ありるれろ**

わざわざ人に話すほどのことでもないけどちょっとつぶやきたいことを綴っています。

2度目のシンガポール4日目②(終)

2018-06-15 19:07:42 | 2018 シンガポール旅行
5/29のシンガポール旅行最終日。


午後からシンガポール在住の友人とランチへ。
友人を待っている間に撮った近所のマンション。
これこれ、この洗濯物。
こういうのってみんな各々勝手に出してるのかと思いきや、備え付けなんだね。


連れて行ってくれたのは、郊外のカレー屋さん。
彼は前回わたしがシンガポールに来たときも既にシンガポールにいて、そのときも郊外のカレー屋さんに連れて行ってくれたんです。


こんなローカルなフードコートのような所。
現地の人いないと来られないだろうからありがたいです。


ロティプラタという、薄いナンのような食べ物。


これをソース(カレー)に付けて食べるようです。
このお店だけ行列!


タイガービールも。
最終日にしてようやくタイガービール!
しかも、見えますか?氷が入ってるんです。


もともと入っていたわけではなく、友人のチョイス。
「こういうとこで飲むとすぐにぬるくなるから」
とのことです。なるほどね。
でもタイガービールは氷と合う気がする。


ロティプラタ、カレーとビリヤニ(ご飯)。
ロティプラタ美味しい!2日目に食べたムルタバと同じような食べ物でした。


コイン型のプラタ。ここにしかないそうです。
これが激旨。
周りがカリッとしていて、バターの風味たっぷりで、中は柔らかい。


ピリ辛チキン。完全にビールのおつまみ。
こんなところで昼間からビール飲んでるのはわたしたちだけでした。笑
ここ本当に美味しかった!何でこの食べ物日本にないんだろう…毎日でも食べたい。

さて、お腹いっぱいになった我々は、ある場所へと向かいます。


郊外の公園。
以前放送された、華丸大吉のシンガポール旅番組で取り上げられ、一番気になっていた所なんです。
郊外だし、ガイドブックになんて当然載っていない。
カレー屋さんから10分ほどと近かったので一緒に連れて行ってもらいました。
シンガポール在住の友人もここは初めてらしい。


目当てはこれ。
何か分かりますでしょうか。


何と、鳥かごを吊るし、飼い鳥(?)に日光浴をさせているんだそうです。


こんな謎の風景、日本にはない!
この日はさっきまで大雨だったこともあり、あまり鳥はいませんでしたが、日曜は100〜200羽ほど集うときもあるとか。


有名なクラブなのかな。
ここに行くならこの名前でググッた方が良いです。
ここは正面玄関(?)からは離れたところにあり、案内表示などもなかったので。


わたしたちが辿り着いたのはピンのとこだけど、上の方にもこのクラブ名があるから、こもしかしたらこっちの方がいっぱいいるのかな。
要検証です。
シンガポールにまた行く機会があればここも必ず寄りたい。(そんなに?)

さて、中心部に戻ります。


友人から「これ撮りなよ」とおすすめされたシンガポールの日常風景。笑
トトみたいな、クジの売り場のようです。
シンガポール人は好きみたい。


そしてカフェで一服。
このミルクティーもシンガポールっぽい。
最初にスキムミルクみたいなのをわんさか入れて、後から紅茶を注いでました。
シンガポールは多民族国家だから、この店のコーヒーや紅茶も英語じゃなかったもんね。
友人がうまいこと注文してくれましたが。


ここで友人の奥さん(シンガポール人)が合流。
何とお土産をくれましたー!
そんじょそこらの日本人妻よりよっぽど気が利く!!
しかもマーライオンフェイスマスク。笑


それから向かったのはマリーナバレージというところ。
ここガイドブックで「ピクニックスポット」と紹介されているのを見てかなり気になってたんだけど、遠いし自力で行くのは難しいかと思って諦めてたとこだったんです。
めちゃくちゃ嬉しい!!

もうね、こういうところよ。日本人の良さは。
色んな外国に現地在住の日本人を訪ねて行ったけど、みんな色々考えて案内してくれるんです。


ここはダム。


遠くにマリーナベイサンズや観覧車も見えます。


こんなゆるーく円を描いた形の公園で、


上は芝生!
ピクニックしている人もたくさんいたし、凧揚げをしている人もいっぱいいました。


青い空に青い海に青い芝!
ほんと絶好のピクニックスポットだわ。


それから晩ご飯の時間まで、友人の家に戻ってジュースをご馳走になりました。
近所のフルーツ屋さんの生搾りスイカジュース。
これはもうそのまんまスイカ!
すっごく美味しかったです。わたしの理想のスイカジュースだった。


友人の家の玄関。
昔母が、「シンガポールでは玄関に入る前に靴を脱ぐから廊下に靴が並んでる」って話をしてたんですが、まさにその通りでした!
たたきが外に出てるような感じなんだね。

こんな生活の一部を垣間見ることができるのも、現地在住の友人訪問ならでは。


有名な観光地、カトンにも寄ってくれました。
ここも若干中心部から離れるし、駅からも近くないし…連れて行ってもらえて嬉しかったー!


