Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

スポーツ酒場“語り亭”「フィギュアスケート」

2013年11月30日 00時03分01秒 | テレビ

 NHKBS1の番組、スポーツ酒場“語り亭”。ミッツ・マングローブが“ママ”の酒場に、スポーツ好きが集まって熱く語るという設定。何度か見たことがある。
 11/30(土)24:00(12/1(日)0:00)の放送は、フィギュアスケートの話題。伊藤みどり、本田武史、佐野稔が登場して、アルベールビル五輪のトリプルアクセルや、4回転ジャンプについて語ってくれるらしい。
 そしてミッツ・マングローブは羽生結弦がお気に入りで、振付覚えちゃったとか。高橋大輔や浅田真央の紹介もあるそうな。

 右脛骨骨挫傷のためグランプリファイナルを欠場すると発表した高橋大輔選手、2週間の治療が必要とのニュース。
 全日本には必ず間に合うと信じて、治療に専念してほしい。直前の追い込みは少なくなるけれど、長年の練習で体が覚えたことは急になくなりはしないのだから。

コメント

夢の中で

2013年11月29日 00時06分11秒 | Weblog

 車を運転していた。
 暗くなってきたのに、ライトがつかない。「ライトのボタン、どこ~」と探しながら運転を続ける。
 あれこれボタンを触ってみるが、室内のライトがついたり。
 「とりあえず、路肩に止めよう」とか思ったり。
 ・
 ・
 ・
 目が覚めた。
 免許持ってないのに、なんで運転してたんだろう、、、

コメント

tastebuds

2013年11月28日 23時24分16秒 | ××語

 久しぶりにマクドナルドのハンバーガーを食べたら、お持ち帰りの袋ににこんなフレーズが。
 "Wake up your tastebuds"
 tastebuds、、、って、何?
 直訳したら味の蕾。。。味蕾だ 辞書を引いてみると、ちゃんと出ていた。味蕾という単語がそもそも直訳でできたのかも。
 こんな単語、日常的に英語で使うのかな? 面白いわ

 ほかにも、"Your change changes lives"なんてのがあった。「キミの変化が生活を変える」lifeじゃなくてlivesと複数ってことは、キミの生活・人生だけでなく、周囲の人間の人生も変えていく、と言いたいのかな。
 こういう短いフレーズにメッセージをこめるのが、英語の人は上手だと思う。中学や高校で、英語の授業で使ったら楽しいかも

コメント

全日本フィギュアスケートジュニア選手権2013

2013年11月27日 01時06分17秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ第6戦ロステレコム杯(ロシア大会)が行われた週末、日本でも熱い戦いが繰り広げられていた。
 ジュニアの日本一を決める、全日本ジュニア。上位入賞者は全日本選手権に出場できる。世界ジュニア選手権の日本代表選考で全日本選手権出場が必須となっているし、シニアに上がる前にジュニアのタイトルを取りたい選手は多いだろう。
 ジュニアはブロック大会から参加人数が多いので、全日本まで進むのも大変だ。今回は男子28名、女子29名。嬉しいことに、アイスダンス2組も出場している。

 男子は田中刑事が215.29で初優勝。羽生結弦、日野龍樹と同学年で、小さい頃からのライバルだったが、意外にも全日本ジュニアのタイトルはまだだった。SP75.93、フリー139.36、どちらも1位。トリプルアクセルが安定して跳べて、4回転にも挑戦できるのは大きい。演技構成点で7点台も取れるようになっている。来年シニアに上がるのに十分な自信をつけているだろう。
 2位に宇野昌磨、206.10。SPではまだトリプルアクセルを跳ばないが71.61。この選手も演技構成点で7点台が主に振付や解釈でもらえる。海外で“ミニ・タカハシ”と呼ばれるほど、体じゅうで踊るの大好き フリーではトリプルアクセルに挑んだが転倒した模様。あとルッツにエッジエラーがつくので、直るといいんだけど。
 3位は日野龍樹、196.67。SPでアクセルが1回転になるミスがあり、トップの2人と10点以上の差がついてしまった。フリーでは4回転で転倒した以外はよかったようで、136.98、フリー2位だった。演技構成点も6点台後半がもらえている。海外でわりと評価が低く、JGPシリーズでは5点台がついてしまったりするので、、、うまく表現するコツがつかめたかな?
 田中刑事と日野龍樹はジュニアグランプリファイナルに出場する。昨年は日野が3位に入ったが、日本開催の今年は2人で表彰台に上がれるといいな 
 4位は本田太一、ちょっとトップ3とは差がついて170.45。まだジャンプ構成が高難度ではなく、3回転+3回転もSPのトウループだけ、もちろんトリプルアクセルはない。それでも比較的いい点が出るのは、演技構成点が5点台後半でそろえられ、穴がないからかな。順調に伸びてほしい。
 5位は今季ジュニアに上がった山本草太。SPで3位につけたのに、フリーで大きく崩れてしまった。トリプルアクセルがダウングレードで転倒、合計4回の転倒は痛かった 6位の友野一希はまだJGPシリーズに派遣されたことがないようだが、来季から国際大会出場もできるかな? JGPシリーズ2大会派遣された川原星と中村優は7位と8位、、、もう一息!
 今季は6位までが全日本選手権に出場とのこと。世界ジュニア2枠は全日本の成績を加味して選考されるので、あらためて戦うことになる。

