ありるれろ**

わざわざ人に話すほどのことでもないけどちょっとつぶやきたいことを綴っています。

2016バンコク一人旅 最終日

2016-12-17 22:18:42 | 2016 タイ旅行
12/13(火)
バンコク最終日。
朝はゆっくり寝ました。


今日も麺で。
そしてアジアンなおかずとスイカジュース。


時間があったのでゆっくりコーヒーを飲みながらペストリーを。
甘めのパンをデザート代わりにコーヒーを飲むのがわたしの朝食ブッフェスタイル。笑


少しホテルでのんびりして、お土産を買いに出かけました。
Eathaiというところへ。


わたしのお目当てはこれです。
職場のタイ土産の定番。
このプリッツ(トムヤムクン味)なんてここ2年で4回はもらったよ。笑
わたしはコアラのマーチ マンゴー味を選び、女性ばかりのわたしの部署では大好評でした。
これバラマキ土産におすすめ。かなりかさばるけど。


本当にたくさん種類があって、見てるだけでも楽しかった。
幸か不幸か友達が少ないので、あんまり買うものもなく、大して迷いませんでした…
自分用のお土産は買うつもりなかったけど、マンゴスチンの香りの石鹸を。
タイ好きの友達が芳香剤代わりにしていると聞いて、1つくらいあってもいいかなと。

あとは
・旅先のテンションで買ったものはほぼ使わない

・現地の料理キットや調味料の類は日本に帰ったらまず作らない
ということを過去33カ国の旅行で学習しているので、見てるだけ。


家族、親戚、職場、T嬢、いつもお土産をくれる友達の分だけ。
ラーメンは母のリクエスト。
何個かパックになったものしかなかったけど、わたしもアジアのラーメンは大好きなので思い切って10個買い。
1個6バーツ(21円くらい)ですよ。激安。
右の袋はトムヤムクン味のナッツ。
これがなかなか美味しかった!

お土産は全部で894.5バーツ。
2,000バーツを超えると免税になるみたい。

チェックアウトを14時まで延ばしてもらい、荷造りしてまた外へ。


郵便局。
意外と書く暇がなかったので、切手だけ買いに行きました。
日本と一緒で番号札を引いて呼ばれたらカウンターに行くシステム。
連休明けが関係あるのかないのか、かなり賑わってました。


タイにも記念切手が色々あるみたい。
あの黄色いのはカオニャオマムアン(マンゴーともち米とココナッツミルクのデザート)だ!


国際郵便用の切手、1枚15バーツ(約53円)。
先に書いてた1枚に切手を貼ろうとしたら、糊を渡されました。笑

朝食を遅めに、しかもたくさん食べたのでお腹が減らない!
ランチを取るのは諦めて、お茶しに行こう。
そう思ったBTS(電車)に乗ったら、何とまったく逆方向に
あーあ、最後まで乗りこなせなかった。

乗り換えるため反対方向へ向かおうとして、あることに気付く。
この駅、行ってみたかったネイルサロンのあるとこじゃん。

よし。
というわけで、


来てみた。笑
ゲーガイというヘア&ネイルサロン。
お客さんはほぼ日本人でした。


足にジェルを。
ちょうどサンダルも買ったからね。
ちなみにこの柄、たくさんあるサンプルの中から思い切って選んだウニッコなんだけど…笑


※参考画像

これも愛嬌ということで。
しめて650バーツ、約2,275円でした。激安。
チップも渡しました。

何で気になってたかというと、行く前に読んでた本にここが載ってたのです。


この本の中で一番興味を惹かれたのがこのサロン。


何か惹かれるのよねーこういうローカルなところ。


そしてこのインパクトある左下のボス、店内に入ったらいきなりいて、「出たー!」と心の中でウッキウキで叫んでました。笑
この本は持っていかなかったけど、帰ってきて見たらわたしのネイル担当してくれたのは、ボスの上の下っ端の子だわ。

ちょうどいい時間潰しにもなったので、今度こそお茶をしに。


貧乏性なのでどこまでもタイ風にこだわり、レモングラスティーを。
これ、味のないトムヤムクンみたいだった。笑
トムヤムクンに、いかにレモングラスが効いてるかってことですね。


そして、じゃーん!
タイスタイルのアフタヌーンティーでございます!
バンコクは高級ホテルも多く、どこでもアフタヌーンティーやハイティーが楽しめるようですが、エラワンティールームというところに来ました。
これで600バーツ(この日のレートで1,981円)。

どこの国でもわくわくする、この3段トレー。
そしてそのお皿に散りばめられた美味しそうな食べ物。


一の段。
どれもこれも美味しい。
左の丸いのは餃子に酢だけ付けて食べたような味の中華風ソーセージ(意味不明)。
その後ろの串に刺さっているのはつみれで、ややスパイシー。
奥のパイの中身はソーセージ。
右の緑のは意外と肉まんや焼売みたいな味で、その奥にあるのはエビと春雨の春巻き。
真ん中の緑のは野菜?フルーツ?
生姜みたいに繊維が多いけどリンゴみたいな味。
何だろ?と思ったらグリーンマンゴーだそうです。
これをチリソースにつけていただきます。

こんなの本当に初めて!
じっくり味わって夜のフライトまで時間を潰すつもりが、何食べてもいちいち美味しいから猛スピードで平らげてしまいました。


二の段
スコーンは結構しっとり。
クロテッドクリームがふんわりしてて美味しいー!
しかもジャムが甘すぎずにとてもフルーティー。
このジャムめちゃくちゃ気に入ったー!
これだけでクリームティーしたいわ。

手前はココナッツ味の明石焼みたいな。
コーンが入ってて、もっちりしてました。
お米ともお団子とも違う…タロイモみたい。
フルーツタルトは生地が少し中華風。
台湾土産のパイナップルケーキみたいな、ぼそっとした食感。
チョコとココナッツは、中もガナッシュのようなチョコレートかと思いきやスポンジケーキでした。(中は白い)
緑のは蒸しパン。パンというよりお米みたい。
何か食べたことあるだけどなー、この食感。
そして奥の揚げ物はバナナでした。これがまた美味しい。
2段目も幸せ満載!

