Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

無良崇人もバラエティーに

2018年04月23日 18時13分52秒 | テレビ

 競技を引退すると、活動の場は広がっていく。
 テレビ朝日月曜夜8時(今日は8時20分から)「中居正広の身になる図書館」、今夜23日の放送は「アスリートの報奨金&フィギュアスケートの秘密SP」。平昌五輪でスピードスケートの高木菜那選手が6000万円、マラソンで日本記録を更新した設楽悠太選手が1億円、話題になったアスリートの報奨金について、いくらもらってる?何に使う?に迫るそうな。
 額だけ聞くと凄いようでも、選手として活動するための経費に相当かかってるだろうな・・・。引退した選手たち同士、「あの競技のここが羨ましい」なんて話も出るそうな。
 無良崇人、鈴木明子、佐野稔が登場する「フィギュアスケートの秘密」は、衣装や靴、解説の苦労など。無良くんがどんな喋り方なのか、「Continues with wings」で羽生結弦とのトークは自然で楽し気だったが、テレビではどうかな
 まずは録画予約

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽生結弦祝賀パレード

2018年04月22日 22時05分21秒 | 

 今日のニュースはこれでもちきり
 NHKの生中継を見ていたが、けっこう短く終わってしまったので物足りなかった。スタジオゲストの尾木ママは等身大パネルにはしゃいじゃってる 杜けあきは友人に「同じ仙台で生まれたのが羨ましい」と言われたとか。小塚崇彦はチャンピオンになってからも止まることを知らない、高みを目指す強さに言及。
 小塚と羽生は6学年違いなので、ノービスやジュニアの間は同じ大会に出ていない。初めて同じ大会に出たのは、羽生がジュニアに上がった2008年の全日本選手権かと思われる。高橋大輔が不在の年、優勝は織田信成で2位が小塚3、位無良崇人。全日本ジュニア優勝で全日本選手権初出場の羽生は8位だった。
 その後は毎年全日本で顔を合わせ、小塚が優勝した2010年は羽生も4位。フジテレビの放送では、アップしている羽生に小塚がちょっと声をかけるところなんかが映っていた。後輩の面倒見がいいのは、日本男子フィギュアの伝統かな。
 10万8千人が見つめるパレード、先導する楽隊が「SEIMEI」を演奏。赤い制服のフラッグ隊もカッコいい。ニュースでは、「SEIMEI」の決めポーズを披露するところも映った。
 パレード後の記者会見映像が見られる。朝日 THE PAGE 会見をまとめた記事()()(
 考え考え話すときに、「なんだろ」「なんていうのかな」と出てくるのが、世界ジュニアで優勝した時の「日本代表として、なんだろ、役目が果たせたかな、と思います」と言ってた頃を思い出させる。芯は変わらずに、大人になっている。
 ファン仲間から教えていただいたツィッター動画、旧知のカメラマン能登さんを見つけて手を振っている 懐かしい顔にも会えて、地元を満喫できたかな。ネット販売の応援Tシャツ4万4千枚のうちの1枚が、我が家の記念

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有料会員

2018年04月21日 22時33分33秒 | Weblog

 asahi.comをよく読むんだけど、記事の一部しか無料公開というものが多い。登録すると1日1本だけ全文読めるが、有料会員限定記事も多く、じれったい
 全部の記事が読めてスクラップ等の機能が使えるのは、紙で配達してもらうのとあまり変わらない3800円。月に300本の制限があって機能がついてないのは980円。
 取っておきたい記事はテキストメモにコピペすればいいのでシンプルプランで十分だけど、やっぱり有料というのは手が出しづらくて、1日1本を厳選して(?!)読んでいた。
 今日、羽生結弦関連の記事でどうしても気になって、、、結局会員登録してしまった 月に300本ということは1日平均10本。
 一部公開の記事は、途中まで表示され、残りの字数とログインのボタンが出る。有料会員でログイン状態だと、どの記事も初めから全部表示になるようだ。
 気をつけないと、別に最後まで読まなくてもいい記事も表示されて、月300本にカウントされてしまう 初めはログインせずにざっと目を通して、読みたいものを決めてからログインしたほうがいいかも。上手に元を取ろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライダー&戦隊ヒーローてんこ盛り