 女子は本郷理華が163.12で優勝。SPは3位だったが、1位との差はわずか0.9。フリーはただ一人110点台に乗せ、技術点も60点。ルッツでエッジエラーがついたのと、ダブルアクセル+3回転トウループで回転不足になった以外ノーミスで、スピンも全部レベル4が取れている。昨季全日本ジュニア3位、全日本選手権5位で一躍注目を浴びたが、世界ジュニアで9位とやや振るわなかった。今季はどこまでいけるかな
 2位は今季ジュニアに上がった三原舞依、153.85。ミスなくまとめた模様。僅差でフリーは5位なんだけど、演技構成点があまり高くないような。3位は松田悠良、151.61。ジャンプはそれほど悪くなかったように見受けられるが、ステップが無効とされてしまっている。転倒ではないので、何があったのかな 4位はSP1位だった木原万莉子、150.74。昨年は10位で、まだJGP派遣はないようだ。来季から行けるかな?
 5位がノービスから推薦出場の本田真凜、150.05。SP13位からフリーは2位! 3回転ルッツ+3回転トウループに挑み、トウループは回転不足になったが着氷している模様。ダブルアクセル+3回転トウループ+2回転トウループも挑戦、アクセルで失敗したが次の2つを跳べている。ルッツ、フリップにエッジエラーがなく、スピンもレベル4が取れる上に、演技構成点が5.86平均。まだ小6なのに、かなり凄い 兄の太一選手も4位と兄妹で活躍。
 6位は今季ジュニアに上がった坂本花織、148.78。SP14位だった加藤利緒菜がフリーは頑張って3位、合計147.33の7位に上がった。ここまでの6人(ノービスの本田選手を除く)が全日本選手権に出場とのこと。
 女子も世界ジュニアの枠は2つ。本郷選手が本命で、あとは全日本の出来次第になりそう。

 アイスダンスも、優勝の安形静流/鈴木健太郎組が全日本に出場するそうだ。ということは、全部で4組出場? カップル競技が少しずつでも盛んになっていくといいな

 12/1(日)26:05~27:20(12/2、2:05~3:20)にフジテレビで放送予定。1時間15分の深夜枠で男女SPフリー全部ということは、トップ3+αくらいがせいぜいだとは思うが、楽しみ

コメント

ちょっと変身

2013年11月26日 01時30分08秒 | アジア

 タイ北部に勢力を誇ったランナー王朝の衣装で、タイムワープしてみました

コメント (4)

間に合う?

2013年11月25日 18時12分49秒 | Weblog

 日曜の夕方、大学の友達と飲みに行くという次男。大学の最寄り駅まで出かけていった。
 最寄り駅といっても、次男はスクールバスを使って少し遠い反対方向の駅を利用しているので、多くの学生が利用するより近い駅は普段行かない。終電の時間をちゃんと調べたかな?とふと思った矢先、メールがきた。
 「今から電車、ご心配なく」はいはい
 少し経って、ふと気になって乗り換え案内で終電をチェック。日曜だから平日とダイヤが違うだろうし、中途半端なところまでしか帰れなかったら困る。それくらいなら、歩いて歩けないことはない、別の路線の駅へ出たほうがまし
 終電は、メールが発信された時間より少し前に発車している、ことになっている。“今、電車”じゃなくて“今から電車”という文面だったけど、その時点でまだ乗ってなかったってことは、ヤバいんじゃない?
 さっそくメールすると、「大丈夫なはず」と返事が返ってくる。「今どこ?」時刻表から当該電車がどの駅に何時発着かの一覧を見ながら訊くと、時間からいってその電車に乗っているらしい駅名を言ってきた。どうやら、大丈夫。
 乗り換え案内が1本前を指定してきたのは、乗り換え駅で時間が2、3分しかなく、乗り換え不可能とみなしたためと思われる。時間がわかっている20歳男子がダッシュすれば、まあぎりぎりか
 心配し過ぎでちょい過保護(でもタクシー代使われるのも困るし

コメント

GPロステレコム杯2013ペア・フリー

2013年11月24日 22時25分41秒 | スポーツ

 こちらも忘れないうちに。フィギュアスケート・グランプリシリーズ2013第6戦、ロステレコム杯(ロシア大会)ペア・フリージャッジスコア)。成美&龍一、頑張れ~

高橋成美/木原龍一 SP:48.64 FP:92.77 合計141.41
 「レ・ミゼラブル」♪ ちょうど始まったときにPCがトラぶったので、あとでこちらで見た。3回転トウループ+2回転トウループが、2人のタイミングもぴったりで決まって大きな拍手。

リンゼイ・デービス/ロックニー・ブルーベイカー(米) SP:51.59 FP:100.31 合計151.90
 見てないので、ごめんなさい

クセニア・ストルボワ/フェドル・クリモフ(ロシア) SP:57.20 FP:130.90 合計188.10
 「アダムズ・ファミリー」♪ サイドバイサイドの3回転トウループ+2回転トウループ+2回転トウループを軽々と決め、コミカルな振付を楽しげにこなし、リフトもすごくスムーズ。ガッツポーズで自己ベスト更新。

