われず、何をするにも便利な都会周辺に人々は集まり暮らす。
買い物、医療、介護、日常のサービスが行き届いている地域に移る。
それは自然な流れであって、止めようがない。

都心に近い高級住宅地の大邸宅ですら、住み手がいない。
税金が高く維持費もかかり、家の手入れも高齢化した人々の手に負えなくなり、高齢者住宅に入る。

高い相続税がかかる高級住宅地の大邸宅は、個人から会社の所有となったり、売却後、マンションに建て替わったりして、個人の手を離れる。
住居に莫大な資産を注ぎ込んだ、往年の大金持ちは、次代にバトンタッチされるのが苦しくなり、今や存続できない。

タダみたいな田舎も、廃屋になり、高級住宅地は所有者が変わりマンションになり、個人の顔が消えていく。
これは時代の流れなのか。
日本に、明治、大正、昭和初期にかけて見られる、富の象徴のような大邸宅は、(ほんの一部を除いて)消滅していく方向にあるようだ。
(先日の建物探訪ツアーで、残存する大邸宅、御殿をマジマジと見てきたが)
古き良き時代は、過ぎ去る。

その代わりに、枯れた古い大木から新芽が出るように、新しいものが誕生する。
古き過去のように凝ったお金のかかったものではなく、シンプルでランニングコストがミニマム、エネルギーを無駄に消費しない、守りの住宅であり、ライフスタイルであろう。
何もないのが、贅沢。
「何もないのが、貧乏」と思われた、モノの無かった時代の真逆。
大量のモノに埋もれて暮らすことに、反旗をひるがえす。
モノに固執する、モノを捨てられない世代は、少しずつ、この世から姿を消して、残るのはシンプルに生き抜く次世代。

親の時代は終わった、と実質的に感じられるが、我々の時代もほぼ同時に終わりつつある。
いつまでも引退しないお年寄りが、やっと引退しても、我々のすぐ後にはもう次の世代が押し寄せる。
我々世代は、じつに短い天下である。
しかし、天下なんか要らない。というか、取れない。
リタイアした瞬間に、力ははく奪されている。
それでもいいけど、いや、よくないような。
・・・
なんだか、またまた、眠くなってきた。


娘から、今日、わたしが孫たちを保育所から引き取ったあと、引き続き、今晩泊まらせて預かって〜とライン。
うわぁ。台風が過ぎたばかりなのに、また、、、

鬼の居ぬ間に洗濯。
今のうちに、うとうと昼寝しよう。

午後の至福の居眠りタイムに移行します。
と思ったらまた目が冴えてきた。
どうしよう、、、
コメント

台風一過

2018-09-05 | 日々のこと
このタイトルがあちこちで蔓延していることだろう。
昨日の台風は、すごかった。怖かった。
一番上の孫が怖がってウルサイ、と娘が言っていた。
そりゃあ怖いだろう。
私も、怖くて家のあちこちをウロウロしていた。
窓の隙間から浸水してくる場所を三箇所見つけ、雑巾で吸い取り、絞り、吸い取り、絞り、を繰り返していた。
家は、みしっと、しなるし、軋(きし)むし、揺れるし、飛ばされたり窓ガラスが割れたりしないかと、一番外からの影響が少ない部屋で、小さく丸まって恐怖に打ち震えていた。

今朝、娘からのラインの写真であちこちの被害を見た。
近所では、根こそぎ倒れた街路樹、ガレージの屋根が前の道路を超えて向かいの家に飛んでいったり、倉庫が隣家に落ちたり、それぞれの家も大変だったようだ。
やはり、あれだけわたしが怖がるというだけあって、相当な風の強さだったのだ。

一夜明けて、青空。
ああ、よかった。
好きに任せて昼寝をしたり、SNSで遊んだり、ネットで商品探しをしたり、他人のブログを読んだり、思いっきり、のびのびした1日だった。
何事もない幸せを存分に噛み締めた。
コメント

他人の自慢に当てられる

2018-08-30 | 日々のこと
ねえ、ねえ、聞いて聞いて、
あのさー、あのさー、あのさー、、、

これ、孫の口癖。
保育所で大勢の子供達がいて、一人一人話を聞いていられない保育士さんに、いかに自分の話を聞いてもらおうかと考えた末と思われる、会話を切り開く最初のアプローチ。
あんな小さい時から競争の中に身を置き、頼もしいと、私の目には映る。
家では一人っ子で、あとは全員大人だったりする子もいるだろう。
だとすると、なおさらだ。

はやいもので、孫きょうだいは、もう1才、3才、5才。
長子、あんなにおしゃべりだったのに、最近は無口。
あんなに食べることが大好きでおデブ防止のため、親に制限されていたのに、最近はほっそり。
代わりに、あんなに、うんともすんとも言わない、おとなしかった末っ子の、すごい食べたいアピールに圧倒される。
時の経つのは速い。

で、あのさー、あのさー、聞いて聞いて、の話なのだが、、、

趣味SNSで美人会員さんが、自分のデモ写真を公開されている。
他の会員さんは、綺麗、綺麗と大絶賛。
DVDを一部写真にしたものなのだが、かなりボケボケで光も反射し、小さいサイズながら、美人である。
といっても57〜60歳ちょっとぐらい?

