玄文社主人の書斎

玄文社主人日々の雑感もしくは読後ノート

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

整理されてしまうー

2010年04月08日 | 日記
 “計画的廃業”のために、この一カ月ほど、さまざまな整理を進めてきた。“物”の整理は簡単だが、電話回線のこととか、カードのことなどは複雑でさっぱり分からない。毎週新聞を発行しながら、特に三月は市議会があるので忙しくて、とても頭が廻らない。
 かなり重要な部分を家人がやってくれたので負担が軽くなり感謝している。“物”の整理についても家人は大得意で、あちこちから必要のないものを引っぱり出してきては捨てていった。“物”を整理して、何がどこにあるのかを明確にするには、捨てるのが一番だという。
 しかし私は、あまり捨てることが好きな方ではない。コレクションの趣味はないし、昔のものを懐かしがる気持ちもあまりないが、“いつか何かの役に立つのでは”という思いがあり、この十年間ほとんど物を捨ててこなかった。
 だから、いろんなものが出てくる。十年前に借りた友人の本も出てきたし、この二十年間くらいにたまったファイルも出てきた。しまったまま忘れていた絵も出てきたし、目を通す余裕もなく、ほったらかしておいた保険関係の重要書類も出てきた。
 まだ整理しきれない部分もあるが、お陰で三月三十一日をもって、かなり身辺の整理をすることができ、身軽になった。新年度からはこの「越後タイムス」に専念することができそうだ。
 ところで、家人の整理に対する執念を見ていて、いささか怖くなった。いつか自分が整理され、捨てられることになるのではないかという恐怖を感じたのである。

越後タイムス4月2日「週末点描」より)

コメント

仏罰が下った

2010年04月08日 | 日記
 新潟市美術館で予定されていた「奈良の古寺と仏像展」をめぐるドタバタ劇のニュースに注目している。新潟市の篠田市長の対応を見ていて、あまりにも“ドロ縄”的ではないのかと大きな疑問を感じている。
 篠田市長が任命した北川フラム館長が「土と水の芸術祭」の土の作品を美術館に持ち込んだのが第一の間違い。カビが出た。次に「新潟への旅」展で、屋外作品の電動カートを持ち込んだのが第二の間違い。今度はクモや虫が出た。篠田市長と北川館長は“開かれた美術館”を目指したのだが、カビやクモにまで開かれてしまった。そんなところに国宝の仏像を展示できるわけがない。
 篠田市長は、文化庁が「貸し出しすることができない」と言ってきたのに対して、慌てて北川館長を三月末付で更迭することにした。しかし議会の突き上げで、十二日付で解任せざるを得なくなった。
 それだけではなく、当初「常勤の館長を置いて管理体制を万全にする」と言っていたのに、「自分が館長を兼任する」と方向転換した。市長職をなおざりにして、新潟市美術館の館長に常勤で勤めるつもりだったのだろうか。
 文化庁がそんなことで納得するはずもなく、結局長岡市の県立美術館で開催することに決まった。しかし、黙っていないのは古町商店街の人達である。この仏像展は、全国で三百万人を動員した、あの「阿修羅展」の二番煎じを狙って、商店街の活性化に結び付けようという篠田市長の発案だったからである。
 篠田市長は会期中、新潟から長岡まで無料バスを走らせると言っている。今回の責任をとって、給与三〇%カット一カ月という処分を自らに課したが、無料バスの経費も自分で持つべきだろう。
 そもそも、国宝の仏様をつかってまちおこしを図ろうなどという発想自体が間違っているのではないか。新潟市のある友人は「仏罰がくだったのだ」と言っている。

越後タイムス3月26日「週末点描」より)

コメント

青木新門氏のフンコロガシ

2010年04月02日 | 日記
 十六日の、真宗大谷派三条教区第十組による青木新門氏の講演は、人の心を打つもので、久し振りに講演を聴いて感動させられるものがあった。第十組のはからいで講演終了後、楽屋を訪れて五分ほど青木氏とお話しする機会を与えていただいた。
 青木氏は、私が懇意にさせていただいている画家の木下晋氏と古い友人で、木下氏が柏崎を何度も訪れ、その縁で青木氏の詩人仲間でもある長谷川龍生氏の講演会を昨年七月に柏崎で開くことができたこと等をお知らせしたかったからだ。
 青木氏は早稲田大学中退後、富山市で「すからべ」という飲み屋を経営するが、集まって来るのは金のない詩人や画家ばかりで、そのために倒産の憂き目を見たという。しかし、木下氏の方は、青木氏が毎日しこたま酔っぱらっていて、客に請求することをしなかったからだと主張する。
 言うことが食い違っていて、どちらが本当なのか分からないが、いずれにせよ、当時の作家予備軍(青木氏もその一人)や画家予備軍は、金銭感覚を全く欠如させていたようで、それもまた古き良き時代の風習と言えるのかもしれない。
 ところで“すからべ”というのは、ファーブルの『昆虫記』で有名な“フンコロガシ”のことである。青木さんに「どうして、フンコロガシなんてのを店名にしたんですか」と聴いた。青木さんは「直感ですね。蛆に光を見る人間ですから」と即答された。
 『納棺夫日記』には「蛆を掃き集めているうちに、一匹一匹の蛆が鮮明に見えてきた。そして、蛆たちが捕まるまいと必死に逃げているのに気づいた。柱をよじ登って逃げようとしているのまでいる。蛆も生命なのだ。そう思うと蛆たちが光って見えた」という言葉が記されている。この言葉が俳優・本木雅弘を動かし、映画「おくりびと」誕生につながったのであった。

越後タイムス3月19日「週末点描」より)

コメント

廃業宣言

2010年04月02日 | 日記
廃業することにした。と言っても「越後タイムス社」のことではないのでご安心を。「越後タイムス」を引き継ぐ前から経営していた印刷業の方である。
 印刷業は“斜陽産業”と言われてすでに久しい。言うまでもなく、パソコンの登場で、誰でも簡単に文書を作成することができるようになったし、年賀はがきだって、チラシだって、ポスターだって、パソコンで作ることができる。そのような時代に印刷業は“不要”である。
 10年以上前から分かっていたことで、仕事の減少に対応するために人員を減らし、設備投資は一切しないという方針でやってきた。お陰で借金も残りあとわずかとなり、無事に廃業できる見通しが立った。それを“計画廃業”と呼ぶ人もいた。
 この10年で最も急激な変化にさらされたのは、アナログからデジタルに移行した写真業界であり、印刷業界はそれに次ぐ速度で変化の波を受けた。グーテンベルクが活版印刷術を発明したのは1445年。それから500年以上、活版印刷は生き続けたが、30年ほど前に消えていった。
 その後、変化の速度は増すばかりで、この10年間の技術の変化についていくことはできなかった。変化のスピードがゆるい時代なら、それなりの対応が可能だが、速度が増せば増すほど対応がむずかしくなっていく。
 哲学者の内山節は『怯えの時代』(新潮選書)の中で、「自然や人間が変化に対応していくには、そのとき必要になる時間量がある」とし、その理由を「人間は昨日までと同じように今日をつくる動物だから」と言っている。DNAが変化を好まないからである。
 世界の変化のスピードは、突然変異以外では絶対に変わらないようにできているDNAの遺伝情報で形成される人間の限界を超えつつある。どだい無理なことを我々は日々強いられている。そこから現代社会に特有なさまざまな問題が発生してくるのではないだろうか。

越後タイムス3月12日「週末点描」より)

コメント