ありるれろ**

わざわざ人に話すほどのことでもないけどちょっとつぶやきたいことを綴っています。

ココア味

2016-06-29 15:08:41 | Weblog
朝、大雨の音で目が覚めた。
今日は休日。
「よかった〜今日が休みで!」
と、幸せな気分で二度寝しました。笑

さて、せっかくの休日にも家を出る気がしないほどの大雨(と安月給)。
また家でカップケーキを焼くことにしました。


今日はココア入り。
前のレシピにココア5gを追加しただけ。
薄力粉100に砂糖30。
チョコチップがなかったら甘さが足りないかもしれない。

でも外側さっくり、中はふんわりで美味しかったです。
また、気が向いたら色々やってみたいと思います。
コメント

大嵐

2016-06-27 20:17:07 | お仕事
某人気ジャニーズグループのコンサート日程が発表され、ホテル業界には文字通りが巻き起こっております。


経済効果抜群やね。

新規予約が1日で数百件。
しかもみんな発表と同時に慌ててホテルを予約するから、問い合わせが

「間違えました」
「キャンセルお願いします」

みたいなのばっかり。

これでチケットの当選結果出たらまた荒れそう…


同じような返答を繰り返し、達成感のないまま退社。

「博多駅で梅蘭食べて帰ろうかな〜」

という考えが頭をよぎったということは、ストレス感じてるんだろうな。笑



アーティストの宿泊といえば。
ちょっと前に受けた電話で「韓流の男性5人組」の宿泊が取れるかの問い合わせがありました。

いくら最近のが分からないとは言え、韓流と聞きちょっと心躍るわたし。笑
「BBは5人だったよな、FTも確か5人、シャイニーも5人、いや、もしかしてニューイストあたり来るんじゃない?」
なーんて想像を張りめぐらしながらその日に福岡でイベントをやっているアーティストをこっそり調べたら、



全っ然、知らんやった。

わたしが韓ヲタだったのもおよそ10年前のこと。
そりゃアーティストも代替わりするよな〜としみじみ思ったのでした。

(電話で空室と料金の回答はしたけど、そのとき他館でいくつか検討中だったので、結局その後彼らがうちに泊まったのかは知りません)
コメント

サンデーアフタヌーンスイーツ 6.26

2016-06-26 14:44:40 | サンデースイーツ
久しぶりの日曜休み。
サンデースイーツのお時間です。
二度の手作りスコーンの成功で気を良くしたわたしは、今日はカップケーキに挑戦してみました。

我が家のベーキングパウダーは5gずつの小包装なので、「ベーキングパウダー5g」と書いてあるレシピを探した結果、笑
今回はこちらのレシピで。

ボウルが2ついるけど、スコーンより手が汚れなくていい!
混ぜるだけ、詰めるだけ。
そして焼くこと18分。


じゃじゃん!
あっという間にできました。
右上のだらしなさ。笑
「手作り感があっていい」と、父にはウケてました。


いただきます。
外側はサクッと、中はふんわりしていて美味しかったです!
レシピの分量には「砂糖30〜50g」と書いてあり、一番少ない30gにしてみたけど、それでも十分。
わたしにはちょうどいい甘さでした。
口当たりが軽くていくらでも食べられる。


何でカップケーキにしたかというと。

母がイギリスのお土産として買ってくれていたペーパーカップ。


母「お弁当用に買って来たよ」
父「イギリス人は弁当なんか食べんから、これはカップケーキ用やろ」

お弁当を詰めるのは父、しかもシリコンカップが丈夫で詰めやすいので、使われることのないまま眠っていたのです。

いつかこれでカップケーキを焼こうと思ってて。
やっと日の目を見ました。
また気が向いたら作りたいと思います。
コメント

廃墟

2016-06-25 23:24:27 | お出かけ
博多駅からあてもなくドライブしていたら、突如目の前に現れた大きな建物。

こ、これは…!!!



