美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

身体感覚

2019-02-23 10:57:44 | 心・体と運命

小さな精子と卵子がひとつになり

母親の子宮の中で人という生物に

成長するのも生命の神秘ですね。

 

また、へその緒をつけてこの世に生まれた赤ちゃんが

二十歳前後まで身体が大きくなって

人間になって行くのも生命の神秘です。

 

ただ人間は他の動物と違い

知性という能力を持っています。

 

知性によって人間に便利で快適な社会を作ることができましたが

一方で環境破壊や、生きる上での悩み苦しみも伴うようになりました。

 

近年のIT化は目覚ましい発展は素晴らしいことですが

精神病の増加や原因不明の病も増えているようです。

 

心と身体はつながっています。

 

最近は書籍も沢山出ていますが

便利になり過ぎた環境のせいで身体の不調が生まれ

IT化やAI(人工知能)の発達が心の不調を生んでいます。

 

本来は子供の肩こりや、足腰の弱体化など

身体の成長期においてあまり起こらなかったことです。

 

デジタル社会になるほどに

本当に意識してアナログである身体を使って

適度な運動を取り入れないと

心の不調は解消されないかも知れませんね。

 

身体感覚を高めるほどに

健全なクリエイティブな感性も高まってくると思います。

 

身体の成長は二十歳前後で止まりますが

知性や感性の成長は年を取っても可能ですし

身体の衰えも遅らせることはできます。

 

イキイキとした人生のためにも

身体感覚を高めることを意識して行きたいものですね。

運も良くなります。

 

 

 

 

 

コメント

デジタルデトックス

2019-02-22 10:05:42 | 心・体と運命

デジタル機器の発達は

便利で快適な知識・情報化社会をもたらしてくれましたが

一方でアナログである人間の脳を蝕んでいるようです。

 

意欲の減退・精神病の増加・睡眠障害・疲労感・スマホ依存・・・など

様々な「気」の病をもたらしているようです。

 

今では幼児の段階から

スマホ依存が始まっている子もいるようです。

 

今後、ますますAI(人工知能)の進化と共に

脳や精神障害は増えて来ると思われます。

 

その問題解決のために

デジタルデトックスというものもあるようですね。

 

断食道場(笑)ではないですが

デジタル機器に触れないような施設で数日間過ごして

デトックスするようです。

 

これは1970年代後半に

豊か過ぎる食べ物に囲まれるようになり

肥満や糖尿病が増えて

ダイエットが叫ばれるようになったのと同じですね。

 

いまだダイエット問題が続いているように

デジタルデトックスも今後ずっと続きそうな感じがしますね。

 

欧米でヨガやマインドフルネス等が流行るのも

ダイエットやデジタルデトックスのためでもあります。

 

ITやAIの進化と共に

意識して身体感覚を高めて行くことが

健康的な生活のためには大切な事ではないでしょうか。

 

アナログとデジタルが調和すると

運も良くなります。

コメント

緊張感とリラックス

2019-02-21 10:04:26 | 心・体と運命

この世は陰と陽の調和で成り立っています。

 

リラックスを陰・緊張感を陽とも言えます。

 

リラックスは大切な事ですが、緊張感も同じくらい大切です。

 

緊張感という言い方が悪いのかも知れませんね(笑)

 

「引き締め」や「集中」と言った方が良いかも知れません。

 

緊張感でガチガチになるのは

怠惰な(あるいは傲慢な)考え方をして

鍛え方が足りないか、間違っているからです。

 

また逆にリラックスできないのも

同じく誤った考え方や鍛え方をしているからです。

 

仕方がないことですが

知識・情報化社会では頭でっかちになりがちですね。

 

緊張感やリラックスすることは

頭で考えることではなく

身体で感じることです。

 

適度な緊張感や程よいリラックス感は

方法論やテクニックにこだわって

頭で複雑に考えている間は無理ですね。

 

エゴや自我を捨て去って

素直に謙虚にシンプルに

身体を使って感じることです。

 

「何も考えないこと」と言っても良いかもしれません。

 

仕事にしても勉強にしても就寝にしても

複雑に考える頭の癖(エゴや自我)を捨て去って

行動・反省・改善すれば

適度な緊張感や気持ちの良いリラックス感を

実感できると思います。

 

心が清らかに調和すると

運も良くなります。

 

 

 

 

 

コメント

土地バブル

2019-02-20 10:26:34 | 心・体と運命

数年前からだそうですが

都市部の不動産がバブル傾向にあるようです。

 

もともとの持ち主さんの高齢化や相続問題や

街の再開発などが相まって起こっているようですね。

 

ただバブル化は不動産投資というより

不動産投機に傾くことから始まります。

 

投機はギャンブルですし、バブルは弾けます。

 

2020年代はプロの人を除いては

不動産バブル崩壊に気を付けた方が良いかも知れませんね。

 

土地の値上がり益(キャピタルゲイン)にしても

老後に家賃収入を得るにしても

楽して儲かることはありませんね。

 

ちなみにアメリカの社会心理は

日本の15~20年先を行っていますが

 

2000年代後半に起こった

サブプライムローン問題やリーマンショックは

不動産関連の問題でしたね。

 

「災いは忘れた頃にやってくる」を忘れずに

2020年代を迎えて行きたいものですね。

 

「備えあれば患いなし」ですね。

備えあれば運も良くなります。

 

 

 

 

コメント

15年ひと昔

2019-02-18 16:26:42 | 心・体と運命

歴史を学んでいると面白いことが分りました。

 

歴史は季節と同じように常に変わっています。

 

冬が春に移行するのに約3か月ぐらいですが

 

歴史も季節が移行する歳月は

約15年ぐらいなようです。

 

もちろん一日でガラッと変わることはなく

押しては引いて・寒さと暖かさを繰り返しながら

行きつ戻りつ冬から春になるように

歴史も同じくですね。

 

例えば1867年に大政奉還により明治の世になりましたが

まだまだ新政府軍も、いつダメになっていい程に不安定な状態でした。

廃藩置県など少しずつ新しい国造りを進めていましたが

10年間ぐらいは士族反乱も多く

1877年の西南戦争で西郷隆盛が逝ったことにより

ようやく反乱も鎮圧されました。

 

その後、明治15年には

軍人勅諭下賜や日本銀行が設立され

近代化(富国強兵)という坂の上の雲に本格的に歩み始めました。

 

1945年の敗戦もそうですね。

やはり10年ぐらいは戦後のどさくさ期でしたが

1955年の経済白書に

「もはや戦後ではない」と書かれ

その後1960年ぐらいから

所得倍増計画による高度経済成長が本格的に動き始めました。

 

冬と夏の間に半年(6か月)あり

まるで正反対の季節になりますが

 

同じように30年も経つと

時代が正反対とまでは言わなくても

大きく変わっていることには間違いありませんね。

15年+15年ですものね。

 

平成の30年間で大きく変わりましたね。

 

1989年はバブル経済絶頂期でした。

 

小泉改革ぐらいまでの15年間と

その後から現在までの15年間で色んな事がありましたね。

 

季節が移り変わるように歴史も時代も移り変わります。

 

思い悩むのもどうかと思いますが

この先10~15年ぐらいは

見通しを立てることも大切な事ではないでしょうか。

 

素直な目で正しい方向性が見えると

運も良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

コメント