ありるれろ**

わざわざ人に話すほどのことでもないけどちょっとつぶやきたいことを綴っています。

椅子

2016-09-29 20:59:35 | 
本ネタ。
連勤だとどこにも出かけないから、特に書くこともなく…


図書館で見かけて借りた本。
まだ北九州市立図書館で借りた本を愛読してます。笑
「デンマーク」と付くものに弱く、これから新しい部屋に住むわたしにはもってこいの話題だと思って。

確かにデンマークは椅子にお金かけてる。
わたしが通ってた学校も、ロビーでみんながダラダラ過ごしてた椅子が1脚30万円とか。
それが生徒の数だけ、いやそれ以上たくさんあるんだからすごいなーと思ったことを覚えています。
照明も80万円くらいのものが付いてたし。

実家にいたとき、仕事で夜遅く帰ってきて、疲れたときに肘掛けがついた父の椅子でウトウトするのが至福の時間でした。
だから新居にも1人掛けの肘掛け付きソファを1脚だけ置きたいと思ってるんだよね。

それでこの本に興味を持ったのもあるけど、椅子というより家具やインテリア全般についてのお話が多くて、実際椅子の話はあんまりなかった。笑

心に残った点をいくつか。

「インテリアは幸せと結びつく」
「空間=暮らしの質=心の豊かさ」
「日本人は自分を飾るものお金を使うけど、デンマーク人は自分や友人が快適に過ごすための空間にお金をかける」
「この大きな違いが幸福度や心の豊かさに直結している」
はあー!なるほどね〜。
幸福度世界一の国の秘訣はそういうところも関係あるのかもしれない。

「多くのデンマーク人は自分の空間に自信と誇りを持っている」
「洋服は自己満足、インテリアはそこにいる全ての人を幸せにする」
「北欧式の最高のおもてなしは家に招くこと」
そういえばいつもと違うスーパーに買い物に行ったとき、たまたま出会った人が家に招待してくれたことがありました。
この前のフランス人の本の内容と通ずるものがあるね。

日本人は「ちゃんと掃除をするために、ホームパーティを開いてわざと人を呼ぶ」っていう考えがあったりもするけど…笑

インテリアのお話も参考になることがたくさん。
・最優先は清潔感
・玄関の匂いに気を遣う。
(玄関は最初の部屋。靴ベラは?傘立ては?靴紐を結ぶときに腰掛けるスツールは?アートは飾ってある?)
・ワンルーム、ワンアート。アートは豊かさの象徴。高級な芸術作品でなくても自分が旅先で撮った写真から始めれば良い。
・ゲストが使うハンドソープをロクシタンなどのブランドものにすると、おもてなしにもなるしインテリアアイテムにもなる
・デンマーク人はバルコニーが大好き。ベランダは贅沢な空間にすることでただの窓から部屋の奥行きになる。

玄関の匂いは大事ね。
ニセコで住んでた部屋は入り口にコンセントがあって、そこに充電式の芳香剤を差してたんです。
友達のハワイ土産で、すごくいい香りの。
そしたら「この部屋いつもいい匂いがする!」と言って隣の部屋の男の子たちがよく遊びに来てました。笑
まあ、一人部屋で広かったからね。

あと、ニセコで一緒だった人に引っ越すことを伝えたら「インテリアに凝ってそう」と言われ、そんなイメージを持たれてることが嬉しかったです。笑
聞けば、わたしの部屋だけテーブルと座椅子とラグを置いてたから、とのこと。
確かに置いてたわ。
まあ、一人部屋で広かったからね。

これからは帰宅日が決まった一時的な住まいではなく、1日の多くを過ごす自分だけの空間を持つことになる。
こういうことを参考に、少しずつ自分らしい部屋を作りたいと思います。

まずローテーブルかな。
テーブルないとご飯も食べられないよ。笑
コメント

カーテン

2016-09-28 22:02:40 | Weblog
いよいよ今日から、本当に新居での生活が始まります。
テレビも何もないのでiPhoneでラジオのアプリをインストールした。笑


むき出しの窓。
築27年。
角部屋なので実はもう1つ窓があります。
ただ出窓タイプの3面窓でどうカーテンを取り付けようか迷うのと、擦りガラスで外から見える訳ではないのでそっちはあんまり気にしてない。笑


昨日IKEAで購入した布とクリップ。
日ハムが優勝しそうな中、ホークスのナイター中継を聞きながら地道にクリップを取り付けます。


カーテンレールに直接取り付け。


気持ちヒダを付けながら、留めていく。


どう?
部屋が明るくなった!