中には実際に人が住んでました。


綺麗だなー。こういう異文化建築、好きです。


でもこのエリアはすごく小さい。ここだけ。


暗くなってからやって晩ご飯を食べにやって来たのはここ!


そう、シンガポールといえば!のチリクラブ!
前に来た時も食べなかったんです。
「まだ食べたことない」と言ったら、友人が美味しい店を予約してくれました。


最後の晩餐もタイガービール!
ピッチャーは冷やしてくれるので、ここでは氷なしで。笑


何かスープでも頼もうか、とオーダーした酸辣湯。


あとは貝。
貝好きには嬉しいチョイス。


そして、チリクラブ!!
出たー!!


爪をいただきました。
美味しい。プリプリ。
手はベットベトになります。でも気にしません。


途中から身を崩してソースと混ぜ、ご飯にかけて食べました。
何ならカニなくても十分美味しい。笑


テラス席で海沿いの空気に当たりながら食べるチリクラブ。
美味しかったー!
腹十二分目まで食べました。


去るのはすごく惜しいけど、ここでタイムオーバー。
今回は約4時間前には空港に到着しました。


チェックインも荷物預けるのも全部自動化されてた。


今回はシンガポール航空のキャンペーンで、ラウンジが3時間無料で使えました。


アルコール類やラクサなんかの食べ物も充実してましたが、お腹いっぱい食べ過ぎて何一つ口に入らん…

シャワーを浴び、マッサージチェアを借り、ブログ書いたりしながらのんびり過ごし、トップ5に入る勢いでゲートに到着。
もう今回は絶対乗り遅れませんからね!!!

さすがに今回は無事に搭乗できました。
隣の人もおらず、爆睡。
途中でシンガポール人のオバチャンに人違いで起こされたこと以外は快適。


機内食。

定刻通り到着し、無事に福岡の地を踏んだのでした。


==今日使ったお金==
●切手…$4.8(398円)
●お土産…$29.8(2,459円)
●チャージ…$20(1,650円)
●カレー…2人で$17.5
●ミルクティー…$1.7
●チリクラブ…$52.5

計71.7ドル+4,507円
1ドル約83円と計算して約10,458円

チリクラブはもっと高かったんだけど、まさか最後にこんな豪華な食事すると思ってなくて現金用意していなかったので、持っている現金を全て渡しました。
それでも友人は30ドルで良いって言ってくれたんだけどね。

==今回使ったお金==
航空券 33,760円
ホテル 25,344円

26日 約1,537円
27日 約4,101円
28日 約12,571円
29日 約10,458円

合計 約87,771円!

やはり、友人様様にご馳走になってばっかりだったのでしっかり満喫した割に安い。
あとは航空券が格安だったのが大きいかな。

シンガポール本当に楽しかった!
多分一度行ったらみんな満足するんだろうけど、わたしは絶対また行きたい。

その理由は間違いなく現地在住の友人の存在ですね。
今回会った友人は全員あと数年はいるし、ホテルの同僚も退職してわたしと入れ違いにシンガポールに行ったし、みんないる間にぜひ再訪したいです。
コメント

2度目のシンガポール 4日目①

2018-06-10 12:54:26 | 2018 シンガポール旅行
5/29のシンガポール旅行記。
今日が最終日!今日の夜には帰国です。


最終日の朝食。
麺は必食。


オムレツも必食。笑
心残りのないようしっかり食べました。

ホテルをチェックアウトする前に、お土産を調達しに行きました。


お馴染みの伊勢丹。笑


デンマークにいたときに死ぬほど愛してたドーナツピーチが!!!懐かしすぎるー!
買って食べたい衝動に駆られましたが、まだまだ美味しいものをたくさん食べる予定なのであえなく断念。