やっかみ心と劣等感を抱くと、冷静な客観的な目で見られないと思う。
のではあるが、なぜ、自分のデモ写真を公開するのか?
言わずと知れている。
自分は美人なので、より多くの、1人でも多くの人々に見てもらいたい、知ってもらいたいのだろう。
典型的目立ちたがり屋。自己顕示欲の塊。
別に悪いとは言っていない。
冷静じゃないかも知れないけれど、行動心理の分析である。
だから、どうした?
別にどうもしない。

綺麗!綺麗!とコメントを寄せている人々の心理のほうに興味がある。
彼らは、自分も綺麗な人、自分も姿を公開している美男美女や、客寄せパンダに使おうと心の中で企てている、やり手婆さん先生(教室を持つ、口で儲けるプロ。年齢はわたしとあまり変わらないけど)、あと、美男美女と知り合いになるのはプラスだと考える人、などなど、、、
一人一人の絶賛コメントに、またまた一人一人お返しコメントをつける会員さん。
相互お助け作業だろうかと思ってしまう。
なにか楽しいことでもあるのだろうか。
今度リアルで見かけた時に踊ってもらおうという魂胆?
ウィンウィンで双方が楽しくメリットがあれば外野は何の口を挟むこともない。
のであるが、いかにもな自己顕示欲にいきなり触れると、なんだかイヤ〜な気がする。
「人は1人では生きていけないのだから、自分の周りにいる誰かに何らかの行動を起こさなければならない」と、鬱で療養中、お仕事休職中の人が言っていた。
よほど、痛い目に遭われたのだろう。

わたしは、あいかわらず、ぼんやりしている為、なにも感じない。
良いことも悪いことも。

しかし、不意に美人の自己顕示欲に当てられ、食傷気味となった。
見なければよいのに、見てしまう。
自分のアホさ加減にあきれる。


※これを書いて憂さ晴らしした瞬間に眠っしまった。
白昼夢?ではなく、?白昼の愚痴?
情けなや。
老女になっても美人でチヤホヤされたいのだろうか?
コメント

すごく傷ついた

2018-07-20 | 日々のこと
電車に乗るとき。
ドアが開く。
降りてくる男性の罵声を浴びる。

「どけっ!」

実はこれ、2回目。
前にも、邪魔だ、と、新大阪駅ホームで男性に言われ、ひどく傷つけられた。

1回目の新大阪でかなりショックを受け、降りる人の邪魔にならないように、ドアの左右に別れて、ホームでドアの前に立つ。

先ほどは、はじめに隣のドア位置のホームに立っていたが、電車が近づいてきて、中が空いている車両にとっさにホームからの乗り口を移動した。
誰も並んでいなかったし。
そのせいもあって、ドアの真ん前あたりに立ってしまっていたようだ。
気づかなかった私が悪い。
しかし、車内から降りる客は、わたしの左側スペースが空いているのだから、真ん前、真っ直ぐに進めない時は、斜め前に進めばよい。
わたしを退けさせる罵声を発するほど不快だとしても、足を真ん前に出さずに、斜め前に出せばよい話。
なんで、わざわざ不快感を思いっきりぶつけてくるのだろう。

最近、こういう事が多い。
事故や事件が発生している。
もし、わたしの虫の居所が悪かったら、間違いなくケンカになっている。
あるいは、こころの病気の引き金を引いていたかも知れない。
たまたま、用事で出かける「行き」だったから、まだこころが元気で丈夫だったけれど。

世の中には、こころ温まる話もあるが、逆の話もある。
相手が100%悪い話ならまあ、交通事故に遭ったようなもので不運と諦められるが、自分に非が少しあるケースが一番厄介である。
自己防衛をしないと、ちょっとした弱みに、ストレートにナイフが刺さる。
コメント

嫌われる親でも仕方ない

2018-06-22 | 日々のこと
地下鉄内で、シャカシャカ入力は内容が薄いようだ。
しかし、脂汗を垂らして、うんうん力んでも、イマイチの時はイマイチ。
するっと力を抜いた、なんでもない一瞬に真実が宿ることもある。

