Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

サラリーマンNEO劇場版(笑)

2013年04月30日 23時49分42秒 | 映画

 次男と2人で笑い泣き
 NHKのコント番組「サラリーマンNEO」がついに劇場版映画に!というやつ。いつも業界で5番手(つまりビリ)のNEOビールに、新入社員・新城(小池徹平)がやってくる。覇気のない社風がつまらなくなり、大学時代の友人に誘われて転職を考えたり、、、
 が、業界トップ大黒ビールの社長にゴルフで負けたNEOビール社長が、「絶対大黒に勝つ!」と新製品企画をぶち上げ、新城が考えた「SEXYビール」プロジェクトが始動。あれやこれや、試行錯誤の日々。
 しかし企画が大黒にもれ、プロジェクトはいったん中止。新城たちも左遷されるが、チームのメンバーはあきらめずにこっそり開発を続ける。新城もその熱意にほだされて戻ってきて、ついに発売
 NHKのレギュラーシリーズでおなじみのメンバーが、おなじみのギャグをしっかりやってくれるので、それだけでも嬉しい 子どもがほしくてしょうがない麻生祐未のネタ、女性課長が大好きな中越典子のネタ等々。
 大黒ビールが「SEXYビール」を発売すると先に宣言してしまったために、NEOビールが「セクスィービール」と命名して、CMにセクスィー部長が登場するし ダンスで花を添えるのは「サラリーマン体操」のコンドルズ
 エンドロールの途中で「~を読む」を大真面目に沢村一樹が始める。レギュラーシリーズの平均視聴率が5%にもなってないとは、知らなかった それでも映画化しちゃうとなると、予算は乏しい。で、ジャングルを沢村一樹が走る場面は、羽村市の雑木林。その場駆けっこをする沢村にスタッフがジャングルっぽい葉っぱを左右からかざすという・・・メイキング映像も爆笑なのだった。
 素朴な疑問、この映画、興行成績はどうだったのかな~。予算の元は取れたかしら(笑) 録画したから、笑いたくなったらまた見よう

コメント

祝日も授業

2013年04月29日 23時51分15秒 | Weblog

 暦通りだと2分割の今年のゴールデンウィークだけど
 暦通りに休める人は、とりあえず第1弾の27日~29日の3連休を過ごしたことだろう。子どもや学生も、とりあえず学校は休みで、家族でお出かけした人も多いのでは
 次男もとりあえずカレンダーの赤い日は休みなんだろうと思ってたら、「全然関係ない」という。なんで
 「そうしないと、曜日によって1タームの授業回数が違っちゃうから」・・・まあ、言われればそうだけど、適当に調整するとか、1回くらい少ないなら少ないなりにカリキュラム組むとか、、、なんてことはしないのか、、、
 今日は2・3・4限授業だったので、いつものように自分で弁当を作って行った。作るといっても、ご飯をつめて冷凍食品をチンだのポンだのするだけ
 長男の高校は、寮生活で帰省の日程を確保するために祝日もたいてい授業をしていたが、大学で似たようなことをするとは思わなかった。先生方から抗議はないんだろうか?
 とりあえず真面目に勉強して授業料の元を取るんだ>次男

コメント (2)

綾野剛でうるうる日曜

2013年04月28日 22時44分17秒 | 

 2時間連続なんだもん
 NHK大河ドラマ「八重の桜」では会津藩主松平容保。京都守護職で何年も京都にいて、ようやく帰国の許しを得たら孝明天皇が急死。将軍慶喜の弟を養子に迎え、元服を済ませて名代としようとすると、慶喜に引き留められてしまう。
 市川染五郎演じる孝明天皇に深く信頼されて、急死の報を聞いてにわかに信じられない容保、「馬を用意しろ、御上の御無事をこの目で見て参る!」と取り乱す。心のよりどころを失うときの動揺が、殿さまだから容易に心のうちを人に見せられない立場のつらさとともに、一瞬表れる。
 9時からはTBS「空飛ぶ広報室」。パイロット時代の一番のライバルで親友だった男が結婚すると他人から聞き、、、広報担当としてテレビの取材を段取りする。
 パイロットを罷免されてから連絡も取れずにいた親友と再会する場面、互いにすぐには近寄れない。しばらく見つめ合う。親友がバッグを落とす。「よう」「おお」「遅いよ」「待たせたな」がっちりと抱き合う瞬間、、、うるうるしてしまった
 親友役の阿部丈二、どこぞでヒーローものに出てなかったかどうかチェックしたら、演劇集団キャラメルボックスの人だった 「空飛ぶ広報室」原作の有川浩とも縁があるらしい。
 結婚式のシーンで、花婿は礼装用の制服。燕尾服やタキシードというわけにいかないようだ。「どんなに喧嘩しても、翌朝は笑顔で送り出してください。出かける方も笑顔を返してください。これは自衛官に限らず、どんな職業、人生でも、いつ命を賭けることになるかもしれないから」と柴田恭平演じる広報室長のスピーチ、妙に説得力があるのだった。
 今年が巳年、つまりヘビ年なので、新しいイケメンの定義として「ヘビ顔男子」というのが出てきたらしい 綾野剛、松田翔太やAAAの西島隆弘がいるんだとか。クラスで一番人気ではないけど、ちょっと気になる人、的な
 綾野剛がここまで売れるとは、「仮面ライダー555(ファイズ)」を見ていた頃は想像もしなかったけど、ここまで売れてくると、それまでの過程が気になってきた。テレビドラマに次々出始める前の映画とか、少し見てみようかな