アレクサ・シメカ/クリス・クニエリム(米) SP:59.56 FP:114.14 合計173.70
 「Ever After」♪ 抒情的な美しいプログラムで好き ツイストやスロージャンプの高さと滞空時間が見事。サイドバイサイドジャンプが跳びきれなかったが、全体にきれいだった。フリーのシーズンベスト、合計の自己ベスト更新。

ユリア・アンティポワ/ノダリ・マイスラゼ(ロシア) SP:62.87 FP:118.63 合計181.50
 曲はピンク・フロイドを2曲。ごつい男性が小柄な女性を高々と放り投げる(笑) ツイストもスローもびゅんびゅん飛んでいく感じ。男性の靴の上に乗せてから持ち上げるリフトなど、いろいろ工夫があって面白い。立派なGPシリーズデビューを飾った。

カーステン・ムア-タワーズ/ディラン・モスコヴィッチ(カナダ) SP:65.65 FP:123.08 合計188.73
 「道」♪ 前のペアに比べると女性が重く見えてしまうけど、プログラムは素敵。リフトの降り際に女性が転倒するミスがあったが、最後まで頑張った。

ヴェラ・バザロワ/ユーリ・ラリオノフ(ロシア) SP:69.72 FP:131.89 合計201.61
 ボロディン「韃靼人の踊り」♪ 男性がごついので、イーゴリ公のキャラが合う。サイドバイサイドジャンプでは2人のタイミングがずれたが、それぞれが下りた。スロージャンプやツイストの高くてシャープなこと! わずかながら自己ベスト更新で大喜び。

アリオナ・サフチェンコ/ロビン・ゾルコビー(ドイツ) SP:73.25 FP:133.08 合計206.33
 「くるみ割り人形」♪ 優雅なプログラムで好き サイドバイサイドジャンプが2回転や1回転になるところはあったが、大きなミスがなければやはり得点が出るペア。スロートリプルアクセルは回避、それでもシーズンベストを更新して逃げ切った。キス&クライでプレゼントの可愛いくるみ割り人形を手に持ってにっこり。

 結果、サフチェンコ/ゾルコビーが優勝、2位にバザロワ/ラリオノフ、3位ムア-タワーズ/モスコヴィッチ。高橋/木原は8位だけど、自己ベストが出せたからいいのだ
 サフチェンコ/ゾルコビー、ムア-タワーズ/モスコヴィッチがファイナル進出決定。あと4組は、ボロソジャル/トランコフ(ロシア)、龐清/佟健(中国)、デュハメル/ラドフォード(カナダ)、彭程/張昊(中国)。バザロワ/ラリオノフは得点の合計は5番手に相当するが、4位・3位の22ポイントで進出ならず。2位・3位の24ポイントで4組が並んだが、得点合計4点余りの差で隋文静/韓聰がファイナル進出を逃した。
 グランプリファイナルも楽しみ

コメント

【ネタばれ注意】GPロステレコム杯2013男子フリー

2013年11月24日 00時44分40秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2013第6戦、ロステレコム杯(ロシア大会)男子フリージャッジスコア)。

ミーシャ・ジー(ウズベキスタン) SP:63.23 FP:127.05 合計190.28
 好きな曲を全部集めちゃいましたみたいなWorld Dance Collection♪ 「ある恋の物語」も入っている。トリプルアクセルで転倒しても、楽しく踊れればそれでいい!らしい(笑) オリンピックもその調子で!

リチャード・ドーンブッシュ(米) SP:63.74 FP:151.71 合計215.45
 ビートルズ・メドレー♪ きれいな両手上げルッツから入ったが、4回転は転倒。トリプルアクセル2本はきっちり。フリーのシーズンベスト。

ペーター・リーベルス(ドイツ) SP:65.38 FP:132.27 合計197.65
 「Who Wants to Live Forever」「Smells Like Teen Spirit」♪ 4回転は転倒、トリプルアクセルも転倒と少し残念 でも最後まで端正な滑りで頑張った。

アルトゥール・ガチンスキー(ロシア) SP:72.18 FP:139.31 合計211.49
 「アンナ・カレーニナ」♪ 最初の4回転は転倒、2本目は3回転になった。なかなかクリーンな演技ができない今シーズン、表情が冴えない。

コンスタンティン・メンショフ(ロシア) SP:72.43 FP:150.60 合計223.03
 4回転は1本しか入らず、2本目が3回転になってしまったことで、もしかしたら予定よりジャンプは少なくなってるかも。いつもより、切れがなかったかな?

ハヴィエル・フェルナンデス(スペイン) SP:81.87 FP:145.12 合計226.99
 「ピーター・ガン」「ハーレム・ノクターン」♪ ストリーミングが切れまくりで、よく見られなかった なんだか転倒やステップアウトばかり目に入ってきたが、、、終盤の1回転ループをはさむ3連続コンビネーションが、4つ目のコンビネーションとされて無効になるミス。2本目の4回転サルコウが単独になってシークエンス扱いになったのに、その後ルッツとループの両方に2回転トウループをつけてしまったのが原因。通常はどっちか一つだったはず

町田樹 SP:84.90 FP:172.10 合計257.00
 ストラビンスキー「火の鳥」♪ 衣装が少し変わって、羽のひらひらが少なくなった分、刺繍で炎が表現されている。冒頭の4回転は片手をついたが、2本目でしっかり2回転トウループとのコンビネーション! トリプルアクセル+3回転トウループも決まった! 単独のトリプルアクセルでステップアウトした以外はミスもなかった、と思う。
 キス&クライで、少し右の太ももを気にしてマッサージしていたが、痛みが出たのかな? たいしたことないといいんだけど。

