蝶になりたい

いくつになっても、モラトリアム人生。
迷っているうちに、花咲く時期を過ぎてもまだ夢を見る・・・。

たまたま横に座った人

2018-06-15 | 
旅行の中身は、さておいて。
書きたいことを気分次第で書く。

おひとり様で参加されていた女性Aさん(推定70代前半)。
ご主人はAさんが50代の頃に他界。
お子さんは男女ひとりずつで、孫7人。

仕事は引退。
現役時代はしっかり仕事をされていたよう。
未亡人になられてから月日は経ち、お気楽な独り住まいかと思いきや、、、
朝は5時に起き、キッチンガーデンの野菜たちの世話。
7時ぐらいから手作り朝食。
食べる順番があり、繊維質の野菜から始まり、あれやこれやの健康的な食事。

おせち料理も全て手作り。
小学2年の孫(女子)が、遠方の居住地から自分の両親より先に1人で来た時のエピソードを話してくれた。
おせち料理を一緒に作り、レシピを教えて欲しいと孫に頼まれ教えてあげると、大感激されたとか。
この女の子は、Aさんの娘さんの4人いる子供の末っ子。

Aさんの娘さんの現在の子育て。
夫は単身赴任、自分も仕事をしながら4人の子育てをされた。
上の子供に下の子供の世話を順々にさせるシステム採用。
じつに上手なテキパキ子育て。

聞けばAさんも4人姉妹の長女(さらに長兄がいる)。
子供の頃は、順々に上が下の姉妹の世話をしたそうだ。
子供たちの散髪は全てAさんがしたらしい。
器用なレザーカットの手さばきをジェスチャーで目の前で見せてくれた。
生活の知恵の受け継ぎ、申し送り、バトンタッチ。
すごいなあ、と感心する。

さてさて、これ、すべて、頷き、驚き、尊敬の眼差し、だが、聞く一方。
私からの話は、恥ずかし過ぎて、お話にならなくて、全然言えない。

子供さんやお孫さんが素晴らしいのはAさんが素晴らしいから。
Aさんが素晴らしいのは、Aさんを育ててくれたご両親が素晴らしいから。
順番に、順繰り、順繰り。

仮にわたしが、Aさんのお孫さんを羨ましく思っても、それはAさん一族の習わしの結果である。
目に見える先っちょだけ真似して取り入れようとしても無理がある。
羨ましくもあり、わたしには無理!と、早々にサジを投げ、さっそく努力を放棄した。

今日からでも、ほんの一部でも取り入れようと思えば取り入れられると思うのに、絶賛だけして、負けて不戦勝。

わたしは努力嫌いなので、とても太刀打ちできないし、しようとも思わない。
DNAも環境も違う。あっさり、負けは負け。
まあ、いろんな角度からモノゴトは見えるので、いろいろありますね、みたいな、さらりとした自分への落とし所となる。

旅でたまたま御一緒しただけで、一期一会。
わたしが自分から話さないのでAさんが気をまわして、差し障りがない話題で、しかもAさん自身も楽しい会話。
シーンと白けたり、根掘り葉堀り、わたしのことを聞かれたりするよりは、ずっといい。
わたしも和やかに話せるし、Aさんは、人との交流がお得意な方なのだろう。
そういう関わりも悪くない。

このAさん、別のおひとり様参加の女性Bさん(80歳手前)から、家庭事情を細部にわたり、ベラベラ話されていた。
Bさんの舅、姑、子供、孫の話。
とりわけ、学校の成績、学歴の話を延々とされていた。
よくもまあこれだけ、自慢にも聞こえる話を一方的にするなあ、と。
しかも半世紀にわたる、学歴ストーリー。
Aさんは、気持ちよく相槌を打ちながら延々と聞いておられた。
色んな人がいるんだなあ、とわたしは感心する。

で、この学歴自慢Bさんは、わたしにはトーンが低くくなり、一言も家族の話題はなかった。
しかも、彼女は文庫本を読み始め、話したくないシャッター、ガシャン。
色んな相性があるようだ。

