Thank you for the music

好きな音楽のこと、あれこれ。その他諸々もあり。

蛍の光

2010年12月31日 23時50分12秒 | 
 「蛍の光」で紅白が終わる。
 最近は卒業式でこの歌を歌わないから、今の若い人は紅白で覚えるのかもしれない。
 合唱団の人たち、歌手たちに混じって楽しそうに歌ってた。今夜も演奏は三原綱木とニューブリードだったのかしら♪
 指揮はここ数年平尾昌晃。前は宮川泰だったけど。そのうち宮川彬良にバトンタッチする?!

 「ゆく年くる年」が始まった。もう新年になる。
コメント

紅白おまけ

2010年12月31日 23時42分31秒 | テレビ

 書くの忘れてた。
・何が感動って、熊倉一雄さんが歌う「ゲゲゲの鬼太郎」が聴けたのが感動だった。
・開幕宣言の石川遼くん、いつ見てもしっかりしてて、、、うちの長男より年下かと思うと

 あら、また白組優勝〇

コメント

宿題完結編

2010年12月31日 23時38分08秒 | テレビ
 紅白覚書続き。
・松下奈緒のピアノ演奏、シャンパンゴールドのドレスが素敵。ドラマのシーンが懐かしい。
☆桑田圭祐だ~~~~
 紋付袴だ!!!似合う。
 やっぱり面白い、この人。噛みごたえのある詞。桑田啓祐という異才がのびのび活動できるJ-popに救いを感じる。
 「ハイ、それまでよ」先人へのオマージュもにじむ。
 歌い終わって「次は石川さゆりです」ご丁寧にどうも(爆)
・「天城越え」のイントロを聴くと、「どれみふぁワンダーランド」の「音楽の深読み」イントロ講座を思い出してしまう、という問題。観世流の舞がバックとは、贅沢だ!
・坂本冬美に、客席からやたらに声がかかる。今夜は真紅の衣装。しっとりと
・氷川きよしは黄金のハーレム状態(笑)
・今更気づいたが、仲間由紀恵の着物は紅型じゃないかな。
・もうドリカム、紅組最後~~~
 襟と袖がレースになってる、洋風着物、お洒落「生きてゆくのです!」はいっ!
・最後の曲になりました。あ、smap残ってたんだっけ。今夜は比較的暇でしたね^^;(AKB48は何度も出てきたが、人手が余ってるから
 中居くん、歌わなくていいんだけど、、、私が聴くのは年に1回だからいいか^^; 番組テーマ曲だと、番組のイメージが強くてもったいないかも。

 さて、紅白どっちが勝つかな?
コメント

トイレの神様

2010年12月31日 22時52分49秒 | 
 今日初めて、ちゃんと聴く。(うちのトイレの神様、、、鬼になってるかも^^;)

 「鴨なんば」なんだ、「鴨南蛮」じゃなくて、、、
 植村花菜、後味のすっきりしたいい声。淡々と歌うのがいい。
♪いつも味方をしてくれてたおばあちゃん残して ひとりきり 家 離れた♪
♪ちゃんと育ててくれたのに 恩返しもしてないのに いい孫じゃなかったのに♪
 子どもは育ったら巣立つんだから、それでいいのだ。と、親目線で思う。
 ・・・もうすぐ巣立つんだな、うちの雛たちも。あ、一羽はもう若鳥になって外にいるし。(餌だけもらいに来てるけど?!)