マクシム・コフトゥン(ロシア) SP:92.53 FP:147.81 合計240.34
 チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」♪ クラシックがよく似合う、すらっとした長い手足 冒頭の4回転で転倒、2本目は2回転に。3本目でやっと決まった。2本目のトリプルアクセルがコンビネーションにできなかったり、パンクもあって、すごく残念そうなフィニッシュ。

 結果、町田樹が優勝、2位にコフトゥン、3位フェルナンデス。町田は堂々2大会優勝でファイナルに進む。コフトゥンもシニア初のファイナル進出が決まった。
 ファイナル進出は、パトリック・チャン(カナダ)、町田樹、羽生結弦、マクシム・コフトゥン(ロシア)、高橋大輔、閻涵(Han YAN、ハン・イエン)。

 町田選手、優勝おめでとう

コメント

【ネタばれ注意】GPロステレコム杯2013女子フリー

2013年11月23日 20時47分25秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2013第6戦、ロステレコム杯(ロシア大会)女子フリージャッジスコア)。

村上佳菜子 SP: FP:113.22 合計165.76
 「愛のイエントル」♪ しっかりと力強く滑り出し、冒頭の3回転+3回転をきれいに決めると、柔らかな動きの中で次々とジャンプを決めていく。後半の3連続あたりでは、観客もノーミスだと気づいて大きな拍手がきた。終わった瞬間、笑顔がはじけた

今井遥 SP: FP:95.75 合計145.30
 こちらも微笑みながら元気よく滑りだしていった。一つジャンプで転倒があったが、愛らしい乙女キャラを前面に出して全体をまとめられたと思う。あまり点が伸びなかったのは、回転不足があったかな

ニコル・ゴスヴィアニ(ロシア) SP: FP:106.96 合計157.17
 白地に透ける黒を重ねた衣装がお洒落(前にも書いたかも^^;)。地元の声援に後押しされて、いい感じによくジャンプを決めた。ステップでは手拍子をたくさんもらい、終わった瞬間はガッツポーズ。

宮原知子 SP: FP: 合計
 「ポエタ」♪ 最近フィギュア界で流行りのフラメンコ。落ち着いて冒頭の3回転+3回転から決めていく。きちんと振付をこなしながら、曲とうまく合わせてジャンプが決まると盛り上がる。一つだけバランスを崩したジャンプがあったほかは、いい出来だった。コレオシークエンスのスパイラルなどもいい。ロシアの観客に名前を覚えてもらえたかな

エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア) SP:60.16 FP:111.71 合計171.87
 「マラゲーニャ」♪ 前半のジャンプで2度転倒してどうなることかと思ったが、観客から強力な励ましの拍手 後半、ダブルアクセル+3回転トウループなどをしっかり決め、アピールしまくりのステップやコレオシークエンスで盛り返した。

長洲未来(米) SP:60.44 FP:114.93 合計175.37
 「007」♪ 冒頭から3連続コンビネーションを決めて波にのった。全てのジャンプでよどみなく、きびきびした動きでステップの振付もカッコよかった。最後のジャンプを決めた瞬間の、両手をきゅっと開く振付はガッツポーズの代わり

アグネス・ザワツキ(米) SP:60.45 FP:102.76 合計163.21
 「ラ・クンパルシータ」♪ タンゴのリズムを力強く刻みながら滑る。前半は3回転+3回転も入ってよかったが、後半2回転になってしまうジャンプがあって、クリーンな出来にはならなかった。でも観客は曲に合わせて手拍子してくれるから嬉しそう。

カロリナ・コストナー(イタリア) SP:67.74 FP:122.38 合計190.12
 「シェヘラザード」♪ ターコイズブルーにカラフルなクリスタルを散りばめた素敵な衣装、前回よりずっといい ただ、スカートの下のパンツ部分が肌色らしいのが、ちょっと気になった。優勝しなければ!という思いが強かったのか、ジャンプの着氷で少しふらついたりバランスを崩したり、、、でも表現力はさすが。

ユリア・リプニツカヤ(ロシア) SP:72.24 FP:118.56 合計190.80
 「シンドラーのリスト」♪ このプログラムの物語の少女キャラをきちんと演じているのは好感が持てる。冒頭のジャンプで転倒、回転が抜けるジャンプもあったが、後半にダブルアクセル+3回転を成功。僅差で逃げ切った。

 結果、優勝リプニツカヤ、2位コストナー、3位長洲未来。日本勢は宮原知子が5位、村上佳菜子7位、今井遥9位となった。リプニツカヤはファイナル進出、コストナーは逃した
 進出する選手は、浅田真央、リプニツカヤ、アシュリー・ワグナー(米)、アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)、エレナ・ラディオノワ(ロシア)。6人中4人がロシア勢 昨年の男子で日本勢が4人進出したが、それと同じような感じ。

 このあとはペアのフリー

コメント

GPロステレコム杯2013アイスダンスSD

2013年11月23日 03時13分52秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2013第6戦、ロステレコム杯(ロシア大会)。ロシアで人気のアイスダンスが1日の最後の種目になる。ショートダンスジャッジスコア)。