窓際のカップルの女性が誕生日のようで、ろうそくの付いたプレートがハッピバースデーの歌とともに運ばれて来ました。
さっきトイレに立ったときに男性が仕込んどいたのかな。
羨ましいね!


三の段
出たー、カオニャオマムアン!
このココナッツミルク味のもち米…この前のよりあっさりしてるけど、何やろね、先入観かな。
ココナッツミルクの味が濃すぎるんかな。ココナッツオイルで炊いてるような、ちょっとオイリーなのが合わないのかな。
やはりわたしがこの魅力を語るには十年早いようです。
マンゴーは熟して甘くねっとり。

屋台とかで見かけるクレープ包みみたいなのは…
何だろこれ、日本で食べたことあるよ。
薄い、クリームのないチロリアン(※福岡銘菓)みたいな味。
そしてチョコレートのスティック。
何か風味に違和感があったのは、ゴマがまぶしてあるからだ。
ヨックモックがもう少し太くなって大味になったような。
美味しかった。大満足。

お茶を飲みながら友人たちに手紙をしたたため、この5日間を振り返ると本当に楽しくて幸せな時間だったなーと思いました。

でもまだ終わらないんだなー。笑
20時にマッサージを予約していたのです。


タイに来たらマッサージは行かないとね!
タイ古式マッサージ+フットマッサージ+ソルトポットマッサージ+アロママッサージ。
一度に全て経験したい、わたしのためのような欲張りプランです。
これで1950バーツ。(この日のレートで¥6,440)

結構ゴリゴリマッサージをされて、パンツ一丁になってソルトポットとアロママッサージを。
ソルトポットは塩で体を温める効果があるらしい。
多分塩を包んでる、タオルのようなものでゴシゴシ擦られました。

ここ冷房が効き過ぎてて指先と足先がほぼ凍りかけてたから、この熱いソルトポットは気持ちよかった。
うとうとしかけてたらタイマッサージに突入!
もうね、一気に目が覚めた。

あっという間に2時間終了。
この5日間の疲れがほぐれたかというと、うーん、そこまででもない。笑
全部短時間の欲張りプランだったからかな。
でもさすがに体は軽くなった。

さて、これでいよいよバンコクともお別れ。
空港へ向かいます。


空港で最後のスイカスムージー。


そしてカオソーイ。
美味しかった。
ちゃんとした市内のレストランで食べてみたかったな。

マッサージ効果もあり、飛行機が飛び立ったのにも気付かずに寝てました。

==今日使ったお金==

●お土産…894.5b
●切手7枚…105b
●ネイル…チップ込みで750b
●アフタヌーンティー…600b
●マッサージ…チップ込みで2,150b
●タクシー…チップ込みで60b
●エアポートレールリンク…35b
●空港での晩ご飯…チップ込みで330b

合計 4,924.5b
1バーツ約3.5円と計算して約17,236円
(ホテル代は除く)


==今回の旅行で使ったお金==
航空券 50,490円
ホテル 28,459円
1日目 4,064円
2日目 11,548円
3日目 17,770円
4日目 9,247円
5日目 17,236円

合計 約138,814円
カード払いした分は1バーツ3.3円くらいだったから、実際はもう少し少ないかな。
旅行中に振り込まれたボーナスはこれで消えました。

…が、悔いなし!
またお金貯めて旅行したいと思います。

コメント

2016バンコク一人旅 4日目 〜後編〜

2016-12-16 23:03:30 | 2016 タイ旅行
4日目の午後。
プールで少し泳ぎ、MRTという地下鉄に乗って移動。
この日も夜まで一人で遊び倒します。

実は、タラートロットファイ・ラチャダーという市場に行く予定だったのです。


https://plus.google.com/+FUJIFILMXseries/posts/31XdkCpZygP
この景色を見に。
ところが、


月曜日は休みでござった…
悲しー。
ちゃんと下調べして計画するべきでした。

でもこのくらいじゃへこたれないのがわたし。
この市場の手前にあるショッピングモールで、この夜2つ目の目的地へ。


Shabushiというお店で晩ご飯。
お昼あれだけ食べたのに、食べ放題のお店へやって来ました。笑
ここ、たまたま昨日BTS(電車)の中でCMを見て、「何これ!」と気になったお店なのです。


回転寿司スタイルの…


タイスキ屋さん。
一人で行っても楽しめる、好きな量で楽しめる、何とも一人旅に優しいタイスキではないですか。

このCMを見るまで今回の旅行の食事プランに含まれてなかったタイスキ。
日本の鍋とあんまり大差なさそうで興味なかったんだよね。
でもトムヤムクンもパッタイもそうめんもパイナップルチャーハンもカニカレーも、一通り食べたかったものは食べたのでタイスキ食べてみるのもいいかなと。