こんなことを一人でせっせとやっている間に、日ハムにリーグ優勝を決められてしまいました。
また福岡の観光業界が少し混乱するな。笑

ぼーっとしていたらあっという間に時間が過ぎますね。
寝坊だけはしないように気をつけないと。
コメント

引越し

2016-09-27 21:18:34 | Weblog
今度こそ、引越し!!
わたしの休みの日に合わせて、車が使えるように父が仕事を調整してくれました。

天気にも恵まれ、約1時間半のドライブ。
布団とチェスト、あと細々した物。
約1時間で運び終わり、電気、水道、ガスも全く待つことなく無事開通。
天井の電気だけ取り付けてさっさと退散しました。

初日に必要な三種の神器と言えば、電球・トイレットペーパー・カーテンですが(?)、まだカーテンがない。
あの本のフランス人学生よろしく、布をカーテンにしようと思っててて。
東京で一人暮らし始めたときも、どうしても気にいるカーテンがなくて、IKEAの布を吊るしてたんです。

そして帰り道にあるIKEAへ。
少しお腹が空いたので先にランチを取ることにしました。


ベジボール、オリエンタル風。
ベジボールはファラフェルですね。
あとフムス(ひよこ豆のペースト)とラタトゥイユのようなトマト煮、そしてワイルドライス。
懐かしいなぁ〜。
ヨーロッパにはベジタリアンが多いから、ファラフェルやフムスはよく出てました。
あとは個人的に、北欧に欠かせないシナモンロールも。

実は帰国して仕事をどうするか考えたとき、ここのIKEAのレストランという選択肢もあったんです。笑
ここか、ホテルか悩んでるうちに、自分が今働いてるホテルの求人が出たという。
結局、ホテルで良かったとは思ってるけどね。

さて久しぶりのIKEA、本当はゆっくり見たかったけど、父に車を返さないといけないので、生地コーナーへ直行。


部屋を青ベースにするつもりだったので最初はこの生地を予定してたけど、実際見たら少し暗いなと。


悩んだ結果、こっちにしました。
この方が、まあ、わたしらしいと言えばらしい。

この生地を2mカット×2で¥4,396、
カーテンレールに吊るすクリップが¥399
5千円弱で北欧スタイルのカーテンをゲットです。

今日は物を運ぶだけで実際の入居は明日。笑
やはり実家はなかなか離れがたいです。
コメント

3世代ランチ

2016-09-26 21:08:37 | お出かけ
8月生まれの祖母・母・叔母との、少し遅めの誕生日祝いランチ。
母の実家は、祖母・母・叔母とみんな8月生まれなのです。
今年は祖母の体調のことを考えて少し涼しくなってからの開催となりましたが、結局祖母の体調が優れず。
残念ながら祖母なしの3人で出かけました。

叔母チョイスのフレンチレストラン。
ここは食べ物も美味しかったけど、食器が面白かった。


このバター皿。
スポイトの中身はバルサミコビネガー。
ピンクのはこのお店オリジナルのカシスバター。
美味しかった!パンにべったり厚塗りして食べたい。


パスタの器にはチーズ置き場が。
こぼさず全てパスタにかけようと、少し緊張しました。笑


メイン。
白身魚の春巻包み。
どんなのが出てくるんだろう?と思った謎の一品。
春巻の中には魚だけでなく色々と野菜が入ってて、全くきれいに食べられなかったけど美味しかったです。
淡白な白身魚とパリパリの春巻の皮、食感もいいし、このソースがよく合う。

この他にも前菜盛り合わせ、スープ、デザート盛り合わせが出て来ました。
どれも小洒落た味で美味しかったです。

来年は祖母も一緒に行けますように!
そしていつの日か4世代で行けますように。笑
コメント

サンデースイーツ 9.25

2016-09-25 20:32:31 | サンデースイーツ
ついに訪れた入居日。

母・叔母とのランチを終えて、車に荷物を詰め込み、いざ出発。
大きな荷物は布団と姿見とプラスチックのチェストくらいと思ってたけど、意外と後部座席まで満タンに詰め込むほど持ち物がありました。

そして15分ほど走らせたところ、父から着信が。

「家の鍵忘れとるよ!」

!!!!!

