熊澤良尊 将棋駒工房

元将棋博物館顧問。将棋駒研究と制作。

JR加茂駅、徒歩2分。
見学訪問は、0774-76-5911へ。

目次

作品 文章 写真 販売品

太陽と山茶花

2018-11-15 19:24:20 | 文章

今朝は、5℃くらいでしょうか。いつもより寒かったです。                                             それでも7時半には彫って埋めた2組の駒の外仕事の整形作業。寒さ対策は2重ズボンと上着、それに首にはタオルを一巻き。やがて、山の端から暖かな太陽に、ほっとしました。 

この時期、花は菊と山茶花。山茶花は2週間くらい前から開花を始めました。その映像。                      

 

コメント

鰭崎英朋書の駒

2018-11-15 00:28:01 | 作品

11月15日(水)、天候不明。

昨日は曇りがち、寒い一日でした。それでも寒さに耐えての外仕事でしたが、風邪でもひいてはいけないと、16時には終了。そのあとは保留していた「古水無瀬」の「と金」20枚と「香車と桂馬の裏」8枚の盛り上げ仕事を終えました。                                              それにしても盛り上げ仕事。肉筆の漆直書きと比べると精神的に開放されて、確実に淡々と進めてゆくことができるのです。完成は週末にも。

おッと、タイトルと中身の文面が食い違っていました。映像は鰭崎英朋書の駒。13年前のもの。材は薩摩つげの根っこです。

コメント

薬店・宝丹堂主人、守田長禄

2018-11-13 20:05:07 | 文章

11月13日(火)、曇り。

お元気ですか? 少し寒くなりましたね。風邪などひかないよう、お互い留意しましょう。    さて、今日もいろいろあれやこれやとやりましたが、時間が来れば、続きはまた明日。                                            冒頭の「お元気ですか?」は、もう7年も8年も前のことですが、朝の9時過ぎにもらう米長さんからの電話、冒頭の決まり文句。それをフト思い出しました。丁度、「なんでも鑑定団」騒動が続いていた時。電話は、ほぼ毎日、一月半ぐらい続いたでしょうか。

さて、今日の映像は、東京池之端の薬店主、守田宝丹こと「守田長禄」筆跡写しの駒。作ったのは13年ほど前。巷では「長禄」を「長録」と間違える人が案外多くいて、駒尻にも間違った銘を刻してあるものもあり、要注意です。                         

小生、「長禄」は何組作ったであろうか。正確には覚えていないが、せいぜい3組から多くて5組程度ではなかろうかと思う。今日は、一組だけ残してあるこの駒を磨きながら、また作ってみようという気持ちになりました。                                                         「ヨシ、もう一組、作ろう」。今は、そんな気分です。

                                 

                   

コメント

木地揃え

2018-11-12 19:41:51 | 文章

11月12日(月)、曇り。

今日も、いつものようにいろいろ。彫りと木地揃え、そして磨き。ということで、その内の木地揃え。                                                                                  

こんな様子です。

ーーーー                                                                昨日の日曜日、近鉄奈良駅にあるレストランでの昼食のこと。食卓にアンケート用紙がありました。どれどれと、手に取ると、最初には「従業員の笑顔はどうですか」という質問でした。                                   ウムフム、料理に対する質問がありません。このアンケート、何かチグハグ。で、私が書いた答えは次のようなものでした。

「皆さんの笑顔を見に来たわけではありません。おいしいものを食べたいなと思って来たのです。お店は、料理を第一に気を配るべきではないですか。おいしいものを 期待していますよ」でした。                                     

コメント

フラッシュとノンフラッシュ

2018-11-11 19:38:09 | 写真

「水無瀬兼成卿写」が出来上がりました。映像は、フラッシュの影響で、ちょっと赤っぽくなりすぎ。実際は昨日の映像との中間ぐらいです。

因みに、フラッシュ無しでも撮影しました。こちらが現物に近いので、比較してください。

 

コメント

心は穏やか安寧

2018-11-11 07:30:35 | 文章

11月11日(日)、快晴。

雲はなく上天気の朝、窓辺には暖かな陽ざし。                                                        秋真っただ中、各地で紅葉の便り。それにつられてどこかに行こうかな、と思ったりはするのですが、どこへ行くかも定まらないし、渋滞に巻き込まれても困るので、結局はいつものように、半日は仕事場で過ごすことになりそうな今日一日です。

昨日は「水無瀬兼成卿写」を盛り上げた後、ふと思いついて、手元にある以前作り上げていた2組の駒を磨き直しました。特に磨き直しを要するというものではないのですが、ふとその時、思いついたことをしたまでです。                                                             磨きに要した時間は一組につき1時間半、二組でおよそ3時間。その間、無心で、ただひたすらに手を動かすのみ。心は誠に穏やかで安寧、快い時間の経過でした。                                                 