コメント   トラックバック (1)

フォーゼが朝ドラに

2013年04月27日 23時48分33秒 | 

 このところ真面目に見てなかったNHK朝ドラ「あまちゃん」だが、さっき11時からの再放送の最後のところだけ見たら、来週の予告でアキの高校の先輩役で福士蒼汰が登場
 もちろん我が家では「(仮面ライダー)フォーゼ」と呼ばれている(笑) レンジャー&ライダーのヒーロー物を“卒業”した若手の俳優たちが、その後ちゃんと伸びていけるか、チャンスがあるか、いつも気になっているが、NHK朝ドラに出られたら強い
 カッコよく登場しつつ、岩手なまりでも魅了してくれるらしい。これは来週からちゃんと見なきゃ

 さらに次男によると、TBS金曜夜10時「TAKE FIVE」に、「天装戦隊ゴセイジャー」のゴセイレッドが刑事役で出ているそうな。ヒーローシリーズを放送するテレビ朝日系列以外でレギュラー出演というのは、頑張って進んでる感じ。
 金曜にお出かけが続いてこのドラマはまだ見てないが、私としては入江甚儀が出ているのでチェックしたいと思っていた。あとで動画探そうっと

コメント

卒業&結婚

2013年04月26日 03時34分50秒 | 

 フィギュアスケート・世界選手権代表の無良崇人選手が、今月8日に婚姻届を出していたというニュース。それはめでたい
 お相手は一般女性で、5月に赤ちゃんが生まれる予定という。ということは、、、昨年の秋ごろ、GPシリーズが始まるあたりで妊娠が判明
 10月のスケートカナダで8位のあと、11月のエリックボンパール杯で優勝、その勢いのまま全日本で3位。今季ブレイクした強さ、安定度、気迫は“彼女と生まれてくる子のために”という気持ちもあったのかな。
 パパ選手の先輩としては織田信成選手がいるが、彼は関西大学に残っている。無良選手は休学や大学院進学等の道は選ばず、普通に卒業した。まだ所属先が決まってないようだが、世界選手権8位、国別対抗戦でも5位と力を発揮してきたから、きっといいところが見つかるだろう
 22歳でパパか、、、若い うちの長男の1学年下。。。
 ネット上では、お父さんの無良隆志コーチが「無良じいじになるんだ!」と言われて それを言ったら、織田選手のコーチも務めるお母さんも、「ばあば」だし(笑)
 海外ではかなり早く結婚して(あるいは未婚で)子どもがいる選手もいるから、さして珍しくはないかな。織田選手に第1子が生まれた直後の2010年GPスケートカナダ、エキシビションで"brand-new dad"と紹介されていた。長く選手を続けられたら、演技が子どもの記憶に残るかも(後から映像で見たものではなくて)。
 なんかそういうのも、いいかな