福岡の廃墟として有名な、志免鉱業所竪坑櫓。

廃墟マニアという訳では全くないけど、一度見てみたいと思ってたんだよね。
思いもかけず、遭遇できました。

いやーしかし、何とも異質…
多分現役の施設だったとしてもこの形はなかなか異質だよね。
この竪坑櫓(たてこうやぐら)というのは、採掘された石炭を運び出すエレベータのようなものだったみたい。


近年、朝ドラの「あさが来た」「花子とアン」などでも取り上げられていた福岡の炭鉱。
炭鉱は戦争と同じで遠い昔の知らない世界のような存在だったけど、住宅街に突如こんな建物が現れると、福岡は炭鉱の町だったことを実感します。

廃墟マニアという訳ではないけど(繰り返し)、こういうのはちょっとワクワクする。
もっと近くで見てみたかったなぁー。
コメント

担々麺

2016-06-23 21:15:11 | Weblog
中華の麺料理は何でも大好き。
特に担担麺は、うどん、カレーと並んで食べ歩きをしたいジャンルに入ります。
最近は梅蘭ばっかりで全然実行できてないけど。笑


久しぶりに梅蘭以外の中華。
大明担担麺というお店に行きました。

辛い。

辛い。


辛さに手加減なし!
一口でむせた。
久しぶりにこんな本格中華(600円)を食べた。
唐辛子辛いのは平気だけど、山椒が効いてる。
ピリピリして一気に啜れない。

日本人向けの胡麻の風味のクリーミー担担麺とは違う、ちょっと八角系というか、あちらの本場の臭さもあるような、本場っぽい味。
汗&鼻水と共に辛さと格闘しながら食べ終えたのでした。

しかもしばらく食道や胃の中にピリピリした感覚が残ってた。


辛(から)くて食べ終えるまで結構つらかったけど、不思議なもんで一夜明けてこうしてブログを書いていると、また食べたくなって来ます。笑
食べ歩きしたいと思いつつ、またここに行くかも。笑
コメント

紅茶+ヨーグルト

2016-06-22 22:43:39 | Weblog
最近のハマりもの。


ほぼ毎日飲んでる。

職場ではみんなに「えーっ?!」という反応をされますが、わたしはこれが好きです。

ミルクティーだと甘すぎて。
ヨーグルトのほのかな酸味がいい味出してる。

本当は500mlのが欲しいんだけど、全然見かけない。
やっぱり市場もあまり反応が良くなかったのか…


この他にジャスミンミルクティーというのも飲んでみましたが、それはちょっとさっぱりしすぎて何か物足りず…
そもそもジャスミンは普段ミルクも入れないし砂糖も入れないから、ミルクティーとはあんまり合わないと思った。


こういう「えっ…?」という組み合わせのものは、嫌いじゃないです。
みかん+海苔+醤油=ウニ、みたいなのも積極的に試すタイプ。笑
コメント

出産祝い

2016-06-21 20:26:26 | Weblog
「休日に積極的に予定を入れよう計画」の一環で、笑
中高時代に仲の良かった友人宅に行きました。

前に会ったときは何ともなかったのに、少し会わない間に子どもが産まれていた!
出産祝いを贈ろうと思っても、今まで周りの友達に贈ったことがなくて、何がいいのかさっぱり分からない。

そこでもう直接友達にリクエストを聞くことにしました。
と言っても予算もあるし友達にも気を遣わせてしまいそうなので、ここはデンマーク方式!
欲しいものをリストアップしてもらい、その中からわたしが選んでプレゼントすることに。
(デンマークはご祝儀代わりに、こうやって新郎新婦にお祝いを渡すのです)

そこで返ってきた答えを備忘録として残します。

・よだれかけ
・フェイスタオル
・バスタオル
・絵本
・音楽がなる本
・おもちゃ
・童謡のCD

なるほど!
おむつあたりで考えていたわたしには思いつかなかった。

音楽がなる本や童謡は、彼女らしいな〜と思いました。
わたしと友人は中学の合唱部時代に仲良くなり、彼女も結婚するまでずっと合唱を続けていたのです。

その中からわたしが選んだのは
・よだれかけ
・音が鳴るおもちゃ

そして、友人の誕生日プレゼントとして
・バスタオル
・フェイスタオル

を贈りました。
ほんとはCDを贈りたかったんだけど、行こうとしてたお店が火曜定休だった…


子ども服や子ども用品売り場に行ってみると、まあ〜たくさんあって選べない!!
今までになかった新しい世界を見た気がした。

しかも子ども用品って見始めるとキリがないね!
全部かわいくて、あれもこれもあげたくなる。

友人の子どもは産まれて4ヶ月半。
もう声を出して笑う頃で、めちゃくちゃ可愛かったです。
次に会う頃にはまたびっくりするほど成長してるんだろうなー。
コメント

またスコーン

2016-06-18 19:07:12 | Weblog

また焼いてみました。

休日は昼まで寝てるんだけど、昨日は朝にぱっちり目が覚めた。
そしたら朝食にスコーンが食べたくなって。
今回は無塩バターで、エシレでもないけど、それなりに美味しくできました。