えび、白身魚、貝、つみれを中心に白菜や青菜、ヤングコーンも。


えのきなども追加して、煮えるのを待つだけ。
スープはいくつか選べて、トムヤムクンにしました。
右の辛いタレに付けてしゃぶしゃぶ風にいただきます。
スープに味付いてるから、わたしはタレなくても大丈夫だった。


ちなみにお寿司や天ぷら、おでんなんかもあります。
こういう海外のお寿司って面白い。
海藻サラダの軍艦ですよ。

この海外の日本食レストランあるあるな海藻サラダ、コペンハーゲンのレストランでバイトしてたときによくつまみ食いしてました。

あとフルーツやアイスクリームもあり、ジュースも飲み放題。
東南アジアはお茶が甘いの忘れてました…
あれでだいぶ食欲失せる。笑

食べ飲み放題で399バーツ。
この日のレートで1,341円でした。

お腹がそんなに空いてなかったのであんまり食べませんでしたが、楽しかったー!


ちなみにしめじは永久に回って来ませんでした。

まだまだ出かけます。


次の目的地はあの高いところにあるドーム。


エレベータで行く先は何と64階。


世界一高い場所にあるバー、「シロッコ」でございます。
映画「ハングオーバー2」の舞台となった場所というところで、このドリンクはオリジナルのハングオーバーティーニ。笑
お値段812.13b、この日のレートで2,682円でした。
高い高いと聞いていたけど、(うちのホテルもかなりいい値段するので)驚くほどではなかった。
スカイツリーの上だって登るだけで3,000円だし。


さすがに絶景でした。
気温も心地よく、いつまででもいられると思った。


エレベータを降りてからのアテンドも、一流ホテルに来たみたいで気分良かったです。
ただ、人に対して全くテーブルが足りてないので、その辺の台座に「座って」と言われました。

ドレスコードがあるという話だったのでおめかししている人が多く、雰囲気はとても良かったです。
女一人で来てる人は自分以外に見かけなかったけど…

あまり遅くならないうちにホテルに戻り、ある程度の荷造りを終えて就寝。
あっという間にバンコク最後の夜が過ぎて行ったのでした。


==今日使ったお金==

●タクシー…60b(チップ込)
●水上マーケットツアー…1,000b
●手漕ぎボート…200b
●昼ご飯…ゴチになりました
●MRT…51b
●晩ご飯…419b(チップ込)
●シロッコでのドリンク…812.13b
●ラビットカードにチャージ…100b

合計 2,642.13b
1バーツ約3.5円と計算して約9,247円
(ホテル代は除く)
コメント

2016バンコク一人旅 4日目 〜前編〜

2016-12-15 21:51:46 | 2016 タイ旅行
12/12(月)のタイ旅行記。
今日はタイは祝日。
12/10が憲法記念日なので、振替休日のようです。


ホテルの朝ごはんはやはりヌードルとフルーツ、スイカジュースで。


フルーツ盛り盛り。さすが南国です。

今日も早朝からツアーに参加。
今日の目的地は水上マーケットです。


その前にココナッツファームへ立ち寄り。
ソウルで言うところの免税店とか、ツアーにありがちないわゆる土産物屋さんですね。

このヤシの木の横に立て掛けてある細い棒に足場が付いていて、それに上ってヤシの実を取るそうです。


そして煮ているところ。


燃料はヤシの実の皮など。
無駄なく使っているところが素晴らしい。


これはココナッツミルクだったかな。

西洋人がとても多かったです。
わたしが参加したパンダバスにもいくつか水上マーケットのツアーがあって、わたしのツアーはもう一人だけ。
他にも象さんに乗るツアーやランチ付きのツアーがあり、そちらはもう少し人が多いようでした。


さておまちかねの水上ボート。
これはガソリンが付いていてスピードを出すとめちゃくちゃ速い!!


いい天気で気持ち良いです。


この川沿いに住んでる人もいるんだよなー。


しばらくするとWelcomeの文字が。


おおー!
水上マーケットだけでなく、川べりにマーケットが。
でもこれじっくり品定めはできないよね。
服も売ってたりするけど試着なんてできないし。


川べりのおばちゃんとボートのおばちゃん同士でお買い物。


ボートのおばちゃん同士でお買い物。


わたしたちも手漕ぎボートに乗ることにしました。
ツアー料金とは別に一人200バーツ(約700円)。
というか1時間も自由時間与えられるから乗るしかない。笑
やたら商売っ気のあるツアーでした。


さすが3連休、川は観光客を乗せたボートで大渋滞。


途中で船頭さんが呼ぶから見たら、トカゲがいました。
これトカゲっていうレベルじゃないぜ…

こういう船で川下りするの好きだなー。
コペンハーゲンも水上バスがあるし(あれは川ほどの幅の海だけど)、アムステルダムのツアーも楽しかったし、柳川の川下りも面白かった。
柳川は今の時期はこたつ舟になるから余計楽しい。

さて、バンコクに戻り、昼ご飯へ。
ツアーで一緒だったお兄さんと、一人者同士一緒に昼ご飯を食べることにしました。笑

しかもここでもミラクルが。
わたしは自分の中で「今日のお昼はソンブーン(というお店)」と決めていたのです。
そしてらお兄さんが「ソンブーンって知ってる?」と。
わたしの心が読めるのかい?