シオブハン・ヒーキン=ケネディ/ドミトリー・ドゥン(ウクライナ)
 ツイズルの途中で近づき過ぎて一瞬あせったが、事なきを得た。45.00。

クセニア・モンコ/キリル・カリアビン(ロシア)
 あんまりよく見られなかったんだけど^^; 技術的に安定している印象を受けた。55.83。

パイパー・ギルス/ポール・ポワリエ(カナダ)
 登場前からポーズを決めてるパイパー 持ち上げられながら男性の頭をまたぐリフト、迫力。伸び伸びと楽しげに滑っていた。オリンピックに関係ない(二人の国籍が違う)気楽さがある?! 51.14。

ガブリエラ・パパダキス/ギョーム・シゼロン(フランス)
 昨季ジュニアで大活躍したカップル。男性がツイズルでバランスを崩してしまったが、それ以外はまとめた。。。と思ったら、最後のポーズの瞬間に尻もち かなりショック・・・。44.49。

エカテリーナ・リャザノワ/イリア・トカチェンコ(ロシア)
 「シカゴ」♪ ショートダンスで一つのテーマから全部の曲を使うカップルは最近珍しいので、ストーリー性があっていい。ツイズルはじめエレメンツも確実。58.59。

マディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(米)
 20年代風のゴールドの衣装が素敵なチョック、笑顔が美しいのでやたらアップで抜かれてる きびきびした動きがよかった。57.80。

ケイトリン・ウィーバー/アンドリュー・ポジェ(カナダ)
 「42nd Street」♪ タップダンスの動きがお洒落なプログラム。いい出来だと思ったんだけど、本人たちは得点に少し残念そうな61.50。

エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロヴィエフ(ロシア)
 とにかくスピード感がすごい 最初から跳ねるような足取りで、ツイズルもびゅんびゅん。68.42、技術点が32.86と断トツ。

 結果、1位ボブロワ/ソロヴィエフ、2位ウィーバー・ポジェ、3位リャザノワ/トカチェンコ、4位チョック/ベイツと続く。フリーでウィーバー/ポジェが巻き返せるか。ボブロワ/ソロヴィエフとどちらが優勝しても、この2組がファイナル進出は間違いなさそう。銅メダル争いはチョック/ベイツの逆転も可能性あり。

 ではまた明日~~~

コメント

【ネタばれ注意】GPロステレコム杯2013男子SP

2013年11月23日 01時34分21秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2013第6戦、ロステレコム杯(ロシア大会)。次は男子ショートプログラムジャッジスコア)。町田樹のファイナル進出がかかる。
 ブライアン・ジュベールが欠場、ジョシュア・ファリスも棄権で8名となった。

ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)
 GPシリーズ初出場。エレキギターが奏でるブルースでノリノリに滑る。トリプルアクセルは転倒してしまったが、コンビネーションと3回転は決め、得意のステップはエアギターも入れながら。いつ見てもこの人のプログラムは楽しい 63.23。

ペーター・リーベルス(ドイツ)
 「Clocks」♪ 曲のイメージが衣装の胸の歯車や針の模様にデザインされている。ピアノとチェロのメロディにのって、3回転フリップ+3回転トウループをこらえて下り、トリプルアクセルは惜しくも転倒。3回転ルッツはしっかり入った。65.38。

マクシム・コフトゥン(ロシア)
 フラメンコのリズムにのって、いきなり4回転サルコウ+3回転トウループが決まった 続いて4回転トウループも下り、トリプルアクセルもきれいに入る。あとはステップもスピンも思いのまま。92.53、タラソワコーチが大喜び。

アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)
 こちらも曲はフラメンコ。コフトゥンの曲はパーカッションがメインで、こちらはギターがきれいな曲。冒頭の4回転で転倒、コンビネーションは3回転+2回転。トリプルアクセルは高さがあったが、なんでもないつなぎの中で転倒 かなりがっかりの72.18。

コンスタンティン・メンショフ(ロシア)
 「コウルスターガイスト」♪ ジャンパーのメンショフ、トリプルアクセルは完璧、4回転のコンビネーションはセカンドが2回転。ここまではよかったのに、単独ジャンプが2回転になってしまった。演技構成点で大きく稼げるタイプではないだけに、これは痛い 72.43。

リチャード・ドーンブッシュ(米)
 「The Sons of Italy」♪ 冒頭の4回転サルコウが2回転に、トリプルアクセルで痛そうな転倒。手拍子に助けられて小粋なステップをこなす。ルッツからのコンビネーションで、ルッツが2回転になったがセカンドのトウループを根性で3回転に、こちらは大きな減点は免れたが、やはり口惜しそう。63.74。

町田樹
 「エデンの東」♪ 4回転トウループ+3回転トウループ、少し乱れたがこらえた。トリプルアクセルは大丈夫。スピンやつなぎは自信が滲み出ていて、音楽が盛り上がる瞬間に3回転ルッツが決まり、そこからステップに入っていく流れは素晴らしい。英語解説でも「自分を表現するのが苦手な日本人に、高橋大輔に続いてこの選手が現れた」と称賛されていた。84.90。

