NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「空白」

2021年10月10日 | 邦画

~空っぽの世界に、光はあるか~

2021年  日本映画 PG12指定 (2021.09.23公開)
配給:KADOKAWA/スターサンズ
監督:吉田圭輔
脚本:吉田圭輔
音楽:世武裕子
衣装:篠塚奈美
題字:赤松陽構造
出演:古田新太/松坂桃李/田畑智子/藤原季節/趣里/伊東蒼
   片岡礼子/寺島しのぶ

<見どころ>
古田新太と松坂桃李が共演を果たしたヒューマンドラマ。万引きを目撃され
逃走中に車と衝突した女子中学生の死をめぐり錯綜する、被害者の父親と事故に
関わる人々の姿を描写する。『新聞記者』『宮本から君へ』などを手がけてきた
プロデューサーの河村光庸が企画し、河村が携った『愛しのアイリーン』などの
吉田恵輔が監督と脚本を担当する。関係者全員が被害者にも加害者にもなり得る
物語が映し出される。

<感想>
いったい、誰が悪かったのか?という思いが鑑賞後に沸き起こります。


序盤の交通事故シーンが、リアルすぎて衝撃。
交通事故は、被害者&加害者以外にさまざまな人を傷つけてしまうのだと
いうのがよくわかります。
父親を演じた古田新太さんのモンスターぶりは見事というしかなく
店長を演じた松阪桃李くんのおどおどした演技は、「孤狼の血」と
真逆でどんだけ幅があるんだ、と驚嘆。
一番怖かったのが寺島しのぶさんのお節介モンスター。
彼女を見てると「善」ってなんだろう?と考えてしまいます。


モンスター父親はあることを境に緩和されていくが、スーパーの店長は
だんだん重苦しくなっていくんですよね。実のところ一番闇が深いのは
彼だったのかも。

ラスト、父親と店長にほんの少しだけ救いになるシーンがあります。
それまでの数々の悲しい&不条理な出来事に比べれば、慰め程度の事ですが
そのほんの少しが心に沁みます。

事務所の中でどういう経緯があったのか、その数分間の「空白」の
謎が私には残りましたが、個人的に今年度の邦画でベスト5以内確定の作品。

重苦しいですが考えさせられる映画です。

点数:9点/10


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« お気に入り | トップ | お散歩 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イルカに~ (cyaz)
2021-10-18 08:42:19
NAOさん、こんにちは^^

謎の「空白」の時間、
確かに分からずに消化不良だった部分もありましたが、
その空白こそがこの映画の主題であり、
それにより被害者、加害者、家族等々、
事故後のそれぞれのシーンが活きているのだと思いました。
冒頭のショッキングなシーンが暫く離れなかったですが、
考えさせられた映画でもありました。
イルカに救われましたね(笑)
cyazさんへ (NAO)
2021-10-19 01:03:50
こんにちは、cyazさん♪

いろんな「空白」がありましたね。
冒頭のあのシーンは、最近で一番の強烈なシーンで
未だに頭に残っています。

イルカのシーンは、なんとも言えない気持ちになりますね。
今年のアカデミー賞、混戦模様になるかも。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事