ソンブーンはわたしがタイ料理の中で一番好きな、カニと玉子のカレーの発祥のお店。
だから初めてのタイは絶対ここに行こうと決めてたのです。


高級料理店みたいな店構え。


これが噂のカレー!!!
今まで日本のタイ料理屋さんでも必ず食べてたけど、今まで食べた中で一番甘い!
へぇ〜こんな感じなんだーと。

ただこのカレーの難点は、カニがそのまま入ってるのでカニを食べるのが難しいことだね。


あと昨日の夜隣の席の人が食べてて美味しそうだったエビと春雨の炒め物も。
これは山椒が効いてて中華っぽい味。
その他に空芯菜炒めも注文しました。
一人じゃないと、色々注文してシェアできるからいいね。

お兄さんは駐在員とのこと。
普段週末はだいたいゴルフだけど、今回は3連休だから1日観光にあてたらしい。
駐在員は色々と手当が出るからお給料が高いと言って、何とご馳走してくれました!!

男性にご飯ご馳走になったのって、30代になってからあっただろうか…
妙な感動を覚え、解散。

実は「思い残すことのないように」と彼がLサイズを注文してくれてたので、お腹はパンパン。
ホテルに戻り、プールで泳いでカロリー消費。

ホテルのプールなんて初めて使ったよ。
実はホテルマンとして働き出して、プールの問い合わせが予想外に多いことにびっくりしてたのです。
わたしなんかそんな暇があればカフェでお茶するなり観光に出かけるなりしたいと思うタイプだったので、ホテルにプールが付いてても利用したことなんて一度もなかった。

アウトドアプールだったので、プールサイドでのんびり手紙書いたり、ただボーッとしてるだけでも心地よい。
何もしない贅沢な時間を持つのもこの旅行のプランに入れてたので、着々と目的を達成しています。

本当の贅沢な時間はプランニングせずに気ままに活動することかもしれないけど。笑
コメント (4)

帰国したっタイ

2016-12-14 23:50:06 | 2016 タイ旅行

無事に一人旅から帰りました。


バンコクの空港は寝ません。
わたしのフライトは1時発。
日本への直行便はだいたい夜遅いけど、その中でも一番遅いと思う。

でも1時ならまだいいよね、3時とか4時だと何していいか分からんよね。


機内食。
バンコク時間の4時半頃出ました。
からあげとオムレツのチョイスで、「朝からからあげは無理やろ…」と思ったら、わたしの周りはからあげ派ばかりでした。

右のサンドイッチは離陸後すぐに配布されたもの。
さすがに1時過ぎだけあって、すぐ寝ました。


気づいたら空の上だった。

福岡へは定刻通り8時頃到着したので、そのまま出勤しようと思えばできるんじゃないかと。笑


現地で友達に会うでもなく(偶然K-girlには会ったけど)、本当の一人旅。
でも初日から最後までずっと楽しかった!!

それは帰国後の友達のいない度合いのせいでわたしが「一人」に慣れてることもあるかもしれない。
バックパッカー時代と違ってちゃんとしたホテルに泊まったから心に少し余裕があったからかもしれない。
外資系で働き出して、英語を使うことに抵抗がなくなったからかもしれない。
自分、変わったなーと思いました。

タイの人たちは本当にフレンドリーで、どの駅にも大きくて綺麗なショッピングモールはあるし、食事も美味しいし、お店もきれいでおしゃれ。
何を見てもわくわくする。
ほとんどツアーに参加したのもあるし、タクシーはホテルマンが呼んでくれたものにしか乗ってないし、カバンには常に気をつけていたので危ない目に遭うことはありませんでした。

みんなが好きになる理由が分かる。
安い航空券があったら、たとえ2〜3日の休暇でも来たいと思うくらい、バンコクは気に入りました。

やっぱり旅行っていいものですね。


ちなみに年末年始は父が、春先には母が、それぞれ一人旅をするそうです。笑
コメント

2016バンコク一人旅 3日目 〜後編〜

2016-12-13 22:44:34 | 2016 タイ旅行
12/11(日)午後のバンコク市内観光ツアー。
一人で行けるかと考えた結果、電車も通ってないので面倒くさくなり、結局ツアーを申し込みました。


バンコクの車窓(マイクロバス)から。
これから王宮に向かいます。

10月の国王崩御はまだ記憶に新しく、相変わらず全身黒服の人はたくさんいました。
むしろそれでタイ人かそうでないか見分けがつくという。


外国人用入り口。
パスポートチェックやボディチェックなどがあり、厳重警備。
ツアーに短パンの男性が2名いて、中で長ズボン(ださい)に替えさせられてました。
これツアーに申し込んでて良かったわ。
一人だとここまでたどり着かず、多分中に入れてない。

今は本堂へは入場できないので、建物の見学だけ。


中の建物はどれも宝石みたい。


こんなのも金ピカだし、


あの花柄みたいなのもすごく綺麗。


罰ゲームかい?ご苦労さん。




本当に綺麗。


壁画。
これ食べてるんじゃなくて守ってるんだって。


黒い服の人たちがズラ〜っと行列を作ってるのが分かるでしょうか。
国王のお参りですかね。


さすが王宮、衛兵交代式みたいなのもありました。

王宮は閉まるのが早いのか、わたしたちが出るときに来た人たちは入り口で止められてました。
そしてなぜか観光客はパンと水、おしぼりをいただく。笑

そしてここからワット・ポーというお寺に徒歩で移動。
タイと言えば!