ハヴィエル・フェルナンデス(スペイン)
 「Satan Takes a Holiday」♪ 今季はコミカルなナンバーで。冒頭の4回転は回り切って転倒、トリプルアクセルはきれいに決まる。コンビネーションは3回転ルッツのあと2回転トウループに、これはもったいない。81.87、でも演技構成点ではトップなのはさすが。

 結果、1位コフトゥン、2位町田、3位フェルナンデス。4位以下との点差からしてこの3人が表彰台になりそうだが、どういう順番かでファイナルに織田信成も行けるかどうかが決まってくる。
 それはともかく、町田にはフリーでまた会心の演技をしてほしい

コメント

GPロステレコム杯2013ペアSP

2013年11月22日 23時26分21秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2013第6戦、ロステレコム杯(ロシア大会)。2種目目はペア・ショートプログラムジャッジスコア)、日本から高橋成美/木原龍一組が出場

高橋成美/木原龍一
 「サムソンとデリラ」♪ 途中からしか見てないんだけど、なんか英語解説には「I love this routine」とか褒められていた。ジャンプで細かいミスはあったが、大きく崩れることなく滑り切れたようだ。48.64。

リンゼイ・デービス/ロックニー・ブルーベイカー(米)
 前半のロマンチックな曲と、後半の元気な曲をうまく表現して、トリプルツイストやステップが良かった。51.59。

ユリア・アンティポワ/ノダリ・マイスラゼ(ロシア)
 小柄な女性を高々と放り投げる ツイストもスロージャンプもめっちゃ軽々。ペアスピンの終わりにダンスリフトが入ったり、細かいところに工夫がたくさんあって飽きさせない、素敵なプログラム。62.87とGP初出場で高得点。

アレクサ・シメカ/クリス・クニエリム(米)
 ミシェル・ルグラン「Papa Can You Hear Me」♪ ツイストやスロージャンプが流れの中できれいに決まって、全体にいい雰囲気。サイドバイサイドジャンプが2回転になったのが惜しいところ。59.56。

クセニア・ストルボワ/フェドル・クリモフ(ロシア)
 ツイストやサイドバイサイドがすごくきれいに決まったのに、スロージャンプでこらえきれず転倒、デススパイラルでも転倒。パーカッションが印象的な曲の表現はよかっただけに、口惜しさいっぱいという顔。57.20。

カーステン・ムア-タワーズ/ディラン・モスコヴィッチ(カナダ)
 すっかりおなじみになった曲で手拍子も。サイドバイサイドジャンプで男性が転倒、流れが切れてしまったのが残念。でも終盤盛り上がった。65.65。

ヴェラ・バザロワ/ユーリ・ラリオノフ(ロシア)
 このペアには珍しい、チャップリン映画の曲♪ サイドバイサイドジャンプはちょっと乱れたが、ほかは悪いところなし? 女性がコミカルな表現にもう少し慣れるともっとよくなりそう。69.72。

アリオナ・サフチェンコ/ロビン・ゾルコビー(ドイツ)
 「When Winter Comes」♪ 白地にブルーをあしらった、曲にぴったりの衣装。安定したツイストやサイドバイサイド、男性がY字バランスから入るデススパイラルなど、このペアもオリンピックに向けて仕上げてきている。現役ではただ一組挑戦を続けるスロートリプルアクセルは、残念ながら転倒。でもシーズンベストの73.25。

 結果、サフチェンコ/ゾルコビーが余裕の1位、2位にバザロワ/ラリオノフ、3位にムア-タワーズ/モスコヴィッチ。スケートアメリカ3位で、ファイナル進出も狙える11ポイントを持つストルボワ/クリモフが6位と出遅れた。高橋/木原は、、、今季は8位が定位置でも気にしない気にしない
 ここまでにファイナル進出が決まっているのは、ボロソジャル/トランコフ、龐清/佟健の2組。24ポイント(最高順位2位)が3組もいるので、けっこう接戦になりそう。

コメント

【ネタばれ注意】GPロステレコム杯2013女子SP

2013年11月22日 22時20分58秒 | スポーツ

 ちょっと旅行に行ってたので、1週間ご無沙汰しておりました^^;

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ2013第6戦、ロステレコム杯(ロシア大会)。なんだか、あっという間 この大会でファイナル進出選手が決まる。
 最初の種目は女子ショートプログラムジャッジスコア)。日本からは村上佳菜子、今井遥、宮原知子が出場。

ニコル・ゴスヴィアニ(ロシア)
 渋めのピンクの衣装がやや浅黒い肌に合っていて素敵。3回転フリップ+3回転トウループで転倒、後半のルッツも2回転に。ドーナツスピンのポジションなどはきれい。50.21。

長洲未来(米)
 ガーシュイン「The Man I Love(私の彼氏)」♪ 冒頭に3回転トウループ+3回転トウループを決めて流れに乗った。3回転ループ、いきなりブレードをキャッチする姿勢のスピン、曲によく合うステップ、長いイーグルからのダブルアクセル、どれもクリーン にっこり笑顔でフィニッシュ。60.44。

宮原知子
 「戦場のメリークリスマス」♪ 静かな曲調でステップから始まる。3回転ルッツからのコンビネーションはセカンドが2回転になったが、曲調の変化に伴ってスピードアップし、ジャンプが決まっていくプログラムは魅力的。56.57。