昔作った駒は、ほかにも手元にあって、今日も、その続きをしようかなとも思っています。

 

 

コメント

「水無瀬兼成卿写」

2018-11-10 20:31:17 | 写真

彫埋めが終わった段階で、現品をご覧いただいていた「水無瀬兼成卿写」。                                    数日前から盛り上げ工程に入り、ほぼ終了。このあと、漆が完全に乾固したのち、最終のひと磨き、ふた磨きして出来上がり。                                                   出来上がりましたら、改めて完成後の映像をアップしようと思います。

 

コメント

プレッシャー

2018-11-09 06:34:38 | 写真

11月9日(金)、小雨。

暖かな朝です。窓から見える道路が濡れているようです。今日は何をするか。仕事場に入ってから決めることにします。肉筆の文字書きの難しいところは、何もないところに書くので、結果的に文字の大きさが微妙に変化しがちで、大きさを揃えて書くことです。大きさをそろえるには、「心を空に」しなければなりません。その点、盛り上げの時は、そのようなプレッシャーなく工程を進められます。

 

コメント

3組分の歩兵駒

2018-11-08 19:46:48 | 写真

11月8日(杢)、晴れ。

日中は、ポカポカ陽気。朝晩もあったか続きで、よく眠れます。                                                        仕事は、極小雛駒、漆書き。それに「水無瀬兼成卿写」の盛り上げ残りを少々で、漆が乾くのを待つのみとなりました。映像は、極小雛駒の様子、およそ3組分の「歩兵」。「金銀」はこれから。

 

コメント

今日の映像

2018-11-07 19:39:11 | 写真

11月7日(水)、晴れ。

今日は、ほぼ一日中「水無瀬兼成卿写」の盛り上げと、小さな雛駒の文字書き、漆仕事でした。その雛駒の王将と香車。レギュラーサイズとの比較映像。こんな感じです。

 

コメント

薩摩の根っこ

2018-11-06 20:36:09 | 写真

コメント

柿の季節

2018-11-06 20:00:55 | 文章

11月6日(火)、晴れ。

臨時国会が始まって仕事場では、46時中のNHKラジオ。その国会中継。このところ、下手な漫才を上回るやり取りが続いている。昨日だったか一昨日だったか、蓮舫さんの鋭い突込みに、噛み合わないお粗末大臣のボケ。ボケもいろいろあろうが、トンチンカンのボケっぷりは、近年にない珍事120%。あれでよく、議員、否、大臣をやっているなあ。                                               でも、安倍さん曰く「適材適所」なんだそうです。国民は、もっと怒らなければいけません。 

ーーーー                                                                                              只今は柿の季節。柿は大好物なんです。「医者いらず」というそうですね。                                           スーパーでは山盛りの柿。昨日は2ダースほど買い込みました。柿は柔らかいのが美味いので、数日が経って柔らかくなってから食するようにしています。  

コメント

寸法指定

2018-11-05 06:22:47 | 文章

11月5日(月)、鉛色の空、今日は雨模様か。

2週間ほど前、玉将の大きさが25.5ミリの雛駒、4組の木地作りを頼まれて、数日前から、ぼつぼつと始めていました。なぜ、25.5ミリなのかです。「盤はどうするのですか」と尋ねたら、「盤はすでに持っていて、そのサイズに合わせた寸法が、25.5ミリ。チョット厚めに」とのことでした。                                                                  昨日も最終段階での数時間の木地仕事。雛駒は、薩摩つげが向いているように思います。理由は、持ち重りがするからです。寸法指定なので、少し手間がかかりますが、今日にも終わりそうです。もうしばらくお待ちください。

コメント

10人が定番です

2018-11-03 06:42:01 | 文章

11月3日(土)、今朝も、雲多く寒空。

今日は10人が集まります。この集まりは、かれこれ20年近くになるはずです。将棋と駒の話題でワイワイガヤガヤを続けています。多いときは20人を超えそうなときもありましたが、この10年は10人くらいが定番ですね。

午前中は、大阪商業大学に行きます。では、また。

コメント (2)

駒サロンは10人

2018-11-01 19:33:39 | 文章

参加者は、ほぼいつもの通り、10人の参加となる予定です。

春の名人戦第3局で使われて以来、「実力名人戦ゆかりの将棋盤」が.押し入れから出したままにしているので、駒サロンの皆さんに見ていただこうと思っています。

コメント

駒の写真集

リンク先はこちら」 http://blog.goo.ne.jp/photo/11726