函館市とどほっけ村

法華宗の日持上人にまつわる伝説の村・椴法華。
海辺の露天風呂からのメッセージです。

民主主義の暴走

2018年08月19日 19時29分55秒 | えいこう語る

▼9月の自民党総裁選挙で続投が確実なアベ総理は、次期国会に「自民党憲法改正案」を提出すると宣言した。対抗馬の石破茂元幹事長は9条改正について「国民の理解を得て世に問うべきもので、その努力がまだ足りていない」と、総理に苦情を呈している。

▼「原発再稼働」や「森友・加計問題」「文科省の不祥事」が次々起きても、アベ総理は国民の高い支持を集めている。この支持率が低下しない現象で一番危惧されるのは、外敵から国民を守るためには自衛隊を軍隊にするという考えに、国民がなびいてしまう現状になっているのではないかということだ。

▼アベ総理は、もはや【超】が付く【自意識過剰総理】だ。慶応大学の片山杜秀教授は、18日の北海道新聞で「神国日本が招いた敗戦」という見出しで『自意識過剰の日本が行きついた先が8月15日だ』と指摘している。

▼憲法改正は「国民投票」で過半数をとれば成立となっているが、石破氏がいうように、私たちの周囲では「国民投票」について話し合うというような機会がない。

▼その理由として、我が国の憲法は「国民主権」を謳っているが「和を以て貴しとなす」という国民性は、「政治的中立」という「波風立たせない」という精神が、色濃くあるのが原因のようだ。

▼イギリスの作家でギルバート・キイス・チェスタントが「死者のデモクラシー」ということをいっている。【彼は民主主義というものを正しく機能させるためには死者に投票権を与えようというのです。生きている人間だけが主権者で、何かを選べると思うなと。もちろん実際に死者が投票するわけではないが、その一票の中に死者との対話を含ませないとはいけない。そうでないと「民主主義は暴走する」。こういう感性を私たち近代は失ってしまっているのではないか】と。・・・中島岳志と島薗進共著「愛国と信仰の構造」(全体主義はよみがえるのか)より。

▼以前私が靖国神社を2日間参拝した時、耳と心を澄まし、境内に吹く風の中から靖国の英霊の言葉を聞いた。英霊たちは「二度と戦争をしてはならない」と囁きかけてきたのだ。

▼学徒出陣の学生たちに、当時流行した言葉が「シックザール」だ。ドイツ語で「運命」という。運命とは「従わざるを得なきもの」と解釈したという。そんな世の中は、二度と来てほしくないということなのだろう。

▼何度も言うが「9条改正」は「戦争ができる国」にしようということだ。憲法改正の国民投票では「死者のデモクラシー」を念頭に「民主主義の暴走を許さない」という国民の感性を、遺憾なく発揮しなければならないようだ。

▼前述した慶応大学の片山教授は、18日の新聞への投稿の冒頭で「日本は小国というには大きく、大国というには小さい。大国の傲慢さで世界に接するだけの実力はないが、小国の卑屈さに徹するほどに、自らを見限れもしない」という。

▼ある医師から、子供の頃背が高くてイジメられたと運命話を聞いたことがある。「大男総身に知恵はまわりかね」といわれた時「小男の身に余る知恵は知れたもの」と言い返したという。大国もどっち小国もどっちもどっちの現状のようだ。

▼「トランプとシンゾウ」という自意識過剰の日米の独裁者は「民主主義の暴走というゲーム」を弄んでいる。その暴走を止めるのは「国民主権」という「市民の権力」なのだ。

▼それを【民主主義】というのだが、我が国の戦後民主主義の成熟度が問われる「憲法改正」である。
コメント

日本国憲法のありがたさ

2018年08月17日 14時43分35秒 | えいこう語る

▼日本国民は、国家の基本秩序である憲法により人権を保障され平和に暮らしている。平和で暮らせるのは、憲法により為政者の独裁を許さないからだ。つまり憲法とは、国民を幸福にする、大切な憲章なのだ。

▼中国の人権活動家で、ノーベル平和賞受賞の劉暁波さんは、民主国家を目指そうと「08憲章」を発表した。その内容は「自由」「平等」「人権」という、項目のほとんどが日本国憲法に盛り込まれているものだった。