日系スーパーだけあって、日本人好みの小包装のお土産がたくさん並んでいました。


戦利品。
右のはマーライオン型のクッキー。
上は職場用、下は家族と親戚用。
左のラーメンは自分用、下の木箱はティーパック。

海外のスーパーは大好きだけど、あんまり何店舗も行くと悩んでも決めきれなくなるので、今回はすべて伊勢丹で購入しました。
これで29.8ドル(2,459円)。


郵便局にも行きました。
これはショッピングモールの中の一角。


番号札を取るのは日本と一緒。


日本の友人たちに送るポストカード用の切手を購入しました。
切手、全然可愛くない…
切手は1枚0.6ドルだから50円くらいかな。
8枚で398円でした。


投函!
(後日談:ちょうど1週間で東京の友人宅に届きました)
今思えば街中でポスト見かけなかったや。
気にしてなかっただけなんだろうけど。

さて、ホテルに戻ってチェックアウト。
午後もまだまだ楽しみます。

(続く)
コメント

2度目のシンガポール 3日目④

2018-06-06 22:57:49 | 2018 シンガポール旅行

マリーナベイサンズってあんなスタイリッシュに見えるけど、逆側は緑溢れるベランダでした。

さて、5月28日のシンガポール3日目旅行記です。
マリーナベイサンズを後にして、向かったのは


ここ!ガーデンズバイザベイ。
これ前に来た時はなかったので、絶対行きたいポイントでした。
しかも、在住の友人たちが口々に「行くなら絶対夜!」と言うので、この時間を待っていたんです。


チケットはオンラインで購入、マリーナベイサンズの中の「え、本当にここ?!」という場所で受け取ります。笑


園内の入場料は無料なんだけど、この上の通路「OCBCスカイウェイ」と、植物園のようなドームの中が有料。
合わせて2,034円でした。
安くないよね。シンガポールは安くない。
voyagineという割引サイトで予約しました。


まずはスカイウェイへ。
上は一方通行になっています。ちょっと並びました。


上から見た景色。


観覧車やドームも見えます。


通路はこんな感じ。細いところもあります。


足元は網!下が透けて見えます。
これ高所恐怖症のうちの母親は無理だろうな…

前回母とシンガポールに来た時、母はマリーナベイサンズに泊まろうかと思ったようです。
でも「そもそも高所恐怖症なのであのプールには行かない」と思い、結局別のホテルに。


このスーパーツリーグローブ、数年経つともっとワッシャー!と花が咲くのかな。


だんだん暗くなって来ました。


マリーナベイサンズの向こうも綺麗な夕焼け!


降りる頃にはライトアップが。
確かに夜の方が綺麗で良いかもね。


フラワードーム(有料)にも行きました。
ここは、何か大味というか…
友達が「わー!写真撮りたい!と思うものがない」と言ってたけど同感。


魚好きだからこれは撮っとく。笑


これは見応えあったな。

そうこうしているうちに、ショーの時間になりました。


何とこのライトアップが、音楽とともに点滅してすごく綺麗なんです!


音楽もクラシックやら映画の音楽やら色々。


これはすごく良かったです。
やっぱりオススメは夜ですね。


さて、ショーの後はクラウドフォレスト(有料)へ。
この滝がパワースポットとか?


さっきのとこよりは見応えありますね。


レゴでできた食虫植物もありました。


しかしなぜここは通路がどこも網なのかね。


分かりますか、この高さ。
こんな高いところにいて、通路が網。


展示は大味です。


でもすごく涼しくて、ジブリの世界みたい。


網の通路を下から眺めた図。
色々と近未来的よね。


こういうアジアを感じるオブジェ、好き。


シンガポールは環境保護になかなか力を入れているみたいです。
こういう啓発は至る所で見ます。


クラウドフォレストは見応えありました。


出てきたらちょうどまたショーの時間!


たっぷり堪能しました。


ついでにこのオブジェも見に行く。


どうなってんだろ?と思ったら、左手がうっすら地に付いてるのね。


3日目も大満喫!


==今日使ったお金==
●リバーサファリまでの往復バス…$11
●リバーサファリ+アマゾン…$33
●ポストカード…$8(661円)
●かき氷…$3.9(322円)
●アフタヌーンティー…$56.5(4,672円)
●ガーデンズバイザベイ…$24(2,034円)
●タクシー…$14.83(1,230円)
計44ドル+8,919円
1ドル約83円と計算して約12,571円

(ホテル代は除く)
コメント

2度目のシンガポール 3日目③

2018-06-04 20:24:33 | 2018 シンガポール旅行
5月28日の旅行記はまだまだ続きます。

シティエリアに戻ってきました。


この噴水。
一日に数回、中まで入れる時間があります。


この中央の噴水に触れると金運が上がるそうです。
しっかり浸しておきました。

さて出かけた先は…


別のリバークエスト!
ではなく、


マリーナベイサンズ!
上の写真の運河みたいなのも、マリーナベイサンズのなかにあります。
ここはとにかく広い!ここだけで一つの街みたい。
そして人も多い。
一大観光名所ですもんね。


わたしがここへ来た目的は…


アフタヌーンティーでございます。
ガイドブックやネット上での「シンガポールアフタヌーンティーおすすめランキング」みたいなページでは全くお目にかからない、ここマリーナベイサンズのアフタヌーンティー。