今井遥
 メンデルスゾーン「無言歌」♪ スピードに乗って滑り出し、ダブルアクセルは距離も十分な美しいジャンプ。サルコウでちょっとバランスを崩してコンビネーションにできず、次のループに2回転トウループをつけた。ステップの途中で何かに引っ掛かったのか、転倒してしまった。でも最後まで気持ちを切らさずに頑張った。49.55。

アグネス・ザワツキ(米)
 「Sex and the city」♪ 力強く滑り出し、3回転トウループ+3回転トウループを豪快に決める。3回転ルッツは両足着氷っぽかったが、リズミカルな曲に変わったところからステップを元気よく、イナバウアーなども良かった。本人大満足 60.45、自己ベスト更新。

エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
 ラテン・メドレー♪ 高さのある3回転ルッツ+2回転トウループを決めたが、ループではちょっと着氷が乱れる。全身で歌ってるような活き活きした表情で今日も踊りまくった。60.16、シーズンベスト。

村上佳菜子
 黒に白をあしらった新しい衣装。違う曲がかかってしまうアクシデントのあと、気を取り直して元気よく滑りだす。ダブルアクセルが流れの中で決まったが、コンビネーションが2回転+1回転になってしまった 体は伸びやかに動いていて、スピンも良かったんだけど。49.24。

ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
 「You Don't Give Up on Love」♪ こちらも新しい衣装かな? 氷にハートを描くいつもの仕草から始まり、3回転ルッツ+3回転トウループ、3回転フリップと高得点のジャンプを連発。体の使い方のバランスがよくなってきて、美しく見せる動きを心がけられるようになってきたと思う。I字スピンだけはトラベリングが多すぎだけど(笑) 72.24、もちろん自己ベスト。

カロリナ・コストナー(イタリア)
 ドボルザーク「ユーモレスク」♪ 赤みがかった落ち着いたオレンジの衣装は、腕に蝶の飾りがたくさん止まっていて可愛らしい。3回転トウループ+3回転トウループをぎりぎりだけど下り、得意のループはきれい。一蹴りがよく伸びる大人のスケートで魅了する。67.74、シーズンベスト。

 結果、1位リプニツカヤ、2位コストナー。3位から5位が60.45から60.16の間と僅差で、ザワツキ、長洲、トゥクタミシェワと続いている。日本勢は宮原知子の6位が一番上で、今井が8位、村上が9位と不本意なスタートになってしまった。
 エリック・ボンパール杯で3人がファイナル進出を決めたので、残る枠はあと2つ。リプニツカヤは4位でもOK。リプニツカヤが4位以内だった場合、コストナーは2位だとフリーで134.63が必要になってくる。自己ベストが131.03なので、ぎりぎりのところ。
 さて、どうなる?
 

コメント

【ネタばれ注意】GPエリックボンパール杯男子フリー

2013年11月17日 02時16分07秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ第5戦エリック・ボンパール杯(フランス大会)、男子フリージャッジスコア)。

アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン) SP:59.72 FS:120.90 合計180.62
 昨季から滑っているおなじみのプログラム。冒頭の4回転はステップアウトしたが下りた。しかしパンクするジャンプがいくつか、転倒もあって、なかなかクリーンな出来が見られない…。残念

宋楠(Nan SONG、ナン・ソン)(中国) SP:71.36 FS:133.37 合計204.73
 「ミッション」♪ 着氷が乱れる細かいミスはあるが、全体に頑張った。後半曲の盛り上がる部分、つなぎの中でもジャンプを決め、雄大な曲を表現しようという意識がうかがえた。

ミハル・ブジェジナ(チェコ) SP:71.91 FS:134.31 合計206.22
 「シャーロック・ホームズ」♪ 冒頭、4回転からのコンビネーション、間にターンが入ったが着氷。2本目の4回転は転倒した。惜しいのは後半、トリプルアクセルからのコンビネーションで転倒。セカンドを2回転にしておけば成功してたかも? 1戦目よりは体が動いていたように見えたのが救い。

フローラン・アモディオ(フランス) SP:73.65 FS:117.48 合計191.13
 地元の盛大な歓声に送られて登場。4回転サルコウは転倒、その後もパンクや転倒があって、見るからに技術点が伸びず・・・。でも観客は懸命に励ましの拍手を送り、得意のステップは魅了してくれた。
 ジャンプがあれだけ跳べなかったということは、どこか怪我を抱えてたのかな、、、

 ブジェジナが206.22に終わったので、この瞬間に高橋大輔のファイナル進出が決まる。
 6分間練習に入るとき、選手たちは滑走順に名前を呼ばれてセンターに登場、お辞儀してから始まる。このスタイルは初めて見た。

閻涵(Han YAN、ハン・イエン)(中国) SP:84.34 FS:129.89 合計214.23
 「美しき青きドナウ」でゆったりと滑り出す。冒頭のトリプルアクセルで転倒したが、次の4回転は決まった。しかし後半疲れたのかパンクもあり、中国杯のときのような爆発力はなかった。後半、中途半端に1回転をつけてしまったジャンプが4つ目のコンビネーションとして無効になるミスも まだまだ経験が必要かも。