▼劉氏は「戦争ができない日本国憲法」を熟読し、日本国憲法のありがたさを日本人以上にありがたく感じていた人だったのかも知れない。

▼しかし「国家政権転覆扇動罪」で、獄中のまま死亡した
。だが私たち日本人の多くは、中国という国がそんな体制だから「しかたがない」というような気持ちを抱いているのではないだろうか。

▼中国に、日本国憲法と同様の憲法があれば、劉氏は獄中死しなくてもよかったのだ。アベ政権が目指す『憲法改正』は【我が国を中国化】すると考えた方がわかりやすいようだ。

▼2012年に自民党は「憲法改正草案」を提出した。本丸は「9条の改正」だが、「戦わない国」から「戦うことができる国」にするためには、多くの条文を変えなければ、「戦うことができる国」にならない。

▼戦争となれば『国旗』が軍の象徴となるになる。改正草案第3条1項では「国旗は日章旗とし、国歌は君が代とする」と規定する。

▼第2項では「日本国民は、国旗及び国歌を尊重しなければならない」とある。1項は反対するものではないが、2項が「良き伝統と我々の国家を継承していくために、国家のシンボルである国旗・国歌を尊重しなければならない」と言う意味だとすれば、やはり国民に「改正草案の本質に沿った新たな義務」を生じさせることにはならないかというのが、白川敬裕著「憲法がやばい」の一節だ。

▼「日の丸」は太陽であり生命の根源として、自然に感謝する日本国民としては納得する存在だ。だが戦争が始まれば、国旗により愛国心を鼓舞させられるのも、国旗が持つ宿命だ。

▼9:11の米国同時多発テロへの報復に、いたるところに星条旗が掲げられ、国旗が米国民の意思の統一に力を発揮したのは記憶に新しい。

▼「君が代」については、1228年「和漢朗詠集」に載っている。それには「君が代は・・・」と今の国歌の詞と同じだ。

▼だが原歌(もとうた)が905年につくられた「古今和歌集」に存在する。「わがきみは 千世にやちよに さざれいしの いはほとなりて こけのむすまで」とある。

▼「わがきみ」とは、女性が尊敬したり愛する男性に対して用いた言葉だという。「君が代」も「君」はあなた「代」は寿命とか、いのちという意味で、天皇に対しては「大君」と言う。

▼天皇のご臨席の時に歌えば「ご寿命がいつまでもおすこやかでありますように」ということになり「君が代」とは「大君」と同じ意味になるというのは、境野勝悟著「日本のこころの」教育にある。

▼私も「日の丸」は日本の象徴と考えている。一方「君が代」はやはり「大君」の歌であり「皇歌」と考えている。改正草案のように『国旗・国歌を尊重しなければならない』というのは、強制的で、民主的ではないように思う。

▼まして、教育現場での強制などと言うのは、戦前回帰ととらえられても致し方ない。米国の国旗のように、戦いのシンボル化は避けなければならないが「9条の改正」は、国旗が戦いのシンボルになることを示している。

▼「国旗」も「君が代」も、そんな運命に弄ばれる存在なのだ。改憲草案で、私が最も危惧するのは「天皇は国家元首であり、日本国及び日本国民統合の象徴である」という条文だ。

▼「改正草案が、国民の個人としての尊重を後退させ、社会全体で助け合って国家を形成することを求めていることも併せて考えると、国民の統合を目的として、天皇に過剰な役割をお願いすることにつながらないか、懸念されるところだ」というのは、先ほども引用した白川敬祐著「憲法がヤバい」だ。

▼「対米従属」が著しいアベ総理が目指す「憲法改正」とは、実は【日本が中国化】することではないかと、劉暁波氏の「08憲章」に触れて、そんな思いをした。

▼自民党の憲法改正草案は、我が国が中国のような国になるかもしれないと理解したほうが、いいのではないかと考えるこの頃だ。

▼「いつまでもあると思うな、平和国家日本」。失ってからでは取り返しがつかない、日本憲法のありがたさだ。
コメント

真の日本人がいた

2018年08月16日 20時48分08秒 | えいこう語る

▼戦後73年目の8月15日。在位最後の戦没者追悼式での陛下の祈りは「不戦の誓い」だった。だがアベ総理は「憲法第9条改正」に向け、決意を新たにしたようだ。

▼同日夜に、NHKテレビは「ノモンハンの真実」を放映した。ソ連に負けた責任を誰かに押し付け、拳銃を渡し自決を促す。無責任な軍上層部の体質に、軍隊の実体をみた。軍人とは、実に卑怯極まりない存在に変身できる職業なのだ。

