80年代Cafe

80年代を中心に、70年代後半~90年代位の懐かしいもの置いてます。
あなたにとって80年代はどんな時代でしたか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Information

2999-11-30 00:00:00 | INFORMATION


 電子ゲーム内の記事にGIFアニメを追加しました。
学研 平安京エイリアン、学研 フロッガー、学研 ジェットファイター、トミー スクランブル、エポック スーパーギャラクシアン、バンダイ ビームギャラクシアン、ツクダ グレートエスケープ、バンビーノ サファリ、バンダイ FLモビルスーツガンダム、学研 パックモンスター、ツクダ ドラキュラ、エポック ドラキュラハウス、学研 ペイントローラー、学研 インベーダー1000、トミー ケイブマン、学研 ディグダグ、エポック デジコムベーター、トミー ウイリークロッサー、バンダイ LSI サブマリン、バンダイ LSI ベースボール、バンダイ FLバトルビーム、トミー ブラックレーサー、Electronics/Activision Pitfall!を追加。
コメント

散財日記 in レトロアーケード マッピー・インフォレンズ株式会社/dreamGEAR

2019-06-23 23:51:33 | 散財日記・雑記

 はい、ということで久しぶりの更新&雑記です。ここのところレトロな雑貨やガジェットを全くといって良いほど買っておらず、時おりツイッターをする程度でした。あんまりにも間が空きすぎると忘れられてしまうということで。

レトロアーケード マッピー・(新品・インフォレンズ株式会社/dreamGEAR) 2,999円

 レトロアーケードは、中国のdreamGEAR社がアメリカ市場などでMICRO PLAYERシリーズとして売り出しているものを日本ではインフォレンズ株式会社が日本向けにローカライズして発売したという製品。昨年2018年の12月20日よりゲオで先行販売されており、今年の3月より本格的に売り出された。オープン価格だが大体4,000円前後で売られており、海外でも2,500円~3,000円くらい。


 いずれ買わなければと思いつつ手を出しかねていたのだけど、ゲオで2,999円という価格になっていたためようやく購入した。マッピーを選んだのは、筐体のデザインの良さとタイニーアーケードと被っていなかったため。


 日本版といってもところどころに日本語の注意書きとマニュアルが付いている程度。それよりボックスアートが雰囲気を高めていて素晴らしい。


 日本語版のマニュアル。リーズナブルに売っていれば特に海外版でもかまわないと思います。


 見慣れないデザインは米国版アップライト筐体を模したもの。日本国内では、ほとんどテーブル筐体か座って遊ぶ筐体だったと思います。


 動画等で確認すると、グラフィック関係はかなり忠実に米国版アップライト筐体を再現している。MICRO PLAYERシリーズは共通の筐体を使っているので、筐体の形そのものは異なるのだけど。


 パックマンとかアメリカオリジナルのイラストが付いていましたが、マッピーに関しては日本のキャラクターとそれほど違和感がない可愛らしい仕上がり。


 ということで、レトロアーケード マッピーでした。ネタとしてもう少し詳しく紹介します。他のシリーズもとりあえずぼちぼち買っていきましょうか。


80年代AVGガイドブック (G-MOOK)・(新品/ジーウォーク) 1,500円

 80年代AVGガイドブックは、今年の5月28日に発売されたレトロゲーム本。監修は、レトロゲーム本を出しまくっている前田尋之氏。近年出版されるものとしては、数少ないレトロパソコンゲームのAVGを扱っていたため購入。前田尋之氏の本は、セガ・マークⅢ本も出ていて、これも市場にある内に確保しておかなければならない一冊なのだが、いかんせん価格が高めなのでなかなか手が出ない。


 85年くらいまではパソコンのAVGが中心で、86年~くらいからは徐々にファミコンに軸が移っていく。


 薄い本なので、それほど詳しく書かれているわけではないけれど、オールカラーで近年発売されたレトロ本としては出色の出来だと思います。


 話題となったAVG全てが掲載されているわけではなく1年に3~5本程度と少なめ。


 とはいっても、この時代にサラダの国のトマト姫やは~りぃふぉっくすの記事が読めるというのは貴重なので、この時代のゲームに思い入れのある人は買っても損はない内容だと思います。


