熊澤良尊 将棋駒工房

元将棋博物館顧問。将棋駒研究と制作。

JR加茂駅、徒歩2分。
見学訪問は、0774-76-5911へ。

目次

作品 文章 写真 販売品

香箱

2010-06-30 19:06:46 | 写真
名古屋の徳川美術館にある「香箱」。
香箱は、文字通り「お香の道具を入れる箱」。大きさは背の高い硯箱程度。
側面は写真では良く分かりませんが、葵の紋は、天面に3つ。手前に2つ。
葵紋は、光り具合に変化があるのはお分かりでしょうか。
蒔絵に使う金粉の粒は大きいもの・小さいもの、そして形(丸目、平目、鑢目など)の違いで、光り方が変わります。
コメント

漆関係

2010-06-30 18:56:52 | 写真
6月30日(水)、雨。

6月も今日で終わり。早いもので、今年も残り半分です。
パラグアイ戦。小生も見ました。終わった時の「涙」、あれは感動。

小生の昨日と今日仕事は「菱湖」の盛り上げ。
歩兵と香車の表。それに桂馬の一部と角行。玉将・王将の銘。合計で28枚ほどが昨日。
今日は、残る桂馬と銀将。それに飛車2枚と角行1枚。
とにかく1組分がこれで終わります。

長時間盛り上げをしていると、眼が疲れます。
時々、気分を変えて遠くを見たり他の仕事をしたりと眼を休めるのですが、長くやっていると「遠くがカスミ」ます。
1~2時間もすれば元に戻ります。
眼は大切なので毎月1回、仕事の合間に近くの眼医者さんにチェックに行きます。
眼は、まあまあ良い方。普段の視力は1.2くらい。
以前は、手元40センチからずーっと向うの電柱に架かる電線の本数まで数えることができました。しかし、今は新聞にはメガネが必要。

「盛り上げの時、ルーペを使うのですか」と良く聞かれます。
「いえ、小生は普通の老眼鏡。手元作業には屈折度数が3度くらい」。
老眼鏡は安いものですが沢山持っています。15本はあるでしょうか。車にも3本、度数の違うものを入れています。
遠くを見るときは「裸眼」。それで、レンズの幅が2センチ足らずの細いやつが好都合です。
若い時のように遠近の調節が利かないので、その時々で度数の違う眼鏡を取り替えるわけです。
盛り上げには3度か3.5度。新聞は2度くらい。それより緩いものは、展覧会などでウインドウ越しに品物を見るときに使います。


ルーぺ。あれは使いません。眼が疲れるからです。
と、言うことで、今日はメガネ談義でした。

ーーーー
写真は漆関係の本。
多くは昔、駒づくりを始めた頃のもの。
見聞きして知識も必要ですが、実際に体験し試行錯誤することでほんの少しですが、なるほどと思えます。

コメント

パラグアイ戦

2010-06-29 22:21:25 | 文章
先ほど1時間ほど眠って眼を覚ますと、今週の「なんでも・・」が始まっていました。
「乾隆帝の四字書」。中々の雄渾にて良い字です。

昨日、先週放送の分。制作会社から「録画CD」が届きました。
過日、水無瀬神宮での収録に立ち会った時、スタッフのmさんに依頼しておりました分です。
放送当日は、ワープロをしながらだったので見逃した部分があるので、詳しくもう一度じっくり見てみようと思っています。


ソレニシテモ、どうしたことか、先週からブログアクセス数が倍増しています。
日付 閲覧数 訪問者数 は次の通り。
2010.06.28(月) 2609 PV 599 IP
2010.06.27(日) 2725 PV 620 IP
2010.06.26(土) 1646 PV 422 IP
2010.06.25(金) 1046 PV 420 IP
2010.06.24(木) 1267 PV 440 IP
2010.06.23(水) 2367 PV 739 IP
2010.06.22(火) 1518 PV 645 IP
2010.06.21(月) 652 PV 320 IP
2010.06.20(日) 753 PV 334 Ip


ーーーー
これからパラグアイ戦が始まります。
こちらもじっくり見ながら応援します。
コメント (1)

コメント

2010-06-29 03:53:19 | 文章
6月29日(火)、雨。

先ほどふと眼をさましました。
ブラジル対チリ戦が始まったところ。夜中です。外は雨音です。
テレビを見ながらブログをチェックすると、この間工房を訪ねてくれた方から「コメント」が届いていました。

