Aruiのスペース

自分の身の回りで起こったことの記録であったり、横浜での生活日記であったり・・・です。

天津で紹興酒

2013-04-30 08:02:03 | Weblog

天津で紹興酒   2013-04-30

今月21日天津のレストランで、上海
料理をご馳走になりました。上海蟹
は季節外れですから、丸ごと1匹と
言う訳にはいかず、断片で、甘辛く
炒めた形で出てきました。上海料理
ならお酒は紹興酒となり、写真は
お燗のセットです。左の壺にお湯が
入り、隣のとっくりに紹興酒が、そ
の隣がおちょこ、右がお燗をしてい
る完成形です。

10年前の天津では、上海料理は珍し
く見付けることは有りませんでした。
紹興酒を置いている店など有り得ず、
お酒と言えば、白酒(ぱいちょう)
粟や、高粱などの雑穀から作る蒸留
酒でした。度数は普通38度、高級な
ものは70くらいでした。有名な茅台
酒(マオタイしゅ)は貴州省仁懐県
茅台鎮産の白酒です。

コメント

先週の天津

2013-04-28 23:05:10 | Weblog

先週の天津    2013-04-28

写真は楊柳青の玉の白菜:発財と同じ
発音で財産ができる意味。本当か。

先週、天津に居た時のインターネット
事情ですが、私が7年前までお世話に
なっていた会社にはWifiが入っていて
会社の人達は社内では自由にIN環境に
入れます。私は今回自分のPCを持って
行きましたのでこのWifiに認証して貰
い、自由に使いました。

ホテルでは有線LANで自由に無料で使え
ました。このように環境は良いです。
但しFacebook,Twitter,Youtube,が使え
ません。全く繋がりませんので、手も
足も出ません。日本のYahooに入れます
がblogを載せることが出来ません。但
し、有料で上記全てが可能な環境が契
約できるという日本語の広告が日本人
向け新聞に出ていました。

mixiに入れたので、日本のニュースは
知ることができました。Youtubeが見れ
ないと言うことは、何時も聞いている
青山繁晴氏の「ザ・ボイス そこまで
言うか!」を聴けないことになるので、
困ったなと思っていましたら、ニコニ
コ動画には繋がりましたので、そこで
聞くことができました。

中国共産党政権を倒すのはインター
ネットだと言う意見が有りますが、確
かにそうかも知れません。
         

コメント

10年前の天津11

2013-04-28 09:05:04 | Weblog

10年前の天津11    2002-12-18
         
日常生活:衣
私の食と住については少し書きました。
衣について。スーツケース一個で中国に
来ましたので、すぐ着るものが底をつき
ました。ファッションの先端を行く衣料
品はデパートで買えます。困ったのは、
ももひき。お前のそんな薄いももひきで
は一ヵ月後には使えないと、脅かされて、
未だ買ってません。デパートに行っても
下着売り場がどこにあるのか判らない。
じっくり歩けば良いのは判っていますが
未だ聞くことが出来ないでいます。売り
場のお姉ちゃんにももひき見せて、これ
はどこ?って聞くかな。

洗濯:寮の小母ちゃんに一ヶ月150元
(日本円で2250)で、洗ってもらえます。

スープ(広い意味の汁もの)の順番:
食事の時、日本では、普通ご飯と味噌汁
またはおすましとおかず・・で構成され
ている。こちらでは、まず料理そして
ご飯、最後にスープが出てくる。食事が
終わって、デザートの前にスープを飲む、
食べるのだ。私がご飯と同時に、スープ
を貰ってから、小母ちゃんは必ず、私に
だけはスープを先に出してくれる。有り
難い。

枕:毎日のことなので、枕は自分の好み
にあったものでないと辛い。寮の枕は
ウレタンゴム製のふわふわ。これでは、
私にはダメで、枕を買うのに頭を痛めて
いました。言葉で説明できない。枕は
中国語も枕なのだが、硬いのをくれと
いって、木の枕が出てきたらどうしよう
とか悩んでいた(んな訳ないだろうに)。
そしたら、我が寮から一番近い商店の有
るところで売っていました。この経済
開発区は1区画が物凄く広く、商店の無い
区画が続いています。

多分そばがらの入った枕で、棚晒しで薄
汚いのが一個だけありました。4元60円
だって。枕カバーが無いのでそれも買う。
とにかく枕とサイズが合わないといけない
ので、合うのを探していたら、リスの赤
ちゃんが、人間の子供のように赤い服を
着て海岸で遊んでいる絵柄のものがぴっ
たりサイズで、それを買いました。

カバーが4元60円、両方で120円で買え
ました。包装はしてくれず、枕を剥きだ
しで、小脇に抱えて帰るはめに。そして
会社に戻ると、守衛の兄ちゃんは、直立
不動で敬礼、私も小脇にりすの枕を抱え
て敬礼を返す。今思い出しても噴き出し
ます。

コメント

三浦市へ

2013-04-25 21:02:53 | Weblog

三浦市へ       2013-04-25

今日、三浦市に行きました。私が所
属するMICかながわは通常県内の医療
機関からの要請に応えて通訳を派遣
するNPO法人です。医療以外の件で
学校や官公署からの派遣要請にも応じ
ることが有ります。