お待ちかねの涅槃仏!!
これアユタヤで見たものと比じゃないくらい大きいです。


残念ながらこの超扁平足は修復中。
柱の壁画もちょうど修復で絵付けしてる人がいました。


何か気に入ったタオルアート。笑

ここは来てみたかったので念願叶って嬉しいです。
でもタイで一番大きな涅槃仏は50mと、これより大きいものがあるらしい。
ワットポーのは46mでタイで3番目くらいだったはず。

ここでもお水いただきました。
水攻め?

さらに歩いて舟乗り場へ。


船で川の反対側のワット・アルンへ。
三島由紀夫の小説、暁の寺の舞台です。
(三島由紀夫読んだことないんだけど)
へー、こんなゲジゲジの建物なんだー。


残念なことに、全面工事中でした。
上の方まで登れるみたいなんだけど、階段が狭くて急!
ツアーのみんなでひいひいいいながら登ったり降りたりしてました。

このツアーは最初の短パン男子のトラブルもあったり、フレンドリーな人も多かったりで、賑やかで楽しかったです。


欠けた陶器を貼り合わせたような模様。
多分わたし半日はこれ見てられると思う。


そしてまたボートに乗って戻ります。
午後のツアー終わり。

だがしかし!
今日はまだまだこれから。


解散後、もう一度別のボートにのり、次の場所へ。


アジアティークという、ナイトマーケットへ。
この見えてる観覧車、回転がかなり早かったです。
フランスで乗った街中の観覧車も早かったけど、ここもなかなか。
日本の遊園地の観覧車って回ってるのかな?って立ち止まって見ないと分からないくらいゆっくりだったりするのに。


飲食店がひしめき合っている中のお店で、晩ご飯を食べました。
念願のパイナップルチャーハン!!
これは絶対食べたかった。
あと、一度に1つしか食べてないのがそろそろもったいないと思ったので、春雨とシーフードのサラダも。

もうね、これが辛い
昨日のプーケットのカレーも辛かったけど、この春雨は途中で涙が出てきた。
全部食べたけど。笑
チャーハンが甘いタイプで良かったー。

そして今日の目的は。


じゃじゃん。ニューハーフショー!!
やっぱりタイと言えばニューハーフよ。笑
これもパンダバスでチケット取ってもらいました。


何と最前列!


なかなかの迫力です。
観光客が多いので、日本語や韓国語、中国語の歌もありましたが、選曲が古い
それなら別に今流行りの洋楽とかで良かったけどな…

ニューハーフの皆さんは綺麗なんだけど、まあ綺麗にも色々あるよね。笑
あと、本物の女性と何が違うかって、お尻。
みんなお尻がぺったんこなの。
そこだけ見たらやっぱりもとは男性なんだなーと。

完全に男性(中身は女性なのか?)の女装もたくさんありました。
わたしはそっちの方が面白かった。笑

1時間ほどのショーを終えて帰路へ。
わたしのイベントはまだあります。

ホテル変更。
前のホテルに荷物を取りに行って、新しいホテルにチェックイン。
疲れました。
さすがに詰め込みすぎた。
アジアティークに向かう途中、ニューハーフショーは明日にすれば良かった…と思いました。


ホテルを移動するときのタクシー。
ドリアンは持ち込み禁止のようです。

==今日使ったお金==

●ペットポトルのお水…7b
●ピンクガネーシャツアー…1,840b(お供え込)
●屋台のランチ…55b
●バンコク市内ツアー…1,500b
●ポストカード…25b
●晩ご飯…550b(チップ込)
●ニューハーフショー…900b
●ラビットカードにチャージ…100b
●タクシー…80b(チップ込)
●ホテルマンへのチップ…20b

合計 5,077b
1バーツ約3.5円と計算して約17,770円
(ホテル代は除く)

さすがにツアー2つはね。
ショーも見たし。
コメント

2016バンコク一人旅 3日目 〜前編〜

2016-12-12 23:38:14 | 2016 タイ旅行
12月11日(日)の旅行記。
朝7:10集合なので早起きし、チェックアウトを済ませて6時過ぎには朝食へ。
4泊するので、2泊ずつホテルを取ってみたのです。


まだ薄暗い中で、今日は洋食をチョイス。
そして朝食をさっさとたいらげていたところ、信じられない出来事が。

何と、

K-girlがいる!

もうブログに登場するのも久しぶりすぎるんですけど、わたしが大学在学中に一番仲が良かったクラスメイトで、わたしをK-POPの道に引き込んだ張本人。
今は東京にいるのでわたしが東京にいたときはたまに会ってたけど、ワーホリ中に壊れた携帯のデータが復元できず、連絡ができなかったんです。
彼女はわたしが帰って来てることも知らないので連絡が来ることもなく、実はここ3年以上音信不通でした。
しかも大学の同級生誰もK-girlの今の連絡先知らないという。笑

それが、まさかの再会、しかもバンコクで。
いや、バンコクも広いやん。
ホテルたくさんあるやん。
しかも朝食も6時〜10時くらいまでたっぷり時間があるなかの、わざわざこんな早朝に!

でもずっとどうしてるか気になってたので、会えて本当に嬉しかったです。
ツアーの集合時間が迫ってたので話もそこそこに別れを告げて出て来てしまいましたが…

ツアーの移動時間も興奮で全く眠くならなかった。笑

さて、今日は

「ワット・ソートーン」という、タイで2番目に参拝客が多いというお寺へ。


分かりやすいお供え物。


ここにはお供え物として大量に卵を買ってる人がたくさんいました。
卵が好きな神様なのかね。


わたしはお花を20バーツで。


ご利益ありそー。
金箔を貼ってる人もたくさん。


タイの人のお願い事、一番はお金だそうです。笑
そしてお寺に来るとみんな宝くじを買うんだって。


これ卵かと思いきや違った!
柑橘系の果物かな?