コメント

高校時代の同級生

2013年04月25日 22時52分51秒 | Weblog

 高校卒業25周年で、学年全体の同窓会が行われ、それをきっかけに私が3年のときのクラスは毎年11月に同窓会をやっている。地元にいる人、少し離れたところにいる人、単身赴任先から参加する人、海外から帰国して参加する人、、、私も日本にいる限りは(?!)参加している。
 メールアドレスを交換したIさんから、同級生Mさんがジャズライブをする!とお知らせをもらって、先週出かけた。高校時代は軽音楽部でロックやポップスを歌ってた子が、ロングドレスでムーディーに歌って、めっちゃ素敵 目の前でバンドが音を作っていくって、やっぱりいい
 「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「ニューヨークの想い(ビリー・ジョエル)」「スイート・メモリー(松田聖子)」「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」「イパネマの娘」「ナイト・アンド・デイ」等々、スタンダードをたっぷり。バンドだけで「テイク・ファイヴ」もあったり
 子どもの頃はピアノを習っていたが、バンドを組んだりした経験がないので、なんだか憧れる。普段はポップスボーカルを習っているというMさんは「ジャズはもういいわ~」と言ってたけど、そんなこと言わないでまたやって~
 ライブを聴きに来た同級生たちが、facebookをやってるというのでアカウントをチェック、友達申請したりしてもらったり。“知り合いかも?”にやたら懐かしい名前がどんどん出てくる(笑) 地元にずっといる人も多いせいか、みんなしっかり繋がってるようだ。
 今週はカラオケに行くというので、参加することに 仕事の合間のリフレッシュするみんなと違って、私は遊んでるだけで申し訳ない気分だけど

コメント

国別対抗戦2013第3日

2013年04月24日 05時08分51秒 | スポーツ

 真央ちゃんのソチまで宣言に驚いて、まとめるのを忘れてた(もう2週間もたってる)^^; 真央ちゃんの話はあとでまた、ということで。
 フィギュアスケート・国別対抗戦2013第3日、全種目が終了して順位が決まる。結果は皆さんご存じのとおりだが、まずは順を追って。
 地上波放送はやはり限定的で ペアのフリーはカナダとロシアのみ。しかし女子フリーは、第1滑走のデールマン(カナダ)を除く全員。滑走順の関係なのか何なのか・・・

<ペア> フリー 結果 ジャッジスコア
 マリッサ・カステリ/サイモン・シュナピア(米)、スロージャンプで転倒があったが、後半どんどん盛り上がるタンゴ♪ 切れがよかった。
 彭程/張昊(中国)、ツイストリフトで4回転 サイドバイサイドのダブルアクセルで彭程が転倒したが、全体に安定度が増した。リンクサイドに帰りながら張昊が膝をついて情熱的に踊る(笑)
 ヴァネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレ(フランス)、ほぼノーミスの演技。サイドバイサイドのコンビネーションジャンプ3回転+2回転+2回転、2回転では片手上げ 自己ベスト更新はならず。コーチたちまで着ぐるみのチーム・フランス
 メーガン・デュハメル/エリック・ラドフォード(カナダ)、メーガンがジャンプ不調 3回転ルッツで転倒、コンビネーションで回転抜け。しかし滑りの質は前の3組とは桁が違い、サイドバイサイドスピンのシンクロ具合が半端ない。ソチ五輪の表彰台、十分射程圏内
 タチアナ・ボロソジャル/マクシム・トランコフ(ロシア)、転倒が一つあったが、力のこもった演技。この「バイオリン・ミューズ」も実にいいプログラムだった。観客へのあいさつを両手で拝むようにしてたけど、アジアはそういうものだと思ってたかな 前日肩を痛めて棄権した男子のメンショフ選手も、腕を吊ってたが元気に応援していて一安心。

 ペアが終わって確定したポイントは、
1位 カナダ 43ポイント
2位 アメリカ 36ポイント
3位 日本 29ポイント
4位 ロシア 27ポイント
5位 フランス 25ポイント
6位 中国 24ポイント