Aさんと地震の時の話をした。
電車が駅のスレスレ到着寸前で止まり、乗客は線路に降りたそうだ。
Aさん、JRだったため、全線ストップ。
お茶飲んだり、ウロウロした後、近くで通勤途中で足止めされていた娘さんと落ち合い、ランチ。
その後が圧巻。なんと娘さんと父娘で神社にお参りに行ったそうだ。
近くにいた人に、父娘ツーショットを撮ってもらったとか。
なんと仲良し、羨ましい、微笑ましい父娘だろう。
父親を生理的にも生活習慣的にも嫌う娘さんが多い中で(うちも最たるもの)、稀有な父娘関係だと感じる。
しかし父親Aさんには悩みがあり、娘さんがお父さんが好き過ぎて結婚しないそうだ。
典型的ファザコンか。
それもなあ、と、Aさんは嬉しい反面、少し反省しているとのこと。
贅沢過ぎる悩みに、でも、少し心配な、親離れ、子離れが出来ていないのかも知れないと思ったり。

そう考えると、親や実家が嫌いで意見が合わず、独立していくのは、ある意味、頼もしくもある。
嫌いで結構、コケコッコー。

親は嫌われて、ナンボ。
どんなに愛情をかけても、甘過ぎるのは問題がある。
そこそこ、シラけた親子関係で、まあいいか、と、自分を慰め納得させる。

コメント

無情だ

2018-06-20 | 日々のこと
なかなか眠れない。
寝るのも体力がいるそうだ。
若いとよく眠れるらしい。
で、今、電車内。
なかなか眠れない。
仕方ないので、ブログ更新を。

今日はすごい雨。
土砂降り。
バスは朝、娘たちが乗る時間には遅れたらしい。
にもかかわらず、私が乗るはずのバスは、待って〜と懸命に走る私を尻目に置き去り、無情にも行ってしまった。
強い雨の中、駅まで20分。
途中に、バケツをひっくり返したような雨に見舞われたらどうしよう。
雨宿りする場所もなく20分、歩き通せるか。
不安と闘いながら、靴はビショビショ。
バスを呪う。
ありえない、ありえない、ありえない、と、一人でブツブツ唱える。

幼児にビニール雨具カバーを被せて、前抱っこのお母さんとすれ違った。
大変だなあ、、、

靴紐が雨でギューギュー締め付けられ、足がボンレスハム状態に。

・・・
もうすぐ地下鉄、下車駅。淀屋橋。
駅から目的地まで雨の度合いがマシならいいけれど。
地震に大雨に、自然は侮れない。
降りる駅、ぴったりにブログ更新、終了した。
コメント

アタマに浮かぶ、たんなる、おしゃべり数珠つなぎ

2018-06-18 | 日々のこと
地震、怖かった。
怖がりなもんで。
いろんな想像光景が頭をよぎる。
日本に住む限り、地震とは切り離せないことを自覚する。

話に全く脈絡はないが、
私は野外活動が苦手だ。
大自然の中で、キャンプだとか、テントだとか、そういうのはどうも好きでない。
蚊などの虫に刺される、暑い寒い、風だ雨だ太陽だ、自然の力に振り回される。
トイレは?
わたしはトイレ事情が整ってないと、苦手を通り越して、不快を上回り、苦痛である。
衛生面、至便性、快適性を求める。

寝る場も、快適であるに越したことはない。
広々としたセミダブルベッドに、大きなクッション、コイルの効いたバネのあるベッドマット、少し硬めが好き。
その割には自宅では、夏も冬も、せんべい布団一枚で平気。
掛け布団は、嫁入り道具に入っていた羽布団。
ペアのもう一枚の羽毛布団を去年の年末、夫の実家で発見した。
なんだか愛おしく感じた。
存在を知らなかった双子の姉妹が見つかったような。

今、使っている羽毛布団は、わたしの実家からお古をもらってきたもの。
何枚ももらったので、一生、事足りそうだ。
どうもわたしは、中古品が好きなようだ。
服も娘のお古。
現役、真っ只中で活躍している、お気に入りの木製(に見えるが、木ではないかも?)ペンダントは、娘の小学生の時のワンピースにセットで付いていたもの。
(同じ頃の娘のコーデュロイの黒ベストも大のお気に入り)
ここまで来ると、たんなる変わり者の範疇だろう。