いちごはお砂糖付きで売られています。
タイのいちごは甘くないのかな。


ちょっと冷えたので公衆トイレに行きましたが、トイレットペーパーなしの手動水洗トイレでした。
いや、むしろ手動ウォシュレット?
いずれにせよ勇気が出ずに退散しました

次は百年市場と呼ばれる、昔ながらの市場へ。


当然ながらこの時代のタイに生きてた訳じゃないけど、何となく懐かしい気がするよね。


昔ながらのラーメン屋さん。


チャーハンは炒めた後で蓮の葉に包んで蒸すのがタイ式?


この小さなうなぎ、育ててるんじゃなくて厄払いとして川に放流するためだそうです。


この滑り台か。
そう言えばわたし今年本厄だったわ。
残すところあと半月ほどだけど、前厄と変わらず幸運にまみれた一年でしたよ。


タイの昔のお弁当箱。
カラフルでかわいいー!
持ち手が大きいから、そのまま持ち運ぶんでしょうね。

そしてまたさっさと移動。
今日の午前中のツアーはここからが本題です。


でででーん!最高!
夢をかなえるゾウでおなじみのガネーシャ様やでぇ〜!

ガネーシャってピンクやったんや…


この貫禄。
もうね、謎の巨大な仏像好きとしては、たまりません。


使いのネズミの耳に願い事を話すと叶えてくれるそう。
その時、反対側の耳は塞いでおかないと聞き流してしまうそうです。


右から来たものを左へ受け流す、ってやつね。
わたしも左耳からお願い事しました。
もうね、この年になるとお願い事も金と健康ですよ。
恋愛?結婚?今まで散々お願いしてきたさ!

ここは「ワット・サマーン ラッタナーラーム」という所。
さて、ここはね、ガネーシャだけじゃないのです。


観音様!


阿修羅様!


ドラえもん!!


ニセモン!!

もうねーツッコミどころ多すぎてたまらないですね。
ドラえもんの4次元ポケットが賽銭箱化してるからね。


そりゃのび太も出世するよね。


川に浮く蓮の花。


この長い虹色は、


ドラゴンでした。


もう伝えきれない、この場所の魅力。


1時間も自由時間があって時間持て余すかと思ったけどわたしには足りないくらい。笑


像に紛れて本物のヤギもいました。

あー楽しかった。
大満足です。

ドライバーさんも飛ばすし、道もあんまり混んでなかったようで早く戻って来ました。
道中少し寝たらすっきりして、午後も行けるなと。
そのまま再びパンダバスのオフィスに出向いて、午後のツアー、翌朝のツアー、ついでにニューハーフショーのチケットも申し込み。

催行決定しているツアーを早い順からどんどん入れたかれ、ちょっと詰め込み過ぎたと反省しました。

午後のツアーはすぐ出発だから、ランチを食べに行く暇がない!
止むを得ず近くの屋台のような場所で調達しました。


作ってもらう暇すらないから、もう出来ているものを。


つみれ団子(スイートチリソースがけ)と生春巻。


中身はツナやらハムやら。
こちらも辛いソースが付いています。
お箸とかないけど、現地の人たちは手で食べるのかしら。

わたしも手でいただきました。
東南アジアにウエットティッシュは必須。
後から「屋台の生ものって大丈夫かな?」と心配になったけど、問題なし。
これも経験の一つですね。

〜午後のツアーに続く〜
コメント

2016バンコク一人旅 2日目 〜後編〜

2016-12-11 23:24:45 | 2016 タイ旅行
2日目午後は日本語ツアーでアユタヤへ。


象横断の標識。
そうです、わたしは象に乗っているんだゾウ!(お約束)


象の背中からの眺め。


リスも横断中。


途中で水浴びするからビシャッと水が飛んできました。


象にチップをねだられる。笑
ほんとに賢い子です。


象さんとの撮影は40バーツ(約140円)。
いくつかポーズがあって、こんな風に鼻でハグしてくれるんだよ!
餌やりもできますが、わたしはほとんど現金を持ってなかったので断念。
短かい時間だったけど、象さんの賢さに驚きっぱなしでした。


お利口さんにポーズを取る別の象さん。

さて次に待っているのは、


ワンコ!!


が、たくさんいる「ワット・プラ・シー・サンペット」。
最初ガイドさんの言葉が聞き取れず、「〇〇さんのペット」って言ってるのかと思った。
世界遺産です。
この仏塔はスリランカ様式というらしい。


ミャンマーとの戦争に敗れ、今の状態になったとのこと。


ワンコは当時からこの辺ウロウロしてたんでしょうね。


世界遺産マーク。

そして次は、

ででん!
わたしはこれが見たかった!
両親がタイに行ったときの写真を子どもの頃に見て、一番衝撃を受けたのがこの仏頭。
生で見るといよいよ神秘的だわ。


ここも世界遺産、「ワット・マハタート」。
首のない仏像が並びます。
7割はミャンマー軍が、3割は泥棒が持って行ったとか。
仏像の首を切るなんて、よくそんな不敬なことができるな…


こんな状態の仏像もありました。


戦争だけでなく洪水にもやられ、地盤が緩くて斜めになってしまった仏塔。
アユタヤは川に囲まれた県で、島のように見えるそうです。
この仏塔はクメール(カンボジア)様式。


最後は「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」。
この仏塔、登れます。


かなり急!!