2018年04月21日 22時02分09秒 | 映画

 今、フジテレビで放送中の映画「帝一の國」。何気なく見始めたら、、、
 主演の菅田将暉は「仮面ライダーW」のフィリップ。そのほか、「仮面ライダードライブ」の竹内涼真、「列車戦隊トッキュウジャー」の志尊淳とテレビ朝日特撮もののヒーローたちがてんこ盛り。千葉雄大は「天装戦隊ゴセイジャー」だし、鈴木勝大は「特命戦隊ゴーバスターズ」。
 さっそく次男にLINEしたけど、見てるかな 主人公のライバル役・野村周平は、ライダーでもレンジャーでもなかったが、これから入ってもいいかも

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑かったけど

2018年04月21日 19時51分22秒 | Weblog

 膝が痛くなって、久々に整形外科へ。レントゲンを撮るとやっぱり軟骨が減ってきてて 電気で温めて、湿布や飲み薬を出してもらって、「力を入れたり抜いたりする運動を毎日やって」と言われて、帰ってきた。
 予報通り暑くて歩いている人は半袖もちらちら、私も七分袖のカットソーでちょうどよかった。しかし家へ帰ってしばらくすると、なんだか肌寒い。室内はそこまで暑くなってない。
 カットソーを長袖シャツにしたくらいではまだ寒く、下着をエアリズムから普通の綿にしたがまだ、、、首筋がスースーする
 寒い間はずっと、タートルネックやハイネック、クルーネックなど首元が暖かいものを着ていた。まだ首周りを露出する服に体が慣れてないらしい 室内で首に何か巻いているのも邪魔くさいので、軽くハイネックになってるのを引っ張り出して、ようやく落ち着いた。
 明日はもっと暑いらしい。服の入れ替えしなくちゃ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

届きました2

2018年04月19日 23時52分04秒 | 

 22日(日)に行われる、羽生結弦の凱旋パレード。NHKが生中継するなど注目されている。
 パレードの経費に充てるグッズ販売も好調、、、私も買っちゃった応援Tシャツが届いた。
 図柄は2種類あって、「SEIMEI」スタートポーズとハイドロブレーディング。私はハイドロブレーディングをチョイスした。
 4年前も応援Tシャツ買ったんだけど、やっぱり今回も パレード生中継、楽しみ 沿道のホテルが満室だそうで、行ける人が羨ましい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何ていう花?

2018年04月17日 23時31分58秒 | Weblog

 実家の庭にたくさん咲いてた、小さな花💠
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビと配信でテニス

2018年04月16日 21時18分45秒 | スポーツ

 錦織圭が本格的に復帰してきたATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ、1回戦のベルディヒ戦。NHK・BS1で放送中だが、同時にネットでも!THE TENNIS DAILYで特別配信中
 若干のタイムラグ(1分くらい)はあるけど、ネットだから出先でも見られる。こういうのが当たり前になりつつある時代
 コートチェンジの間にトレーナーを呼んだり、万全ではなさそうな錦織だけど・・・頑張って~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Continues with wings(2日目)