写真は、鳩山さんの実家敷地内、建物に辿り着くまでの、長い長い車道アプローチに咲いていた紫陽花。

コメント

ミニ鬱を乗り越え、大東京へ

2018-06-14 | 
ちょっとした旅に出た。
場所は昔、住んでいた所、大東京。
おのぼりさんは、楽しいな、だった。
日本人であることを、外国人の目線になって味わってきた。

にーはう!と声をかけられないか、ヒヤヒヤ。
さすが、それはなかった。

が、いつものごとく、出る前はミニ鬱。
自分で自発的に行った旅でも、やはりミニ鬱。
これは、そうとう、わたしが出不精で、準備が大嫌いだということだ。
たった二泊三日でさえ、憂鬱になっていては先が思いやられる。

しかし、ネタをたっぷり仕入れた。
これから先、ひとり時間をニヤニヤできる。
しかも、今後、益々老いても、家族が全員居なくなっても、おひとり様旅行という趣味が残っている、と感じて、少し未来に目線を上げ、喜んだ。

さてさて、何から、どれから書こうか、だが、行って、その場で燃焼、写真を見て二回目の燃焼し、もう何も残るものはなく、全部燃えているかも知れない。
なによりも、疲れも残らなかったのが、最大の喜びかも知れない。
次回へ持ち越すエネルギーはキープされ、燃え尽きてはいないようなので、とりあえず、脳トレ効果はあったようだ。

写真は、皇居内から
コメント

やはり、、、予想通り

2018-05-04 | 
旅も日程を1日、残すだけとなり、緊張の糸が切れたようだ。
キリキリ襲う胃の痛み。
頭痛、吐き気、下痢が、一気に押し寄せた。
それからは、何も食べられず。
予約していた食事付きイベントはドタキャン、キャンセル料はまるまる代金全額。

次の日は午前中は、ベッド休養。
大量の薬を飲み、薬漬け。
口にするのは、水のみ。
今も調子は戻らず、胃痛と下痢、続行。
悪い予感は的中した。
これで、直近の旅は、3回中3回、発病。
元気なうちに早めに旅行しとかないと、ダメだということだ。
コメント

体調不良からスタート!

2018-04-29 | 
あれもこれも、ほったらかしたまんま、飛行機に飛び乗った。
ひとっ飛び、とは言うものの、疲れた。
1日目の夜は、食事は半分弱ぐらいしか食べられない。
2日目も3食とも半分ぐらい。
山盛り残したプレートを見て、ため息。
食べられないものは、食べられない。
飛行機の中から頭痛、ちょっとした吐き気。
まだ旅行の日程を一つもこなしてないのに、心配になって、頑張って、せめて平常通りに戻りたいと思った。
だが、とりあえず1日が過ぎた。ラテンの国。

しかし、今、眠くてダウン。
写真は、元宮殿に茂る、サボテン。
どこぞの、こころない、アホのしわざで、傷つくサボテン。
世界共通、どこへ行ってもアホは 、いる。
とりあえず、地球の裏から、こんにちは。
コメント

部屋は、広々とした病室になった

2017-09-11 | 
さて、時差1時間で到着した楽園。
わたしの年齢は、ほとんど見かけない。
お年寄りなど、中国人と思われる、足と腰が曲がり気味のおばあさん1人を省いて、誰も見かけなかった。

わたしの年齢なら、子供ファミリーと3世代旅行。
(わたしの年齢より、ほんのすこし若いグループも、ごく稀にいたが)
わたしの年齢で、おひとり様はいない。

男性なら、ゴルフ。若者、中年もゴルフ。
が、あいにくの豪雨、暴風雨。
アクシデントはつきもの。

アクシデント続きに、わたしにもアクシデントが降ってきた。
1人で暑い中、サングラス、帽子に日傘を差して、てくてくホテルから歩いて行った。
行っても行っても、なにもない。
入り組んだ複雑な道だと帰れないと困るので、ひたすら直進。
直進しながら、帰りのエネルギー残量を考える。
で、ひたすら疲れ、Uターン。
ただただ疲れた。
(あとでわかったが、目的地と逆方向に歩いていた、筋金入りの方向オンチ。
若い頃からそうだったが、拍車をかけ、ますます磨きがかかった方向オンチぶりに、自分に、呆れ仰け反った)