やっぱりさ、シンガポールに来たからマリーナベイサンズ行ってみたいよね。
でも買い物には興味ないし、することと言ったらお茶かなと。


予約なしでもすっと通してくれました。
シンガポールらしいオリジナル紅茶が並んでます。
この時点で来て良かったと思った。
ドリアンは勘弁被りたいので、2番目の「マリーナパールズ」にしました。

そしたらよ。


ワゴンがやって来て、まず茶葉の香りを嗅がせてくれます。
すんごく良い香り!ルームフレグランスにしてしまいたいくらい。
それを目の前で丁寧に淹れてくれるんです。


お茶が入ると次はセイボリーとスイーツのワゴン。
まずはセイボリーから。
ひとまず全種類いただきました。
それも、全てスタッフがお皿に取ってくれます。


何て贅沢な時間!
紅茶は持ち帰り用に少し茶葉を包んでくれるというサービスまでありました。
この時点で結構感激。
しかもね、わたし予約せずに行ったんですが、席までアテンドしてくれたスタッフに、着席後に「名前を聞いてもいい?」と尋ねられたんです。
「アリです」と答えたら、次に来たスタッフが「Ms.アリ、紅茶をお持ちしました」というふうに名前を呼んでくれた!

ホテル業界はどこもネームコールを大事にしているとは思いますが、今までこんなサービスを受けたことがなく、かなり感動しました。


さて、セイボリーです。

まずは奥の赤いサンドイッチから。
これはえびアボカドwithとびっこ、という女子が大好きな組み合わせ。
当然外れる訳がなく、めちゃくちゃ美味しかった。
黒パンのはトリュフ入りの卵サンド。
もうトリュフの香りが鼻を通り抜け、すごく贅沢してる気分になりました。
洗濯バサミで止められているのは生ハムのサンドイッチでちょっとエスニック風味。
三角のはツナサンドでした。


一通り食べ終わると、そのタイミングで「お代わりいる?」とまたワゴンがやって来ます。
これは全て食べ放題。
わたしの大好きな三段トレーではないんだけど、これはこれで良いなーと思いました。
ワゴンが運ばれてくるとワクワクするよね。

えびアボカドだけお代わりしました。
トリュフのサンドイッチも食べたかったけど、この後もあるので…


セイボリーのおかわりはもういらない、と言うとスコーンが準備されます。


プレーンのものとレーズン入りのもの。
この、箱入り娘みたいなスコーンよ!
温かいまま、乾かないように、美味しい状態で食べられるようにという気遣いですかね。
何なの?わたし、貴族なの?


バターの芳醇な香り。外側さっくり中はふんわりタイプでした。
最高だね。
何もつけなくても美味しいけど、クリームとジャムをたっぷり付けて食べました。
ナイフがマリーナベイサンズのマーク入り。

この他にオレンジ風味のクリームもあって、それはそれだけでパンにでも塗って食べたかった。

わたしは1人で来ているので、スタッフがお茶を注ぎ足しに来るタイミングで代わる代わる話しかけてくれました。
「日本から来たの?シンガポールは初めて?いつまでいるの?何を食べた?」
笑顔で楽しくお喋りをしてくれるスタッフ。
フレンドリーで、わたしもすごく良い気分。
本当に贅沢な時間だなー。


デザート。
全部食べる?と聞かれ、そんなに入らないから選ぼうとワゴンを凝視していたら
「とりあえず全部試してみて」
と全部盛ってくれた。


手前のイチゴのは甘いバナナのようなナッツのような味がするけど上の方はストロベリーチーズケーキみたい。
ミルフィーユ。普段食べないもんだから食べ方が分からずぐちゃぐちゃに崩してしまいました…こういうとき1人で良かったと思う。笑 爽やかな柑橘系の風味のクリーム。柑橘好きにはたまらない味。
後ろはナッツ系のクリームのケーキ。

左のお皿のケーキは全部チョコ。ぜーんぶチョコ。中は3層になって食感も少しずつ違うけど全部チョコ。上に乗ってるパールのようなものはホワイトチョコ。


美味しいんだけど、甘いものが続きすぎていつも半分修行のようになってしまう。
お茶はちょっと強めのブラックティーに変えてもらいました。


あとはフィンガースイーツ。
手前のは和菓子のようでした。
オレンジのは生地が柑橘系かな。お餅のようなみたらし団子のような食感で、そこまで甘くなく美味しいです。中身は粒あん。
さくらんぼのは特別風味は感じなかった。中身は粒あん。
白い紫陽花のようなのは多分白あん。
フィナンシェは激甘。