2018年04月15日 05時02分25秒 | スポーツ

 スポーツのカテゴリーでいいか、ちょっと迷ったが、スポーツ選手としての軌跡をたどり今後を想う公演なので
 羽生結弦の凱旋、そして感謝の公演「Continues with wings」。影響を受けたスケーターの演技で、受け継いだもの“継承”を伝える。トークや質問コーナー、技術解説コーナーも。
 13日(金)の1日目について、たくさん報道やSNSで出ている。私も順番などは参考にさせていただいて(私の記憶に残ったことだけなんで、ちょっと偏ってます
 治療中なので羽生本人は滑らないということだったが、オープニングでスケート靴を履いて出てきた。出演者たちがそれぞれ滑っていくが、さすがにスケーティングが美しい人たちばかり。なるほど厳選のメンバーだ。羽生はすぐリンクサイドの舞台に戻っていたが、最後に出てきて輪の中心に。
 スケーターが退場して羽生も舞台に戻り、開始の挨拶。「SNSでネタばれしてるかな?」と言いながら、公演の命名の由来とその目的を話す。wingsは羽生の羽から、なるほど。
 出演者たちの紹介は、羽生のVTRで。ジョニー・ウィアーの美しい「アヴェ・マリア」、そういえば彼は右回転だった。片膝をついて体を大きく反らしながら滑る、羽生が「Let's Go Crazy」で見せた技はジョニーからいただきだった?!
 無良崇人の名前を出演者リストに見たときは意外だったが、仙台でいっしょに練習した時期もあったとは知らなかった。「ジャンプについて一番面倒を見てくれた先輩」だそうで、トリプルアクセルが安定しなかったジュニアの頃、お父さんの無良コーチと一緒に教えてもらったという。「オペラ座の怪人」を披露、リンクが狭そうだ。
 「パリの散歩道」「バラード1番」を振り付けたジェフリー・バトルがキレキレの動きで魅せてくれる。この人は柔らかい動きもシャープな動きも自在。
 トークコーナーに入るとき、客席に来ている都築章一郎氏を紹介。羽生の2人目のコーチとして、また佐野稔を日本男子初の世界選手権メダリストに育てたコーチとして、ファンはみんな知っている。今回出演の川口悠子も習っていたそう。
 2日目のトークは無良。スケート靴で出てきたら羽生が「まさか履いたまま出てくるとは」と驚く。「脱ぐタイミングがなくて」間に1人しかなかったからか。話の途中で思い出したように「お疲れさまでした」というのは、引退発表について
羽「もう一度やってみたい気持ちは?」
無「全日本で自分らしくできたから、もうどうなってもいいと」
羽「僕があの演技したらもう一度と思う」
 家族の話も。もう娘さんは演技を見て「パンクした」「転んだ」なんて言うんだそうで でも「カッコいい」と言ってくれるそうな
 そういえばウィキペディアには、無良と羽生はイヤホンマニア仲間と出ていた。なんだかんだ、つながりがあったのか。
 62歳の佐野稔が、赤のきんきら衣装で滑った 滑ってるだけなんだけど^^; バッククロスだけでも拍手が起きちゃうって(笑) でもなんか凄い 佐野稔が仙台でスケート教室を開いたとき姉が参加して、それについていってスケートを始めたということで、まさにきっかけを作った人だそう。
 ゼーハー言ってる佐野先生と技術解説。2日目はハイドロブレーディング、実演は無良。バックアウトとバックインがあるとは知らなかったが、鈴木明子がやってたというバックアウトを見て納得、「キル・ビル」のやつだった。そして羽生の代名詞の一つになりつつあるバックイン、無良が頑張るが難しそう。指先をついてやると指が痛くなるとか。肘つきもやって見せた。無良自身は「Shogun」のコレオに入れてたかな。
 川口悠子/アレクサンドル・スミルノフが、印象的なプログラム「マンフレッド交響曲」を滑る。男女の葛藤をドラマチックに描く内容は、長年組んだペアならでは。羽生は川口と直接一緒に練習したことはないが、単身ロシアに渡ったその勇気に自分がカナダへ行くとき力づけられたそうな。
 「オペラ座の怪人」「SEIMEI」を振り付けたシェイ=リーン・ボーンが、赤のマーチングバンド風衣装で登場。帽子に大きな羽がついてる! さすがに動きがきれいで、生き生きしている。途中リンクサイドに出演者たちが出てきて、ラッパを吹く演出も。
 そして、小さい時から憧れの存在と言い続けているプルシェンコが登場。正直、私はあまりこの人の演技が好きじゃなかったんだけど(ショーナンバーの「Sex Bomb」なんか見たせいか^^;)、身のこなしが意外としなやかで、スケーティングはきれいだった。羽生は「ソルトレーク五輪で見て自分もと思った」。2002年頃というと私はほぼフィギュアスケートを見てない時期なので、、、動画探してみよう。