 原曲9分52秒を、歌詞を残して間奏を削り、7分55秒にしたそうな。アレンジは千住明さん。オケがしっかり盛り上げて、紅白らしい華やかさが加わった。よかった。
コメント

宿題その3

2010年12月31日 22時34分45秒 | テレビ
 紅白歌合戦、自分用メモ続き。
・倖田來未のピンクの花のドレス、よかった。脱ぐのに苦労してたけど
・嵐の皆さん、故郷探しの旅なんかに行ってたんだ~ みんなにコーラスしてもらってる♪。。。って、これが自分たちの出演としての出番じゃないんだ。。。まだあるんだ。。。
・あら、もう和田アキ子なの? 早い! チャイコフスキーのピアノ協奏曲のメロから取ったフレーズなんか歌ってる。「笑って許して」高橋大輔も「アッコ!」って手を振ってる 「古い日記」みたいなパンチの効いたソウルフルな曲、やっぱり似合う
・加山雄三「夜空の星」って、14歳のときに作ったとは。最初ピアノ用に作ったって、ピアノバージョンを聴いたことないから、ピンとこないけど^^;
・福山雅治、龍馬の断髪式かっ!!! 弥太郎と抱き合う。それにしても、天は二物も三物もこの人に与えてる 伸ばした髪と汚し歯、役の名残。
・小林幸子が出てきたけど、、、今年は? 鶴か~
・なんだかんだいって、やっぱり嵐の中では櫻井翔の仕切りが安心して見ていられる。ニュースキャスターの仕事なんかしているだけのことはある。
 コブクロを聴きながら、その3はこのへんにしよう。
コメント

宿題続き

2010年12月31日 21時50分21秒 | テレビ
 紅白歌合戦、思いついたことの続き。
・森進一が9時台にもう歌ってる、、、いつも最後のほうに歌う人ってイメージだから、なんか不思議。
・総合司会が阿部アナウンサー。今、芸能系ではこの人が一番脂がのってるアナさんなのね。うちが香港に住んでた91年だか92年、BS2で「Asia Live」って番組の司会をしてた若手の頃を思い出す。
・「歌の力」今年はアン・サリーさんいなかったみたい。こういう歌で参加させられる歌手は、力量がまるわかり。キムタクってこんな声だった、そういえば。
・郷ひろみのバラードって、どうなのよ^^; アップテンポの曲につながったけど、、、長い
・さかなクンのクニマスの話が途中になってしまった
・aikoのホットパンツでスーツって、可愛い
・Perfume、いつもながらさすがのパフォーマンス。3人でも十分じゃん。少女時代の9人、多すぎ?!
・TOKIOが歌ってるけど、結局ジャニーズは何組出てるんだっけ?
 第2弾はこのへんで。
コメント

冬休みの宿題

2010年12月31日 21時16分30秒 | テレビ

 という気分で、紅白歌合戦を見ている。気になった小ネタを書きとめておこう。
・川中美幸のバックで「てっぱん踊り」を踊る人々の中に、世田谷ラジオ体操連盟なんて団体がいる!
・水森かおりのバックで、布を体に巻きつけたりしながら、前転や側転や鉄棒上の倒立など、器械体操系のパフォーマンス、面白かった。G-Rocketsって出てたかな。
・「プリキュア」の曲は、AKB48にはちょっと厳しい。隣で水樹奈々が歌ってるんじゃ特に。
・HY、クミコ。年に一度くらいは聴くべき。涙。
・高橋大輔に、NYCのバックで滑ってたローラースケートについて一言聞きたかった。
 またあとで。

コメント

同じ時期に

2010年12月30日 14時11分33秒 | Weblog
 我が家は1999年9月~2001年7月、つれあいの転勤で北京に住んでいた。わずか2年足らずだが、同じ時期に、フィギュアスケート・ペア日本代表の高橋成美選手が北京に住んでいたらしい
 首都体育館の隣にあるスケートリンクで練習していたそうだが、学校は日本人学校だったんだろうか? それならうちの子どもたちの後輩で先輩になる。
 高橋選手が以前北京に住んでたことは前から知ってたのに、時期がうちと重なってるかどうか、考えてみたことがなかった。
 あの頃の北京をちょっとでも共有してたんだったら、なんか嬉しい