 ということで80年代AVGガイドブックでした。こちらもまた、もう少し詳しくネタとして紹介したいと思います。それではまた。
コメント

ダンジョン&ドラゴン1&2 ツインパック・ジェネオン エンタテインメント

2019-04-27 18:57:19 | 映画・DVD・CD

 ダンジョン&ドラゴン1&2 ツインパックは、2000年にアメリカで公開されたダンジョンズ&ドラゴンズの映画化作品であるダンジョン&ドラゴンと、その第2弾となる2005年のダンジョン&ドラゴン2をひとつにしたBOXセット。ちなみに2015年には第3弾ダンジョン&ドラゴン3 太陽の騎士団と暗黒の書も公開されている。


 製作、監督を担当したコートニー・ソロモン氏は、熱狂的なダンジョンズ&ドラゴンズのファンで20才の時に映画化権を獲得したらしい。その後、10年の歳月をへてようやく映画化された。ただかなりの低予算映画で、CGも未成熟な時代であったことから駄作の烙印を押されてしまった。しかし、ダンジョンズ&ドラゴンズのブランドというものは強く、その平凡な興行成績にもかかわらず続編が作られて、日本でも劇場公開されるなどされている。


 こちらが、1985年に新和より発売された日本で最初のダンジョンズ&ドラゴンズであるDungeons & Dragons Basic Rules Set 1。そのBOXの色から、通称赤箱と呼ばれている。ちなみに本国ではこれは第4版であり、オリジナル版のダンジョンズ&ドラゴンズは白箱だった。


 パソコン誌やゲーム雑誌の紹介では、必ずといってよいほどドラゴンクエストが参考にしたウィザードリィ、ウルティマはこのDungeons & Dragonsを基にして生まれたと、赤い箱とともに紹介されていたため、この赤箱を手に入れればDungeons & Dragonsが満喫できると考えてしまいがちですが、これはベーシックセットにすぎず1〜3レベルのキャラクターとダンジョンでの冒険でしか遊べないもの。この後もレベルに応じて「青箱」「縁箱」「黒箱」とそろえる必要があるという、非常にお金のかかる遊びでした。


 第一作目はダンジョンズ&ドラゴンズという期待に反して、かなりのB級テイストが漂う作品になっている。当時、VHSで手に入れたが最後まで見通すことができなかった。この時期は、ロードオブリングが世界的な人気を博しており、やりようによってはいくらでもヒットする可能性があった題材だとは思いますが、予算や製作側の事情からそれが生かしきれなかったという印象。


 2005年のダンジョン&ドラゴン2の方は未視聴なのですが、監督や製作、脚本などスタッフがすべて変わっている。物語は前作とはつながらず、ダンジョン&ドラゴンの続編ではないらしい。CGの技術がかなりこなれてきたためか、結構評価も変わってきているよう。第3作目ダンジョン&ドラゴン3 太陽の騎士団と暗黒の書はさらに出来が良くなっている模様。未確認情報ですが、さらに続編も計画されているよう。


 思い切りB級映画なのですが、ダンジョンズ&ドラゴンズ関連作品ということで、ダンジョンズ&ドラゴンズグッズのひとつとして手に入れておきたかった。


 この映画に関して、一番意味不明なのはその邦題。邦題は複数形は単数形にするという習慣があるそうで、ダンジョンズ&ドラゴンズをわざわざ直してダンジョン&ドラゴンとしている。ダンジョンズ&ドラゴンズの権利を取得して作られた作品ということが一番の売りなのに、それを台無しにしてしまうとは。そもそもカタナナに直しているだけで、竜と地下城砦とか邦訳しているわけでもないのに。ブランド名を変更して、わざわざB級っぽくするのはどうなんでしょう。


 結構、最後まで見通すのがつらい作品ではありますが、そのうち時間があるときに視聴したいと思います。ロードオブリングだけでは物足りないダンジョンズ&ドラゴンズファン、ファンタジー映画に飢えている方にお勧めかな。ダンジョンズ&ドラゴンズと名の付くものであれば、何だって反応しちゃう人にお勧め。ダンジョン&ドラゴン1&2 ツインパックでした。