でもどれも美味しかった、本当に。
そしてとっても良い時間でした、本当に。
これでサービス料はたったの10%。


お値段は56.5ドル(4,672円)でした。
冷静に考えれば良い値段だけど、それでも安いと思うくらいわたしにはすごく良かったです。
ほーんとおすすめしたい。

さて、3日目はあともう一ヶ所お出かけして来ますよ。

(続く)

コメント

2度目のシンガポール 3日目②

2018-06-03 23:54:55 | 2018 シンガポール旅行
5/28 リバーサファリの続き。

ここには船に乗って移動し、両脇の動物たちを間近で見られるアトラクションがあります。
ただし朝からの激しい雨で運休。
一通り園内を見て回り、お土産屋さんなどを見ているうちに晴れてきた!

即、乗り場へ。


乗れました!船に乗って出発〜!
ちなみにこれはゲートの向こうをそのまま前に進むのではなく、船がエレベータみたいに真上に上がります。
そこから短いスプラッシュマウンテン!
ちょっとしたアトラクションが楽しい。


クビワペッカリー。イノシシ系?


木と同化してるけど、黒っぽいお猿さんが。


グアナコ。


さっきまで大雨だったからか、動物の姿は全体的にあんまり見えなかった。


今度は白いお猿さん。


ジャガーがお休み中なのが見えますでしょうか。


お猿さんは元気。


バクかな。


フラミンゴ!
あっという間のクルーズでした。
晴れてたら、これは行った方がいいと思うなー。
動物の野生に近い姿がかなり近くで見られます。


これ3回くらい乗りたい。


次はこちらの船へ。これは無料でした。


キリンがいる!
これはお隣のシンガポール動物園のキリンのようです。


動物園のお客さんは中から、リバーサファリのお客さんは外から観察。
なかなか新しい発想だよね、動物の展示の共有なんて。

これは動物というより本当にただのクルーズ。


そして、リスザルの森へ。
こんなに近い!!


ちょうど餌の時間だったようです。


ニンジンゲットできたんだね、良かったね。


ゲットできた者、できなかった者。
この後奪い合ってました。


取られないように警戒しながら食事中。


これはマーラ。うさぎみたい。


冗談みたいな顔のサル。
これ見たかったなー。見つけられなかった。


リバーエリアに戻ると、カワウソも食事中でした。


帰りのバスを待つまでの間、少し甘味でも。
友達が左下のかき氷を「これ美味しいよ!食べた方が良いよ!」と言うので指差しでオーダーしてみたら、


上にたっぷりとドリアンペーストが乗ってました。うげぇ…
とてもじゃないけど食べられず、ごそっと避けて食べました。
何ならこの赤い豆も蛍光ペンで着色したみたいなのも、全部余計。
かき氷は美味しかったです。

(3日目はまだまだ続きます)
コメント

2度目のシンガポール 3日目①

2018-05-29 22:55:55 | 2018 シンガポール旅行
5月28日。
昨日朝食をあまり食べなかった分、今日は気合いを入れて6時に起床。


まずはオムレツなどの洋食から。


次に中華。
麺は昨日のより太い。
あとはお粥と焼きそばも。


カレーもあったのでとりあえず食べる。


デザートがわりに甘めのパンにコーヒー。


でもしっかりデザートもたべる。
2時間くらい朝食食べてました。笑
これでさすがに思い残すことはない。


今日はシャトルバスを利用して、少し遠くまでお出かけ。
しかしこの日は朝から豪雨…


リバーサファリへ!
これも前に来た時はなかった場所。


シンガポールは雨が多いので、割と屋根がある場所が多い。
ここも通路にずっと屋根が付いているので、雨でもほぼ問題なし。


リバーサファリなので、海ではなく淡水生物の展示。
世界中の有名な川にいる生き物が、エリア別に展示されています。
これはミシシッピ川のワニガメ。


アリゲーターガー、だって。


タイガーフィッシュ。この歯!!


屋根のないゾーンにいたけど、わざわざ傘をカバンから取り出して差してまで見に行ったガビアル。
人が寄ってきたらこうやってポーズをとってくれた(ように見えた)。
これはカッコいいね。雨の中見にきた甲斐があった。


お昼寝中みたいなワニ。


つぶらな瞳のオオサンショウウオ。
京都の水族館にもいたなー。
鴨川で発見されたらしい。


チョウザメ。
これも淡水魚なんだ。
さて、ここからは川から一旦離れて…


見えますか?中央にレッサーパンダ。
可愛いすぎる!