届いたコメントは、一旦管理画面の「保留」にキープされます。
内容を確認してから、「公開」にセットし直すと、皆様にご覧いただけるようになります。
コメントを「公開」に切り替え、小生の返事も入力しました。

ところが良く見ると、コメントにはフルネームで差出人の名前と、末尾にメールアドレスが書き込まれていました。
このブログは、誰でも見ることができます。実名やメールアドレスをコメントに入れたまま「公開」すると、少し危険です。

見るだけなら何の問題もありませんが、時々心ない人も交じっています。
心ない人は、悪用する場合があります。
例えば、変な内容のメールを送りこんだり、他人(例えば、小生の)の名前を騙ってその人になり済ましてメールをしたりすることもあり、そのあたりは用心が必要です。

ブログの「コメント」にも時々変なものが届くことがあります。
それで一旦「保留」にして、関所を設け、変なコメントは除外するようにしています。

いただいたコメントはプライベートコメントだったので、非公開の「保留」に戻すことにしました。
しかし、小生にとってうれしいコメントなので、実名を伏せて、メールアドレスをカットして本文に移し替えて掲載する方法を思いつきました。
それで、そのようにします。


ーーーーいただいたコメントーーーー

宝塚は強い雨が降り始めました。 (yusei)

2010-06-29 01:30:41
熊澤良尊さま、こんばんは。
5月13日に工房をお訪ねしました四枚落ちの沢○○○です。

あの日以降、ブログを楽しみに拝読しています。

名人戦は第6局まで届かなくて残念でした。
熊澤さんは駒を提供されるのかと思ったら
春日大社で名人戦を!という運営の根幹から関わっておられたのですね。
す、すごい。。

ホテルニュー淡路の様子は棋聖戦のブログで見てました。
熊澤さんが出て来られたので思わず「あ!熊澤さ~ん!」と
呼びかけてしまいましたよ。(職場で)

棋聖戦で使われた「菱湖」は、もしかしてお訪ねしたときに
見せていただいた駒でしょうか??

先日、久保さんとお話する機会があって、
久保さんの方から「熊澤さんとこはどうだった?」と聞いてくださったんですよ。

制作途中の駒から、タイトル戦で使われた駒まで
いろいろ見せていただいたことや
仕事場の様子などお話ししてあげました。

へえ~、いいなあ~とうらやましがられましたよ!

熊澤さんの駒は棋士から見てどんな駒なんですか?と尋ねたら、
「一目見ただけで全然違う」ですって。
「駒と将棋と棋士への愛があふれてるのが、ふれるともっとわかるんだよ」と
手触りを思い出してるかのような、ちょっと遠い目をして答えられました。
それをお伝えしたくてメールしました。

熊澤さんと久保さんたち棋士との信頼は、ほんと厚いのですね。

ブログのコメント欄は、承認されるまで反映されないことに気づき、
こちらに投稿すれば熊澤さんにだけ読んでもらえると思い、投稿します。
プライベートメールとして読んでいただけますと幸いです。

あ!もし名刺の追加が必要ならおっしゃってください。
すぐ送ります。
それではまた!

○○i○○@aaa.bbb.ne.jp   ←(これは危険)


ーーーー返事のコメントーーー

コメントありがとう (熊澤です)

2010-06-29 03:02:32
先ほど眼が覚めて、コメントをいただいたことを見つけました。
この間は遠いところを、ご友人と一緒にお越しいただきまして、嬉しく思います。
久保さんには、タイトル戦や祝賀会をはじめいろんな場面でお会いするのですが、
いつもみんなにモテモテで長い時間会話するのは多少遠慮して控えるようにしています。

沢○さんは、親しくお話されて羨ましいくらいですね。
小生の駒のこともお聞きくださって、嬉しい限りです。

小生作の駒。久保さんに、あのように評価していただいているとは知りませんでした。
これもうれしい限りです。
また、折りを見て、お友達と一緒にお越しください。

わざわざ手作りくださって「頂戴した名刺」の束。あれにはびっくりしました。
有り難く活用しています。
では、またコメントをよろしく。

コメント

正解は

2010-06-28 18:07:35 | 写真
6月28日(月)、晴れたり曇ったり。

空は、網目模様の雲。蒸し暑い1日でした。

昨日の正解は、各面に2つずつの葵紋。
写真では分かり難いでしょうが、その部分を拡大しておきます。
この写真。
昨日と別の本での写真です。
このほうがまだ分かりやすいので、これで示しておきます。
下に少し見えているのは碁盤と碁笥です。