参考:Wiki ダンジョン&ドラゴン(映画)、ダンジョンズ&ドラゴンズの項、ポンコツ映画愛護協会『ダンジョン&ドラゴン』
コメント

ダンジョン飯 (ビームコミックス)・KADOKAWA/エンターブレイン

2019-04-26 16:45:02 | 書籍・漫画


 ダンジョン飯は、KADOKAWA/エンターブレインより発行されている漫画誌ハルタに連載中の九井諒子氏の作品。ダンジョンというファンタジーを舞台に食にスポットを当てたグルメ漫画という異色の作品。


 ダンジョン飯 3巻は、2016年8月に発売された。今作では、ダンジョン内に地底湖が広がる第4層が舞台となる。


 ダンジョン内に地底湖が広がるという発想は独特ではあるが、鍾乳洞のようなものを思えば、自然に存在するダンジョンには湖は付き物というふうにいえるのかも。


 今回メインのモンスターは、地底湖に住む巨大なクラーケン。クラーケン以外にも、半漁人、人魚、水の精霊、巨大蛙など、水にまつわるモンスターが多く登場する。


 ダンジョンに広がる地底湖に潜むクラーケンときて一番先に連想するものは、個人的にはハイドライド2の地下2階に広がる地底湖とクラーケン。日本初のRPGブラックオニキスにも、ゲームを象徴するモンスターとして井戸の底に潜むクラーケンが登場していた。そういえばウィザードリィ3でも地底湖がダンジョン内に登場していました。ただ、ハイドライド2もブラックオニキスも古く一般的な作品でもないため、九井諒子氏がご存知なのかは微妙なところ。


 ダンジョン飯 4巻は、2017年2月に発売された。今作の見せ場はなんといっても最初の目標であるレッドドラゴンとの対決。ダンジョン探索の本来の目的であるライオスの妹である僧侶ファンリンの救助もあり、中盤の山場といってよいかもしれません。


 ドラゴンとの対決は漫画を読んでいただくとしてとにかくディテールに凝っている。ファンリンを復活させるために骨を集めて組み立てるという展開になるのだが、手の構造を手根骨(舟状骨、月状骨、三角骨、豆状骨、大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鈎骨)と中手骨、基節骨・中節骨・末節骨まで細かく描写している。こまかなディテールにこだわることで、荒唐無稽なファンタジー世界にリアリティを与え、キャラクターに実在感を出すということなのでしょう。


 ドラゴンを使ったダンジョン飯といえばドラゴンステーキ。地下のレッドドラゴン、ドラゴンステーキといえばダンジョンマスター。これはダンジョン飯の元ネタのひとつとして確定で良いと思います。


 こちらはダンジョン飯の5巻。2019年4月には7巻が発売されたというタイミング。この作品、非常にクオリティが高いため、そろそろアニメ化とか、実写映画化とか、そういう展開もあるのではないでしょうか。


 前巻4巻までで僧侶のファンリンを食べてしまったレッドドラゴンを倒し、腹の中のファンリンも無事復活を遂げた。物語の節目というか、一区切り終わった感じだった。このまま一気呵成にエンディングという方向もありだったかもしれないが、ここからこれまで物語内に散りばめられていた様々な伏線が繋がってきて、急にドラマ性が上がってくる。


 ダンジョン飯が受けた理由は様々でしょうが、ひとつに懐かしいRPGテイストが封じ込められた、ウィザードリィやダンジョンマスターなどのRPGあるあるという側面もあったように思います。もうひとつは、ダンジョンのモンスターで料理をしてしまおうという、どこかコミカルなコメディテイスト。


 ここから物語は急展開を見せる。遂にダンジョンの主といわれる狂乱の魔術師が登場。冒険のエピソードのひとつに絵画の国にライオスが飛ばされるというものがありましたが、そこで張られていた伏線が繋がった。竜の血肉を使うことで復活となったファンリンも、狂乱の魔術師により連れ去れてしまう。またこれまで雑魚だと思われてきたもうひとつのパーティが、本編に深く絡んでくる主要なキャラクターであることが判明。それ以外にも、ライオス達の元のパーティメンバーだった侍が登場。忍者や鬼など、新たなキャラクターが絡んでくる。


 これまでのコメディ要素が薄れて、急にキャラクターが増えて物語が複雑化したためか、Amazonなんかでの評価も分かれている。ダンジョン飯という要素や、RPGあるあるという要素は後退し、物語世界が動き始めたという印象。物語の展開の仕方によっては、すごい名作として化ける可能性もあるかなという感じもする。このコメディ的な世界観に悲劇的な要素が入ってくれば、違った方向性への作品へと飛躍があるかも。