朝7時半に家を出て京急三崎口へ、そ
こからバスで三崎東岡と言う所で降り
くねくね歩いて市役所を見付け、福祉
事務所で担当者を訪ね、待合室に通さ
れました。

ふと目を上げると真正面に城ケ島大橋
が見えました。するとあの下辺りは
通り矢の鼻か「舟はゆくゆく通り矢の
鼻を、濡れて帆あげたぬしの舟・・・」
は見えませんでしたが。

コメント

天津最終日

2013-04-22 08:44:41 | Weblog

天津最終日          2013-04-22

今はホテルの部屋で荷造り中。ま、スーツケー
ス1個に詰め込んで、午後2時のJALで名古屋に
飛びます。名古屋から羽田に国内線が接続して
いました、Lucky。磯子の我が家には22時には
着くでしょう。

昨日は日曜日、天津郊外の楊柳青と言うところ
に散策に行きました。丁寧に書いている人の
HPにリンクします。

http://igaguri.sakura.ne.jp/kanko/yanryu.html


この中の写真で、中国で大きな魚を抱いていれ
ば、それは鯉です。

大きな白菜の置物は白菜=発財と発音が同じで
財産ができるお目出度い象徴です。石さんと
言う家が水運と陸運、その他事業で財をなし、
建てて残した家が博物館になっています。よく
ぞ文化大革命でぶち壊されなかったとの思いで
見ました。はっきり言って手入れは悪いです。
見方によっては、古い物だから、古びていた方
が良いのかもしれません。

事業家としての最後の当主は1900年、日本、独、
英、露、米、仏、イタリア、オーストリアによ
る8カ国連合軍 が、義和団を制圧するために
天津に侵攻した義和団の乱の頃に活躍していた
ようです。

ここから開発区に帰り、洋食で最後の晩餐と
なりました。私がこの町に初めて来たのは、今
から25年ほど前になりますか。まさか、この年
74歳になってまた来ようとは思ってもみません
でした。よっぽど縁が有るんですね。だから、
天津にまた来るかもしれません。

コメント

仕事は終わった

2013-04-21 08:34:52 | Weblog

天津仕事終わり        2013-04-21

今回の仕事は全部終わりました。製造工程の
不具合、製品管理、検査手順、検査結果の管
理と規格、JISと中国規格の考え方等、先生
一人に対して違う担当者から次々に質問が出
され、次々に回答が出るが、その前に今は、
貴方達はどうやっているか、それのどこが
上手くいかないのか出来ないのかどうすれば
良いと思うか、こうやれば良い、の会話が
往復します。こうしなければいけないとか
こうすべきであるとかは、最後になる。

仕事が終わって一休みして、工場の人達は、
シャワーを浴びて夕方から海鮮中華で宴会と
なるが、董事長、総経理、工場長は当然とし
て、5日間に応対した部署の責任者全員と総
務経理購買の責任者が参加しての大宴会に
なった。

お酒が全然飲めない女性はビールで、その他
の人達は38度の白酒で乾杯となるが、本当に
杯を乾すことはせず、随意で飲む。宴会では
自分一人で飲むことはせず、必ず誰かを指名
して目と目を合わせて杯を上げる。工場現場
は殆ど男性だがそれ以外の部署は殆ど女性で
あり、女性陣からも声がかかる。勿論お酒の
弱い女性も居て、そういう人はお茶に切り替
わる。

お酒の弱い男性は余り見たことが無い。現場
の主任クラスの若い衆は皆強いが、宴がたけ
なわになると、私に声がかかる。その時は、
私は「貴方は乾杯、私は随意」と言って飲む。
相手は殆ど飲み干す。生産管理の先生にも
ずーっとお付き合い頂いた訳で、本当に日本
の老人達も頑張る。こういった接待になると、
台湾の人達の心配りは素晴らしい。日本の輝
ける日々はもう帰らないのだろうか。

コメント

天津5日目

2013-04-20 06:48:20 | Weblog

天津5日目           2012-04-19

昨日で実質最終日を迎えました。こちらの工場
の質問や相談も殆ど終わりです。生産管理の先生
に言わせれば、全て10年前に教えたことだが、未
だ覚えていないと言うかマスターしていないね。
と言うことになります。生産設備が10年前より
劣化してガタが来はじめている分、問題解決が
難しくなっています。中国の企業の、この面の
難しさは、工場設備の修理やメンテナンスが
上手く出来ない、上手くいかないことだと思い
ます。私はこの点では素人で唯の通訳ですが、
こういう問題点があります。

つまり、台湾の会社が中国に工場を出す。生産
設備を日本の一流メーカーに、たとえば東芝機械
に全部頼めば、お金がかかりますが、良いものが
できて、古くなっても良いメンテナンスが受け
られる、一流メーカーから教えて貰うことが出
来る。自分の工場の設備メンテナンス要員の教育
が出来る。それを、日本の一流メーカーの真似を
している、台湾のメーカーや、韓国のメーカーに
頼むと安く、そこそこの物が出来る。当初はそれ
で良い。古くなって、ガタがきた時に困ることに
なる。つまりそういうメーカーは修理をやらな
い。修理は上手く行けば金になるが、上手く行
かないと大損になる場合が出てくる。新設備なら
引き受けるが、修理は断ってくる。

