美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

将来のお金

2020-10-23 13:44:15 | 心・体と運命

今朝、ニュースで見たのですが

東証一部の8割の企業の大株主は

公的な年金運用独立行政法人と

日本銀行だそうですね。

 

少子高齢化を迎えている日本の

年金制度を維持するのは大変なことだと思います。

 

もともと年金制度が出来た頃は

老人の数が少なく

子供の数が多い人口増加の時代でした。

 

また男子平均寿命が62歳

女子平均寿命が70歳の時でした。

 

現在は男子平均寿命が79歳

女子平均寿命が86歳ぐらいです。

 

加えてこれからは

人生100年時代とも言われています(笑)

 

だからこれまでも

少しずつ変わって来ましたが

これからも

変わって行かざるおえないですね。

 

どういう風に年金制度が変わるとしても

個々自立して

お金をマネジメントする能力は

高めていった方が良いかも知れませんね。

 

一方で老後のお金の不安を煽(あお)り

金融詐欺もますます増えてくると思います。

 

くれぐれも気をつけてくださいね。

 

最大のリスクヘッジは

自分自身で

お金に関するインテリジェンスやリテラシーを

高めることではないでしょうか。

 

以外とお金のプロと称している人も

実は自分のお金のマネジメントは

できていない人が少なくありません(笑)

 

自分自身で学び実践することをお勧めします。

 

日本人はお金の話が苦手な国民性ですが

パラダイムシフトした現在

若い人ほどお金のマネジメント力を高めた方が

将来のお金に困らないかも知れませんね。

 

若い人は

マイナス金利の現在

貯金だけのリテラシーでは

厳しい老後になるかも知れません。

 

自分自身で

お金をマネジメントできるようになると

運も良くなります。

 

 

コメント

もはや欧米化ではない

2020-10-21 10:37:56 | 心・体と運命

平成のいつかは忘れましたが

「欧米か!」というギャグがありましたね(笑)

 

日本の政治では

2000年代の前半から半ば過ぎまでに

小泉改革なるものがありました。

 

覚えていますか?

 

戦後に出来た政治・社会システムを

民営化・金融の自由化・グローバル化などの

欧米化に改革しました。

 

1990年代のバブル経済崩壊後の

不況にあえぐ多くの国民の支持を得て

欧米化を導入しました。

 

改革の反動で

抵抗勢力の逆襲もありましたが

2012~13年に

小泉改革を踏襲する

第二次安倍政権が発足しました。

 

この7年間も色んなことがありましたね。

 

アベノミクス・一億総活躍社会・働き方改革

終身雇用制の崩壊・副業の奨励・週休三日制・・・など

怒涛の如く変化しています。

 

そして2020年の今年は

コロナ騒動により

一気にIT化やリモート化が進みました。

 

欧米化が進んでいるというよりも

もはや欧米化ではなく

すっかり変わってしまったのではないでしょうか。

 

新しい社会システムに脅威を感じて萎縮するよりも

良い機会だと思って変化に対応する方が

生きがいを見出せる可能性が高まるかも知れませんね。

 

2020年代からは精神の時代であり

自己実現や自己超越を目指せる時代でもあります。

 

終戦から10年後

戦後のドサクサを抜けて

「もはや戦後ではない」と経済白書に書かれた頃から

日本は高度経済成長の方向に舵を切りました。

 

「もはや欧米化ではない」と腹をくくり

新しい時代に対応して行きたいものですね。

 

今後は高度精神成長を迎えるのかも知れません。

 

心や身体やお金や人間関係を

愉しくマネジメントできるようになると

運が良くなります。

 

 

 

コメント

信頼関係

2020-10-20 12:00:03 | 心・体と運命

道徳の徳目の一つに

「信」というものがあります。

 

人と人の関係は

信頼関係が重要ですね。

 

よく「自分を愛せない人は、人を愛せない」と言われますが

果たしてそれは本当でしょうか?