 ここで整氷休憩。25分と長めに取ったのは、みんながトイレに行ったりグッズを買ったりできるようにという配慮かな。

 第2部は子どもからの質問コーナー。男の子が「ジャンプを跳ぶ筋力とイナバウアーやハイドロブレーディングをやる柔軟性を両方鍛えるにはどうしたらいいですか」なんて専門的な質問するので、会場がおお! 「何歳?10歳?今は無理にジャンプを跳ぼうとしないほうがいい。ジャンプが跳べるようになると硬くなるから」と真面目に答える。
 女の子は「バレエをやっていたけど先生が怖くてやめました。先生は怖くなかったですか」。都築先生の前で「本当に怖かったです。氷の上にいるより、正座とか手を上に上げて立ってる時間のほうが長かったかも・・・。怖くて楽しくなかったらやめてもいいけど、何か引っかかるものがあったら、先生に負けないで、頑張って続けたほうがいい」。実感こもってる
 続いて平昌五輪の演技を自身で解説、2日目はフリーについて。6分間練習で4回転サルコウが決まらず「後半2分半くらいずっとサルコウ跳んでた」。しかし本番ではジャッジ8人から+3をもらう“満点”。後半のサルコウ・トウ4-3も決まったら「後半サルコウが鬼門だったんで、油断して」4回転トウループでステップアウト。「そのとき笑ってたそうですね」「やっちゃった、でも転ばなかった」。瞬間に「コンビネーションで(ループ・サルコウをつける)取れる」と判断、トリプルアクセルにつけた。
 ルッツを下りた瞬間も笑っていたが、「こんな下り方初めてだったんで」。しかし転倒しなかったので、コレオに入るときは「これ、ウィニングランだな」。「オリンピックは最後だと思ってたから、しっかり焼き付けたかった」。
 (どのタイミングだったか、会場全体で「おめでとう!」こたえて「ありがとう!」ちゃんと司会が3、2、1、と仕切ってくれた)
 振り付けたシェイ=リーン・ボーンが登場して、このプログラムについて語る。ジェフリー・バトルは選曲もするが、シェイ=リーンは希望を聞くほうで、「選手がやりたいという声を聞いて、それに応えるのがマスト」。アイスダンサーならではの動きの美しさを褒めちぎる羽生、退場するときも「モデルみたいにきれい」
 ステファン・ランビエール、ハヴィエル・フェルナンデスからのビデオメッセージ。フェルナンデスが「(オリンピックでメダルを取った後、ハグしている写真で)これは最高の瞬間だった」「本当にいいライバル」。お互いに恵まれた
 第2部でも滑る出演者の紹介は、場内アナウンスで。無良が「美女と野獣」、力強いトリプルアクセルも見せてくれる。川口/スミルノフは、派手なジャケットで出てきて「ダンシングヒーロー」 ピンクのタイツ穿いてる悠子ちゃん、初めて見た ガンガン踊る悠子&サーシャに大歓声。
 ジョニー・ウィアーは真紅のロングドレスで登場、3回転サルコウ?を跳んだ 妖艶でしなやかな強さがあって、テレビで見るよりずっとスピード感もある。生のほうが映える。
 プルシェンコは「タンゴ・アモーレ」。2つとも真面目なプロでよかった しっかりした滑りを見ながら思い出したのは、荒川静香がバンクーバー五輪の男子について著書で書いていたこと。当時のルールだと、プルシェンコはフリーで2回転トウループをあと1回入れることが可能で、入れていれば勝てた計算だった。
 もし跳んでいたら、そしてバンクーバーで勝っていたら、その後のフィギュア男子はどうなっていただろう? 4回転ジャンプの基礎点は上がらなかったかもしれず、今のような4回転時代にはならなかったかも、、、なんて考えながら見ていた。