これ簡単なんだけど、唯一、寝かせる時間がね。

待てないのよね。


やっぱり朝はコーヒー。
出来立てを熱いうちに食べる幸せ。
休日は朝が充実すると、それだけで一日を制した気分になります。笑
コメント

あじさいまつり

2016-06-17 22:16:53 | お出かけ

北九州の紫陽花の名所、高塔山公園。

本当は明日と明後日があじさいまつりの日なんだけど、土日に休める身分ではないので一日前倒しで今日見に行きました。

紫陽花好きなんだよね。

鎌倉の長谷寺で80分待ちしてまで一人で見に行ったし、
京都の三室戸寺にも雨の中一人で見に行ったし。

…わたし、いつも一人だね。


今日も一人で行く予定だったのが、ちょうど母がそっち方面で仕事だったので一緒に出かけました。


山頂はさすがにいい眺め!


わたしはたくさんの紫陽花に満足していましたが、過去にも訪れたことのある母からすると「まだ全然」だそう。


ピークは緑が見えないらしい。


淡いピンクの紫陽花。


ここは県内でも一番たくさん紫陽花が咲く場所。
明日はもっともっと賑わうんだろうな〜。


白っぽい紫陽花が多かった。


色んな色があるのがいいよね。


この辺はピンク。


この辺は紫。


水色が好き。


このように、沿道にもずっと紫陽花が咲いています。


両脇に紫陽花。
ここを暑くもなく寒くもない、ちょうど良い気候の中でのんびり歩く幸せ。
行けて良かった。

そして帰り道、紫陽花の花を買いました。笑


紫陽花のある食卓。
今日はカレーでした。


紫外線の強い時期は、紫の花が多いそうです。
紫陽花、菖蒲、藤も紫だし、これからのシーズンではアサガオやラベンダーなんかも紫だね。
また色んな花の名所に出かけたいです。
コメント

両親への

2016-06-16 21:12:45 | Weblog
昨日は両親の結婚記念日。

帰りにデパ地下で何か買って帰ろうと思いながら、帰る頃にはすっかり忘れてしまい…

1日遅れでお祝いを買いに行きました。
博多阪急で何か良いものがないか、事前にHPで調べていたところ。

これ以上うちの両親にぴったりな物はない!と思えるほど理想的なケーキを発見。
まっすぐそのお店に寄り、即お買い上げしました。



じゃじゃん。どう?
旅行好きな両親へ、スーツケース型のケーキ。

本当は父の日用の期間限定ケーキ。
多分出張の多いお父さんに向けたコンセプトケーキなんでしょう。
1日限定10個のため、残っているかドキドキしていましたが、無事に買えて良かった!


中はラズベリークリームの柔らかいスポンジケーキでした。

当の本人たちは特別めでたくなさそうでしたが…


両親について、最近読んだ本の一文に納得したので抜粋。

「そもそも、親の思い通りにならない子供に必要以上に嘆き悲しむのは、その親自身の人生が充実していないだけ。」

なるほど。
だからうちの両親は大学卒業までさせたのに安月給の職に就き、未だに実家に甘えている娘にこんなに寛容なのか。

長期休暇には必ず海外旅行に出かけていて、わたしから見ても充実した人生を送っている両親。
これからも一緒に共通の趣味を楽しんで欲しいなーと思う娘なのでした。


ちなみに上記は湯山玲子氏の 『喝!迷える女子の人生相談』という本の一文。


アラサー向け雑誌「アネキャン」の読者相談コーナーをまとめた本で、相談者がみんなアラサー。
しかもアネキャン読者だから同じアラサーでもママたちとは違ってわたしのような働く独身女性が多く、共感できるお悩みがありまくりでした。

しかも所謂「毒舌ぶった切り!」とは少し違い、著者が相談者に対して厳しすぎない。
わたしみたいな、疲れて休日はずっと寝てしまうという相談者に対しても
「大変ですよね。きっと長時間寝ることで体の負担とのバランスを取っているわけなので、その声に従ったほうが良さそうです。」
と。
厳しい回答も多い中で、これが印象に残りました。

この本はいくつかのテーマに分類されてるんだけど、恋愛・結婚よりも社会・将来のページにふせん貼りまくり。
今の自分の不安を炙り出しているようで、我ながらそれも興味深かったです。笑

また30代前半と言われるうちに読み返してみたい。


その頃までには両親から自立しなきゃね…
コメント