でもここでの目玉はパンダ!
柵越しではなく、近くで見られるのが嬉しい。


オッサンみたいにリラックスしてました。笑
この後のそのそ歩いて奥に消えていった。
2頭いますが、女の子の方はシャイみたいで、姿が見えませんでした。


水槽のトンネル。


カワウソ2匹が並んで何度もこの頭の上の水槽をスイスイ泳いで横切ってました。
この水槽を上から眺められる場所もあります。
この辺はアマゾン川エリアの展示で、


電気ウナギや


ピラニアもいました。
こっち見んな!笑


水槽にブチューっとしているのはプラチナロイヤルプレコ。
ブルゾンちえみのシャツみたいな模様してるね。
何してんだろ。歯科検診できそう。


そして世界最大の淡水の水槽コーナーへ。


ちょうど12時頃で、マナティーたちがこぞって餌?を食べてました。

(その②に続く)
コメント

2度目のシンガポール 2日目

2018-05-28 17:33:57 | 2018 シンガポール旅行
5月27日。
前日の夜に散々遅くまで飲んでいたので、ゆっくり起床。
雨が降った後はあったけど、もう止んでいました。良かった。


朝食も昨日の晩ご飯と同じような麺料理とフルーツを選びました。
どうせすぐお昼ご飯食べるから今日はこれだけ。


友人との待ち合わせまで、近所のショッピングモールでプラプラ。
うっかりマーライオン型のボールペン$7.99を買ってしまいました。
自分で思っているより浮かれているようです。笑

ノートは、旅行先のチケットの半券とか、そういうものを貼る少し大きめのノートが欲しいなーと思っていたところ、可愛いデザインのものがあったのでつい。
1冊を満タンにしてしまったら次に同じタイプを探すのは無理だろうけど…なんて思いながらレジに行ったら、
「3冊買うとお得だから、あと2冊どう?」
と言われまんまと引っかかりました。
3冊で1,000円くらい。
もともと何冊か買っておこうかと思ってたから後悔はないです。
文房具はねー、好きでつい買ってしまうんです。これも母譲り。


友人と合流し、お昼ご飯はアラブストリートにあるZAM ZAMというところへ。
出発前に父が
「前に華丸大吉がシンガポールZAM ZAMというお店に行っていたのを見て、自分も行ってみたけど面白かったよ」
と言っていたんです。


インドカレーのお店かと思いきや、ミーゴレンなんかもありますね。
ここではムルタバとビリヤニが有名だとか。


こちらはビリヤニ(チキン)。
チキンは骨つきのままの塊が1つ、中にゴロンと入っていました。
付け合わせにカボチャみたいなのがあったから食べてみたら、スパイスで赤く染まった胡瓜という。笑


こちらはムルタバ。
ビリヤニはチキンにして、ムルタバの中身はどうしようか〜なんて話して何となく鹿にした。
臭みなし。これをカレーに付けて食べます。
テレビ見てなかったら何をどうしていいか分からんやったわ。

で、このムルタバが美味しい!!!
それまでこの料理は名前も知らなかったんだけど、オムレツの生地がナンになっているような食べ物でした。
回りがサクサクで風味がすごく良い。
もう少しこの味付けが濃かったらカレーに付けなくてこれだけで食べても十分美味しいと思う。
カレーも辛めで美味しかった。


飲み物は友人に薦められたMIROダイナソー。
ミロの上にミロの粉が山盛り乗った甘い飲み物。
この粉は…溶けないのでほとんど口にせず。
ドリンクはお湯か温かいミルクで割っているようで、下の方をストローで吸ったら温かかった。
華丸大吉も飲み物がぬるいぬるいと言ってました、そう言えば。


ここはモスクの向かいにあります。


ついでに中を見ていくことに。
前にも母と来たな〜。


ここまで来るとガラリと雰囲気が変わる。
もっとモスクに近い周辺はラマダン明けでマーケットのように屋台が立ち並び、賑わっていました。


さて、今日のメインイベントはこちらのハウパーヴィラ。
広大な敷地内に謎のオブジェが並ぶ、わたしのような意味不明な像愛好家からしたらヨダレもんのテーマパーク(?)です。
もうね、これが道路に面してるから外から見ただけでも異色。


期待に胸が膨らみます。


パンダ…
パンダ?!


可愛くないー!!!!


日本ではパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が大人気ですが、このパンダの赤ちゃんは全然可愛くない!!
何食べて育ったんだよ!


何故か日本ぽいものもあります。


何故か中華風の庭園をバックに自由の女神。
確かに、ここは自由やもんね。


こういう謎の世界観大好き!たまらん!