 台北開催の四大陸選手権、上位入賞しちゃって、得意の中国語で会見しちゃってね
コメント

よく読め!>自分

2010年12月30日 12時16分52秒 | スポーツ
 全日本フィギュアスケート選手権の録画を整理しながら、ふと気づいた。発表された今シーズンの国際大会派遣選手で、四大陸選手権の男子は3人になってた? 今回は2人じゃなかったっけ? 私はそう思い込んで書いた記憶があるが^^;
 あらためてルールを読んでみたら、Rule378,paragraph2,d)に、「四大陸選手権は各国最大3人/組」と出ている! 見落としてた・・・
 ISU規定の最低スコアをクリアしていれば、3人エントリーできる。直接本選か予選からになるかは、前回の順位によって。町田樹2位、南里康晴12位、中村健人15位なので3人直接本選となった。(前に書いた記事は訂正しました)
 期待通り(?!)羽生結弦が四大陸に出場 今回はパトリック・チャンやジェレミー・アボットなど、北米の強豪たちも出てくるだろうから、激戦になりそう。その中でどこまでできるか、挑戦
コメント

ロシア語解読

2010年12月29日 08時28分19秒 | ××語
 なんてことをする理由は・・・
 Twitterでフィギュアスケート関連ハッシュタグのタイムラインを見ていると、諸外国の国内選手権について教えてくれる方々がいる。今は日本を含めてどこの国のスケート連盟も、大会結果を規定のテンプレートでウェブサイトに載せることになっているらしく、そこの国の言語が読めれば、世界中誰でも結果を見ることができるのだ。それでロシア選手権が出ていた。
 リンクをたどって見てみると、当たり前だがロシア語(日本スケート連盟は、全日本については英語版も載せてるけど)。で、男子とおぼしきところから結果をチェック、、、優勝したのは、、、誰?
 ウィキペディアで「ロシア語」を見ると、ロシア語のアルファベットと発音が出ている。BがVの音で、CがSの音で、PがRの音で、HはNの音で、、、これってアガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」で証拠のハンカチのイニシャル刺繍に出てきたぞ
 首っ引きでなんとか解読 男子優勝はどうやらコンスタンチン・メンショフらしい。2位はアルトゥル・ガチンスキー、3位はザン・ブッシュ。女子はアデリナ・ソトニコワが優勝、2位アレーナ・レオノワ、3位エリザベタ・トゥクタミシェワ。クセーニャ・マカロワは5位だった。
 ペア優勝はタチヤナ・ボロソザル/マクシム・トランコフ組。トランコフ選手は昨季までマリア・ムホルトワと組んでいた選手と思われる。ボロソザル選手については資料が見つからないが、若手選手だろうか。2位は川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組、3位はバザロワ/ラリオノフ組。川口悠子の名前はロシア語でこんなふうに綴られるのか~。
 アイスダンス優勝はボブロワ/ソロビエフ、2位リャザノワ・トカチェンコ、3位にイリニフ/カツァラポフ。解読だけでは限界があるので、スポーツナビのGPシリーズ結果を参照した。
 男子にプルシェンコが出ていないことは、なんとか確認できた。。。国内選手権に出場できない状態だと、ヨーロッパ選手権や世界選手権はどうなるんだろう。。。

 グランプリシリーズを見ていたロシアのウェブTVは、購入した30日分の視聴期限が切れている。ヨーロッパ選手権は日本ではたぶん放送がないか、あってもCSでLiveじゃないだろうから、年が明けたらまた購入しようかな
コメント

年末恒例のタモリ

2010年12月28日 14時09分13秒 | テレビ
 うっかりして、「徹子の部屋」年末恒例のタモリ出演を見るの忘れてた。最後だけちらっと見たが、外国語(?!)手相占い、「スワヒリ語で逃げたイボイノシシが帰るか」だの「アラビア語で掘ったら石油が出るか」だの いつもながら名人芸。
 再放送ないかな?と探したら、今日夕方5時30分からBS朝日で。録画セットしなくちゃ
コメント