 カナダとアメリカの優勝争い&日本とロシアの表彰台争いという状況になって、女子フリーへ。

<女子> フリー 結果 ジャッジスコア
 ガブリエル・デールマン(カナダ)、小柄で筋肉質の体をめいっぱい使って動く。SPとは違うクラシックな雰囲気でがんばった。
 ルネル・ジルロン-ゴリー(フランス)、曲は「サユリ」。転倒3回が痛かったか、最後はちょっと落ち込んだ顔。まだまだこれからかな…
 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)、この滑走順というのも口惜しいだろう。冒頭のジャンプが回転抜け、後半コンビネーションで転倒、なんとかこらえるジャンプも。フリーの出来も口惜しかった。
 李子君(中国)、ジャンプが軽やかで、「眠れる森の美女」が麗しいお目覚め?! 自己ベストには届かず。
 張可欣(中国)、ノーミスに見える力強い演技。回転不足や、レイバックスピンでレベルが取れなかったのが惜しいところ。メイクや髪形を工夫したら、もっと可愛くなると思うけど、それが今後の課題 シーズンベストが出た。
 ケイトリン・オズモンド(カナダ)、前半のダブルアクセル+3回転トウループで転倒したが、その後は立て直した。コレオシークエンスではGOE1.4と高評価。
 マエ・ベレニス・メイテ(フランス)、前半は転倒があってノーミスとはいかず。でも後半にダブルアクセル+3回転トウループ+2回転トウループを決めた。
 浅田真央、明らかに途中で開いてしまったトリプルアクセル(ダウングレードではなく、通常のダブルアクセル認定となった。)後半つらそうで…滑り終わったときは、とにかくほっとした。それでもステップは最高得点
 アシュリー・ワグナー(米)、フリーは3回転+3回転に挑戦せず、点を取りに来た。途中髪を直していたが、ピンがはずれたのかお団子がほどけてポニーテールに^^; 見事シーズンベスト。
 グレイシー・ゴールド(米)、ジャンプ絶好調で、サルコウが2回転になった以外のミスはなし。こちらも見事シーズンベスト。
 鈴木明子、冒頭の3連続コンビネーションを決めて波にのり、スピン・ステップレベル4をそろえ、コレオシークエンスではジャッジ7人からGOE+3! シーズン最後に完璧な「O」を見せてもらった 自己ベスト更新 そして実はこの時点で、チーム日本の3位が確定していた。
 アデリナ・ソトニコワ(ロシア)、演技前の時点で、女子トップになってもロシアの表彰台がないことをわかっていたかどうか、、、3回転ルッツ+3回転トウループなどジャンプは攻めていった。来季さらに成長してくるだろう。

 最終結果は、1位アメリカ(57) 2位カナダ(51) 3位日本(49) 4位ロシア(39) 5位中国(35) 6位フランス(31)。ロシア男子メンショフ選手の棄権がなかったら、日本との表彰台争いはもう少し接戦だったはず。
 ソチ五輪の団体戦と、この国別対抗戦の存在意義については、、、またあらためて。選手の皆さんにはとにかく一言、お疲れさま~
 CSのテレ朝チャンネル2で、27日(土)28日(日)にたっぷり放送される模様。詳しくはこちら

コメント

お役に立てず

2013年04月24日 02時36分49秒 | 香港

 このところずっと、アクセス解析の「ページごとの閲覧数」で、毎日2桁が続いている記事が「蘇永康香港コンサート・チケット団体申し込みのお知らせ」。2008年9月に書いたもので、コンサート自体は2008年11月に行われた。コンサートのレポならまだしも、チケット申し込みの話が毎日読まれるのはなんか変
 香港では近年、香港以外のアーチストのコンサートがとても多くなっている。元々多かった台湾のアーチストのほか、J-popの歌手やアイドル、K-popのスターも頻繁に香港でコンサートを開くようになった。
 誰か人気のアーチストが近々香港でコンサートを行う予定があって、ファンの方たちがチケット情報を毎日チェックしている中で、「香港」「コンサート」「チケット」「申し込み」などのワードにヒットして、上記の記事にたどり着いていると思われるが、、、全く役に立たない記事、、、
 この件に関して何か書くと、またそれにヒットしてしまって却って申し訳ないと思っていたが、さすがに気になる。検索では日付の新しい記事が上位に来るだろうから、これを先に読むことで過去の記事まで行かずにすむなら、まだましかな

 ・・・で、皆さんどなたの香港コンサート情報をお探しなんでしょうね・・・
 心当たりがある方、教えていただければ幸いです

コメント

エンディングに山下達郎

2013年04月23日 23時49分29秒 | 

 NHKの火曜夜10時「ドラマ10」枠、「第二楽章」。若い頃同じオーケストラで競い合った二人の女性が、一方(羽田美智子)は海外で成功したバイオリニストに、もう一方(板谷由夏)は家庭に入って子育てに専念する主婦に。再会からそれぞれの心に秘めた想いが揺れて、、、というストーリー。
 板谷の高校生の娘がバイオリンをやっていて、夫(谷原章介)もかつて同じオーケストラでチェロを弾いていたという設定なので、劇中にクラシックの曲はたくさん流れる。しかしエンディングは山下達郎なのだった
 私の世代にはとても馴染んでるサウンドなんだけど、今の若い人にはどんな印象なんだろう? シンセサイザーと本人のボーカルだけのシンプルな曲だけど。
 最近、ほかのドラマでも山下達郎のエンディングを聞いたような気がしたが、、、探してみたら「遺留捜査」のシーズン2だった。ほとんどファルセットに近い音域で歌うのも、今時はあまりないような といいつつ、昨今のJ-popは全然聴いてないので知らないんだけど
 私の世代がよく知っているミュージシャンがあちこちで使われるのって、私の世代が制作現場でリーダー的な地位についてるからなのかな、と思う。そういう年齢になっちゃったかな