何と、これだけは忘れてはいけないと思い、カバンから取り出してテーブルの上に置き、そのまま出て来てしまったようです。
呆れられながら自宅に戻り、新居への到着が遅くなることと雨が強いことを理由に本日の引越しを断念しました。

そして気を取り直して自宅でサンデースイーツ。笑


当然モンブラン。


母がここのお店のモンブランが感動するほど美味しかったと言っていたのでわざわざ寄ったのですが、そのモンブランは売り切れ。
別のモンブランを買って帰ったのでした。
これはこれで美味しかったけどね。
コメント

アメリカ土産

2016-09-24 23:37:27 | Weblog
父が、シルバーウィークのアメリカ一人旅から帰国しました。
ちょうどわたしの仕事終わりのタイミングで空港に着くというので、到着口まで迎えに行くことに。
福岡空港近くて本当に便利だわー。

父みたいな小柄の老人が海外一人旅なんて大丈夫かしらと毎回思うのですが、無事に帰国して安心しました。
ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンと巡り、とても楽しかったそう。
逞しいね。やっぱりわたしの親だね。

父が到着してすぐにニューヨークでの爆破事件が発生。
ちょうどニューヨークにいた父は、母からのメールで知ったそうです。笑
そんなもんよね。



お土産は色んな種類のチョコレート。
その中からマシュマロと書いてあるものをもらいました。

予想はできてたけど激甘。
さすがアメリカンだな〜。

わたしがシルバーウィークにニューヨークへ行ったのも5年前のこと。
語学研修を兼ねた旅行でしたが、果たしてあのとき学んだことは活かされているのか…?笑

コメント

お金がなくても平気なフランス人

2016-09-23 08:05:53 | 

図書館で見つけた本。
昔話題になってたような。

お金についても、その他の暮らし全体についても、フランスで生活する日本人目線での文化の違いが描かれていてとても面白かったです。
わたしこういうのはどこの国のバージョンでも楽しめると思う。

特に印象に残った点をいくつか。

「美術館の絵のように、いいモノは見るものと思おう」
これは目から鱗!!
そんな捉え方があったか…
わたし、パンとかケーキとか、きれいにディスプレイされてるとそれだけで買いたくなるのです。
そうか、あれは芸術品で、食べ物ではないんだ!笑


「成人したら家を出る、これがフランスの常識」
これこそが、今回わたしが引っ越す最大の理由。
いや別にフランス人じゃないけどさ。
この後にも「18歳になれば金銭的に自立しなければならない」という話もあり、非常に耳の痛い話でした。


ミシンを使ったこともないのにカーテンを縫おうとする若いカップルの話も面白かった。
カーテンと同じ布をベッドにかけて、来客時はソファ代わりにしたり、
棚の上に板を置いてテーブル代わりにしたり。
お金のないわたしがこれからやろうと思ってることと一緒!笑
きっと、お金をかけなくても、考え方次第で豊かな暮らしができる。


「人を自宅に招くということ自体が、一人前の大人として認知されるための第一歩。
レストランに招待するのとは価値が違う、自宅にお招きする以上のおもてなしはない。」
これも分かるな〜。
自宅にお呼ばれされるのは、心を許してもらえてる気がしてすごく嬉しい。
わたしもインテリアが一通り揃ったら友人を家に招きたい。


引越しを控えてるからどうしても衣食住の「住」に目が行くね。
フランスに限らず、デンマーク人とも共通してるところがたくさんあって懐かしくなりました。

わたしもなかなかのワーキングプアだけど、フランス人学生を見習って賢くお金を使いたいと思います。

いい本を読んだ!
コメント

カレーを訪ねて

2016-09-20 23:15:00 | Weblog
この前のカレーピクニックに出店していた地元のお店。
母もちょうどインドカレーを食べたいと言っていたので、早速行ってみることにしました。

そして車を走らせること30分。


どうです、この本日休業感。
電話をしても出ず。

定休日は月曜日と書いてあるのに?!
インド時間か?!