兼兼兼兼兼

2010年12月28日 02時06分52秒 | スポーツ

 兼が5つ・・・
 今日のエキシビションで幕を閉じた第79回全日本フィギュアスケート選手権大会。大会要項の最初に、
 「第79回全日本フィギュアスケート選手権大会
  兼 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会最終選考会
  兼 2011年四大陸選手権最終選考会
  兼 2011年世界フィギュアスケート選手権大会最終選考会
  兼 第25回ユニバーシアード冬季競技大会最終選考会
  兼 第7回アジア冬季競技大会最終選考会」
とある。ずいぶんあれこれ兼ねてる^^;
 今、なぜかエラーになって見られないのだが、日本スケート連盟のサイトに出ていた2010/2011シーズン国際競技会派遣選考基準で、上記の大会すべてに「全日本選手権出場は必須」とあった。
 世界ジュニアは、全日本ジュニア上位3人で決まりなのかと思っていたが、決定した代表のメンバーを見ると、男子の11位田中刑事や女子の6位西野友毬など、今大会の成績上位者が優先された感じ。やはり、より本番に近い時期に調子が上がってきた選手ということになるのかな。
 ユニバーシアードとアジア大会は時期が重なるので、完全に違うメンバーとなる。ユニバーシアードに派遣される織田信成は、そのすぐ後の四大陸には出ない。上位に入ると世界ランキングポイントがしっかり稼げる大会に出られないのは、、、前回の世界選手権でフリーに進めなかったのが、ここでひびいてきたか^^; 四大陸での小塚崇彦と高橋大輔の成績次第だけど、織田は世界選手権の予選覚悟になるかも
 5位無良崇人・6位町田樹・7位村上大介が、しっかり派遣が決まってよかった。
 ユニバーシアード派遣の石川翔子と國分紫苑、9位と19位。18位鈴木真梨も大学生だが、今季ジュニアグランプリシリーズでそこそこ頑張った國分の実績が評価されたようだ。しかし女子は上位に意外と大学生が少なくて、2位の浅田真央のほかは、9位石川のあと18位鈴木まで誰もいない。澤田亜紀が22位とか、ジュニア時代に活躍した選手がけっこう苦労している。武田奈也もSPのあと棄権したし、、、ちょっと寂しい
 アジア大会派遣の今井遥は、今大会は12位と少し不本意だったかも。とはいえグランプリシリーズを通しての成長は明らかなので、これはこれで納得かな。全日本の順位からいえば7位の村主章枝でもよさそうなものだが、やはり若手が優先か
 ペアの高橋成美/マーヴィン・トラン組は、四大陸・世界ジュニア・世界選手権とフルコース(笑)。すごく大変だと思うけど、実は世界ジュニアより世界選手権のほうがある意味チャンス というのは、グランプリファイナル3位になった隋文静/韓聰組が、年齢制限でシニアの世界選手権には出られないのだ。ジュニアでは前回2位の高橋/トラン、スロー4回転ジャンプなんかやってしまう隋/韓に勝たないと優勝できないが、隋/韓がいないシニアでは、10位以内は余裕で入れそうだし、ベストの演技をすれば5位以内もねらえるかも?!
 アイスダンスでは、キャシー&クリス・リードがアジア大会・四大陸・世界選手権と転戦。彼らは大学生ではないので^^;ユニバーシアードには平井絵巳/水谷太洋組が出る。世界ジュニアも小松原美里/水谷心組が出場。予選からになるだろうけど、頑張って本選に残ってほしい 3組が国際大会に出場って、アイスダンスではけっこう画期的?!
 ユニバーシアードについては、「近日中に男女各1名追加の可能性あり」となっている。追加されるとしたら、誰かな・・・

 今日のエキシビション、フィナーレを見るとけっこうな人数が出演していた。ステファン・ランビエールが特別出演だったそうだが、地上波では放送されなかった。控えスペースでの映像にちらっと映ってたのがランビエールだったのかしら。
 「メダリスト・オン・アイス」というタイトルのエキシビションだが、メダリストだけだと9人/組しかいないので(笑)上記の国際大会派遣の代表選手が勢ぞろいしたものと思われる。男子8位でジュニアチャンピオンの中村健人の姿を確認した
 ノービスチャンピオンの宇野昌磨くん、めっちゃ可愛くてばっちり踊れて、、、背が伸びるといいね 来年はジュニアに上がって、大活躍しそう。