一番好きなのはこれやね。


刺されているカエル人や、


二刀流の蟹女、
(その腕と剣いる?蟹のハサミあるやん)


わたし好みのイカ人
※イカ人好きについては過去記事参照


こういう魚介類と人間のハーフみたいな奴らはとても多いです。


前世で何をしたらこんな姿になってしまうんよ…


マーライオンの国のマー女。


笑い飯の未だに忘れられない爆笑ネタで「鳥人」というのがあるんだけど、
これはまさに鳥人。
「君には人間との境目を見せてあげようね」


もう何なん!
謎の水色ブリーフにやたらリアルな背中の贅肉。
何を訴えたいのか。


ここから先は地獄ゾーン。
ここだけテーマがしっかりしている。


いきなり並ぶ首だけ塚。
(この謎具合はちょっと気に入ってる)


ずっとこんなのが並んでます。
酷すぎてブログには載せられないレベル。
多分前世で犯した罪によって、体を真っ二つに切られたり、串刺しにされたりするんじゃないかなー。
華丸さんの解釈では、
「地獄で切られたり刺されたりしても、タイガーバームを塗れば大丈夫、というメッセージ」
だそうですが、それにしてもここはひどかった。


タイガーバームのちゃんとしたキャラクターなんだろうけど、何故か滲み出る「パチモン」感。


面白かった。
日本人は見かけませんでしたが、フィリピン系の女の子たちが像と同じポーズで写真を撮りまくってました。

ここいいわー。ここはまた来たい。笑


ここからワーホリ時代の友人も合流。
少し早めの晩ご飯を、友人オススメのメキシカンのお店で。
すごく暑かったのでフローズンマルガリータで乾杯。


ブリトーや、


ワカモレなどをオーダー。
ここのワカモレは目の前でアボカドを潰してくれます。
美味しかったです。


外からわたしたちの席に向けて写真を撮っている人が多く、何でだろう?と思っていたら、壁面がこのようなアートになっていました。


本日2度目のサルタンモスク。
夜は夜でライトアップされてとても綺麗でした。


それからブギスという若者の街もブラブラ。


ドリアンの中身。
わたしとワーホリ時代の友人はドリアンを食べたことがない。
同級生の友人が「ドリアンを使ったデザートから挑戦するといいよ」なんて提案してました。
(そのせいで次の日…追って書きます)

ドリアンじゃなくて良いから何かデザート食べたい!
そしてまた同級生おすすめのお店へ。


バス停の近くに何だか謎の宗教施設のようなものを発見。
行くでしょ。


入り口で絵馬のようなものを渡され、
「日本語で良いから願い事を書いて」
と言われたので、わたしたちもそれぞれ願い事を書きました。
わたし?
「財産が増えますように」と書いておきました。


さて、バスに載って着いたのはこのお店。


瓶入りのティラミスが有名なようです。
女子が好きそー!!
味を選べるのでカヤにしました。
かなり甘かったけど美味しかったです。
食べてばっかりでお腹いっぱい!

(3日目に続く)

==今日使ったお金==
●ノートとペン…$19.99(1,653円)
●昼ご飯…2人分で$22
●晩ご飯…ご馳走になりました
●ティラミス…$7.5
計49.49ドル
1ドル約83円と計算して約4,101円
(ホテル代は除く)
コメント

2度目のシンガポール 1日目

2018-05-27 23:36:30 | 2018 シンガポール旅行
初日の夜。
前に来たときはなかった、ガーデンズバイザベイに行く予定でした。
voyaginというサイトで割引チケットを予約していたんです。
でも、外は雨。
雨だと上を歩けるスカイウェイに入れない。

よく考えたらわたしシンガポールの天気予報なんて気にしてなかった!
慌てて調べてみると…


全部雨!!
シンガポール舐めてた。ずっと晴れてると思い込んでた。
スカイウェイの有料チケット買ってるのにどうしよう…
そもそも行きたいところは大体屋外だし。

ホテルで悩んでいたら現地在住の友人から連絡があり、晩ご飯に付き合ってくれることに!
5年ぶりの再会です。嬉しい。


ひとまずホテルの近くのフードコートへ。


別にチキンライスじゃなくていいんだけど、他にピンとくるものがなく、練り物が入った麺料理にしました。


Kway Tiaoという麺 6ドル(約500円)。
食事に関しては物価は日本とあんまり変わらないね。
いただきます。
見た目はあれだけど、優しい味の中にコクがあって美味しかったです。
そして麺がやわやわ。
福岡のうどんの柔かさの比じゃない。
持ち上げると全部ブチブチッっと切れて落ちる。


それから友人の計らいでホテルのバーに連れて行ってもらいました。
フラトンベイの中にあるランタンというバー。
どうですかマリーナベイサンズが見えるこの絶景!
気が付いたら雨も止んでいました。良かった!


