外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

今日の東伏見(12/23)

2011-12-23 19:39:25 | 大学野球
強い北風が吹きすさぶ、寒~い東伏見。

部員たちも、「うぉっ、寒い」と言いながら、グラウンドに登場してきます。

しかし、こんなコンディションにもかかわらず、OBの徳武さん(73歳)が、練習開始前からバットを片手にグラウンドの中央に立っていらっしゃいました。

ありがたいことです。
--------

学生トレーナーのリードに従ってウォーミングアップに30分以上を費やしてから、全体練習が始まりました。

投手陣は、外野フェンス沿いの走り込みと室内練習。

野手組は、内野2班、外野1班に分かれて、ノックを受けました。

(内野・本塁班)
ノッカー:荒谷コーチ
2地引、土屋、梶矢
3高橋直樹、河村、森
4足立、中村
5山地、
6吉澤、武藤、茂木

(外野班)
ノッカー:冨永コーチ
7白沢、中野弘
8佐々木、三倉
9若杉、江塚

(内野・左翼班)
ノッカー:中野コーチ
2玉真、吉原
3(いなかったような?)
4西竹、深澤
5酒松、瀧島
6中山

-----------

身体が寒さで固くなるのか、あるいは、気持ちの集中が切れかかるのか、時折、捕球体勢が遅れがちになるケースがありました。
すると、荒谷コーチが全員を集めてダッシュ数本を指示。
ダッシュで身体を暖め、気合いも入れ直してから、ノックが再開されます。

荒谷コーチは、メリハリの付け方が上手いと思います。

-----------

続いて打撃練習。
打撃練習は、昼食休憩を挟んで午後まで行われました。

主力組では、江塚くんの強いインパクト音、三倉くんの鋭いスイングが印象に残りました。
白沢くん、足立くんも力強さを増しています。

新人の茂木くんの打撃は、力強さは現役部員たちに及びませんが、高校三年生のこの時期にしては木製バットが良く振れていると感心いたしました。
彼のお兄さんは立教でプレーしていましたから、大学野球への事前準備について、アドバイスを受けているのかも知れません。

打撃練習と並行して、三塁ベンチ前では、OBの八木さんが数名の内野手たちに対して、ノックされていました。
八木さんのノックした緩いゴロを、八木さんのアドバイス通り処理することの積み重ねの先に、神宮球場につながる道があります。

--------
主力組が室内に移動した後は、下級生主体による打ち込みが行われました。
この組では、西竹くんのシャープなスイング、磯網くんの巧みなミートが、私は気に入りました。

----------

部員たちは、27日まで練習し、28日に大掃除して年内の日程を終えます。
新年の練習開始は1月7日です。

ネット裏には、学生コーチだった野崎くんが現れました。
彼は、年末年始は東京で過ごして、来春から郷里の京都でビジネスマンとなります。
Comment