日本には、中小企業で、そういうことを引き受
けてくれる会社が今までは有った。一流企業の
裾野に、そういう企業が居て、市場を支えていた。
未だ生き残ってくれているか不明だが。是非、な
んとか耐えていて欲しいと思う。

コメント

仕事始まる

2013-04-19 07:10:05 | Weblog

天津3日目            2012-04-18

毎日毎日仕事の話の通訳です。英語が中心ですが、
知ってる限りの中国語も交えます。朝はホテル
で目覚めると、レストランで食事ですが、これが
なんと6時から開店で豪華なバイキングです。好
きな野菜と肉料理を選んで皿に乗せながら歩き、
お粥が米と粟と玉蜀黍の砕いたもの三種が有り、
別に白いご飯が有ります。パンはフランス風の
ものが大中小と有って、自分で切って持ってき
て自分の席に着きます。果物もsweetsも選ぶのに
迷います。

8時30分に会社から迎えの車がきて、それに乗り
ます。15分で着いてすぐ打ち合わせになります。
生産技術の先生が日本語で話したり、白板に書い
たりしたものを私が通訳したり翻訳します。話す
のは英語にします。書いたものは、漢字にします。
この時になるべく中国語にします。英語で書く時
もあります。

先方のmanager(英語中国語バイリンガル)が英
語から中国語に通訳します。生産技術に関する用
語が飛び交います。お昼近くになると、クタクタ
です。昼食は会社の中にある寮のおばちゃんの手
作り料理です。中華料理ではありますが、家庭
料理です。

夕方5時頃まで朝と同じ仕事が続きます。会議室
の話ではらちがあかない時は生産現場で大声で
話し合うことになります。夕食は第一日目は外の
レストランで豪華な中華料理でしたが、二日目、
三日目は昼と同じ家庭料理です。

第一日目の食事の時に、ビールの後に白酒(パイ
チュウ)が出ました58度のもので台湾製でした。
美味しい蒸留酒でしたが、したたか酔いました。
今日の打ち合わせで重要な点は、あらかた峠をこ
しました。

後の問題は、当地の中国人従業員がどれ位理解
出来たか、それを実地に使いこなせるかですが、
これが出来ていれば、とっくの昔に日本の製造
業は滅びていて、中国の製造業がもっと技術面
で伸びてきた筈です。彼等は人件費の上昇と共
に、今後国際競争の分野で落後してゆくかも知
れません。ちゃんと出来るかな。

 

コメント

中国で驚いたこと

2013-04-17 07:47:13 | Weblog

中国で驚いたこと       2013-04-17

って殆どありません。特にここが、私が7年前まで
住んで働いていた天津だからだと思います。更に
中国躍進のスピードが衰えたためでもあると思い
ます。

経済開発区内では、新しい建物は殆ど建った感じ
です。ただ中国の土地の広さは凄いもので、今の
開発区が概算で5km x 8km位ですが、ほぼ飽和
状態になると、その外側にもっと大きな別の開発
新区を作れることです。そしてその外側に未だ未
開の荒れ地が無限に続いていることです。これに
は驚くばかりです。でも日本はもう進出しては
いけません。特に製造設備に多額の資本を投下
しなければならない製造業は絶対に出るべきでは
ありません。投下資本や資産は全て没収されても
良い覚悟が無ければ中国には出てはいけません。
今中国で働いている13万人程の日本人社員とその
家族は人質になるかもしれません。徐々に撤退
すべきです。

小さな驚きはiphonが表示する時刻が、自動的に
1時間遅れて中国時間になったこと。これには
びっくりです。もう一つの驚きは、自分がお世話
になった台湾の会社の天津工場の従業員が、その
keyman、keywomanが辞めずに働いていることです。
品質管理の責任者のおばさんと初めて会ったのは
たしか25年位い昔の筈です。彼女が今回台湾の
親会社から出張で来ていて、お互いに元気で会う
ことができました。嬉しいね。

    

 

コメント

昨日天津に着きました

2013-04-16 07:46:06 | Weblog

天津に着きました。  2013-04-16

昨日13時天津国際空港への直行便
で名古屋セントレアから来ました。問
題の空気はもやっています。今回は
仕事できましたので、10年前に働い
ていた会社から会長の娘である営業
部長が出迎えてくれました。45分程
で経済開発区のなかにある会社に
着きました。彼女と私はLINEで繋が
っています。飛行機の出発直前に
予定通りとトークしたら。了解と返
事が入ってましたの、向こうもこっち
も安心です。

その私iphonは天津で使えるように
会社のWifiを設定してくれました。
持参したPCも社内ではWifiで、ホテ
ルでは有線LANで繋いでいます。但し
face bookとTwitterに繋がらない
ので不便この上ないです。mixiが
頼りです。

 mailはOKです。

コメント