実はインターネットでこのお店の情報を調べていた母が、そのままネット予約をしていたのです。
でもシステムはそんな臨時休業まで対応していなかったらしく、予約が取れたと思ったわたしたちはウキウキしながら出かけたというわけ。

予約して来てみたら休みだから、ショック倍増だよ。
多分月曜日が祝日だったから、翌日の今日が休みになったんだろう、と母。

周りに行きたいお店もなく、いや、あったけどそこは火曜日閉店で、また30分かけて地元まで戻りましたとさ。


途中に母が美味しいと言ってたカレー屋さんがあったので、今日はそこでカレーを食べて帰りました。(結局カレー)



石焼オムレツカレーにチーズトッピング。


石焼だから熱々!
うっかり上の歯茎の裏を火傷してしまった。

しかもふわとろオムレツも、石焼で熱々のおかげでしっかり火が通ってしまい…
カレーは熱々じゃなきゃ嫌だけど、半永久的に熱々なのも考えものだ。笑
「カレーは飲み物!」という具合にかき込みたいたいのよ。


母のチキンカレーはチキンが豪快。

最終的に美味しいカレーにありつけたから良かった。

福岡市内にも2号店あるからいいんだけどさ、やっぱり地元で「我が地元にこんな美味しいお店が!」という気分で食べるのじゃちょっと違うと思うんだよね。笑

石焼カレーとは反対に、何でも熱しやすく冷めやすいわたし。
いつか訪ねる日が来るでしょうか。

あるとしたら、次は行く前に電話予約しようと思います。笑
コメント

怒り

2016-09-19 19:50:31 | Weblog
前にT嬢と本屋で待ち合わせたとき、

「怒り、読んでたけどめちゃくちゃ面白かった!!」

と少し興奮気味で言ってたので気になり、


図書館で借りて来ました。
わたしは図書館、T嬢は立ち読み。笑

いや、これはめちゃくちゃ面白かった!!
前に読んだ「Nのために」と少し似てるかな。
冒頭で殺人事件が起きて、物語を読み進めていくうちに真犯人が明らかになっていくストーリー。

3ヶ所の舞台でそれぞれ素性の分からない男がいて、彼らとそれを取り巻く人々のお話。
段々みんな「この男が指名手配中の殺人犯じゃないか」と疑い始め、そして結末は…

最初のうちは登場人物が次から次へと出てきて混乱して挫折しそうになった。笑
途中からはどんどん引き込まれて、早く先が知りたくなって、あっという間に読み終えました。

今年読んだ本でナンバー1、面白かったです。
(言っても今年は小説はほとんど読んでないけど)

「Nのために」も読後にドラマを全部見たし、
「怒り」の映画も見に行こうかな。
結末知ってると面白さ半減するかな?と思ったけど予告編見る限りでは、ミステリーというよりヒューマンドラマとしてかなり良さそう!

キャストも宮崎あおいの体型以外(原作では太めの設定。雰囲気は◎)もうみんなぴったりすぎて。
指名手配犯が「特徴的な一重まぶたの男」なんだけど、その候補の男たちが綾野剛と森山未來(あと1人は松山ケンイチ)っていうのがいい。笑

一人暮らししたら都会に住むから、ちゃんと出かける口実を作ろうと思います。笑
コメント

福岡ダービー

2016-09-18 23:49:32 | お出かけ
わたしに秋冬の訪れを告げる、


トップリーグの開幕。
8月の終わりには始まってたんだけど、やっと福岡で試合が開催されました。

コカコーラVSサニックスの福岡対決。


コカコーラには、先月のリオオリンピックの7人制ラグビーで主将として活躍した桑水流選手(真ん中)がいます。


今日はサニックスの関係者の方からチーム券をいただいたので青のサニックスを応援。


コカコーラはまだ今シーズン1勝もしてないから、コカコーラにも頑張ってほしいんだけども。


サニックスが先制し、追い上げられ、逆転され、取り返し、そのまま逃げ切る…

という、なかなかドキドキしたゲームでした。
無事にサニックスが勝ってよかった!

試合終了後、桑水流選手のインタビューと、福岡県知事のご挨拶がありました。
この雨の中、選手は慣れてるとしても県知事…
傘も差さず、スーツを濡らして、2019年のワールドカップが福岡でも開催されることに関してお話されてました。

ワールドカップまでに福岡のラグビーがもっと盛り上がるといいなぁ!

今シーズン、まだまだ色んな試合を見に行きたいと思います。
コメント