と、当然それは、前振り。
そんなことは、どうだっていい。

その翌日、ダウンした。
吐き気、嘔吐、頭痛、悪寒、、、
熱も出てきた。
ベッドをごろごろ右へ左へ。
ぐるりと一回転し、また、ごろごろごろごろ。苦しい。
わたしは、ここ最近、2、3年に一度ぐらい病気にかかる。
(去年も海外で原因不明の病気にかかったが、旅の行程はこなせ、帰国時に完治した)

日本でかかる病状に似た病気に、たまたま、今回は海外のホテルで。
部屋は広々、病室に変わった。

帰国するまで、病室ステイ、ほとんど何も食べなかった。(食べられなかった)

風邪かも?食べ物かも?ストレスかも?
わたしは、ストレスだと思っている。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ

コメント

時差1時間

2017-09-07 | 

日本人だらけの海外。
日本語すいすい、看板も説明書きも日本語。
あまり日本人以外の旅行客は見なかった。
フライト時間が3時間ということが大きいか。
日本からの便なので納得。
1〜3歳ぐらいの幼児連れ家族が多い。
ジジババ抜き、自立ファミリー。
幼児イベントでもあるのかしらん、という風景。
子育て中は、フラストレーション的エネルギーが溜まって、どこかに行きたいのだろう。
子供を産み育てるエネルギー量は人生でピークだと感じる。
エネルギーの爆発、放出により、日本には留まらず、心身とも、家族もろとも、海外へ押し出されるようだ。

入国審査に1時間以上の長蛇の列。
ディズニーランドのアトラクション1時間待ちのよう。
今から始まるお楽しみに、じっと辛抱強く、ひたすら待つ。
列が進み、さあ、扉が開く瞬間。


ここはどこ?
宮崎、白浜、ひと昔前の新婚旅行。
それぐらい近い。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ

コメント

旅に出て想うこと

2017-05-10 | 
旅に出ると、非日常感から、俯瞰的に自分を見るキッカケになる。
だが、スケジュール満杯、ぱんぱんに膨らんだ日程は、まるで、総理大臣の外遊のごとく。(例が、あきらかに間違っている)

わたしは、長旅の前の1カ月ぐらい前から、ブルーになり、1週間前には、死んだようになっている。
マリッジブルーの色合いか。
マリッジブルーになって、逃げ出す人もいる。結婚取りやめ。

旅は楽しいものであり、自分へのご褒美であるはずなのに、なぜか、わたしの温度は低い。
昨年のGWも旅行したが、ブログにはアップしていない。
細かい地名など、まるで覚えていない。

今回の旅行で、同じタイプの人がいた。
旅の前は憂鬱で、出発一週間前に行き先を知るという。
低い温度のまま、旅の最後に、その人は、一瞬、盛り上がりを見せた。
その話を知人にすると、旅が終わるから嬉しかったんじゃないか、とのコメントをいただいた。
なあるほど。わたしは、納得した。

わたしは、帰りの飛行機で三本立て続けに映画を見た。
一つは、ヨーロッパの王位継承者が吃音を克服する、実話に基づくストーリー。

次は、渡辺謙、出演の映画。
40代ぐらいのアメリカ人?が人生最後の場所に樹海を選び、彷徨い、そこで渡辺謙と出会い、人生を知る、暗い話。

最後は、「淵に立つ」。
モニターの調子が悪いのか、真っ黒に近い画面で、ほぼ、ヒヤリングのみに近い悲惨な状態だったが、浅野忠信の、猛烈なファンになってしまった。
あんなに真っ黒でなく、ちゃんと、もう一度ぜひ見たいが、DVDを待つしかなさそうだ。
真っ黒にもめげず、機内で2度目を繰り返し見たが、少ししたら、飛行機は関空に降りてしまった。


家に着いた途端に、わたしの幸せは家にある、と感じた。
わたしは、別に引きこもりではない。
家とは、家庭、家族のことである。
自分は家族を大切にして(あくまでも精神的に)、深く愛していると、ふと思った。

正面を向いて直視すると、逃げ出したいときも多々あるが(ブログで毒を吐きまくり)、ふいに予期せず斜めから入ると、意外な真実に気づくことがある。

今回の旅は、「淵に立つ」が、シンボリックな〆になった。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村