 どの出演者に対しても、国旗を掲げたりスタンディングオベーションしたり、最大級の敬意を払う観客。ちょっとびっくり。

 羽生が「悲愴」の衣装を着て出てきた。記事やSNSで羽生が滑ったということを知っている人もいたはずだが、知らなかった人は感激して叫んでいる。3週間安静にした後で滑り始め、スピンやステップは支障がないところまで回復したという。
 「今日(4月14日)は熊本地震から2年、この日に東日本大震災の後で滑ったプログラムを滑りたいと思った」。そういうことを考えて発信する力がある、、、そこが並じゃない、、、
 ジュニア2年目の「一番カッコいいと思ってる」SP「ミッション・インポシッブル2」、続いて「悲愴」。息を切らしながら「ちょっと切り替え難しいけど頑張ります」と、「パリの散歩道」。ジャンプにあたる部分は編曲で切ってうまく繋いである。それでも最初のポーズから熱狂のステップまで、見事に再現した。
 実は、羽生結弦が滑るところを生で見るのは初めて。チケットを買う時点では見られない前提だったから、これは嬉しいサプライズ。そして、滑り出した瞬間に思った。
 これは、はまる
 飛ぶように軽やか。テレビで見る以上かというとそうでもないが、逆にテレビを通してもオーラが伝わってきているのはすごいことなのでは
 眼福
 フィナーレ「Time To Say Goodbye」は、出演者が女性は白、男性は白と黒の衣装で。ジョニーだけ上が黒、下が白の衣装なのが面白い。羽生は白にゴールドが入ったジャケットで。
 みんなで何周も回って、いったん引っ込んでからグッズのTシャツを着て出てきて、また何周も。出演者一人一人とハイタッチをして送り出す。
 「(東日本)震災の夜、電気もなくて月と星だけ。「Notte Stellata」みたいな世界だった。熊本地震の夜も、そうだったかも」その場にいた人の言葉だ。「みんなの目が、自分にはお星さまのよう。見ていてくれるからできる」「これからも見ていてください」
 例のマイクなしで「ありがとう」に会場全体が「ありがとう」と答えて終わった。

 喋っているのを聞いて思ったこと。ちょっと先生っぽいかも?(お父さんは先生だが)。ある程度長い時間、聞いている人の反応を見て適宜言葉をはさみながら、予定の話を進めていく力がある。意外と先生になってもいける?
 ところどころナルシスト的な表現もして、それがまたファンたちが聞きたがっている表現だったりする。そういうところはもう、アイドルそのもの。スケートやってなかったらジャニーズ事務所か(爆)
 一体どんなものになるのかと思いつつ買ったチケットだったが、見て正解だった。15日(日)の公演はテレ朝チャンネル2で生中継するそうで、、、はい、契約しちゃいました

 いつか競技での羽生結弦を見たい。世界選手権2019は日本開催(さいたまアリーナ)、見られるかな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵野の森総合スポーツプラザの3F

2018年04月14日 23時20分41秒 | Weblog

 羽生結弦の凱旋公演「Continues with wings」に行ってきた。昨日ブログを書かなかったのに、たくさん訪問・閲覧をいただいたのはどうして?と思ったら、12月の全日本選手権で会場の武蔵野の森総合スポーツプラザについて書いたのを、今回のイベントで初めて行く方たちが参考にしてくださったらしい。トイレについてはコメントで質問をいただいていた。
 今回はスタンドS、3階席。トイレは本来男子用を一部臨時女子用にして増やしていた。明日も公演があるので、今のうちに貼っておこう。

 公演の内容については、あとでじっくり書きます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィギュアスケートTVで世界選手権

2018年04月14日 23時00分07秒 | テレビ

 あやうく忘れるところだった
 このあと23時から、BSフジ「フィギュアスケートTV」。今月は「熱戦!世界フィギュアスケート選手権特集」、実況を担当したアナウンサーたちの話が楽しみ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜並木

2018年04月14日 17時22分46秒 | Weblog

 飛田給駅前は、八重桜の並木。風ではらはら散って🌸

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引退から1年

2018年04月12日 21時20分28秒 | 

 浅田真央さん、引退から1年 “あの日の空と桜”に思いつづる「新たな挑戦に感謝」
 私も1年前にブログを書いた。

 平昌オリンピック、キャスターになって行ってると思ったんだけど・・・
 実は、テレビで話すのはそれほど得意ではないらしいという話。自分に向いてる方向が一番
 サンクスツアー、頑張って

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これも桜

2018年04月12日 17時52分13秒 | Weblog

 八重桜 主の留守に 咲き誇る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

応援Tシャツ

2018年04月11日 03時38分14秒 | Weblog

 申し込んじゃった、羽生結弦祝賀パレード応援Tシャツ

 2014年のパレードも応援Tシャツが売り出されたが、扱う店舗もサイトも限られていて、なんか大騒ぎした記憶

 今回はHMV&BOOKS onlineとローソン・ミニストップの Loppiで予約受付。これは賢い方法だ 先着販売で数量限定なので、もう販売終了になったサイズもある。欲しい方はお早めに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加