▼その日、テレビでは山口県で2歳の男の子が3日間、山で行方不明になった報道で持ちっきりだった。絶望かと思われたのを、大分県からボランティアで駆け付けた尾畠春夫さん(78歳)が、捜索を始めてからわずか20分で発見した。

▼捜索前に「母親に必ず引き渡します」とした約束を、警察の受け渡しを断って、実行した。「無学で何もない男だが、約束は守る男だ」ときっぱい言い放った。

▼大分県から駆け付けたことに対しても「特別なことではない当たり前のことだ。日本人だから。」という答えが返ってきた。座右の銘は【朝は必ず来るよ】だという。

▼よしきちゃんがどんな大人になってほしいかと聞かれ「人を喜ばすような人になってほしい」と即答した。先の戦争で犠牲になった多くの兵士は、尾畠さんのような誠実な真心を持った人たちだったのではないかと思い、涙があふれた。

▼お盆の日、私の家に叔母が墓参りに来て、境野勝悟著「日本のこころの教育」を読みなさいと置いていった。その中に、島根県に移ったラフカディオ・ハーンが、住民が昇る朝日を拝んでいる姿を見て、日本に永住する決意をしたとある。

▼日本の心というのは、日(太陽)が本(もと)で生きているということを大切にする民族だという。つまり「感謝」できる人が日本人で、感謝して生きることが幸福なのだという。

▼尾畠さんは捜索に参加したことについても「いてもたってもいられなくなった」という。憲法改正前夜の我が国だが「いてもたってもいられない」という、国民の平和への責任感こそが「真の日本のこころ」ではないかと考えてみた、8月15日の様々な出来事だった。

▼平和を壊す憲法改正には「いてもたってもいられなくなり」投票所で反対の意思を示したいものだ。国民投票はたったの過半数で【戦争ができる国】へ、我が国を導こうとする「悪魔の踏み絵」だからだ。
コメント

総理と防衛相の嘘

2018年08月15日 06時47分34秒 | えいこう語る

▼ピラミット型の組織が強固になり権力が増すと、平気で嘘をつくようになるようだ。大企業の不祥事などそのいい例だ。そのようなことが相次ぐと、不祥事などは大企業の専売特許かと思ってしまう。

▼幹部がそろって平身低頭する姿は、責任の分散化に見える。国民に企業の不祥事など「当たり前」と思わせることが、最大の目標なのだろう。

▼我が国の総理も長期になり権力が集中すると、嘘を平気でつくようになるようだ。嘘を嘘と思わないようになることが、長期政権への秘訣なのかもしれない。さらに言えば、嘘をつかなければ長期政権など維持できないということか。

▼政権の長を見習ってか、秘密保持のために嘘をつくことに慣れてしまったのがオノデラ防衛相だ。昨年北海道にオスプレイが飛んだと思ったら、今年も日米共同訓練で飛ばし、帯広の自衛隊駐屯地に配備させる計画のようだ。

▼「沖縄の基地負担の軽減」とオノデラさんは発言していたが、防衛省の内部文書には、そんな記載はないと北海道新聞の取材で明らかになった。

▼「沖縄の負担軽減」と言う方が道民には理解しやすかったのではないかと思うが、防衛省内部では基地の軽減ではなく、北海道を沖縄と同等の基地にしようという魂胆ではないか。

▼北海道の広大な大地は、実弾射撃の訓練場所として、最適な環境のようだ。ソビエトの崩壊で仮想敵国が北朝鮮に移ったが、プーチン大統領の長期政権による軍事脅威に対し、北海道の基地強化政策を新たに着手するようだ。

▼沖縄には「思いやり予算」。北海道には「思い切り予算」をつけ、日米同盟の強化で「日本列島を不沈空母化」しようとする、アベ総理の顔が浮かんでくる。

▼「沖縄・北海道防衛局」など、設置しないだろうか。トランプ大統領も来年度予算で、過去9年間で最大の80兆円の国防予算を発表し、兵士の給料もアップさせるという。

▼77機ものステルス戦闘機の配備するというが、北海道に配備されるのではないだろうか。トランプと兄弟分のアベ総理だからとても心配だ。

▼戦闘機の購入費や米兵の給与も負担させられるのではないか。米国は再び「世界の警察」に、そして我が国は「米国の番犬」になろうとしているのではないかと、邪推は限りない。