コメント

再放送情報

2013年04月21日 13時55分40秒 | テレビ

 TBSドラマ「空飛ぶ広報室」、日曜夜9時。第1回をこのあと3時から再放送
 元気な新垣結衣ちゃん&せつなくカッコいい綾野剛くんを見逃した方、どうぞ~

コメント

26歳では早すぎる

2013年04月18日 03時57分09秒 | 香港芸能

 facebookで知って驚いたニュース。香港の女性歌手、陳僖儀(シータ・チャン)が交通事故で亡くなった。26歳、、、死ぬには早過ぎ、、、
 17日午前2時26分、自分で車を運転していて道路(インターチェンジ)の側壁に衝突、重傷を負って病院に運ばれたが4時16分に帰らぬ人となった。数時間前SNSに「スタジオで録音テスト中」とメッセージを残していたそうだ。疲れて集中力を失ったのか・・・
 まだそんなに有名ではないけれど、若手実力派の1人とみられていた。2枚のアルバム「Crazy Love」「Let Me Find Love」には自身の作曲もある。大ヒットというほどの曲はなかったにしても、これからじっくり売っていくところだったろうに。
 「自分で運転しないほうがいいと忠告したのに」と親しい芸能人の嘆く声。映画出演の話があったり、夏には新譜リリースの予定があったり、なんて話を聞くと、ただ残念。。。R.I.P.

 私が長年ファンをしている蘇永康(ウィリアム・ソー)も、自分で運転するのが大好きなんだけど、、、どうか安全運転で

コメント

「レ・ミゼラブル」鑑賞

2013年04月18日 01時55分57秒 | 映画

 今頃になってだけど^^; 映画「レ・ミゼラブル」を次男と見に行ってきた。
 3月の3週目くらいで上映終了した映画館が多かったが、TOHOシネマズ渋谷ではまだ1日数回の上映が続いている。次男の授業が午前で終わる日を選んだら火曜になった。
 年会費500円の会員になると、火曜日はいつでも1300円で見られるというので登録。さっそくその特典を使ってチケットを購入するが、次男の学生チケットを同時に購入するのに、その場で学生証などを見せなくてもOK。実際に入場するときに見せればいいらしかったが、次男がしっかり準備してたのに要求されず、少し拍子抜けしていた。よほど学生に見えない人だけか(笑)
 3時20分の回のチケットを2時20分ごろ購入した時点ではそれほど混んでいるようでもなかったのに、上映が始まる頃にはけっこう席が埋まった。水曜は女性1000円だが、火曜の会員1300円を利用する人もけっこう多いのかも。