裏から見た景色。
ここはミャンマーとの戦争に勝った記念の塔なので、仏像にはちゃんと頭があります。


涅槃仏。


お決まりの超扁平足。
帰る頃にはちょうど夕焼けが綺麗でした。


バンコクに戻って晩ご飯へ。
この日はトーンローのプーケットタウンという所に行きました。


ビールもプーケットを。
シンハーやチャーンビールに比べてちょっとクセがある。
注文したら「コオリ?」って聞かれました。
氷なくても冷えてた。よかった。


今日の夕食はカノムチンというタイ風の素麺。
カニ入りのカレーに、つけ麺のようにしていただきます。
カニ、カレー、素麺って、わたしの好きなものだらけ!
しかもあまり日本のタイ料理屋さんでお目にかかれないので、これはもう食べるしかないよね。
そう思ってここは日本にいるときから行こうと決めてたお店です。

これさー、美味しいんだけど、辛さに手加減なし!!
昨日のトムヤムクンが全然辛くなかったから、本場の辛さでもいけるやん♪なんて思ってたら甘かったです。
汗が出るほど辛い。
タイ料理は南部に行くほど辛いと聞きますが、これがプーケット料理なのね。

あと、出てきたカレーはぬるかったです。
辛いのは頑張って食べるけど、ぬるいカレーはちょっと…


そしてトーンローの駅近くにあるお店でマンゴーのデザートを。


カオニャオマムアンというマンゴーともち米とココナッツミルク。
このもち米、ココナッツミルクで炊いてあるみたいで、結構オイリーというかコッテリした甘さでわたしにはダメでした…
マンゴーだけいただきました。
大概何でも食べるんだけどなぁ。
辛さで胃がやられてるときに食べたからかな。笑

==今日使ったお金==

●お買い物…590b
●昼ご飯…368.5b
●アユタヤツアー…1,400b
●象さんチップと写真…60b
●ココナツアイス…20b
●タクシー…80b
●晩ご飯…551b
●マンゴーデザート…130b
●ラビットカードにチャージ…100b

合計 3,299.5b
1バーツ約3.5円と計算して約11,548円
(ホテル代は除く)

丸一日いると1万円超えるね。
さて、明日も朝からツアーです!
コメント

2016バンコク一人旅 2日目 〜前編〜

2016-12-10 21:01:32 | 2016 タイ旅行

グッドモーニング、バンコク!
日本より2時間遅いので、日本の9時がバンコクの7時。
たっぷり寝ました。


さすが、朝から麺が選べます。


そしてフルーツも。


2泊するので初日はタイ料理とフルーツで。
ブッフェだけどここでたくさん食べると昼ご飯が入らなくなるからね!

さて、日本語ツアーを取り扱っているパンダバスのオフィスへ。
先日申し込んだツアーが催行なしになり、心が折れていたので「じゃあ一人でも参加できる催行決定のツアーを」と直接出向いたのでした。
できれば午後発のツアーがよくて、今日の午後アユタヤに行くツアーが催行決定とのこと。
翌朝の催行日限定ツアーにもついでに申し込み。
アユタヤは絶対行きたいところだったから、早速一つクリアです。

予定が決まったところで、集合時間までウィークエンドマーケットへ。


最寄駅に着いたときから大変な混雑具合。
中は狭い通りにお店がぎっしり詰まってました。


スイカ柄に弱いわたしはビーチサンダルを購入。


そして小さなポーチ。
10バーツだから1つ35円くらい。激安。


そしてこのルームフレグランスを。
1つあたり170バーツ(595円くらい)で、3つ買うと450バーツになりました。
日本の雑貨屋さんとかで買うと高いからね。

ほんとにごちゃごちゃしてて迷路みたい!
でもきれいな雑貨屋さんみたいなお店もちょこちょこあって、ここは本当に面白かったです。
夏場に来てたらタイの象柄のスカートとかシルクのスカーフなんかも買ってたかもしれない。
あとは明日履く靴下を持ってなかったので、それも25バーツで購入しました。笑


戦利品一覧。

午後のツアーまで時間が限られてるので、次の目的地へ。


Ari駅!

うん、それだけ。
そしてパッタイアーリーというお店でランチを取る予定だったんです。
グーグルマップを頼りに行っても見当たらない。
近くにいた人に聞いたら首を振ってたので、多分移転したんでしょう。
何てこった!


でもせっかくAri駅で下車したし、もう気分はパッタイだったので、駅前のカフェみたいなとこでパッタイを食べました。


うーん、美味しそう!


ここはiberryというスムージーのお店と一緒になってるみたいで、ドリンクにスイカのジュースをお願いしたら激旨でした。
スイカの中心の甘い部分がそのまま飲み物になったみたい。


バンコクのマンホール。


バンコクのエスカレータは左側通行。
バンコクのエスカレータ、日本のより速い気がするんだけど!
子どもだったら怖くて乗れないよ。


バンコクのBTSという電車。
綺麗で快適です。
さて、午後からはツアーでアユタヤに向かいます。

〜後編へ続く〜
コメント

2016バンコク一人旅 1日目

2016-12-09 20:58:25 | 2016 タイ旅行
この日の福岡空港国際線は、某韓流グループB様のお越しにより、黄色い声で溢れておりました。
ちょうどわたしのチェックイン中に到着したみたい。


新しいパスポートになってから3度目の出国。


初めてのタイ航空。


シートの色がもう南国っぽくてかわいい!