姉などは、ゴールド、シルバー、プラチナ、ダイヤ、パール、色石などを組み合わせた豪華なアクセサリーをオリジナルで作って、装いに華を添えて楽しんでいる。
わたしは、娘の小学生時代のお古で、ご機嫌。時計も娘のお古の、クラフト感のあるオモチャ・テイスト。
パリの教会バザーで買った紺色のユーズド・コートも、今もバリバリ現役お気に入り。
同じ教会で買った、孫用の真っ赤な中古パンツも愛用してくれている。
同じく金色コーティングの軽い大皿も6枚買った。
1枚欲しいと言ったのに、販売係のおじいさんが1枚の値段で6枚つけてくれた。
(レジのカードリーダーが壊れていて、現金で払ったため、その時の手持ち金をほとんど使った。
と言っても持ち歩く現金は30〜90€と決めていた)

自分が気に入った、わたし独自のセンスを表現している。
(せんべい布団は、センスとかの問題ではなく、単にめんどくさいだけだが)

キンキラ光るものより、しっくりしたものが落ち着く。
が、少しでもまともな服を身につけると、褒められることがある。
よほど日頃、脱力系の出で立ちをしているのだろう。

服だけでなく、全てが脱力系。
持っている力の10%ぐらいしか出さない。
姉が娘に「妹スローは、ボケてるのかボケてないのか、わからない」と先月、皆で会った時に、言ったらしい。(わたしは旅行中)
失礼ではないか!!わたしは、非常に気を悪くしている。
しかし、これは日頃、わたしがブログで何度も書いていることと同じフレーズだ。
姉はわたしのブログを読んで、知らず知らず影響を受けているのかも知れない。
まあ、自分で思っていることと、人が思っていることが同じなら、怒るのも変だ。
が、自分で(自虐風に)言うのと、人に言われるのとでは違う。
しかし、嫌なら、自分を変えたらよい。
でも、もう変えられない。
老化はどんどん進行している。
アンチエイジングは、しない主義なので。

皆んなだって結構、老化している。(特にアタマ)
自分では気がつかないようだ。
それもまた幸せなことである。
コメント

おばあちゃん保育士

2018-05-09 | 日々のこと
今週は、先週のわたしの発病に引き続き、週明けから一番下の孫が発病した。
月曜日の早朝、玄関のピンポンが鳴り、娘がわたしに、「はい!」と孫を差し出した。
出勤スーツ姿の娘に抱きかかえられた、いきなりの、差し出され孫。
とりあえず、段取りが付くまで、とのこと。
手渡された瞬間、わぁ〜ん、と孫は大泣き。

我が家で孫の病児保育がスタートした。
孫は感染症にかかり、1週間は登園禁止。
久しぶりの病児保育。3人目。
それぞれ、孫は、入園当初は病気をもらってくる。
保育園は病気のデパート。
上の孫たちにも家庭内感染しないかと心配するが、保育園で流行っているなら、予防しようがない。

今朝も早朝、ピンポンの音に、寝起き髪の毛バサバサで出ると、婿の出勤スーツ姿。
抱えられた孫を「はい!」と手渡された瞬間、開けられるだけ開けた大口開けて、わあぁ〜ん。涙ポロポロ。

どっぷり、おばあちゃん保育士に専念の、この一週間である。
超手抜きのおばあちゃん保育士ではあるが、頑張らないおばあちゃんなりに、結構、疲れるのだ。
コメント

お尻に火は点いても、ただたんに、ちょっと熱いだけ。

2018-04-27 | 日々のこと
お尻に火が点いている。
リミットは、明日の午前10時。
全く何もしていない、手をつけていない。
3ヶ月前から決まっていて、わかりきっていることなのに。
テコでも動かない自分を再認識して、ため息をつく。

試験目前、勉強しなければならないのに、勉強机の掃除を始めるタイプそのものだ。
掃除をするには、整理をしなければ。
そんなこんなで試験日当日を迎えそう。
いや、今日一日ある。まだ大丈夫。

で、全く関係ないことを書きたくなった。
(勉強する前の、机の掃除状態)
スロー・スターターにも程がある。

で、何の関係もない話だが。
ある人(女性)は、仕事を見つけるのが上手い。
次から次へと、仕事を見つけてくる。
最初は、視覚障がいのある人、専門のガイドヘルパーさん。
これは、けっこう、長かった。
評判も良かったようだが、ある日、辞める。
次は、おまんじゅう屋さん。
勤務内容は楽そうだったが、なぜか、辞める。
その次は、どこかの病院か施設のヘルパーさん。
人間関係が陰湿、ハードで辞める。
またまたその次は、最新、今年からの、病院の炊事係。