 上映時間が158分となってたので、途中で飽きるかも?なんて思ってたら、あっという間だった
 普通に話す台詞はほとんどなく、全て歌で構成されている。曲と歌詞で表現される登場人物の想いは、ストレートに響く。歌うという行動は、感情を解き放つのだ。号泣したという話も聞いたが、私の場合はじわっとうるっとほろっと泣けた。
 キャストはみんな相当な歌唱力の俳優ばかり。ヒュー・ジャックマンはミュージカルの舞台も多数経験があり、アカデミー賞授賞式の司会でも歌っていた。ラッセル・クロウがジャックマンとはまた別系統のいい声。なるほど、この2人はジャン・バルジャンとジャベールだ。
 アン・ハサウェイもアカデミー賞授賞式の司会で歌が達者なところを見せていたが、ぼろぼろの状態で歌う「夢やぶれて」は泣かせる。少女コゼットのイザベラ・アレンがとても愛らしい。
 成長したコゼットのアマンダ・セイフライドは高音が美しく、なるほど主役キャラの声。マリウスのエディ・レッドメイン、うぶで頼りない感じのイケメンぶりがはまってる。革命を目指してひとり生き残った後の歌がいい。
 仲間のリーダー、アンジョルラスのアーロン・トヴェイトも力強い声で、エポニーヌもコゼットとは容姿も声も違うタイプで、これまた聴かせてくれる。物乞い少年ガヴローシュのダニエル・ハトルストーンがめっちゃいい味で可愛い
 セットもロケも丁寧に作られていて、ジャン・バルジャンがさまよい歩く険しい山道や、パリの街を俯瞰するカットが迫力あること。出番の少ない俳優たちも、一瞬でもアップが映ったり、1フレーズでもソロがあったりするだけで、参加していることを誇らしく思っている感じがうかがえる。きっと孫子の代まで自慢するだろう(笑)
 同じメロディを何度も違う曲で使い、何人かが違う歌詞で歌う楽曲構成が特徴だが、1回しか出てこないメロディもある。フィギュアスケートの男子選手ジェレミー・アボット(米)が今季フリーで使った「彼を帰して(Bring him home)」は、てっきりコゼットがマリウスを想って歌うナンバーだと思っていたが、バリケードに入りこんだバルジャンが、マリウスの寝顔を見ながら歌う曲だった。
 舞台版とは少しずつ違うところがあるそうなので、舞台版も見てみたいけど、DVDとかあるのかな?
 ヴィクトル・ユゴーの原作は読んだっけ?・・・児童文学全集か何かに入ってた「ああ無情」を読んだきりだったかも 文庫でいくつかのバージョンが出ているようだ。それにしても、「悲惨な人々」という意味のタイトルを「ああ無情」と訳した明治の人って、、、ある意味名訳か

 次男の感想を聞くと「疲れた」。長かったせいもあるが、「字幕を見ないように頑張ったから」だそうな。そりゃ、目に入るように出てくるものを見ないようにするのは疲れるだろう^^;
 英語の勉強目的なら、DVDを借りたほうがいろいろな見方ができていい。英語音声・字幕なし、英語音声・英語字幕など、3回くらい見たら随分いいんじゃない
 有名なミュージカルでは、「ウェストサイド物語」も「マイ・フェア・レディ」も彼は見ていない。今度借りてきて鑑賞会やろう

コメント (2)   トラックバック (1)

チン!でロイヤルミルクティー

2013年04月18日 00時28分11秒 | Weblog

 CMでやってたのを見て、わざわざリプトンのティーバッグを買ってきた。
 リプトンのが必要な理由は、ホチキスが使われているティーバッグは電子レンジに入れられないから。リプトンが今のティーバッグのデザインを決めたのはそれが理由というわけじゃないと思うが、いいところに気がついた
 濃いそしてカップが熱い 香港の茶餐廰で出される奶茶に近い雰囲気が出てる これは嬉しい

コメント

子役・染谷将太

2013年04月17日 18時49分08秒 | 

 栴檀は双葉より芳し、ということか。
 「相棒」再放送を見てたら、どこかで見たような顔の子役が出てきた。ぱっちりした深い二重の目で、長い睫毛の美少年。じろっと大人を見上げる目つきで、淡々とぶっきらぼうに喋る、見るからに頭の良さそうな小学生の役。
 誰だっけ?と思って、CM中に検索したらわかった。染谷将太
 心を閉ざして殻で固めたような表情。「捜査令状がないなら違法だよ」「僕を罰することはできない。児童相談所に通知されて、家庭裁判所に送られるんだ」と、大人顔負けの知識で武装している。
 しかし、「お前の未来を見せてやる」と亀山に連れられて、拘置所にいる“平成の切り裂きジャック”こと浅倉に面会、「いずれ君もここへ来るよ、今のままなら」と言われ、「絶対来ない!」と涙を流す。担任の先生(美保純)に抱きついて号泣、ようやく殻から抜け出た姿を見せるのだった。
 このとき染谷将太は小4で10歳。長い難しい台詞も堂々とこなしていた。後のヴェネチア映画祭で受賞するだけの演技力を、子どもの頃から見せていたわけだ。
 子役を始めたのは9歳のときから。プロフィールを見ると、映画・テレビで毎年何かしら仕事をしていて、長期間途切れたことがない。ルックスもいいけど、しっかり演技ができるところが監督・ディレクターに認められていたんだろう。
 今年公開予定の映画が何本も控えているようで、ばりばり頑張っている。テレビドラマの連続ものなんかにも、たまには出ないかな

コメント

タンポポ

2013年04月16日 14時14分55秒 | Weblog
 春(^-^)
コメント