今日は、ほぼ一日中、スケジュール調整と、ワープロでの文書作成。
いろいろすることが急に増えました。

増えたのは、もう一つ。このブログの閲覧者とアクセス数。
アクセス数は、2700を超えました。
コメント

国宝の将棋盤

2010-06-27 20:32:41 | 写真
先ずは、国宝「初音調度の将棋盤」。

写真はちょっと不鮮明ですが、葵紋がいくつあるでしょうか。分かりますか。
正解は次回に。

コメント

大名道具、資料類

2010-06-27 20:20:58 | 写真
小生の手元にある尾張徳川家、一橋徳川家、水戸徳川家、細川家、井伊家、宇和島伊達家など大名家の婚礼調度図録。

この中から、ぼつぼつ日替わりで、参考になる具体例(写真)をピックアップしてご覧いただきます。
コメント

四方木口の将棋盤

2010-06-27 19:59:26 | 写真
四方小口の将棋盤。
別名で「鬼殺しの盤」とも呼ばれます。
年輪の方向が、45度斜めに木取ってあります。そのため、盤の前後、左右の側面は、すべて柾目模様がつくれます。従ってそれを「四方木口」と言うわけです。

江戸時代に、何故このような木取りがなされたのかは、小生は分かりかねます。



コメント

葛篭

2010-06-27 07:29:38 | 文章
6月27日(日)、曇り。

只今、曇ってはいますが、ところどころに蒼い切れ目が見えます。
昨日の夜、は部分月食が見られたところもあるようでした。今日は満月です。

「葛篭(つづら)師」という名前の職業があるそうです。
薄く剥いだ竹を組んで箱にする。
周りに和紙や蚊帳布を貼って、頑丈で美しくする。
塗るのは、柿渋や漆。
その様子を先ほどテレビでやっていました。

中身の箱と蓋。それを組み合わせて弁当箱を大きくしたような丈夫な物入れにする。
これと親戚のような「柳行李」も、昔はどこの家庭にもあったものだが、今ではほとんど見かけなくなった。それでもときどき眼にするのは大相撲の力士の名前が大書して支度部部屋に置いてあるあの箱である。
今日のテレビでは「全行程を一人で作る人は、今ではたった一人」と言っていた。
本当にそうでしょうか。

実は京都市内以外の小生が住む木津川市にも葛篭屋さんがあって、時々前を通るが、今でも大相撲から注文が来るという。
別のテレビではこの時も、「これを作るのは日本でここだけ」と言っていました。
自称日本唯一が、2軒あるということでしょうね。
どちらが正しいかは知らないが、まあ、「日本一」とか「ここ一軒だけ」とかいうのは、適当に聞いておくのが正解。
確か「公取」では、このような言葉を使った広告は排除の対象になっていると記憶しています。

そのテレビの続きです。
映像で「赤い漆」を塗っている様子を流していたが、容器は黄色いあの「カシュー塗料」の缶。これも見る人が見れば「アレ、あれ、あれ・・」。
日用品の「葛篭」に、小難しいことを言う必要もないけれど、お宝の鑑定ともなればそうはゆかぬ。
テレビ局は放映前に内容を検証しておく義務がある。そして放送内容や出演者の言葉には責任を持たねばならない。
世の中、慎重さと謙虚さが望まれます。

コメント (3)

お昼は椿山荘

2010-06-26 23:57:22 | 文章
6月26日(土)、曇り時々雨。

只今東京から、日にちが変わる直前に戻りました。
昨日は、家内と9時過ぎに工房を立ち、夕刻に東京着。宿泊は市ヶ谷の定宿(?)です。
18時に市ヶ谷駅で待ち合わせていた娘夫婦と夕食のため、地下鉄で新御徒町の「櫛揚げ店」へ。

車での上京は久しぶりですが、往きは高速代が片道8100円。帰りは1500円。ガソリン代を加算しても、交通費は2万円ほど。
新幹線の一人分の半分以下で済みました。

今日は朝から来月が予定日の娘夫婦と4人で郊外の「アカチャンホンポ」。
慣れない東京ですが、小生はアッシーです。
午前中にもう1軒。
昼食は、奮発して4人で椿山荘へ。
4月に名人戦で訪れて「素晴らしい所だ」と話していたので、「そこに・・」との家内のリクエストに答えた次第。

コメント

駒の写真集

リンク先はこちら」 http://blog.goo.ne.jp/photo/11726