ガイドヘルパーになるには、資格がいると思われるが、ガイドヘルパーの資格講座をいつの日かに受講したのだろう。
せっかく得た資格も、その後、資格を活かすものではない仕事に次々と変わっている。
変わり身の早さ、転身のうまさ。
1か所に落ちつければいいと思うが、落ち着かない。
人間関係か、はたまた飽きるのか?
いずれにしても、ご苦労さまである。
近大の遊泳マグロのごとく、いつも働いてないと落ち着かないのか。
だが、フトコロ状態も各々違うので、思慮が欠けるようなことは言えない。
しかし、ギャンブルするでもなし、見上げたもの、結構なことである。
大黒柱ではないので、彼女の収入は、お小遣いになるようだ。

わたしとは、人間の質が違うと思われる。
質の違う異質なものは、比べられないし、どちらが上か下かも、ない。
なので、わたしは働き者の人とはあまり接触することなく、接点もなく、上手い具合に社会でお互い邪魔をせず、生きているようだ。

だからなんやねん。
ここまで入力するのに、こっくり、こっくり、上下の瞼が引っ付いたり離れたり。
ある程度の時間を無駄に使い込んだはずなので(でも30分ぐらい?)、そろそろ明日の準備にかかろうか。
しかし、今度はまた眠くなってきた。
こりゃあかんわ。
一眠りしてから、またかかろう。
それにしても眠い、、、

延々と勉強机の掃除と整理と居眠りをして、タイムリミットの明日を迎えそうだ。
コメント

笑われた。そういうキャラ。

2018-04-26 | 日々のこと
会社の税務でお世話になっている、若手、辣腕税理士K先生。
と言いたいところだが、最近はあまり気に入らない、距離を置いている税理士。
元若手、元辣腕、現、性悪税理士、としておこう。
なにしろ、色々、ゴタゴタは長年の間にあり、蜜月はとっくに過ぎた。
一時は、我々の意向を無視し暴走するあまり、首の皮一枚で解雇とまで行った。
が、K税理士が、ぐっと踏ん張り、悔し涙をこらえ、彼の高いプライドを一時引っ込め、折れたので、引き続き、税務をお願いすることになった。

しかし、K先生は、感情的になるから、疲れる。
こちらは、顧客なのだから、本来はあちらが気を使うべきところなのに、なぜか、こちらが気を使う。

まあそれはそれ、として。
昨日、彼に、思いっきり笑われた。
ちょっとした、どうでもいい小さなこと(いわゆる、ボケ)を私が言ったら、めちゃくちゃウケて、大爆笑。
「そこらへんの若手お笑い芸人より面白いですよ」と、大きな声でいつまでも笑い続ける。
中身は私の自虐ネタ風味。
「先生、それ、ちょっと笑い過ぎじゃないですか? ちょっとそれ、失礼じゃないですか?」
とわたしが抗議しても、一向に効き目なくワッハッハと笑い続ける。
終いには、全然関係ない、当日のわたしの服装をけなし始める。

「今日なんかの春の日に、たいそうに、そんなコートなんか着ている人はないですよ。
でもコート下は短い裾から素足が出て、寒そうですし。
上と下、全然、合ってないですよ。おかしいですよ、その格好」
と、ボロカス言う。
「いいの、いいの」とわたしは言うが、彼は面白がって、子供のようにわたしをバカにして、おちょくる。
「絶対に変ですって」といつまでも言い続ける。

あんたねー、仮にも偉い税理士だったら、お客さんイジリして、遊んでたらダメやで〜、と言いたいところだが、まあ、好きにさせておく。
前はわたしの、申告上のうっかりミスから、悪い展開になり、険悪ムードが暗く長く続いた時期もあり、それに比べると、おちょくられるぐらい、全然、痛くも痒くもない。

が、やっぱり、笑い過ぎだ。
よほど、日常生活に笑いがなく、笑いに飢えているのか?
なんでもいいが、彼は、どうも、いつもわたしを標的にしてくるのが気に入らない。
他のメンバーでは、ボスの姉には太刀打ちできないから、いつも負けて、彼はおとなしくしている。
もう一人の人は、反応や手応えがほとんどないから面白くないのか、あるいは、若くて清らか過ぎて、彼と接点がないからなのか、遠慮しているからなのか、被害には遭っていない。
で、汚れ役がわたしに回ってくる。

ということで、わたしは、彼のイジメ・ターゲットになっているようだ。
マイナスの感情を吐き出すにはちょうどいいのか?
ぷんぷん、プリプリ。わたしはお客さんなのに、絶対に軽んじられている。

とは言うものの、さほど、強い不満もないのだが。
どうってことないのだ。余裕のわたし。

それにしても、笑い過ぎだ。

コメント