モニタも1人ずつ付いてました。
シンゴジラを見ました。


約5時間の空の旅。


1時間ほどでおつまみ出てきた。


13時頃に機内食。
鶏と豚が選べたけど、フレンドリーな男性CAが「これにする?」と差し出した方を。
豚です。
他に具は無く、この茶色いのは全て豚肉でした。
写真にはないけど、ビールと食後のコーヒーももらってます。


到着1時間前、出発から約4時間でアイスクリームが。
これは嬉しいね。


入国カードと出国カードはペアで渡される。


ほぼ定刻通りに到着!
おおー、字が読めない!
海外旅行はこれがいいよね。笑


空港線で終点まで行き、そこで乗り換え。
45Bでした。
先月両親がタイに行ったばかりで、余った現金をもらって来たので空港での両替はなし。
BTSサラデーン駅からタニヤ通りに入ってすぐのタニヤ・スピリットという(酒屋に見える)両替所のレートが素晴らしい!と地球の歩き方に乗ってたので、備忘録として書いておきます。笑


これ、ドラえもん柄です。
スカイライナーって書いてあって、桜の日本地図が描かれた車両も。
成田空港から出てる京成線もスカイライナーだから、そのお下がりか何かを使ってるのかな。


いたる所で見かける国王の祭壇。


乗り換えたBTSのホーム。
柵もあるしモニタもあるし最新!
でも日本みたいにあと何分で来る、というような表示はなし。

BTSのラビットカードというsuicaのような物を買いました。
切符買うのにめちゃくちゃ並ぶんだもん!
こんなのいちいち並んでられないよ。


そして降りたバンコクの街では、ユニクロと紀伊国屋が出迎えてくれました。
この近辺は日本人街があるようで、日本語もたくさん見られます。

遠回りだけど乗り換えが少ない方を選んだのもあり、ホテルにチェックインしたのはちょうど18時。
着陸から2時間ちょっとというところですね。

そしてバンコクで初めての晩ご飯。
慣れない街ということもあり、旅の疲れもあってあまり出歩きたくなかったので、歩いて行けるところで済ませました。

プロムポン駅の前にあるEMQUARTIERという大型のショッピングセンターのレストラン街へ。


らせん状になってて、8階のお店を一通り回ってたら7階に着いてた。
その中の「NARA」というタイ料理のお店でトムヤムクンを食べることにしました。


通路側のソファ席。


ちょっと小洒落たレストラン。


プーパッポンカリーは行く店を決めていたので、ここはトムヤムクンを。
タイの初日にふさわしいメニューではあるよね。


割とすぐに運ばれて来ましたー!
ビールはシンハー。


これ、かなり美味しかったです!
こんなクリーミーでマイルドなトムヤムクン初めて食べた。
メニューに唐辛子マーク2つも付いてたけど全く辛くない。
ピリ辛と言えばピリ辛だけど、「これが本場の辛さ!」というのは全くなし。

レストランてチップいるよね…?と思いつつ相場が分からない。
多分お会計の1割くらいだろうと思って50バーツ置いて出て来ましたが、今レシート見てたらちゃんと10%のサービス料が加算されてました。


ホテルに戻り、コーラを飲んで明日の作戦会議。
現地の文字が入ったコーラを買うのは、わたしの旅行中の定番。笑
タイのコーラは日本よりやや甘ったるい。

==今日使ったお金==

●キャッシング手数料…200b
どこにATMがあるか分からなかったので空港で3,000bキャッシングしてたのです。
でも日本以上にどこにでもATMあるし、何なら両替所も街中にたくさんある。
●エアポートレールリンク…45b
●ラビットカード…280b
最初に200bチャージしてと頼んだらカード代と合わせて280bになったらしい。
●晩ご飯とチップ…572b + 50b
JCBカード出したら、フードは10%引きになってた
●コーラ…14b

合計 1,161b
1バーツ約3.5円と計算して4,064円
(ホテル代は除く)

前に母が読んでた女性1人の旅行記で興味深かったのが1日にいくら使ったかが載ってたこと。
わたしも今後の参考に記録しようと思って。
今まで旅行中のお金を気にしたことがなかったので、今後の貯金の目安にもなるね。
コメント

一人旅への洗礼

2016-12-07 18:57:47 | 2016 タイ旅行
貧乏バックパッカーとは違い、今回はホテルに泊まり、リモワのスーツケースで行く一人旅。

バンコク市内の日本語観光ツアーに、お金を払って事前に申し込んでみたのですよ。
予約完了し、スケジュールが一つ決まり、ウキウキしていたら。


誠に申し訳ございませんが、現在ご希望のコースは最少催行人数に達していないためご予約を承ることが出来ません。
そのため、今回はご予約をキャンセルし・全額返金手続きを取らせて頂きました。

またのご利用お待ちしております。


だとさ。
ただでさえ寂しい一人旅に追い打ちをかけるのやめて…

一人参加料がかかるツアーも多く、やっと一人で参加できるツアーを見つけたと思ったらコレよ。
当日現地に行って、催行されそうなツアーを教えてもらおうかなー。
一人でも回れるけど、色んなうんちくを聞きながら見る方が確実に何倍も面白いんだもん。
美術館でもオーディオを借りる派だし。

結局いつもノープラン旅行になりそうです。
ま、帰りの飛行機取ってるだけマシだよね。
コメント (2)