 さて。地上波で放送されなかった選手たち(町田樹とか村上大介とか南里康晴とか中庭健介とか)を見るためには、どうすればいいのか。
 1月1日~3日にBSフジで放送があるが、時間枠は地上波より若干長い程度。副音声が会場音声のみで、独自編成だそうだが、、、期待していいのかな? 12月30日にフジテレビONE(CS有料)で13:30~24:00の一挙放送。これから契約する?!
 悩ましい・・・

コメント (2)

もう男子フリー

2010年12月25日 18時44分31秒 | スポーツ
 始まっちゃってる~~~
 女子SPは、こんなことになったそうな。生放送だったら、すごい視聴率取れたでしょうに
 男子フリーを実況チャンネルで観戦(?!)する参考に、全日本ジュニア東日本西日本のフリー成績一覧をどうぞ。

<追記>
 参考大会の結果も。全日本ジュニア 東日本 西日本
コメント

全日本フィギュアスケート選手権の放送

2010年12月25日 17時18分10秒 | テレビ
 昨日始まった全日本フィギュアスケート選手権。男子ショートプログラムの結果についてはまたあとで。
 フジテレビの放送について、Twitterその他で非難ごうごうになっている。私も放送を見たが、あまりのことに唖然とした。
 問題点を整理してみよう。
1.放送時間枠と内容
 夜7時から2時間枠で男子ショートプログラムと告知されていたと考えていたが、どうもそうではなかったらしい。前半1時間は「開幕スペシャル」で、フィギュアスケートについてのクイズ「ものしり7」。リンク前にいた高島彩アナウンサーが、瞬間移動して(?!)参入した。途中でリンク前の国分太一と荒川静香が呼ばれたりしている。クイズの説明には、八木沼純子が顔と声だけで登場。
 クイズ番組としては悪くないが、なぜ競技の放送枠の中で放送されるのか?
 Twitterには「放送枠が8時からの1時間だった地域があるので、そこに合わせた」という説。それなら、「直前スペシャル・これを見ればフィギュアスケートがわかる!」とでも題して1時間番組として、競技の放送は8時からにしておけばよかったはずだ。それでは視聴率が取れないと考えたのだろうか。
 「豆知識は前日までに毎日少しずつ流して、当日は競技だけ」(Twitterより)賛成!

2.演技を放送する選手の選び方と、演技以外の映像
 実質1時間枠で演技が放送されたのは、中村健人・羽生結弦・高橋大輔・小塚崇彦・無良崇人・織田信成の6人。第2グループの中村健人だけ最初に流し、オープニングのテーマを流してから、第5グループの6分間練習。羽生、高橋、小塚、第6グループの6分間練習、無良、織田と続いた(と思う)。合間に演技を終わった選手のインタビュー、ウォームアップ中の選手の映像などが挟まれる。
 2分50秒の演技時間に前後1分半程度を足しても、6人では実質30分にも満たない。CMの分を引いても、あと数人は演技を放送できたはず。誰の演技を放送するか、どういう基準で選んだのか?
 GPファイナルに進出した3人に世界ジュニア優勝の羽生はわかる。全日本ジュニア優勝の中村健人も放送権を持つ局としてははずせない。そこにグランプリシリーズに派遣された若手を加えるなら、無良のほかに町田樹も村上大介もいる。実際5位と7位に入ったこの二人を入れてもよかったのでは?
 さらにがっかりしたのは、まるで生中継のように6分間練習を流しながら、演技を放送しない選手については、まるでそこにいないかのような扱いであること。全日本の第5・第6グループで滑走するということは、男女シングル強豪国のトップ12として競技するということだ。無名でも注目されてなくても、ここに至るまでに一生懸命練習してきた選手たちの努力を、無視するような形でいいんだろうか
 競馬のダービー実況では、ゴールするまでに出走馬全部の名前を必ず1回は言うことになっているそうな。優勝できなくても上位に入れなくても、放送で名前を呼ばれることが、関係者としては大きな名誉なのだという。
 馬といっしょにしては失礼だけど、全日本出場を目標に頑張ってきた選手に、名前を紹介するくらいのご褒美はあってもいいんじゃないだろうか。有料のCS放送なら、全員を放送するのか? CSでは放送してやるんだから、地上波では我慢してよね、か?
 2008年の女子SPは、かなりの人数を放送したと記憶する。去年もけっこうな人数だったはず。人気の女子ということもあるが、滑走順が全員での抽選で、有力選手と若手選手が同じグループに入ったりするため、生中継ではないが実際の滑走順にそってピックアップするような形だったようだ。近い形にできなかったんだろうか。。。
 演技以外の映像は、インタビューはともかくウォームアップなどは不要だ。羽生と小塚がちょっと挨拶する様子なんか見るのは微笑ましいが一人でも多くの演技を見る方が望ましい。今季限りで引退の南里康晴や、ベテランの中庭健介を見たい人は私だけではないと思う。