▼北海道も米軍が常駐し、カジノもやってくれば「日本のラスベガス」になりやしないか心配だ。観光北海道を目指す道内7空港の民営化も、海外資本が入札に乗り出してきているようだ。

▼なんだか、北海道は乗っ取られやしないか。北海道の標語も新旧混ぜて、大きな声で発したい。
【試される大地・その先の、道へ。北海道】。

▼そんな大きな声も、2020年のオリンピック開催で掻き消されてしまうのだろうか。
コメント

北海道帝国大学(現北大)

2018年08月14日 13時24分32秒 | えいこう語る

▼アイヌの遺骨を墓から取り出し、研究のため大学に保管していたが、先日、数体の遺骨を返還したのが北海道大学だ。返還の際、大学側から謝罪の言葉がなかったと、アイヌの責任者の怒りが心に残っている。

▼帝国大学としての権威が、そのような態度に出たのだろうか。さらに今日(14日」の北海道新聞一面には「北大の教授が戦時下に中国人の睾丸で、染色体の観察を行っていた」という人体実験が判明した。

▼その教授の講演内容がすごい。「遺体や病人から摘出した睾丸は観察には向かず、若く健康で生存している男性のものがいいとし、軍に依頼したところ匪賊(抗日武装勢力)の一人から摘出した。一人を犠牲にしたのことを無意味ではなかった」と発言している。

▼そのことについて北大側は「研究を承知しておらず、回答を差し控える」としている。戦争が終わって73年も経ち、歴史の真実を明らかにするのが最高学府としての使命ではないだろうか。この教授は退官後、国立遺伝研究所の初代所長を務め、国内遺伝学の第一人者だと言われている。

▼ふと思い出したのが「大勲位菊花章」を受章した、中曽根康弘元総理だ。大勲位は吉田茂と佐藤栄作と中曽根康弘の3人だけだ。共に元総理だが、中曽根氏は我が国に「原子力発電所」を作らせた功績によるものだろう。

▼私の得意の邪推では、中曽根氏は改憲論の元祖だ。いずれ日本は軍隊を保有しなければならない。その時には最強兵器である原子爆弾を保有しなければならない。

▼アイゼンハワー米大統領が「原子力の平和利用」を国連で訴えた時(1953年)に、中曽根氏はひらめいたのだ。「軍隊を保有した時、原子爆弾が製造できるように、原料のプルトニウムの確保に原子力発電所をたくさん作っておこう」と。

▼それ以降、原発による電力は日本経済を牽引し、国力と自民党の権力も増し、憲法改正へと近づいてきた。その象徴的存在が中曽根氏で、その功績を揺るぎないものにするのが「大勲位」なのだ・・・?!。

▼邪推はこのくらいにして、帝国大学も我が国も権威を必要とする国柄のようだ。だが、美智子皇后が中曽根氏より下の勲章というのは解せない気がする。天皇退位に際し、天皇と同様の「大勲位菊花賞頸飾」を美智子皇后に差し上げたいものだ。

▼次の大勲位は【憲法改正】でアベシンゾウに違いない。軍隊を持つ国になったら、勲章など廃止しなければならない。勲章制度は戦意高揚に威力を発揮させられるのが、本来の使命だからだ。

▼「人体実験」から「大勲位」まで話が飛んでしまったので、北大に話は戻すことにする。防衛省が軍事に適用できる研究なら研究費を出すとしたが、それに対し室蘭工大などいち早く反対声明を出した。

▼だが、北大はその適用を受け研究費が与えられた。そのことについて北大の教授と話したことがある。「教授の中には反発する声も多いが、研究費が少ないので、新たな発明のためには止む得ないという意見もある。そんなレベルではいけないのだが」という意見だった。

▼今年になり、北大は軍事適用できるものであっても、防衛省の研究費は拒否する」という声明を出した。さすが北海道大学だ。それが大学の権威というものだと、うれしい気持ちになったことがある。

▼権威とは何か、勲章とは何かについて少し考えてみた、終戦記念日前日の私だ。この頃文科省の不祥事が続出している。国の乱れは教育から始まるのは歴史も指摘している。ちょっぴり不安が増すこの頃だ。
コメント