 個人的には、唯一の不満が狂乱の魔術師。こういった世界観で、ダンジョンを支配している狂乱の魔術師といったら、ダンジョン奥深く本だらけの一室に鎮座している、こういうじじいだろうと思う。今風の美少女キャラになっていて、こういうのの方が受けがいいのでしょうけど。


 どちらにしてもファンタジー世界を扱った作品としては、稀有な出来の漫画といえる。新刊の7巻が出たというタイミングですので、未読の方にはお勧めしたい。昔、RPGで世界を救ったり、ダンジョン内を彷徨った記憶のある方に。

参考:ダンジョン飯3、4、5巻 (ビームコミックス)・KADOKAWA/エンターブレイン
コメント

ゲームボーイ版 平安京エイリアン・株式会社メルダック

2019-04-23 19:44:55 | レトロゲームReview

 平安京エイリアンは、1979年に電機音響より発売されたビデオゲーム。東大の理論科学グループ(略称:TSG)が開発したということで、当時は東大生が作ったゲームとして話題となった。ゲームボーイ版平安京エイリアンは、株式会社メルダックより1990年に発売されている。


 オリジナルの平安京エイリアンは、開発元の電機音響が平安京エイリアンの後、1作でビデオゲームより撤退したということもあってか、知名度の割には移植が少ない。有名なのは、学研の電子ゲーム版とPC-8001版。ゲームボーイ版は、ほぼ10年後と遅かったこともあってか、オリジナルとアレンジモードが付いている。95年には、日本物産よりSFC版も出ている。この時は、ニチブツアーケードクラシックス2として発売。その時点でニチブツにライセンスがあったので移植することができたらしい。


 パッケージ背面。このゲームボーイ版の最大の特徴は、音楽が良いこと。MMSS=マルチ・マトリックス・サウンド・システムというのを搭載しており、2台を繋ぐと別々の音楽が流れる様になっていた。


 このゲームを企画したナムコ出身の中潟憲雄氏の妻の兄が、平安京エイリアンの開発者であったため、アドバイスや資料などの面で協力を受けることが出来たのだそう。また源平討魔伝の京都面に平安京エイリアンが出現するのもこのため。なので、このゲームボーイ版の平安京エイリアンと本家電子音響版の平安京エイリアンとの間には、ただならぬつながりがあった。いわば正統性のある後継なのですね。太田出版から発売された超アーケードには、この平安京エイリアンの開発秘話等の貴重なインタビューが収められている。


 個人的に思い入れが深いのは、学研より発売されたLSIゲームの平安京エイリアン。こちらはアーケード版とほぼ同時期に発売され、単純な動きしか作れない電子ゲームで、どうやってあの穴を掘って埋めるという複雑なゲームを再現するのかと謎だった。また、平安京エイリアンといえばゲームセンターあらし。こちらも代名詞と呼べるほどの関係で、当時I/O誌に掲載された攻略法が、漫画内で紹介されて一躍有名になった。ということでアーケード版の登場とほぼリアルタイムで発表されて、ゲームの世界観を広げることに一役買っていた。


 前述のように平安京エイリアンは、開発元の電気音響が2作でゲーム製造より撤退したためかファミコンにも移植されず、有名なわりには移植にはあまり恵まれなかった。そのため、このゲームボーイ版が出た時には約10年後と時期を逸していて、ある意味時代遅れになっていた。けれど元々移植されることが少ない作品でもあったので個人的には嬉しくて、このためにわざわざゲームボーイ本体を手に入れたほど。オリジナルモードは、ハードの関係で迷路が小さかったけれど、電子ゲーム時代に夢にまでみた家庭用の平安京エイリアンということで感激したものです。この記事作成時にゲームボーイが30周年だそうで、ゲームボーイから1本を選べというお題には個人的にはこのゲームを挙げよう。


 ゲームボーイ版平安京エイリアンは、こちらでも紹介されている。ということで、今なお色あせない魅力を持つゲームボーイ版平安京エイリアンでした。

参考:Wiki 平安京エイリアン、電気音響の項、ゲームセンターあらし/すがやみつる・小学館、超アーケード・太田出版
コメント