 

自分を愛することは結構なことですが

それが自分のエゴやわがままから高じて

人との約束を破ったり

騙したり、傷つけたりすると

相手からは信頼を失いますね。

 

それが家族や身内であっても

信頼関係を損ねると

人間関係が成り立たなくなります。

 

もしかしたら人間界では

自分を愛すること以上に

自分を信じることの方が

大切かも知れませんね。

 

自分を信じて

人との約束を守っていると

自然と自分も人も

愛することができるのではないでしょうか。

 

また「信」には

信仰という言葉もありますね。

 

人間は不完全な存在なので

人間界では色々とせちがらいこともあるものです。

 

人間界を超えた

大いなる存在や天地自然の理などを

信じて仰ぐ(尊敬する)気持ちが無いと

精神的にしんどいことが多い人生になるかも知れませんね。

 

もちろん盲目的になるのはどうかと思いますが

尊敬に値する人と接していると

自分も気持ちが良いですね。

 

人は不完全ではありますが

自分にも人にも

どこか尊敬に値するところが一つでもあって

そこをお互いに尊重することができれば

仲良くやっていけるかも知れませんね。

 

自分にも人にも神にも(?!)

信頼関係や信仰関係があると

運が良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

投資と投機

2020-10-17 19:44:20 | 心・体と運命

戦後75年を過ぎ

社会システムも変化しました。

 

将来の年金システムに不安を抱く

若者も少なくありません。

 

最近は若者も積極的に

投資を始めている人も増えているようです。

 

ただ「投資」と言いつつ

「投機」をやってしまっているケースもあるようです。

 

投資はお金のマネジメントですが

投機は博打でありギャンブルです。

 

投資をやるには

事業家マインドが必要ではないでしょうか。

 

ギャンブルに勝つためには

何某かの学びも大切なのでしょうが

事業を運営・マネジメントするために

どうお金を使えば良いかという学びとは

学びの方向性が違うのではないでしょうか。

 

また単純に

銀行や証券会社やファイナンシャルプランナー等の勧める金融商品も

何の見識もなく投資をするのはいかがなものでしょうか。

 

昔からですが

怪しい投資詐欺も

手を変え品を変え

次から次へと生まれてきますね。

 

騙されないためにも

事業家マインドを持って

ファイナンシャルインテリジェンスを高めるために

学び続けて行きたいものですね。

 

確かに

パラダイムがシフトして

知識・情報化社会になった現在は

お金をマネジメントする力は養っておいた方が

老後はお金に困らないかも知れませんね。

 

投資と投機の違いを知って

堅実にお金をマネジメントして行きたいものですね。

 

運も良くなります。

 

 

 

コメント

愛の難しさ

2020-10-15 18:15:08 | 心・体と運命

日本人は「愛」の解釈が苦手のようです。

 

「愛」は

江戸時代までの儒教や仏教では

一般的には良い概念ではなかったようです。

 

「愛欲」や「執着」の意味だったようです。

 

ところが明治維新によって

西洋文明開化が起こりました。

 

キリスト教的な意味で

「愛」も広がってはきましたが

まだまだ一般的ではありませんでした。

 

1930年代から

戦争の時代に突入して

一時的には西洋的な文化は

排除させられた時期がありましたが

敗戦により

どっと欧米文化が流入してきました。

 

そこからは

むしろ年を追うごとに

「仁義」や「慈悲」という概念の方が廃れ

今日を迎えています。

 

本来のキリスト教的な「愛」は

「仁」や「慈しむ」という意味に近いのですが

儒教も仏教の素養もない戦後世代には

「恋」や「愛欲」が

「愛」にすり替わっている場合も少なくないようです。

 

単純に相手に対する

「思いやり」でもいいと思うのですが

歌やドラマや映画などで

「愛」という言葉が加工され

「恋」や「愛欲」の意味が刷り込まれ

複雑にしている感がありますね。

 

加えて

戦後の経済成長により

「お金」に対する概念も歪んでいるので

親子愛と称して

湯水のように子供にお金を注ぎ込み

甘やかして

自立の芽を摘んでしまった家庭も

少なくないようです。

 

「親しき中にも礼儀あり」との言葉があるように

「礼」の意味は

「美しさ」や「調和」といういみです。

 

仁義や礼儀のない家族は

厳しい現実を突きつけられるのではないでしょうか。

 

「恋」や「愛欲」での家族の絆は

「金の切れ目が縁の切れ目」

になってしまうかも知れません。

 

堅苦しいかも知れませんが

複雑になってしまつた

「愛」の概念を

もう一度再考してみることは

大切なことかも知れませんね。

 

心の病が激増している今日

儒教でも仏教でもキリスト教でも

何でもいいのですが

本当の「愛」についての哲学が

心を癒し・成長させてくれるのではないでしょうか。

 

運も良くなります。

 

 

 

 

 

コメント