 そもそも、第5と第6グループは、ちょうど7時~9時の間に演技していたのだから、生中継してもよかったのだ。12人終わって残った時間に、第4グループまでの選手の録画からピックアップして流せば、、、
 生中継は、ハプニングが起こったときに対応しきれないから困るのか。それとも、生放送は放送権料がうんと高くなるとか

3.カメラワーク
 基本的には、1台のカメラで選手を追っていく形だが、ときどき、スピンのときなどに天井からの映像が挿入される。カメラが固定ではなく、ぐるっと選手の周囲を回りこんでいくような動きをする。ワイヤーで吊られて、選手の動きに合わせて動くカメラのようだ。
 ・・・気持ち悪くなる・・・
 スピンで回っているときに、カメラもいっしょに回っていくと、映像全体がぐらぐらする。Twitterにも「酔った」「気分悪くなった」「体調おかしくなる」「『ポケモン』光点滅のときみたい」と深刻な感想が寄せられていた。
 スピンは、軸がぶれずに同じところで回り続けているかどうかも重要なポイント。カメラが動いてしまうと、そこが全くわからなくなる そもそも天井からの映像で見る価値があるのは、きれいなドーナツスピンくらいのもの。どうしても天井から映したいなら、瞬間に固定して、ドーナツの間だけで十分じゃないだろうか。
 ステップでも天井カメラ映像が使われる部分があったが、ステップこそ忠実に選手を追いかけていくところだ。小塚崇彦のレベル4のステップ、引いた映像では細かいところが見えないじゃないか
 何か工夫したいなら、「ジャッジ席上部からのリンク全体を俯瞰出来る固定カメラ映像をサブ画面に流す」(Twitterより)なんか、いかが?
 「会場では、ちょっと観戦の邪魔でした。あれ、ワイヤーで吊り下げられていて、氷近くまでおりてくるんですよ。結構なスピードで。選手の視界に入って演技に影響ないのか心配になった」というツイートを見ると、スケート連盟も今後は許可しない方向にするべきと思う。

 フジテレビの応援メッセージ書き込みスペースには、放送についての苦情ばかりが書き込まれている。改善の方向に向かうだろうか???
 今夜は、2時間丸々女子SPを放送してくれるようだ。結果を知ったうえで、じっくり見よう。
コメント (3)

観戦の参考に

2010年12月24日 16時56分18秒 | スポーツ

 全日本フィギュアスケート選手権、競技が始まっている。ペアの高橋成美/マーヴィン・トラン組のSPは56.80だった。パーソナルベストが57.23だから、悪くなかったんじゃないかな? 放送されますように
 現在は男子SPが行われている。各選手の今日の出来がどのくらいだったのか、ご参考までに。
 全日本ジュニアSP
 東日本選手権SP
 西日本選手権SP

コメント