コメント

またまたお岩さんに

2017-05-03 | 

前にカンボジアに行った時、目の周りが腫れて、お岩さんになった。
今回も前を上回る勢いで、お岩さんになった。
誰の顔だかわからない。
知らない顔、この顔とお付き合い。
見知らぬ顔を持つのは、複雑な心境だ。
美容整形手術して美しく大変身ならともかく、別の醜い顔。

DV被害者のような顔。
ボコボコに殴られた、目だけ落ち込み、目以外は腫れた顔。
正常ではない、膨れ上がった顔。
浮腫んだ顔。
恐る恐る鏡で目を覗くと、着ぐるみの中の奥にある目が苦しげ。
瞼は、蜂に刺されたのごとく、ぷぅ〜っと膨れている。
シャレにならない。

今回の旅行は、早速、二日目の朝から、浮腫み顔の洗礼を受けた。
朝、うっすら赤くなっていたが、見る見るうちにムクムクと腫れ上がった。
いやはや、すごい顔である。
この顔とずっと過ごす一週間。
いやはや。さてさて。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村

コメント

時間待ち、5時間

2017-04-29 | 
ただいま、乗り継ぎ空港で、トランスファー時間待ち中。
なんと、5時間も。
飛行機に、すでに12時間乗った後。
目的地は遠いです。
コメント

真珠のように煌めく海に、ポケモンはいたか?

2016-10-24 | 
秋、恒例のちょいっと旅。
今回もまたまた伊勢。
というのは、3回目。

べつに、お伊勢さん命、猛烈な神道ひと筋さんではないのだが、関西プラスアルファのチョイスとなると、どうしても行き先が重なる。
というか、仕事関連の家族交流会のため、参加することに意義があるわけで。
そんなこんなで、いつも、けっこう楽しませてもらっている。

が、「去年は、どこへ行ったっけ?」と会員同士、じつにいいかげん。
福井だったか、はたまた、金沢だったか、日本海側ではあったなあ、と。
いったん集合してバスに乗ったら、最後、集合場所と同じ解散場所でバスを降りるまで、脱力しまくり。
添乗員さんに、まかせっきり。
バス内に積み込まれた大量のアルコールは、即効、効果をがぜん発揮し、みなさん、日頃のストレスも吹っ飛ぶ模様。
(わたしは、車内はソフトドリンク派なので、ただただ、おとなしい)

家族交流会であるにもかかわらず、スマホ、イヤホンで歌を聴いている会員さん、隣に座る自分の家族とすら交流しない。
通路を隔て話しかけても、いちいちイヤホンを外して返事する会話、これって、話しかけないで!と発信しているのにもかかわらず、話しかける夫。
みなさん、いろいろで種々雑多なりに、これでも、それぞれに解放され、和気藹々と仲良くまとまっている。

ある家族会員さん。
始終、ポケモン、ゲットネタ。
奥さんは、伊勢神宮、内宮、外宮、どこへ行ってもポケモンを追いかける。(私より5歳ぐらい年下?)
気長に忍耐強く話に相槌を打つ旦那さんA(私と同い年)。
AさんはポケモンGo、途中ぐらいまでしか、よくわからないらしい。
ある会員男性が、
「Aさん、感心やねえ。ちゃんと奥さんの話を聞いてあげて。
僕やったら、疲れてるのにそんな話、聞きたくないわ」と感想をポロリ。
奥さん、「あらら」と小さな声。
ピリピリした雰囲気にはならないのが、大人な集団。
(それ以前に、ポケモン追いかけごっこは、ちょっと下火なのでは?
時事ネタとしては、やや流行遅れ感がある)
アメリカでしか手に入らないグッズ?やらなんやらもあるらしいが。(奥さん談)

一面に広がる鳥羽湾と島々の絶景を見ながらの、フレンチで、口福の時を過ごした。
が、恍惚過ぎて、来年になるとどこへ行ったのか、忘却の彼方かも知れない。
ポケモンさがしの旅、えっと〜、あれはどこだっけ?
それもよかろう。










コメント