美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

ヴァーチャルリアリティ

2018-06-21 09:52:47 | 心・体と運命

近年、ヴァーチャルリアリティ(VR)が進化しています。

 

現段階ではゴーグルのような装置を付けて楽しむ段階ですが

もっと技術も機械も進化して

映画の「マトリックス」に近づいて行くのかも知れません(笑)

 

ヴァーチャルリアリティは仮想現実と訳されますが

ヴァーチャルを精神世界、リアリティを現実世界とすると

精神世界と現実世界の調和とは

ヴァーチャルリアリティのことなのかも知れませんね。

 

ただし機械を使ったヴァーチャルリアリティは

単なる現実逃避ですね。

 

精神修行や、現実の中で揉まれずに

楽して精神の時代を生きて行くことは

難しいかも知れませんね。

 

本当の意味の精神世界と現実世界の調和を

生きて行けるようになると

とても愉しい人生になります。

 

自己実現・自己超越の人生を生きて行けるようになります。

 

そのためには精神修行と現実に揉まれることは

大切な事ではないでしょうか。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイボーグ

2018-06-20 13:17:59 | 心・体と運命

これからのテクノロジーの発達の方向性として

人間のサイボーグ化が進行するのではないでしょうか。

 

もうすでに力仕事や体力を使うお仕事で

高齢化によって衰えてきた身体を補うための補助機械が

どんどん進化してきているようですね。

 

まだまだ機械も大きく、装着するには一苦労ですし

値段も高いとは思いますが

携帯電話がそうであったように

コンパクトで便利になり

10~20年後のある時から急速に広がりを見せるのかも知れません。

 

もっと進むと装着するどころか

機械そのものを人体に埋め込んだり

くっつけたりするようになるかも知れません。

 

ロボットの開発もこれからますます発展すると思いますが

人間が機械と一体化してサイボーグのようになって行くのも

超高齢化社会で元気に活動するためには

現実的にありえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四大聖人でも

2018-06-19 10:09:32 | 心・体と運命

あくまでもギャグですが・・・(笑)

 

一般的に世界四大聖人と言われるのは

仏陀・孔子・イエス・ソクラテスですね。

 

仏陀は奥さんも子供も家族も捨てました。

 

孔子は奥さんに逃げられたそうですね。(笑)

 

イエスは独身。

 

ソクラテスの奥さんは悪妻で有名です。

 

世界四大聖人でも結婚は大変みたいですね。

 

それなのに普通の庶民である僕たちが

結婚したからと言って幸せになれるのは

甘いのではないでしょうか。

 

ソクラテスはお弟子さんに、こう言ったそうですね。

 

「結婚はした方がいいぞ。

奥さんが良ければ幸せになれるし

奥さんが悪ければ哲学者になれるぞ。」と・・・

 

さすがソクラテスですね(笑)

 

21世紀の精神の時代の現在は

結婚しても、しなくても

離婚しても、しなくても

再婚しても、しなくても

何はさておき

哲学者というか、魂を磨いた方が

愉しく生きて行けるかも知れませんね。

 

山に入るのもいいですが

結婚生活という

冷たい滝に打たれ、火の中を歩くような

修行中の方も多いのかも知れませんね。

 

あくまでもギャグですからね~(笑)

 

魂を磨いて行きたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人格形成

2018-06-17 21:10:58 | 心・体と運命

何かと子供に問題が起こると

親の育て方の問題になるのが通例ですね。

 

確かに親の生き方・考え方や

その家族の習慣や雰囲気などが

子供の人格形成に影響を与えることは間違いないとは思いますが

その子供の兄弟姉妹でも

それぞれに異なる人格や性格になっているのは

何故なのでしょうか?

 

仕事柄、小さい時から知っているお客様を見ていると

子供から大人にかけての人格形成は

親の育て方だけではないような気がします。

 

半分以上は、その子の元々持ったものであるような気がします。

極端に言うと「三つ子の魂百まで」のような気がします。

 

できれば若いうちからの方が良いのですが

20・30・40・・・代といつでも良いのですが

自分自身の魂をどう磨くか、魂の成長をどうやって高めるかの自覚が

人格形成には大切なのではないでしょうか。

 

年齢を重ねる程に

自覚的に意識的に魂を磨こうと努力・精進すると

運が良くなると思います。

 

いい大人がいつまでも

親のせいで自分がダメになったなど言っていることこそ

まだまだ精神年齢が幼いのかも知れませんね。

 

人格形成や魂を磨く責任は

自分自身にあるという自覚を持つことが成人や大人になる事ですね。

運も良くなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の居場所とは

2018-06-15 09:52:23 | 心・体と運命

人間には「寂しがりや」も多いですが

一方で、「独りになりたい」とか「独りの時間を大切にしたい」とか

言う人も多いものです。

 

その場やコミュニティが楽しければ

ずっとそこにいたいと思いますが

楽しくなかったり、退屈だったり

それ以上に不快だったりすると

その場から離れたいのではないでしょうか。

 

すべては自分の心次第ですね。

 

現代社会では家族コミュニティでさえ

不快な場になってきています。

 

本当の意味で自分の居場所を作りたいのなら

家族も含めた自分以外の他人に左右されない

自分を創るしかないですね。

 

独りでも楽しく過ごせるのなら

楽しくない場から離れられますし

気の合う人との場を作ったり、過ごしたりすることができますね。

 

これがある意味、精神の自立です。

 

ただ残念ながらほとんどの人は自立できないのが現状です。

 

戦後、物質的に豊かになり

親や大人に甘やかされた人が多く

自分の魂の成長を促してくれる人よりも

自分を甘やかしてくれる人や、都合のよい人を

楽しい人や良い人と感じてしまうからです。

 

よって精神格差は広がり

自立できる人は自分の居場所を創れますが

自立できない人は自分の依存対象を探して楽をしようとするので

結局はその対象者と苦しみの共依存関係に陥ってしまいます。

 

もう殺人事件の50%以上は家族間です。

 

「親しき中にも礼儀あり」と言われますが

自立するためには礼儀や仁義や信義が大切です。

 

精神的・経済的・人間関係的に自立力は密接に調和しています。

 

自分の居場所を創るとは

言い換えれば自立するという事かも知れません。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加