美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

知に働けば角が立つ

2012-07-31 15:34:06 | 心と体

知性は人間の長所ですが、短所でもあります。

人間界の問題は知性と理性で解決できます。

ところが人間には人情、感情があり、こちらの方がパワーを持っています。

職場でも家庭でも問題は合理的に対処すれば解決できるのですが

そもそも問題が感情から起こっているため、合理的な解決法でも感情が

納得しないと解決できません。

むしろ理路整然と正しいことを主張すると、相手は感情的に反発してくるものです。

「知に働けば角が立つ」とはよく言ったものです。

なかなか難しいものですが、長所は上手に使って行きたいものです。

コメント

義理と人情

2012-07-24 16:04:05 | 心と体

昭和は三世帯同居から核家族への移行が顕著な時代でした。

平成の現在は核家族から個人家族へシフトしています。

物やサービスの発達がこの流れを引っ張っているようですが

時が進むにつれて、ますますこの流れは激しくなっているようです。

個人主義が進む程に、家族も含めた他人様との関わり方が重要のようです。

お互いがダメになっていく共依存にならないためには

義理と人情が大切です。

義=リーダーシップ、約束を守る

理=ことわり、法則

つまり義理とはご縁を大切にして、約束を守る志です。

情=感情、心

つまり人情とは他人様との共感力です。

個人主義社会では、わがままな方はますます孤立していくことでしょう。

自由で責任ある社会では、義理と人情がポイントのようです。

コメント (1)

自由と責任

2012-07-17 19:27:52 | 心と体

運が良い人は自由に生きています。

運が悪い人は我ままにいきています。

自由と我ままの違いは何でしょうか?

それは責任です。

自由な人は自己責任を自覚して生きています。

我ままな人は他人責任でイヤなことがあると、ひとのせいで生きています。

実は現実世界には選択の自由はありません。

精神世界に選択の自由があります。

現実世界で何が起きようと、精神世界には選択の自由があります。

この自由を自己責任で選択することが、運が良くなる秘訣です。

現実世界でイヤなことがあっても、精神世界で感謝と言う選択ができれば

現実世界も運が良くなる方向に変化して行きます。

コメント

体育

2012-07-10 16:28:16 | 心と体

感情と内臓はつながっています。

脳と腹もつながっています。

心と体はつながっているのです。

高齢化社会は子供だけでなく大人も体育が大切です。

人間は生物としての老化は避けられません。

年を取れば取る程に何もしないと衰えてきます。

しかしながら、徳・知を活用して自然治癒力を高める体育を実践すれば

年齢よりも若く、美しく、元気になれます。

それは自分のためだけでなく、むしろ高齢化社会では世の中のためなのです。

年だからできないではなく、年だからこそ体育する。

その前向きな姿は、周りの人に元気を与えることになるでしょう。

コメント

知育

2012-07-03 16:31:11 | 心と体

愚痴の痴は「病ダレに知」と書きます。

知識の病気は愚かです。

本当の知識は人生を幸せで、豊かで、美しくします。

確かに現代は知識・情報化社会です。

知らないより知ってる方が得することもあるでしょう。

ところが人生を不幸で、貧しくて、醜くするのは「痴識」です。

愚痴・批判・不平不満や相手を見下し、自分が優越感に浸るために

知識は得るものではありません。

知性は人間に与えられた大切な長所です。

学ぶ程に愉しくなり、謙虚になります。

人生を幸せに、豊かに、美しくするために、知育は大切です。

コメント