これはレッドランタンというここのオリジナルのスイカのカクテル。
中に浮いているのは胡瓜。
こっちの人って好きよね、ドリンクに胡瓜入れるの。
上海でも胡瓜のカクテルあったし。


ショーもしっかり見ました。
友人は中高の同級生で、5年前に同窓会をきたとき以来の再会。
よく考えたら卒業後にこうやってゆっくり話すこと自体が初めてで、気が付いたら2時の閉店までずっと喋ってました。

その後タクシーを拾おうとふらふら歩いていたら何とそこに、


マーライオンがいました!
もともと今回マーライオンを見に行く予定はなかったんだけど、こうやっていざ目の前にするとやっぱり嬉しいです。


近くにいるミニマーライオンもいました。


お約束の写真。
なんだけど、この時間のマーライオンって水を吐いてないんだね!
目を開けたまま寝るパターンでしょうか。


この時間は人がいないから写真撮り放題なんだけどな。
しかし小さいね、マーライオン。


ホテルの小心地滑はフォントや本体の色がちょっとおしゃれ。

==今日使ったお金==
●ezlinkカード…$12.5(1,038円)
●晩ご飯…$6
●バー…ご馳走になりました
1ドル約83.1円と計算して約1,537円

(ホテル代は除く)
コメント

2度目のシンガポール 1日目 〜到着〜

2018-05-26 22:17:25 | 2018 シンガポール旅行

半年ぶりのパスポート。
懲りずに海外旅行に行って来ます。笑

貯金など一切ないわたしはボーナスを見越して海外旅行に行っているわけですが、今回は業績が芳しくなくボーナスも怪しい。
でも1週間も休みがあるとどうしても海外に行きたい!
(こうやって後先考えずにやりたいことやってるから未だに独身でフラフラしてるんだけども)


行き先は…


シンガポール!
福岡からの直行便が、往復33,760円でした。


サービス面で定評のあるシンガポール航空。
まず、こういった手書きの貼り紙でわたしたちをおもてなししてくれます。


まずおしぼり。
昔東京に住んでいた時によく会ってたシンガポール人から
「きみの、いつも食事の前に手を拭く癖のことをシンガポールの友人たちに話したらみんな驚いていたよ」
と言われたことがあり、シンガポール人は手を拭かないという勝手なイメージがあったのですが。


そしてこんなおしゃれなメニュー表まで!
機内食って「ビーフorポーク?」って聞かれても、実際どんな内容かって分からない。


こうやって書いてあると便利ですね。


注意事項のビデオも、美しい!
シンガポールの色んな観光地で撮影されていてとても良かったです。


45分ほどで飲み物とスナック。


豆とベビースターラーメンみたいなスナックで、薄い塩味。


ハンギョンのサービスショット(?)を見ながらいただしました。


テーブルの裏に鏡が付いてる!


1時間ほどで機内食。
和食にしました。
豚の生姜焼きのご飯とお蕎麦。

福岡を出たときも雨だったし、機体も揺れる揺れる!!
途中何度もジェットコースター状態を経験した。
そして麺つゆの蓋を開けた瞬間にも大きく揺れ、見事洋服にこぼしましたとさ。


食後にハーゲンダッツ。

どうやら前の席のお客さんが新婚旅行だったようで、お祝いのデザートが運ばれて来てました。
こんなん初めて見たー!
チラリと見えたトレーには、手書きの絵とメッセージが添えられていました。
素晴らしい、さすがはシンガポール航空。
どこの航空会社でもやってるんだろうか?


シンガポール時間の15時きっかりに到着。
予定時刻が15:25だったからちょっと早かったかな。


空港が広いので、スカイトレインというターミナル間を走る電車に乗ります。
前に母と来た時のことを思い出す。


その後の入国審査を抜けるまでは約25分かかりました。
わたしがトロくて並ぶのが遅かったのもあるんだけど。
審査官からの質問などはなく、親指の指紋取られるパターン。


空港からホテルへはMRTという電車を乗り継いで行くことにしました。


ターミナル2のMRT乗り場付近にチケットオフィスがあり、そこでezlinkカードというsuicaのようなカードを購入。
乗り放題のツーリストパスもあるんだけど、3日間までしかない。
わたしの滞在期間は3.5日。
それにどっちがお得かもよく分からないので都度引き落とされる方にしました。


カード代$5にチャージが$7。
JCBで支払うと$0.5が追加され、合計$12.5。
ここのチケットオフィスは8時〜21時まで。
改札口のスタッフからも購入できます。(現金のみ)


行き先が番号で分かれてるのは旅行者には嬉しい。
この色に乗る、っていうのは分かってても、どっち行きかを駅名で瞬時に判断するのはちょっと大変なもんで。

備忘録としての旅行記事なので説明が長いんですが、お読みくださりありがとうございます。
なお、この旅行記はしばらく続く見込みでございます。
だってまだ到着したところだし。笑
コメント