ジェイソン・ブラウン(米) SP:84.77 FS:158.32 合計243.09
 4回転はなくとも、魅力的なプログラムは作れる。トリプルアクセルはコンビネーションにした1本しか決まらなかったが、観客はこのプログラムをよく知っていて、ステップでは手拍子で盛り上がる。後半頑張って3連続コンビネーションやY字バランスからの片手上げルッツ! 素晴らしいスケーターに育ちつつある。

羽生結弦 SP: FS:168.22 合計263.59
 ニーノ・ロータ「ロミオとジュリエット」♪ 冒頭の4回転が、何かに引っ掛かったのか、ちゃんと跳び上がれず、、、2本目も転倒 しかしめげなかった。その後は全てのジャンプをクリーンに決めまくった。87.28と技術点が表示されているが、これで4回転2本が入ったら技術点は100点を超えるのか
 キス&クライで「I can go final, thank you.」とオーサーコーチに言う羽生だった。

パトリック・チャン(カナダ) SP:98.52 FS:196.75 合計295.27
 ヴィヴァルディ「四季」♪ 4回転+3回転、4回転、トリプルアクセルと決まったら、もう何ひとつ心配はない、というわけであとはダブルアクセル。しかしシングルループをはさむ3連続コンビネーションはきっちり3-1-3を跳んだ。
 その積み重ねで、技術点は100.25 とうとうISUの大会で、技術点100点以上が出た。フリー、トータル共に史上最高得点
 この時期にこれだけ仕上げちゃって、オリンピックではどこまでやる気なのか

 結果、優勝はチャン、2位に羽生、3位ブラウン。チャンと羽生のファイナル進出が決定。閻涵は4位でファイナル進出ポイントは(24、1位)、得点合計で高橋大輔の下にランクされたが、4番手でこちらもファイナル進出が決まった。
 現在5番手に位置する織田信成がファイナルに行けるかどうかは、ロステレコム杯(ロシア大会)の結果次第(特にマクシム・コフトゥンの出来にかかっている)。さて、どうなる?!

コメント

【ネタばれ注意】GPエリックボンパール杯男子SP

2013年11月16日 02時51分28秒 | スポーツ

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ第5戦エリック・ボンパール杯(フランス大会)。この大会で、ファイナル進出6人/組のうち、かなりの部分が決定する。
 
 男子ショートプログラムジャッジスコア)。日本からは羽生結弦が出場。
 滑走中の画面に、その時点での技術点が、その時点でのトップの選手と比較して表示される。それを見れば、少なくとも技術的にどの程度の出来か一目瞭然

宋楠(Nan SONG)(中国)
 きれいなメロディのエレキの曲。ちょっとライブストリーミングでバタバタして、あまり見られなかった。71.36。

ジェイソン・ブラウン(米)
 「The Question of U」♪ トリプルアクセル、3回転+3回転、片手上げ3回転をきれいに決めた。昨季から滑ってる曲で、表現はばっちり。84.77、自己ベスト更新でにっこり。

アレクサンデル・マヨロフ(スウェーデン)
 ロシア民謡風の曲。4回転に挑戦したが2回転になってしまった。コンビネーションでやや着氷乱れ。トリプルアクセルで転倒。だんだんテンポが速くなるステップでは盛り上げた。59.72。

閻涵(Han YAN)(中国)
 トリプルアクセル、4回転と完璧、コンビネーションだけ少しステップアウト。一人芝居のようなひょうきんな表現は今の彼によく合っている。84.34、自己ベスト更新はならず。

フローラン・アモディオ(フランス)
 「ポル・ウナ・カベッサ」「ラ・クンパルシータ」を組み合わせた曲。4回転、トリプルアクセルときれいに決めたが、コンビネーションのファーストが2回転になってしまった。でもセカンドをしっかり3回転トウループを跳び、大きな減点は免れる。73.65、地元の観客からはちょっとがっかりした声。

ミハル・ブジェジナ(チェコ)
 「山の魔王の宮殿にて」♪ 4回転サルコウ決まった! コンビネーションは間にターンが入ったけど着氷。しかしトリプルアクセルで転倒してしまって、本人はかなり残念そう。71.91。

パトリック・チャン(カナダ)
 ラフマニノフ「エレジー」♪ 4回転+3回転、トリプルアクセル、3回転と全く隙がなかった。ジャンプが決まればあとは気持ち良さそうに滑るだけ。やはり五輪シーズンは早く仕上げてきている。98.52、、、あら、史上最高

羽生結弦
 「パリの散歩道」♪ きりっとした落ち着いた顔で始まった。4回転トウループをびしっと決め、例の難しい入りでトリプルアクセルをきれいに下りる。コンビネーションのあとはもうノリノリのステップ。山のようなプレゼントに「OK, No more」とおどける。95.37、チャンには及ばなかったが、自己ベストは更新 そして技術点でわずかながらチャンを上回った

 結果、1位チャン、2位羽生、3位ブラウン、4位に僅差で閻涵。4回転を跳ばなかった選手に負けるのは、閻涵としてはちょっと口惜しいかな? でもブラウンはスピン、ステップ全部レベル4をそろえている。閻涵はまだレベル4が取れてないので、、、今後の課題
 3位以下に10点差をつけて2位ににつけた羽生は、このまま確実に2位以上を確保してファイナル進出を決めたいところ。「パトリックに勝ちたい!」と思い過ぎずに、今の力を出してほしい
 

コメント